やる夫スレ自分チェック用

 

キル子は剣客で魔法少女で残酷なようです【民明書房】 第七話:少女水銀燈

カテゴリ:【完結】キル子は剣客で魔法少女で残酷なようです【民明書房】 | タグ:キル子_剣客


702 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/12(木) 22:21:42 ID:nVGBWQHY0

            _     ̄ ̄    _
          /            丶
         /                   \
         ヽ, -‐ 艦 |Y| こ れ - _    ヽ
       人  /_ -──、─、──-  _ `ヽ  l
      `Y´ l: : : :/\  "'- 、/_l: : : : iーノノ
           _Vl: :/ n      n l: : : : l : l,
         )_ノV〉 U       U l: : : :_j,_/ \
         /: :',: (           l: : :〈  )ーく
        j/: : j: :`ヽ _マ フ_,イ:/l/Υ: : : :l     特にトラブル等が発生しない限り、
         l: : :l ヽ:/ \∨__, -'ー' ヽ  l: : : ; l
         \l 〈 Y <介>   ∨  l ム-'"l/     今週土曜の夜に第七話を投下します。
             トイ       〈___ ノ
             Уヾ=====ゝ-\           だいたい1スレでちょうど終わるかなと思ってたら
            /           ノ
      r   r、_,、\__〈   |    〉-'       .   膨れ上がって無理そうになりました。やったぜ。
      l(__ ノ__ __ゝ l_lゝ‐‐'`┬イ
      /  キ ω テ j /     「¨l
        ̄ ̄ ̄  l_/       ヽ」

705 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 18:33:31 ID:6DuztXA60

____________________
    ,′i:/n`  ´n\i:.:.:.:.i‘,  }
―w√i:人| U    U  l:.:.:Λ:‘,/)─wwヘ√レvv~
  <人(          ,':.:./__):.∠ニZ
   /:.个: . __▽__ ,./:∠:._{>o<}
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 本日の投下ですが、夜10時から11時ぐらいを予定しております。

 もしも都合がつきましたら、お付き合いしていただけると幸いです。

707 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:20:58 ID:6DuztXA60
____________________
    ,′i:/n`  ´n\i:.:.:.:.i‘,  }
―w√i:人| U    U  l:.:.:Λ:‘,/)─wwヘ√レvv~
  <人(          ,':.:./__):.∠ニZ
   /:.个: . __▽__ ,./:∠:._{>o<}
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 少し遅刻しました。今から投下を開始します。







708 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:21:25 ID:6DuztXA60

                   // ̄ヽi /,.≦√:::::ー<:::::フ_ <::ト、 ゝ┐_,ハ
               r_ ニニニj::::::二ニニニニyzzン、_,ハー=ミ::::::::ュ\ヽ >_}} ,
                 _j::ー':〈≠,:/  ̄        ̄乂zz<::::::::}ヽ:. <,Y ',
                  //// テ'                 `=r、:::ヽヾ,´ ト '      .┏━━━━━━━━━━━┓
                </ /::/=チ /                 乂_寸ムi=《  l
                   // ,.:' '                     ((_∨ム=)) l         第七話 少女水銀燈
                     {:/'  i                       ', ̄{_V 7_i__
                    / '  l   , .!   |   .l       ,'      ,  弋ト==、jム  .┗━━━━━━━━━━━┛
                   ∠___|   '  |,ハ   !, | ,'| !   ハ     |   }::ィム.、]::{
                /二二二 {    ', .|  ',`:ト ュ' :i |   '|i.      i  ハ:ニ::ムト、::', 、
       ,.............../二二二ニニム i  }ヽト、 ',|{ | | /:   / |∧    }    ト=::::|二Ⅵ二二ミx
       ,'二二二二二二二ニ=ム}  リ   ` =zヾ }' !  / ̄}'¬,     ,'  :|,ム }:::}二二二二ニ |
.     _{二二ム二ニニ{二二二(j | ,ハ        ′}/ 、/  ',   } '   リV ):7ニ/二二二ニニト .,
   ,xく二二二ニムニニ',ニニニ/ j |  ト、            ` ==zY     /  Y:二/二二ニ/二二ニ\
  /二ニニニニ二ムニニ,二二厶イ | ,ハ          、    ノ     ノ ノ二{ハ ,r┐ ̄>=< ̄ヽ、
。゜=, '´ ̄ ̄` -(: ; \__',二二(_, 、l / ヘ、 -、 ` ' _ =ミ >=ニ_r'__ーv't=-二ニ}ー' _,.='´ヽ ̄ ̄` 、
二/ ー── r─'ニ=──(::===彡' フY< >- '´    ヽ\`ー-y  ` ー=ミ、  ̄`  、  〉  - 、_
ニ!   、_  ,'        f´_  -- j¬ ´      、 ヽ ヽ,\(__  __    r'         乂
/ー-  ==_┐     「´   ー7、{:..       ,  ‘,  ‘,  ‘,ノ  )  ` 、 L, ___  [,  ̄`
ト、 弋¬r== ' ー── :j  __  i{:...       ,.ィ メ、 ':,  〉/---j_,.  ---- ミ     ` j
. \ ` y::、       〃   、_ rチ ,、::二=─ ´∠__ /:イ   ゝ_    ...:Y    (__     ,ハ___ユ/
    ヽ /ハ-(` <   __{{      ノ  ,==z_/            ∠__,. ' ヽ _,、_ ヽ   /
               ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_>'´                     {  /    ゝ─ ´

709 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:21:44 ID:6DuztXA60

/: : : : : : : |::|: : : : : ::|| |.:.:.: : : : : |::|.:.:.: : : : : :|| |: : : ::|::|: : : : : : : .:.:.|::|::|: :|: ::|  || ̄二_,|  | |===ノ
: : : : : : : : |::|: : : : : ::|| |.:.:.: : : : : |::|.:.:.: : : : : :|| |: : : ::|::|: : : : : : : .:.:.|::|::|: :|: ::|  || l ̄  |  |_,,| -==ニ
: : : : : : : : |::|: : : : : ::|| |.:.:.: : : : : |::|.:.:.: : : : : :|| |: : : ::|::|: : : : : : : :.:.:|::|::|_」L⊥-┴=ニ二|  |-=ニ二三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|丁|ー ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
: : : : : : : : |::|: : : : : ::|| |.:.:.: : : : : |::|.:.:.:. : : : : || |/.:.:[三三三/.:.:.:.:.||::|::|三
_:_:_:_:_:_:_:_:|::|_:_:_:_: :.:|| |.:.:.: : : : : |::|.:.:.: : : : : :|| |::_/___/.:.:.:.:.:,'||::|::| ̄  「――そうだね、まずは魔法の話をしよう。
ヽ~¨~¨~¨~¨~¨~¨|:|: :|| |.:.:.: : : : : |::|.::.:: : : : : ,|| |:=======/.:.:. :. /_||::|::|_
ノ  <宀>   |:|: :|| |.:.:.: : : : : |::| : : : : : /_|| |_/___/.:.:.:.:.:./::::||::|::| ̄   心して聞くんだよ、水銀燈。
______/_|: :|| |.:.:.: : : : : |::|: : : :.:.:/:=|| |=====:/.:.:.:.:.:./_,||::|::|_
. ̄ ̄|| ̄¨||~____|:|: :|| |.:: : : : : :.:|::|: : : : /.___|| |__,/.:.:.:.:.:./::|i:|~:|::|::| ̄   何故なら、これは君への警告でもあるのだから」
宀i>||⌒=||=|:::::|:|: :|| |: : : : : :|::|: : :.:/.:.==||..} `丶 :.:.:. /: ::|i:l |::|::|"
.    ||`¨´||  ̄|:|: :|| |: :.「 \  __   -┴ ァ  \/ ::: :|i:|ー|::|::|─  狐のようなものは、飄々とそんな事を言った。
__八_八_/ |: :|| |: : :  : |.´         /    ヽ : |i:|ー|::|::|─
ヽ~¨~¨~¨~¨~¨~¨|:|: :|| |: : \        __ く/          |i:|ー|::|::|  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.
ノ  <宀>   |:|: :|| |: : ∨ __     '⌒ Y      }.:::|i:|ー|::|::|─|::|ー‐─|``'| i|  | | {\)(/}
______/ |_,,|| |_ _|{ '⌒ r:‐ヘ    八      ,′ |i:|ニ|::|::|二二二二| .:| i|  | |人_(_)_,人
ヽ~¨~¨~¨~¨~¨~¨|:| || |. / 八    、:::ノ  イ 丶.   /─┘ ̄LL| ̄ : : : : :``'ー|_i|  | |ニニ||ニ
ノ  <宀>   |.⌒\/ ,   / ーァ   T´ {   \/\  :   :  : : :, :, :, :|  | |ニニ」」二
_____ ( (⌒>く./  / . : /     ',: :ヽ    〈) )     :, :, :, :, :, :, : |_|_,,| /__ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \{/ : : :/ : : /       ヽ-ヘ . : : //、`ヽ、     :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
 ̄       /\\_∧: : ,′|  i  i | ∨∧// : : :\__.~、、  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
=匚]    ....(_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  | |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ : :``~、、 :, :, :, :, :, :, :, :,

710 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:22:04 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
            /i _,.r-.
         ,-/r' 」'ー-'〈      ,r'゙' '゙';,'゙';.,
        /: :::;;゙;'   ヽヽ   ,.;'゙'゙`    ` ´`゙;,
        / ;'    r=, i ,.;;'  , : : :_: : : . . ';,
       i  ::       `';,,....;.--='⌒'゙''i.;.,:,, ;:              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       |       -.,__,シ'        `'; ;
       f゙' .,_   _,. - ' ハヽ           i,               「例えば獣だ。水銀燈、どうして獣は
       i        ,.; ;             ゙i
         l      ,.:;;' ;: ;:      ;;;''    :;             人よりも速く走れるのだと思う?」
       i    ,..,,.;:'゙  ;: '   ,. ''゙゙´ ;;     :;
          l  ,,      ノ  ,..;: ー〈´ `' ';:,    :;          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         ヽ, ;;,  ;,   /,. ''゙´   ヽ、 `' ;.    i
            i `'r'゙゙  /        `'-., ヽ、   ヽ
         |  i,   i             ヽ  iヽ   ゙'.,
         |   li  ,i             i  | \  i
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ               「ええと……それは、人とは
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._            体のつくりが違うから、かしら?」
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_   .    どこか自信なさげに、少女は答えた。
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;  .....┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i/_ 、|__::::::::::::::::::::::ヽ__,. -< ヽー"' ||:::::::::::::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 l:t- 水ー::l:}::::::::::::::::::::ヽ \ ` _>--ハ才1::::::::::::::/i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 |:|/ィ|トヽ:l:l::::::::::::::::::::::::\ へ__> ヽ   |::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;

711 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:22:21 ID:6DuztXA60

                       ,!ヽ.
                   _ ノ   i
                ,   ´ ̄          |
              /               /           . ォ
.          /            /         / , :
         , ′             ,. '"´ r─ - 、 ,. ─‐'- 、i  !
.        /             ,. '"     '、`>ォ `        `ヾ.
       /           ,.′       冫 .′        ● i
       ,′       ヽ{       /  .i  ●         ,!'.     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     :           ∧       .′ .!、    、_,_,   /  '.
     |            |      r ,′   : ` 、___,. " i.   X      「その通りだよ。人と獣はまず骨が違う。
     |           、  |     ゝ、   i /      |   レ   ゙:.
     :            ヽj.     /   >'/       i!   '.     \.    筋肉も違うし、地に付ける足の数も違う。
     ∨          `  、/    У    l  il   '. ゚  ゚ ゚
        \              r'__゚ ゚ ,. ゚ /     l  l.  /i    ゞ-'´ゝ '`    獣の体は、走ることに特化された肉体なんだ」
.        ヽ.         _,.イ ゞ-'"^^ヽ   i  i / ,'
            `ー‐ '"´    !       i   :  :,イ /            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                       ∨     ノ   _,!. lf._j
                      ヽ.___゙オ'´  ゙^´



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
      ∧_∧             .∧__∧∧∧∧∧∧
   ⊂[(;`・ω・)            .(・ω・` )┐┐┐┐┐┐
    / (⌒マ´               と´_,ノ゙ヾ.ヾヾ.ヾヾ.ヾヾ.ヾ
   (⌒ヽrヘJつ           (´ ヽ、 \\\\\\\     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     > _)、         人  ...`ー' \__)__)__)_)__)_)__)
     し' \_) ヽヾ\       て                      「対して、人間の体は多機能だ。
           丶_ ヽ__ ガシャ て
              (__()、;.o:。                          一つの事を極めている訳ではないけれど、
           ⌒)
             ⌒Y⌒            /|               代わりに多くを成せるようになっている」
      ∧_∧                     | | ∧,,,∧
     (´・ω・`)                  | |.(・ω・`)        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   /     `ヽ.               ニニ/ y/ ヽ
  __/  ┃)) __i |                  ○)_| /⊂[_ノ
/ ヽ,,⌒)___(,,ノ\              (ノノノ l l l )
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

712 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:22:42 ID:6DuztXA60



                    / 、        ∧
              __/  \    /  V^ヽ             .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               , 7       ̄ ̄    \ \
                //              丶  ,           「どちらが優れているか、という話はしないよ。
             /     ●   _   ●     ′
.            / {          _)         }    ,            人は足では獣に勝てないが、例えば器用さ辺りでは
      _    /           _)             ′,   _
     (( \/     ∧             ∧      \/ ))   むしろ獣に勝ち目がない。比べるだけ不毛なのさ」
        \、      /  \          /  ,       xぐ
     / \ .   /、   ≧=‐-  -‐=≦     ′   / \. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.    /     ` 'く ))    i         i     (( ,.      \
  /        /¨´      | {    } |     `¨ \        ヽ



                  __
                ―く`亡7ア
            / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
             / // / / ハ     \
            ′ ′\ /|/ |  |    ヽ\
          | l|  |ー≧ミ、 |  |l | ト、 l
           | ||  |┴ '   | l 八Nハ|
           | |八  |\    |/ ∠| ||
           | |  \〉        | | |               ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
            | | | |     n   /l| | |
            | | | |、     イ/|| | |                 「……それで?
             || | |ノ____〔  / /|| ||
            ―|  | |:::≪[}≫::L/ 厶l| |、|                    その話が、どう魔法と繋がるのよ」
.         /::::::::::|  | ト-/∧ヽノ/ /::::: | |:::\
       /::::::::::n:::| 八 | 〈/  レ厶イ:::::::::| |:::::::::\             ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
        ト、::::::::::| |::|  | ̄>rf乞ミ-、|}〉:::: | |:::/::::::〉
      〉:::}::::rヘ_ト|  |  ):::ヾこン:::(|}〉:::: | |/:::::::::厶
     /:::::::厂>'´ ̄广ー―ヘー―┴ァ-┴っ::::::::::::::::\
     〈::::::/:::::|   {     |    |-r―<::::::::::::::::::::〉
      ヽ/::::::::|    ̄丁 ー―く __廴\::::::::\::::::::::/
.      /:::::::::::|\   |    |     /  ヽ::::::::ヽ::::/
      /::::::::::::::|  `ー<   __人     〉ー― l:::::::::∨
     l:::::::::::::::::|      |    {    /    |:::::::::::|

713 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:22:58 ID:6DuztXA60

       ___
       .| -、 > 、, -─-  、  , -─‐┐
       !i  >、            / i !             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       i/./            < .`ヽi
       / /              V ヽ---ミ、        「簡単な話だよ。つまり人体にとって、
      , ./               i  ハ    ヽ,
      ., ,    , 、            !   i     .ヽ         剣とは数多ある機能の一つに過ぎない。
      i .i.  (.' )       r,¨ヽ  |    !      Y
     / .人    ¨        .ゝ-.'   !  八      |       たとえ剣士が剣を極めたからと言って
   , - ノ    iゝ、    ゝ^-'      .イ|   .ヽ--ミ  ,
  ,( (    /   ≧-  ___ -- ノ  !    フ.ノ、ノ        .弓や筆を握れなくなる訳ではない」
と" ヽヽ、 .∧     /     .> "¨   Y.ト、 - "/ .ヽ
∠,   ゝxニ_ノ     .i     /     ゝ-r‐ " 、 Y"      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ゝ--- "       人_u_.u__L  ---── 'ゝ _}--'





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
      |         |             〈 ` ー'´:::./}/:::::::::::::::::: /
 \   |      j'{`ヽ           イ;´   /: ./ノ::::::::::::::: /
 ::::::)  |        | '、ー、_        ´     /: ./:::::::::::::::::/     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 /  /|.       |  \ ̄` 丶 、       ,.ク: /::::::::::::::::/
 |/l/ |      |____  丶、_  j>、_.. _..イ  /':::::::::::::::/           「……それに気づいた一人の魔女がね、
 <~ ̄ |     :|:::::|    ー ̄  _ <: . | / {:::::::::::::::{
  :::::::::;rf|       :|:::::|\      , イ´     .|,∧ |:::::::::::::::|            こんな事を思いついたんだ」
 :::::::://´|     |:::::|  >-‐ ´∧|     j/::::八:::::::::::::|
 ::::::{{  |      |:::::| /{: . : ./:::/'    /:::::::::::::::::::::::::{        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ::::::VI  |       |:::::|':::|: /::::::/     /:::::::::::::::::::::::::丿
  ::::::::ゞミ、}     |::::::::::∨::::/       /::::::::::::::::::::::/
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

714 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:23:31 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
      ∧_∧             .∧__∧∧∧∧∧∧
   ⊂[.\  /.)            .( \  / ┐┐┐┐┐
    /   × ´               と´.× ヾ.ヾヾ.ヾヾ.ヾヾ.ヾ       .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   (.../  \.つ           /  .\\\\\\\\
     > _)、         人  ...`ー' \__)__)__)_)__)_)__)        「『――ならば、握れなくしよう。
     し' \_) ヽヾ\       て
           丶_ ヽ__ ガシャ て         |               獣のように、剣以外の全てを削ぎ落とそう。
              (__()、;.o:。           |
           ⌒)         \          ∨               人体というものを、剣のみを能とする存在に
                  ⌒Y⌒      \|   /|
      ∧_∧                 ̄   | | ∧,,,∧               作り変えてしまおう』、とね」
    ...\  /.                 | |.(・ω・`)
   /.. .×. `ヽ.     .――>       ニニ/ y/ ヽ          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  __/.  /  \.i |                  ○)_| /⊂[_ノ
/ ヽ,,⌒)___(,,ノ\              (ノノノ l l l )
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       __      //    ⌒    ri
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ                      「……そうして、魔法は産み出された。
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))                    それは魔女の娘たる魔法少女に施され、
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ
   /´ ̄   \ ./=''  l |  ト、 __  〉  ヽ                今はボクがその術を受け継いでいる」
  /     ⌒ヽ. / ⌒ヽ._l | / V/ 〉 ししtノ
  i          〉,|     //7)/ //./                      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ゝ.、     (´ ゝ、 ./ /,,,〉ゝ〈_(/
    ヽ、   _`ヽ `(しノ
      ` ̄  `ソ

715 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:24:10 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

                    ∧,,,∧
               .(´;ω;`)
               ,ヘ1、     /へ
        _  -イ::::::::::,ヘ  //::::::`ト-   _
      /: : : : : :!::::::::::::, ヘ/ /::::::::::::/: : : : : : :\
     /: : : :i: : : : !::::::::::::::ゞ_/::::::::::::/: : : : : !: : : : \         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ./: : : : : :!: : : : ヽ::::::::::::/:::::::::::/: : r'1: : ! : : : : : :
   /: : :/: !: :!: : : : : : \/:::::::::::/: : : iz!}: : i : : : : : :           「つまり。人間に振られるの道具として、
  ./: : : :!: :l: :i: : : : : : : :/:::::::::::/: : : : : |Z1: : !: : : : : :
  /: : : : :i: : V: : : : : : /::::::::/::: : : : : : :!キ!: : i : : : : : :          これまで剣が最適化されてきたように。
. /: : :/: : l: :/:: : : : :/::::::::/: : : : : : : : : :!キ!: : l: j1: i : :
/: : : :! : : l: :! : : :/::::::::/: :rュ 、: : : : : : : !キ!: : !/1: :l:/            剣を振る道具として、人間の方を最適化する」
: : : : i! : : i: :!::/::::::::/ : : ::'-<:キ 、 : : : : !キ!:: :l: { : :j1:
: : : : :i: : : !: :Y:::::::/ : : : : : : : :\キz、: : ::!キ!:: :!: :!: :リ :          .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
: : : : :l : : :! : :∨´: : : : : : : : : : : : :\キz=,f=}rz! :i: : l: :
: : : : :l: : : !: : : '.: : : : : : : : : : : : : : : l:\}! }l__j: : : j: : :! :
: : : : :l: : : !: : : : r──-------- ‐'下zソ::::::::::::!1: : :!::
: : : : :\,/: : : :/:, :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: }#!::,z≠! i : : i::
: : : : : : :j! : : :/:: :: `'   、_r-、___, -1,. :j#j '´: :: !: l: : :l::
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                     _/`ヽ
                 / ̄  `ー‐  ¬
                    / ●      //
                { (__   ●  / l/          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                    \ `ー'  , |
                | iヽ   イ!  |           「……人間として儘ならぬものになる代わり、
                | 乂}   `| |
                | ノ  ,:コ、 |            剣振るものとして何より恐ろしいものにする」
               〃/  // |  、‐- 、
               ゙ア    /::i⊆ -一'__,ノ         .どこか昔を懐かしむように、キュゥべえは言う。
                  {    |::::∨ ̄  \
                 rヽ    、_、   、\     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
               \      \ ヽ  、)
                 ー----一'^ヽ _)ー'

716 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:24:42 ID:6DuztXA60

     ____ノ ! ,ィ /                 |    ヽ个o。 _______ 。o个/       ∥ ∥ } 、       /ヽ ヽ┐
  /  `",=‐'´``ヽヾ       i             |    ...\ ____________ ィi〔        /  ./ヽ,イ\, 彡ニニニ</ `、 ゚,こ
  /    /       `ヽ,       !           !           | |           / /__ 」  { {     ヽヽ   ∧. ∨
  i    /´         '、       |         !          .| |          ィi〔 ./ 」⌒ミh「ヾr、    ././   .} :}」
  {  / ,          i     i           !ミh、         | |      。s个  /ヾ,¨´゚,- _   ミhヘニニニイ、.   / ∥〉
  ヽと_,イ 、,          ',     !        /h、  ~"''~、、__,,} {_,,jI斗fセ升 _、+''"}<ン「ヽ\  ミh、  ヽ  ミh、\/ /」
   ヽ / /`ー---,      ',   i           /../.:}ミh、           _ ィi〔 ∨、r」ヽ_,,...⌒「ヽ,,ミh、 〉 心┐__彡゙ /「
    と,イ     ',      ',   !       /..允 トミ/}:¨/} 「¨¨}ニ{___,'ヾ⌒} \ 」 /jI竓芋ミミh、 。o≦ イ、 ゚。┳-、」ヽ」
    ', '、     ',      ヽ /       /. }..{   `┗‐イ∧_,/ ∧:」{┗ ┘   ∥ /      `、 ',イ     ', ',⌒}    ┏
      ヽ ヽ     ',        ∨        /.辷㌻ヾ、  ヽ{  __   ┏} !     {: {      ∥}       } ',<   r-、 」j
     ヽ  ヽ、_,   ',        ヽ        /.ヽ」┓ }}====}}ヽ┘ヾ´ヽ/辷゙{ r、 _彡゙、 ヽ     / /      ∥ }」/ミh」。o≦
      ',    i   ',       ヽ      /. 、 ヾ/ヾ゙.r、彡´´ji斗f--冬ミ  ミメ、┓。o* 、` ー .< イ     / /ミh、)ィ(  _,,..
       ',    i   ',        ヽ    /.  ヽ ∧/-「..... ィi〔寸     ミh、   ヾ゚ヽ_  `````ヽ ヽ     。゚__ヽ.:/  ィ(  ム
        ヽ   i    ヽ          l   /.''<__゚。 ',</  ム 寸      ミh、 ヾ 」      ム 寸 /,/ヽ,/  /
         \ i    ヽ            イ イL/{_」', ',ノ    丿└===<  ,,.。*'"..┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
          `"i     ヽ       / i    .] .:}こ}  / /  ̄〕h、ヾ⌒ 。s个
            {!      \       / ヽ   ∥ }‐┓ ∥∥      } ',´    ´  「それが、魔法・人形剣。
              i      `ヽ--- '   \ .∥ ┗┤ .{ ∧      ∥}     }
            |                  \.  「_¨´´´,, 、心 ,,____、+'”./    ∥  君に施す魔法の、その正体だ」
            |                 \.イrセ升  ミh、_____ , ヾ´     /
            |  、                ヽ..        ム 寸   /. ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
               !  ij                   ヽ.、        ム 寸,*' _/」⌒        ┗-ァ, ,/ ',  _ji斗fセチ゛ ',
              |,   '        、             ヽ..~''< ______ ,,.。*'"  ィi「〉´           / ∨./ ',゙ ´  ji斗fセチ
            /'          }               ',.ミh、__ __,,,,...,,。s≦、} `´           ┗===∨ .∧'゙~´    _,
            /  、        i             i                                圦..,,__∨..。。 *''゚::::

717 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:25:23 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
      ∧_∧             .∧__∧∧∧∧∧∧
   ⊂[.\  /.)            .( \  / ┐┐┐┐┐        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    /   × ´               と´.× ヾ.ヾヾ.ヾヾ.ヾヾ.ヾ
   (.../  \.つ           /  \.\\\\\\\       「……それを踏まえ、改めて問うよ。
     > _)、         人  ...`ー' \__)__)__)_)__)_)__)
     し' \_) ヽヾ\       て                           この魔法は、君から多くを奪うだろう。
           丶_ ヽ__ ガシャ て
              (__()、;.o:。                        一度人形剣を修めてしまえば、君は死ぬまで
           ⌒)                  ∧,,,∧
                  ⌒Y⌒.           (´;ω;`)          剣以外の全てと別れなければいけなくなる」
      ∧_∧                  ,ヘ1、     /へ
    ...\  /.             _  -イ::::::::::,ヘ  //::::::`ト-   _.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   /.. .×. `ヽ.        ./: : : : : :!::::::::::::, ヘ/ /::::::::::::/: : : : : : :\
  __/.  /  \.i |       ./: : : :i: : : : !::::::::::::::ゞ_/::::::::::::/: : : : : !: : : : \
/ ヽ,,⌒)___(,,ノ\     /: : : : : :!: : : : ヽ::::::::::::/:::::::::::/: : r'1: : ! : : : : : :
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





            /      .:/
       / ____   .::/                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      /  VZニ=->──- ,.____
     /      ア^/        r==≧:、               「それでも、君は魔法を願うかい?
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \           .君は己の願いの為に、護るべき人々の為に
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }        数多を削ぎ落とす覚悟があるのかい?」
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′     .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/

718 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:26:25 ID:6DuztXA60

 , =/      /==' ' : l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
|レ     ∠ノ: : : : : :..:.:l : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : :
.イ    /l|.: : : : : : : : : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
V  /=='': : : : : : : : : : :.l: :l:.: : : : : : :..:. : | l : : : : : : : : : : :
ィ| /=イ: l : : │ : : : : !: : :l :.l..:: : : : : : : : : | |  : : : : : : : : :
,イ! ト ヽ.:.:|: : : :|..: : : : :| : :ト.ヽ : : : : : : : : .∧!ヽ:ヽ. : : : : : :l : :       .┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
::| |::ヽ V : : :│  : : :l、 : :l \i : : : : : : :. l__lj__j ハ : : : /l
::| |: ::j  ヽ: :.:l\_:_:j__ヽl..__ \  : : : :ィ リ Y: .ヘ : : ,            ……水銀燈は、一度目を閉じて、
::|  / /\ゝ´ \: :l ー\    \ : :/     l :/|  /
::|   /: :.|  \!  ゝ\   ヽ    ゝ/ ___,.ィ /:/ ! /              .護るべきもの達に思いを馳せた。
:: : 丁| : : :.ヽ.     _____`.,        ` ̄´ /  ..イイ
::.: : |│、  : :\ ´´  ̄ ´             //..: : :|             ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
:: : : ゝ\:ゝ、. . :\              /   イ  ..: : : |
::ヽ: : : \\l `ー‐`          _     イ   .: : : : |
:: : \: : : \\            ̄     /│ : : : : : |





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
              (リノヽ、卯) /
              9!, ゚ ヮ゚ノ≠)n=ョ
              ミ(_)二つ,,ノ
                 /(__ハ_)
         ┌──┐.. .`しテ′  .___                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         i二ニニ二i        く/',二二ヽ>
         i´ノノノヽ)))      .|l |ノノイハ))               例えばそれは、六人もいる小憎らしい妹たち。
          Wリ゚ -゚ノリ       |l |リ゚ ー゚ノl|
          ⊂)_介」つΟΟ  ...ノl_|(l_介」).|             .    腐るほどいて面白みのない、同郷の連中。
           〈__l__〉   Χ    .≦ノ`ヽノヘ≧
           〈_ハ_〉        .ミく二二二〉ミ              どこか排他的で寂れた故郷、のいばら村。
                _        .ィ/~~~' 、
    r@" ̄~@ヽ   ....,',i><iヽ   、_/ /  ̄`ヽ}       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    /ノリliliハiliハ      ./((ノノリノ))    ,》@ i(从_从))
   ノ从リ@-゚ノ从    ((ミi!゚ ヮ゚ノミ)) .   ||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||
   ノ从とi,,ξ,,,iつハ    .⊂)夲!つ   ...|| 〈iミ'介'ミi〉||
  ノリ从く,,,,ξ,,,,>リ从   .(ム!,,jム)    .≦ ノ,ノハヽ、≧
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

719 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:26:42 ID:6DuztXA60

                      , - ' ´孑ヌ -` : 、
                   /j⌒__{ 辷杉'r' ̄ヽ-ヽ
                    ,:'イ ,::  r--t____, 、  t::.. ヘ
                 /i , _r' ̄        ゝ'´Y `Y
               _,.--}〃/  '    /!'   }|   !廴ヾ}
                 Y::>'´ィ:::}| | { i / }|.| ., /}| /イ }  }:ヽ
             _  zV/:/:::/.{ i ===x. j |/イ.x===/  リ::::ハ
         r≦´<./`/:::/ 八 Vi {゚::リヽ  '´{゚:::リ〃 ./::_:::/
         彳   /   /´ !  | \ヘ `¨   ,   `¨厶イ/{:{ヾ.',      .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             , '   ≠/ {  {',  ヽ    _     / { i:| |:|   ,
           /   /'  ハ ヾ、  {:> .  . <:{∧{ i | |  ∧       「あるわ。キュゥべえ、その魔法を授けて」
        /  // /  ∧ V\ V:ノヽ 孑 'ハ_,、!:::ヘ-:| | ',、 }',
          / //  /  〈  ヽ ∨ \  / j}、ヽi}⌒イ :り!∧V} ',      .誓うように、水銀燈はそう言った。
        ./// ,:'  ./   {_, : ´ \  Y{ ヾ:/><ニニニ≦ } ',}.ト, ',
       /,'/ ィ'  ./   /      r ∨{r===t_j⌒ー'´ヽ>リ Vハ  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      .{,'< / /./   〈   , -- 、_:. ::{ 7、  ヽ  〈薔〉   }{ヘ! }
        |   ./ /./    ヽ   r==x i  Y__,.、   V 7 /_ノリ }7
         ./ / ,′ , イ   /フY    T     ー─-vィ / /∧
       7 ,' {   ,:'./ , '〈:/ }::',    |ヘ -:::::::::::::' r≦::::ヽ: }   i .∧
       | ' | ' / / ノ/}/     ! j:ヽ      ヾ≠i∨',::i   |   }
       |,′ .!/ i / r彳 //!    |//Y        r/ };i ',:ヾ:/!   .'
       |    |  j /    ヾ' !     | {_j          ヽ//  /



      |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ : <  ′
.       V      キ : : : V                        ┏━━━━━━━━━━━━┓
.       i{ ●    .キ● : }i
       八    、_,_, キ: : :.八                            「……すばらしい。
.       / 个 . _  _ . 个 ',
      /,,― -ー  、 , -‐ 、                            その言葉が聞きたかった」
     (   , -‐ '"      )
      `;ー" ` ー-ー -ー'                          ┗━━━━━━━━━━━━┛
      l           l

720 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:27:23 ID:6DuztXA60

       .|\      ______.   /|
      |\\ , '"          ヽ//|
        .:  ,> |             .< /
        V.. .|            ヽ
       .!   | i i_  _l__'_'    |
       |,ィ´ | ̄ _______ }
  l、  i、|ー|, -'"| ̄       .キ : : : ,!'                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  .\、゙ヽ  ,-、|   ...●    .キ● :.|        r‐、
 `ー`=-   | C|   __. 、_,_, キ: : :..j        ,-,l´゙! |'`!       「では、さっそく施術を済ませよう。
 `ー`=-   `ーP ̄      ̄ ̄ ̄ ̄{       | | | | !
 ヽ_ ̄    _ソ        r.   ||        | | } | |.        なに、天井の染みを数えているうちに終わるよ。
    ̄>‐''´ 〉      ―‐┼‐  |-、.      | | l l |,‐ァ
_,..-'''"、_ \|_       - ┤‐  |  ''‐- _  | '     | /.     多分途中で気絶してしまうだろうけどね」
  ⌒ヽ `''‐`- ̄` ‐- _    | _,..''  リ'   \|      |
    |           ` -‐'  ‐-'''"    ハ        l    .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    i ヾ、                 ‐-''"  〉  ,,,.,,  |
    l              ,,‐―' ̄ ̄ ̄└v'       ,/
                 _ノ   '' ''   '" `''┐   /
             _,..-''         _,,-―┘_,,ィ
            /|            ノ‐i'' ̄  |
          /  |       ___/' |    |



        ___
        /:::::::::::::::\
      // ̄ ̄ \:::\
    __r!" /i   ,ィ、 \:ハ
    l/7 l! i |   ハl ヽ| ゙}:ト、
    (_イN◯ ゝノ  ◯| (」ー'
    ./ l !    △  ,少イ !\
      | \        ,イi |
     ノィ ≧>ニフヽ≦ | |
    〃 | i ゞ:ヽノ:::ノ  ノ).|
     !.| /:i::::A:::ヾヽ// `
       ゙ `ヲ:/Xヽ:::f〈  ,.- '二つ
      <7:/.><.\:ヽ`{゚x 。 ト、

721 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:27:41 ID:6DuztXA60

        ___
        /:::::::::::::::\
      // ̄ ̄ \:::\
    __r!" /i   ,ィ、 \:ハ
    l/7 l! i |   ハl ヽ| ゙}:ト、          .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    (_イN◯ ゝノ  ◯| (」ー'
    ./ l !    △  ,少イ !\            「待って、キュゥべえ。一つ聞き忘れてたけど、
      | \        ,イi |
     ノィ ≧>ニフヽ≦ | |             その“作り替える”って、もしかして手作業?」
    〃 | i ゞ:ヽノ:::ノ  ノ).|
     !.| /:i::::A:::ヾヽ// `           .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       ゙ `ヲ:/Xヽ:::f〈  ,.- '二つ
      <7:/.><.\:ヽ`{゚x 。 ト、



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
          ,レ-‐=Ξァ‐_>、           | |     .|
.         ,..'',r'',、-ヽ.(''_甲.''_         | |     .|
      /-,ュ.K_`〈='右つ´  廿         <ー'>    .|
     ,' ,<>ノ< ノ`ー''゛´  ,ィァlL        .|`¨´|.   .|
     V.(`.`        .{ トnイ       `冊" __. .|
                 、.、.i.`'''.,.'".ヽ. `个< i<ニ}_、 >、>         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.     、,..-、      f.ャ._)i. ,>._ィ.,_. .l「.1 !...|「 しゝr'イ||
.   .i ゝ<={     , ' ゝヒジ.i,'´ ゝ''  `、 ll、j._| |Li"`´..ヽll         「そうだよ。気付いていなかったのかい?」
    >'-<シ、   ,.‐.、 .i. ゙, i.i l   ∨...il|ネト.、`ニ.! .r ,イ>
.  .f 、 `´ .ト  {  ,.ァ{ ゝ .i.ii ゝ    ノ il|!\ |,.-_ニゝ,',' |          手術具のごときものを次々と取り出しながら、
.  .li 、.レ   l〉  ,`ミジ-.,ィ、ー.、.〉、.,ィノ‐'".ヽ. \‐〈 ヽ  i |
.  .レ_^_‐r_ニヲ.'   .ヽ‐''"イ゛´ `、"、.    ヽ .i-'‐_"ヽ'i..|      .    キュゥべえはそう言った。
.   .l   .( .l  ヽ  ゙、 ._.,⊥  .', ',    .i l三
    !、_  l. ヽ!   `、 ソ¨.ノ¨  __,.!.-‐、   .i i-‐_''.-'.l        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     l  ̄ll.l l   ' ,' i`「 .ィ‐''"        ヽ .i i イ-! .l¢
     l.   l.li l .l    i l   l ヽ _,.. .-‐''"~ i .i」 ィ .l  l
    l  イ ゝ! l      ,イ  l  l          .l‐''ト l l .l
    l   l ト `.l     L.|   l           l, ,-‐」,.ーィ
    l  'l. l  l      .lヽ.ゝ  l           i'`´ .`‐'"
     {__っ ヒ_.!     l`、ニ、 . l      _,.,ィ
.    .ヽ、_)`ヽl     ,..   `、!_,,...-‐'"  ¢
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

722 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:28:01 ID:6DuztXA60

       -―--{薔}
   <ヽ´ニ-――- 、 `ヽ    ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓      |\           /|
  ,<_7,/ /! l ノ   `ヽ ヽ                                            |\\       //|
.,/ / i / ト iヽ.ハ  八_ ヾ-、    「特別な修行で少しずつ作り替えるとか、           :  ,> `´ ̄`´ : <  ′
.///i  Kl o混ト ゝノ//i ,ヽrヽ                                          V      キ : : : V
./〃ト l. u `~´   /乱}ノイハ     .そういうのじゃないのぉ!?」                    i{ ●    .キ● : }i
 i!/{ ヽu _    `u´ ノィ .ハ                                       八    、_,_, キ: : :.八
 i!',>、__/´ ̄`゙ヽ、 u / ,ィノi!   ...「それだと時間がかかりすぎるんだよ。            / 个 . _  _ . 个 ',
 ト!/ ,つ`ヽ、_ `) ∠ィ '| ′                                            /,,― -ー  、 , -‐ 、
 ハ._r' `lュ-、i ~Y_,ノ/ |       安心して、これでもボクは人体には詳しいから」      .(   , -‐ '"      )
.ノ゙l/ /7 F`ヽy′ノ_/ /l  !                                          `;ー" ` ー-ー -ー'
`L`ヽノ[__`~´~L__「,/彡ミミ≧  ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛      l           l
  ゝ´ ! `ゝ-/,ノ彡彡≧





        |\           /|
        |\\       //|                   /   |  |  l ヽ
   .     :  ,> `´ ̄`´ <  ′             |. `|  |  l  l.  |
   .     V        キ : : V.         「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ,' / ノ ̄ ̄|
         i{  ●   キ● }i        |         ヽ_j  / //    .|
.        八     、_,_,.キ: :.八         |   契約権利書ヽ_ハ/′   .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        / 个 . _  _ : 个 ',      |
        /ノ.ヽ`ヽ. ヽ`ヽム!  ヽ       |      水  銀  燈      .「……それとも、やっぱり辞めるかい?
    _.. -‐ ´  ヽ   \  l;;::ヽハノ       |     ・・・ ・・・ ・・・
/´         ヽ   ハ/`ァヘヽ      |     ・ ・ ・・ ・・・      .  誰よりも“うまくやれる”力を諦めて、
. : .         ` ー/   ヽ|:. ヘ \、_  .|/|
, : : . \        ヽ    ヽ:::. ' <. ヽ l|.|. :::::::::::::::::::::::   護るべきものが殺されるのを
l: : : : . ヽ: .       ヽ    ヘ:::. l ^l | l リ :::::::::::::::::::::::
!: :     ヽ: : : :       ヽ   ヘ:: l  .! .| l.|. :::::::::::::::::::::::   指をくわえて見守るつもりなのかい?」
´: : :     ': : :        \   ヘ:l  | | l|               __
: :    /イ: .           ',    l| .! l ||            〃.九`ヾ. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
:   / /: : : : : : . .        ',   } .! |/|   ::::..... |l 兵  ||.   |
 /  /: : : : : : : : : : : : : : : .   ',   l | j   |   ::::        |l 衛 .l.|.   |

723 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:28:28 ID:6DuztXA60

           _rxvxvxvxャ―- 、
          ,ィf>^厂{爻}勹⌒^下ミ `ヽ、 :'
      ':rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::ノ レヽ>、ヽ
     _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z:::⌒:.:::.:::圦ハ  :'
  ': /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l| :'
   `7/ // ll )レ |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
': /丁7 l| l l| ⌒ | |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!                 「……分かったわよ! 受けるわよ!
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j :'
':  //lハト、ヽ f--tミ ::::::::::: f‐‐ア彡 '/// l |! | |                 その代わり、キュゥべえ!
   /// 7∧ヽハ .゙==' :::::::::::::::ゝ=‐' //ハ /! j l | | :'
  〃 // ハ/小.    、.     /〈// l|| | ! |  :'              失敗したらただじゃ置かないからね!」
  ″{ { ,' // |l ヽ、  -‐-‐    /// ハ | | | ト、 , =彡
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、    , イ // ,'l lル' l| | ∨∠/三       .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三
  '⌒V:.:.:.:.{ l {:.:.:.:\ <ヽ:.:.jj:.:.:.:./ //ノ:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三三




        |\           /|                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´: :<  ′                  キュゥべえは何も言わない。
.       V       キ: : : :V
.       i{ へ    キへ: :}i                     ただ水銀燈の啖呵を喜ぶように、
      (ヽ、   、_,_, キ: :/  )
.     /| ``.―  ― |  ヽ',                     狐のような笑みを浮かべるばかりである。
.   _/ ゝ ノ      ヽ  ノ ',__
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

724 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:28:48 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                                                          l    |  └―‐┘└┘ {
                                                           l 仁二_   r―‐┐ r┐  '
                                                            l     |  {__| |.| ./
                                                       l 仁二二      └┘/
                                                  \    l     、    .r―キ⌒i{
                                               \、_ \ー '      、  .|
                                                 \  ̄      ト、  、  |
                               ┏━━━━━━━┓       \       i \  \|    「 i 「 i
       -―--{薔}                                           \      \ \   厂 ̄ ¨ ¨¨¨
   <ヽ´ニ-――- 、 `ヽ                      (施術)                   ヽ       ー =--L. ィ .i  rミ
  ,<_7,/ /! l ノ   `ヽ ヽ                                          }       /7   .| .|i / Lノ
.,/ / i / ト iヽ.ハ  八_ ヾ-、               ┗━━━━━━━┛     \ー _ノ     仁   二ニ=- { |{
.///i  Kl o激ト ゝノ//i ,ヽrヽ                                  \            } L_   /
./〃ト l. u `~´   /痛}ノイハ                                       \        /    ヽイ/
 i!/{ ヽu _    `u´ ノィ .ハ                                     \      ./ r~、 |> . \
 i!',>、__/´ ̄`゙ヽ、 u / ,ィノi!                                        ヽ    .' {_/ ./> ,、 ヽ
 ト!/ ,つ`ヽ、_ `) ∠ィ '| ′                                       、    ゝ..__/ ./ { ヽ |
 ハ._r' `lュ-、i ~Y_,ノ/ |                                           、         |  |  }/
.ノ゙l/ /7 F`ヽy′ノ_/ /l  !                                               、   .r――― '  .L__,、
`L`ヽノ[__`~´~L__「,/彡ミミ≧                                   、    、    }   Lr------、  r--ァ /
  ゝ´ ! `ゝ-/,ノ彡彡≧                                   \    \ー‐'       .> '   ̄  /
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

725 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:29:07 ID:6DuztXA60

/: : : : : : : |::|: : : : : ::|| |.:.:.: : : : : |::|.:.:.: : : : : :|| |: : : ::|::|: : : : : : : .:.:.|::|::|: :|: ::|  || ̄二_,|  | |===ノ
: : : : : : : : |::|: : : : : ::|| |.:.:.: : : : : |::|.:.:.: : : : : :|| |: : : ::|::|: : : : : : : .:.:.|::|::|: :|: ::|  || l ̄  |  |_,,| -==ニ
: : : : : : : : |::|: : : : : ::|| |.:.:.: : : : : |::|.:.:.: : : : : :|| |: : : ::|::|: : : : : : : :.:.:|::|::|_」L⊥-┴=ニ二|  |-=ニ二三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|丁|ー=ニ二三三三 |  | |三二ニ
: : : : : : : : |::|: : : : : ::|| |.:.:.: : : : : |::|.:.:.:. : : : : || |/.:.:[三三三/.:.:.:.:.||::|::|三二ニ=-____¨|  | |: _ : : :
_:_:_:_:_:_:_:_:|::|_:_:_:_: :.:|| |.:.:.: : : : : |::|.:.:.: : : : : :|| |::_/___/.:.:.:.:.:,'||::|::| ̄|::| ̄ |:| ̄|::| |  | | | |_|_
ヽ~¨~¨~¨~¨~¨~¨|:|: :|| |.:.:.: : : : : |::|.::.:: : : : : ,|| |:=======/.:.:. :. /_||::|::|_|::|__|:|_|::| |  | | ̄| |
ノ  <宀>   |:|: :|| |.:.:.: : : : : |::| : : : : : /_|| |_/___/.:.:.:.:.:./::::||::|::| ̄|::| ̄ |:| ̄|::| |  | |二二二
______/_|: :|| |.:.:.: : : : : |::|: : : :.:.:/:=|| |=====:.,,,,,-;;;―;;;;-,,、 :|_|::|二二二シ'^|  | | ̄ ̄ ̄
. ̄ ̄|| ̄¨||~____|:|: :|| |.:: : : : : :.:|::|: : : : /.___|| |_ /;;;,'''- ― - 、;ヽ  |::| ̄== ̄{:::::|  | |
宀i>||⌒=||=|:::::|:|: :|| |: : : : : :|::|: : :.:/.:.==|| |==../;/  i  l l l ヽ |::|   ̄_乂,|  | |___
.    ||`¨´||  ̄|:|: :|| |: : :  : |::|: : / .___|| |:.../レi  i l__lゝ ll ト、」| | l....|::|ー─.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
__八_八_/ |: :|| |: : :  : |::|:.:/:::====|| |../£l  l r ヽハノr ヽll .l |::|ー─
ヽ~¨~¨~¨~¨~¨~¨|:|: :|| |: : :  : |::|/.:.:_____/_|| |./  l  llリ ○  ○ l /...|::|ー─  ……それから少し経った後。
ノ  <宀>   |:|: :|| |: : :  : |:/.:.======|| |.l   (l  ゝ ┌‐┐ / |__|::|ー‐─
______/ |_,,|| |___ 厶ニ=- ': : : || |.l    l ゝ、└‐┘イ ハ 二二二.  水銀燈は納屋の中でひとり目を覚ました。
ヽ~¨~¨~¨~¨~¨~¨|:| || |  ,.:'         || |.|   |  ゝゝフくi‐ヽ LL| ̄ : : : : :`
ノ  <宀>   |:| || | ,.::'  ____ ∠||_|.|/| | / `ヽ Y/ >. :  : : :, ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
______/ | ||_| _[[]匚]__匚]── |  |ヽ  ノ .l/ | |. .:, :, :, :, :, :, : |_|_,,| /__ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ / ̄ ̄/|┘  : :. |  / | lイヾ| |.     :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
 ̄            / ̄ ̄ /|/ __  |/   |_l ×|.」\...、、  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
=匚]          | ̄ ̄ ̄|/ /γ⌒ヽ./    ヽイ| ×Uヽ \:``~、、 :, :, :, :, :, :, :, :,

726 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:29:54 ID:6DuztXA60

         >==ォ=…=‐ミ
        / /:::::::::::::::::::::\
       ー=′ 「::/::::::::ィ::」⌒⌒ヽ
        ./   7}:::::/厂       ∨              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       /ィ │〉}::::{〈        ∨
      ,l∧イ 7:天〈           \           そこにキュゥべえの姿はない。
        ′ | `介「         「
          (|ィ  |¨|          ト            あれだけあった手術具も、あるべき血の跡も消えている。
           '1  冂   l}      ヾく::
            |   V    ∧      V/∧           ……はて。結局、狐狸の類に化かされたのか?
            {∧厶.イ //∧     トiハ厂
              |lト.イ///ハ   トリ::{         .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
              .,|l|:::|/W:::::}人ル':::::::::::〉
             ,厶イ≧ー─‐<::: ̄::}\
           {:::::::`>=、::::::::::::`二フ⌒′
             ̄ (_/ ̄ ̄



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
   \    、      \
   ,.:⌒:.ヽ  \   .r.::::::⌒ヾ
.  /:::::::::::::::\  \_∨::::::::::::::\
\{i::::::::::::::::::::::\   {::::::::::::::::::::::\      -ァ         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ヾ::::::::::::::::::::::::::\ ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ / /
.   \:::::::::::::::::::::::::.ヽ .}::::::::::::::::::::::::::!;/             疑りながら胸元を覗くと、
    r‐}::::::/::::/:::/::::|.!:::::::_:::::::::::::::::::|
    ヽ::::/:/:/|:::::|.!::::/, ィ::::::j::::j:::j                そこには傷跡を縫い付けた形跡があった。
.     ¨ ー' ー' ./::::, _し'__丿:::/:::/:/
           (::/_, (:::::::::/:/-'                 木々に貼り付く蔦のように、それは体を覆っている。
             \_ ̄ ̄
               ´\_                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
               ´\_
                     ´\_
                     ´ヽ
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

727 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:30:14 ID:6DuztXA60

   ,,ィ≦::::ト必}ノ三`>、_
 , ク:::::::::::::::::::::::::::::y^´ ̄ヽ\
/ ム:::::::::::::/マー^         \
iム:::::::::::::/マ´            ',
.{:::::::::::::/マ´               l
. }:::::::::/マ!     i   i} / 从 .|
. !ヾ:::レ' | .| ヽ∧ l ! ,イァt  i! l !         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
ノ 〉〈  ! ,!-=tニkリ!/ 〈::ル ノ /!ノ´
 ノハ_〉 弋 弋:::レ   、 ̄ルイノ            そして体の至る所に、軋む様な違和感がある。
      >  ̄    _  /!ツ
   l  ハ >   _  __/.i}                ……どうやら、魔法とやらを施されたのは確からしい。
   ! .K´ヽ `Yア  !  | i}
   ノ  i >::::\ヽ\!  | i}            .   そう思いながら、水銀燈は立ち上がった。
_ イ   i/.:::::::::::::ヽ ! 气〉ー=、
:::::,'  ノ::::::::::::::::::::ノ.::::::::',  ヽ、           .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
::V  ,'!::::::::::::::::::::::::::::::::::〉..    \
V!  !::::::::::::::::::::::::::::::::::/::       ヽ、
:::!   ! !:::::::::::::::/ヽ:::〈:::::       ソ
::|   iⅥ\_/ノ‐}={∨k.::..    ノ



    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::|| ‐……‐-ミ
 |:::::::::::::::||         `  、
 |:::::::::::::::|| /`丶、  ((⌒^ハ                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 |:::::::::::::::||′   \ ヾV/i
 |:::::::::::::::|| 、_    _,.\   ノ                 「あ、こんなところに居たかしら」
 |:::::::::::::::|| ○ __ ○ Y´
 |:::::::::::::::||   (_ソ   ム                   納屋の扉を、何者かが開ける。
 |:::::::::::::::||=‐-  -‐=≦‐〈
 |:::::::::Y´i ̄ ̄´   〉>=r'´                    水銀燈の妹のひとり、金糸雀である。
 |::::::::::ゝL..-‐=7´ .|| ソ
 |:::::::::::::::||/  /  ||                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 |:::::::::::::::||  , '   ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||

728 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:30:41 ID:6DuztXA60

           __
         ィァ:::::::::::::-、_
    //::::_ェェェェェェ_::::ヽ
.    /n/イT| |! |! |! j `ヾヘ
    {⊂i⊃j j !廾 ! i|ナT⊂ト,                ┏━━━━━━━━━━━━┓
    i⊂j⊃┯┯` j┯┯て!
   .' /N  じ     じ N |                 「どうしたのよ、金糸雀。
   |! 人    _   イ ! /
   |! |! |>-  _rf i| ! | |                   そんなに慌てた顔をして」
   | '. i, j| /::ラT::}j ! ! j .! !
   |{ N v | }::::少::|| ! !イ |イ                ┗━━━━━━━━━━━━┛
   |  '.  !j:::::::::::::リ j/ li !
   N  '. イ:::::::::::::::i イ N !



           ,-、       __
            !|`ヾ.、,.ィ ,.´ー-、 :: ::`ヽ、
          ':、 >く::丶、 :: ::」WL,、_rvト、
             ゙x/::/゙\、:: ::>fー-.,-、_ニ 'ー,
               i:メ/   `ヽ.>)r‐ッ薔}::ij∠                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               レ'、_   __,-゙i_`'Tfイ 7<
               l:i ,ィー、   イ;゚ヾ,レi:H:ir‐'リ                      「どうしたのじゃないかしら!
              /ン,辷リ   弋り' /ソ !トi::/
          // ,.i"" ', -、 "" / _,=ミ,く                        もうすぐお夕飯の時間なのに、
           レ }ミゝ  ∨_ノ _"-f―ミ、}
             ノニフ >---イト ノミニi^ヽ                    なんでこんな所でボケっとしてるのよ!」
     __r 、     ヾフィ',ィliiト-、: ! そ=、ノ  i
     jニ i、ー、__,/「〈 //!| ト、 フj `>- ,_ !                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    { ‐-,y 〕 /  ` l _ト」|^li∨イ <_ __` ` )
.    ', ニン´| i)  ,. ┴、‐'ヽ,―'―'、/ ,.-イ` く
     (ヽ ̄`トト {   l i`{、ぅ      ̄ /l ! i、_〉
      `!l   iY/ハ  _ノ{,ノK   _   | l l |
      `` ' ' "  ` ̄´ ´' ´ ̄ '.   l ^ ^

729 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:31:02 ID:6DuztXA60

 ____
:::::r乞ト.::::`丶、
::::ヾこン:::::::::::::::\
^⌒^⌒^ーr、:::::y=l=x
li | il  |il l | ト《_八_》              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
|il|i|l i|li|l|lil|li|i| l`介'i′
|li|l|l i|li|i|ili|lillili|il| il |              「……もうそんな時間なの?
|il| | l l |l|i |li li|l|li|il| |
l l| ハl | l斗fT7从i|l |                 分かったわ、すぐに戻るわね」
       ◯  /l|ilil|
        'il |lil||                  水銀燈は、いつも通りに歩こうとする。
       / i| | lil|
  ¬   _イ|l i| |厶イ廴           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
≧==≦〈{|:::::\/三三≦
 〈八〉 〈{|:::::::::::Ⅵ三三{
^⌒Y⌒〈{|::::::::::/l|丁ヾ{ ̄




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
       ,-、,_ ,,,、、,、,, _,-ヽ
      ,! i;、冫.: : : : ::ミ、∠,!
      ゙l : :;`ミ .:、.:'::,;::`ミ ゙i
       |: ミ: ヾ:;o):、|oツ、ミ
       "i、_.:;彡´@`!》 ,|il゙
        "ミ彡::ヽ´ン:::ミ::、
         ,l:::::::::::::::::::::::::::::ミ                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、
          |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、             けれど、その姿勢はどこか奇妙だ。
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::|`゙'ヾ::::::、
       |::::::::|::::::::::::::::::::::ミ   ゙':シ"              それは四足の獣が、きまぐれに二本足で
       ゙l::::::;i:::::::::::::::::::::::|
       ,|:::::::i|゙.: :::::::::::::::ミ                 立った時のものに似ていた。
     , :"::: ヾミ".: .: .::::::::::;′
    ,i´: : .   .:.: ::::::::::::::::!                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   _": : ': : .ヽ: ;,:::::::::::::::::::::ミ
  ,‐=;,_ : :::シ |:::::::::::::::::::::::::::!
  ,'-=;,,_:::::ツ |::::::::::::::::::::::::リ
  ミ:''=-;ハ::i   ミ,::::::::::::::::::ツ
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

730 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:31:18 ID:6DuztXA60

 |  | |       ̄ 二.._―-<|  |   |   |
 |  l ′   .ィ            ̄ |  |   |   |
 い |/  /         孑丕ハ|  |   |   |
. ヽ小 ' _x≦、      いYり|  |   |   |
.   ヽヽ }ト辻小          ̄ |  |   |   |         ┏━━━━━━━━━━━━━┓
   Y'ハ ゞ‐ '    、      |  |   |   |
   ハ. い_,. -‐┐  __   ヽ.__|  |   |   |          「……どうかしたのかしら。
.   /  >'´    ヽ  ー..'    /|  |   |   |
  { / , -―- 、〉__.. イハ|  |   |   |           体、どこか調子が悪いの?」
   `ア        \   }に二.ノ┐|   |   |
   /           ヽ_/厶 Y_/}|   |   |         ┗━━━━━━━━━━━━━┛
.  /               Y  |Y__, イ.|   |   |
  ′           | イ| {_,. イ |   |   |



               _ -─ ─- ,- 、
            rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
            〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
          // / / /      \::::::::::l  ',
         ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
     _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
    // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
         、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
        < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',             「…………大したことじゃないわ。
       -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
        /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\         少なくとも、あなたが心配することじゃない」
         /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ
         ヽ:::::::| ハーr'゙Y//:::::::::::::::::::}:::::::::::::::::< ! \        わざと素っ気ない声で、水銀燈は言った。
         ノ 〉:::| /:::: ̄`/:::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::\  ヽ
        / /::::::{ハ::::::::::/::::/::::::::/::::::::{::::::::::: ト、:::::、ー-ゝ  ',  . ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         / /:::::::::::∧:::::::ヽ/_/:::/::::::::::::〉、::ト、! | \::〉    l
       / r'::::-::、:/ {:::::::/´::::`ヽ:/ ̄:「、 レ'  !  ハ !    !
      ,'_ノ_::::__::/ ノ:/::::::::::/::::::::::::::| }/|  ,' / l |   l
      lゞ//\〈//:::、__:/:::::::::::::::::::ノ  |  /! /  l ハ  /

731 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:31:30 ID:6DuztXA60

   // /  /   ,/ /   ,,イ/// /\;_:!::| ! ヾ::!
   Y | /!    ! /  _∠/-/ ナ /─ ,//!:| /  j:::! /
     i ! |   |/ ./ //  _j/   //.|::|''  /ヽ:ヽ|
     ゞ! \  i! /i ,ィ';-f='j〆   // /::|  /  !:::||
         \|::/ "/:/ /     j/  !:::|  /,//j/      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ,. ゝ'  ´ ̄´"     / ,イ! :| ,,/ イ/
       ,.                / / | .::|/ /          ――きっと、自分は遠くないうちに死ぬだろう。
        ヽ              /,/ イ',l :::|'' /
        i         // ,ィ " | | :::| / j !         .屍山血河の有り触れた、戦乱の頃の話である。
         !`      ,/-ー "'   | /l::::| /  i |
        丶     ´        // `"'j/  | | /      ..大の男どもを相手に剣を振り続けながら、
          `!           //  /:::|   | | |
          !           //  /|::::|   | | l       命を長らえるなど、水銀燈には信じられなかった。
          `─ -. 、.._    //  / j:::/l  .| ! l
                 ̄ ヽ//  /  |:| |   / ゞ     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                   //. / ,,イ| |   |
                _., -/" / // / |   |
             /::/''// /: : j / ::|   |



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
              (リノヽ、卯) /
              9!, ゚ ヮ゚ノ≠)n=ョ
              ミ(_)二つ,,ノ
                 /(__ハ_)
         ┌──┐.. .`しテ′  .___             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         i二ニニ二i        く/',二二ヽ>
         i´ノノノヽ)))      .|l |ノノイハ))             .ならばその時、妹たちが少しでも悲しまないように。
          Wリ゚ -゚ノリ       |l |リ゚ ー゚ノl|
          ⊂)_介」つΟΟ  ...ノl_|(l_介」).|            自分などに縛られず、健やかに生きていけるように。
           〈__l__〉   Χ    .≦ノ`ヽノヘ≧
           〈_ハ_〉        .ミく二二二〉ミ              ……このとき水銀燈は、そう考えていた。
                _        .ィ/~~~' 、
    r@" ̄~@ヽ   ....,',i><iヽ   、_/ /  ̄`ヽ}      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    /ノリliliハiliハ      ./((ノノリノ))    ,》@ i(从_从))
   ノ从リ@-゚ノ从    ((ミi!゚ ヮ゚ノミ)) .   ||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||
   ノ从とi,,ξ,,,iつハ    .⊂)夲!つ   ...|| 〈iミ'介'ミi〉||
  ノリ从く,,,,ξ,,,,>リ从   .(ム!,,jム)    .≦ ノ,ノハヽ、≧
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

732 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:31:54 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                              ,  ─  、
                            /        \
                           /           ',      .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ̄ ̄``゛¨ ¬―- _,ィ'^l'^h             i      / `ヽ      i
_,.....、__,......__,....._/ } | | .i_          i 「    (●)     i      ――この日より、半年ほどのち。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./. / | | .|二¬‐- z=ナ 、  (●)             i
-―― ¬'¨´ ̄ ̄ブ / / , ト 、二 ‐-ニ>〈ヾl|ハ   |          i      設楽場できない夫を初めとする野伏り共の
.         /     / /   `¨¬‐-| |||:::::',  ヽ          i
.  _,,  -―/       / ――‐r 、_」 l||:::::::',  -―       ト.、     度重なる襲撃により、のいばら村は滅び。
 ̄       .l       ノ      ヾミL_ノヶオ!:::::\      /   i: :\
.         |     /            ̄ ` ' ' -ヽ _ _/. . -―'": : : :.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        |  _ /__                _,, -┴‐-'. : : : : : : : : : : : ヽ
     __」-< : : : : |              >  . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :'.,
     |: : : : : : : : : : : :|            /  . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
     |: : : : : : : : : : : :|           /  . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                 -く所・gt; -
                 /       ヽ
                ′   !:!  } /   ハ
             | | 斗ト lト廴/イ l|
             | ,ィ       /} l|
             |: lト      ..リ lト
             イヽゞト、     イlイ〃∧                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                l ∧ }::≧<::!/ l|/ト ゝ
           イ_イ-从::::/Tヾ:::ム从トミ \                村民の中ではたった一人。
             /⌒ヽ  ∨个   /::}:⌒ヽ  ヽ
          /:::::::::::ハ~^{薔}~イ:::|::::::::∧ヾ \          .水銀燈だけが、その命を長らえる結果となる。
           /:::::::::::::::ハヽ `¨´ 〃:::::|:::::::::::ハノ}   )
         {:::::::::::::::::::::}::::ヽ人/:::::::::}:::::::::::::}  〃        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          \:::::::::::::::!::::::::∞::::::::::::〉::::::/
          ノ`¨7:::::::|::::::::介::::::::::ハ:::::::{ハゝ
          ー=彡イハ:::::∧::::::::::::::::::/:::::::::::}从 \
           ノl|ト7∧:::ゞ:::∧:::/::::/!::|/ l| }ゞ
            / イl|7ハ }}:::::::/X∨:::/ .∨ヽ从从
         .ノ从乂}~∧::::{ >< 〉/-~}:}
        ,.r=イ<∧イ ∧:::ヽ//⌒ー|:`¨¨ー~イ~ヽ..._
   _ x≦イ:::::::::::::::::}7⌒ヾ:!:::::::/ヽ_人_|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>x
  /⌒>イ:/::::::::r~¨ヽ_ノ⌒ヽ}/⌒ー一ト-ミx:::::::::r~ヾ:::::::::::::::::\

733 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:32:07 ID:6DuztXA60





───────────────────────────────────────────

                            ●

                            ●

                            ●

───────────────────────────────────────────




.

734 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:32:47 ID:6DuztXA60

   ,。o<ニ=-
><   ` '<ニ=-
≧s。//≧s。  `'<ニ=-
i:i:i:i:i:i:≧s。//≧s。.,_``''<ニ=- __
┬ _i:i:i:i:i:「≧s。//ミo。::| ̄‐-=ニ≧s。.,
│ | | ||i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:| ̄ ̄|::|==||_ ̄-=ニ≧s。.,_
⊥_|_| ||i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:|    |::|   .|| |::「T:=- _¨丁¨¨  __
_i:i:i:i:i:「|i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:|====|::|==||-=L」,,|_|_| ||===∠_ハ
三三二ニ≠=ー弌   |::|....,,,,廴____||__/||:: : |  ______     __
i:i:「「TT ¬…‐-=ニ≧o。_\\\\\\\``トミ,,|∠∠∠∠// ̄ ̄¨¨/  `ヽ、 ̄\_
i:i:i:i:i:|::|[][][][][][]i:||   |:::| ̄..|匸匸匸匸匸匸匸ア__|___|」」」__|_, TTTTTTx个二二二个ー-\ \
i:i:i:i:i:|::|[][][][][][]i:||   |:::|::: : |i:| ̄││|i|ニ|ニ|ニ|:||____,,,.イ|∠ZZZZアzzzzzzzzzzztttttx二ニL
i:i:i:i:i:|::|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:||  r=ニニ==|i:|: : ││|i|ニ|ニ|ニ|:||_||_|:_:_:::||_|:|┴┴┴||┴' ̄| ̄| ̄¨| ̄「「「_|二ll
i:i:i:i:i:|::|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|| :|ミ== 彡|i:|: : └┴|i|i:i:i:i:i:i:i:i|| ̄ ̄ ̄~~|¨゙| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
i:i:i:i:i:|:「」二|二|]zzzァ |::::::::::::::::|i:|::::::::::::::::|i|i:i:i:i:i:i:i:i||───‐┴┘,、,.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
i:i:i:i:i:|¨¨「:|i:i:i:i:i:i:i:i:|| |≧==≦|┴=ニ  ¨¨ ̄,、,、xWWN:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;
_ -┴ |::|¨¨ ̄   ≧===≦,、,、,ff¨¨「| ̄「」:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;彡  派速出できる夫の死は、すぐさま噂として
      ̄   ,.、,、,、xwwWWWWWミx :. :. :.`゙'ミミ:.;:.;:.;:.;:.;彡'''":.
,.,.,wwwwwWWWW;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'Wwx :. :. :. `゙゙゙":. :. :. :..   眞峰の住民たちの間に広がった。
;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'WWWWWWI; :. :. :.  :.   :.
;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'WWWWW''''"":.  :.  :.   :.   :.. ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'WWWWミ'"":. :. :. :. :.  :.   :.   :.    :   :   :   .   .
;';';';';';';';';';';';';'WWWWWWWW''"":. :. :. :. :.  :.  :.   :.  :.    :    .    .   .   .
;';';';';';';';';';';'WWWW'''"""´:. :. :. :. :. :.  :.  :.  :.  :   :    .     .
;';';';';';'WWWWW:. :. :.  :.   :.   :.   .    .    .

735 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:33:12 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       / ;  ゜      °  \
      l         ;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、              ――何を思ったか、夜中に屋敷を抜け出して。
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;         ;   |ー       \
.      !   _ノ′ヽ、__               ,;   \ ,rー、.        その翌朝には骸が近場の河に浮かび、
        ゝ ((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"_'__"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ.        .おまけに死因は胸に深く斬り込んだ刀傷。
  ´ ´ `゚~゜´^".`寸圭圭圭} 寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭K._.゙ ^ ゚゜
               `¨¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                 {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
                   {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




-───- 、     ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
        ヽ/
           オ オ オ   }
  で  死    i イ .イ .イ  j 川 j_j_,
  き  ん   |      ,_州レ┴'~^'<j:i_,           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  る  だ.    |      j:ル′      `Vj
  夫 .わ  .イー--┐ _i|  ,x=== レ=ミ、 i              .眞峰の町民たちは、その死に様を聞いて
、__  _∠i:j:|ij;l,  ヽ( l "r¬ i ' 宀 |
  j:レ^ヽ{      `゙'i    「`  __゚, | i .゚__  '^i             .「やはりあの男も、魔法少女にやられたのか」
  |′ ,ニ_´  `,ニ. |    L_.   r, _ぅ .u ,_ノ
. _」   `゚┘ └゚´ l┐    ヽ  r― 、   /          .    と、口を揃えて囁き合った。
..|   ,、  (n n) .u |     ト、 `こ´ .イ
..ヽ,i  ヾー===-ァ'^ ト'     r|  ー‐  |、              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
. r|、  `こニ´   ノ、     _l |      l} }、_
__,{:{j丶.._ ___,. ' |} }ー--< ト\     / /   `ヽ

736 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:33:33 ID:6DuztXA60

                     , -ー―-- 、
        /  ̄ ̄` ヽ     /        ヽ
       /   .死.  ...ヽ   /   で  死.    }
        /    ん    }  l.   .き  ん.    !
      {      .だ.    ,'  {    .る  だ.    .j
      ヽ      :    /   ',.  ..夫 .わ.   /
       ゝ、__   ノ    ヽ、  .:  .._ ノ
        - ==!/´       `ー-v' -―  ー、       .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ,イ:::.. :..:.: ..:ヽ         /       ハ
     i::::::::::::::::::::::::::::::i        //,   //l   i        その声色からは、対岸の火事を楽しむような
     l::::::::、イ::r;:::::_:::::j        !イ///イ/ |l |  |l
     !{ヽ:イ/メ jl |'l:::/         川r</ /ィ´! lト、! j       野次馬根性を感じ取る事が出来ない。
     ヾ リ `ー' ハT´ソ         リイ ゚`} /゚´  Y リ j /
      ヾトu.ー ' /'          `|j /   .u | j|イ/        .魔法少女の犠牲者は、既に十人を超えている。
  __,, -≦ハ ヽ イ-、_            !ハ`r ァ   ノイ/
 /////////≧=≦////77ヽ      リ ヽ _, イ  {       .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ////////////////////ハ      ,, -rィ  / / )ヽ
 ////////////////////ハ ,ィ´  ̄  / |l    ' // j `ー 、__
 ////////////////////// j      / |l`ー'゚ // /     , `ヽ
 ///////////////////// l       | i //      /  ハ
 ////////////////////  |        ヾ'/          /   ハ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                _           ニ / l l
             /´´,ィ〕           /
  ニ / l l   ,_   /  'ーっ          /ニ7
   /   /777/  /  ./ ̄             /
  /ニ7 {   し'7/ ゙̄7/    ,. ''´ ̄`ヽr:z   :
   /   ヽ.  ノ { /〈/   /    _,、 ゝ       _ f'h、. ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    :   |ー-|  X ,.へ    !   r'7/,ゞ7レリ       (.くノ ' 'ヽ
  ,rf'?   !   !// V   \_l   y/__ヽ,        .〉   ノ   伊藤カイジと同じように、彼らも気付いたのだ。
 〈  レフ .!    ̄/ ̄ ̄/ /   ,.イ | r'::   、    /   /´
  ヽ  く  `‐! !-l__/ /イ / / ̄`<:: _ ヽヽ.  /ー-v'      .魔法少女とは、噂の中に住まう絵空事ではなく。
.   V⌒ヽ_, l l-‐ヽ /  ´ l/ レ'      ,ゝ、  ̄7 i‐-'  / } }
   ヽ    ! !   ∨   /       /   \/l. !   ./  ノノ    .自分たちのすぐ隣に潜む、恐るべき殺人者なのだと。
     \__,,.ゝヽ''7    ./ ニ / l l   、   /ソ ,'─‐'   r‐ 、
         /    /   /     ,イ ヽ./ / /、_ __/  ´ヾ.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.        /    ノ   /ニ7   /;'|___ゝ'/   }   __,.へ)
       <、   ./     /   /;' | '´イ ` ー─‐'-‐'''´
     /:::`::::ー- 、      :  /;'  !   L_    ノ丿
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

737 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:33:45 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

             / ̄ ̄\             .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           /   「    \
             |   ( ●)(●)               今や魔法少女の名を聞いて、
.          |       | |
.          |     __´___ノ               背筋を震わせないものはほんの僅か。
             |     `ー'´}
         /\       }             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        /::::::::\       ノ                    -‐======ミ                   -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
.      /:::::::::::::::::::\ ,一   , : ´  ̄`゛ :: .      / ./:::::::::《@》::::::\            / /" \    \
     /::::::::::::::::::::ヽ`エ    ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\   ./   /:/`^⌒^⌒^⌒^ヾ           // /       ヾ.    ヽ
   /::::::::::;::-─:::::::: : :ヽ∨. .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.    .{/  /,  i    i  ', ',          .〃:{_{ ─   ─ マ    i
.   /:::::::/: : : :::::::ヽ:::\: ゙|. .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l i   くj!〉.∧|\|\/|/i,ハ }〉           レ!小l(●)  (●)从 l|   |
  /:::::::/: : : : :::::::::::::|::::::::} j. .|:::::|::::::|(●) (●)|::::|::| |   ,小、{  о     о jイ{           _リハ⊃ 、_,、_, ⊂⊃〃  人
. /:::::::/: : : ::::::::::::::::/::::::/:/.. .|:::::|:::::_|     ,   j:::::| `..|    | i    、_,、_,   ハi          ./´ ー-(巛`ヽ-r─-、--─一'  ヽ
/:::::::/: : : ::::::::::::::::/::::::/:/  ..|:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `.. .|.ト--ヘ. |≧=‐- -‐=≦! /イ        .{_ _      ヾムノ_ _     }
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




;;;;::::::::::::::: :::: :: |        |  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;
;;::::::::::::: :::::: :: |        |/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;
:::::::::::::::::::  :::: |          |;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;        .┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
:::::::::::::::  :::::::::: |          |   ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::
:::::::::   ::: ::: : |        _|     ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::            ――その中の一人。
::::: :::::  ::   |_., -‐‐- 、:|    ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::   ::: ::: :./:::::::::::::::::::::::ヽ.   .::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::         世を騒がせる魔法少女、キル子は
:::::::::::::::  ::::::./:f:i|,:::l_:::l_::i::i::::i:::::l   :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::  ::.|:::|(●)(●);::::|::::|.. .::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         できる夫が死んだという噂を聞くと、
:::::::: :::::::::::::. ` !  ` _   |:::::|::::|. ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::: :::::::::::.  i:`::┐y-‐|:::::|::::| :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           すぐに町の路地裏へと足を運んだ。
;;;:;;:::::::::: :::::::/.|::::イ / ,イ.|:::|::::|.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
;;;;;:;;;;::::::::::;/;;;;;:.|:::::i┴─| |::::|:::|.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;      ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
;;;;;;;::::::::;/;;;;;;;;;;;.|;/j|__| !':::|:::|  \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
;;;;;;::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/.|┴─|___,'ヾ|.::::::::::::\:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;

738 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:34:11 ID:6DuztXA60

.:i|.:i|.:i|.:i|            ;|
.:i|.:i|.:i|.:i|            ;|
.:i|.:i|.:i|.:i|二二二二二二二二二l
.:i|.:i|.:i|.:i|___  _,,....,, _  ...:::;;| ,;;
.:i|.:i|.:i|.:i| ,/|(( ..,, _ ,,. ))...:::;;| .;;
.:i|.:i|.:i|.:i|/ :| | ~"'' ''"~.]....:::;;| .;;
.:i|.:i|.:i|.:i|  | | l l l |.....:::;;| .;;
.:i|.:i|.:i|.:i|  |_| l l l |.....:::;;| ;;
.:i|.:i|.:i|.:i|;../ :l #i; ;l;;;;l;;;| ̄ ̄\_____                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
,.i|,.i|,.i|,.i|,/  ~"'''''''"~             --‐‐...、
_,,..,.,,,._ >┿、             /:::::::::::::::::::::::`ヽ.          .「……キュゥべえ、どうせ居るんでしょう。
ヽ  /_  /'ヽi|            /:::,:::::::::::::::::::::::::::::、:ヽ.
 ゝー( ヽ| ;;|i|           ./::::/::::::::::,:::::::/::::::ヽヽ::ヽ          出てきなさい。聞きたいことがあるわ」
/   ヽ::ヽ |i|           |::::::i::::::::::i!:::::/:::::::::::|::::l:i!:i
/;;;..:::i;;:..,) ;) :|{}         |::::::|::::::::::i!_:/j::::::::::_」::/|ヽ|     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
;;:::.....、。)_,,)"           !:::::|_:::::::::|●゚ソ ̄'●'、゙ヽ_,、
 ̄ ̄ ̄;;;:"            .|:::::/i:`:‐ri`¨´  `¨i、_` | `ヽ、
                      j::::/`|::::::ト、  __'  イ:::i'゙ヽ|    `ヽ.
                    ,.ィ-'‐イ、 .|::::::トミゝ、_..イ人::゙!  |      ヽ.
             / 、    `|:::::::| ヾミ∥ヽ`ヽ::゙!゙‐!       |
               /   ヽ.   |:::::::|  ヾ| ゙! ヾ、:゙!.|      イ
              ./     ゙!   |::::::::iヽ  .|  .|  ヾ.i|     / |
             ./     、ヽ  |::::::::| .ヽ j   !   ヾ!  ,/  !




        ∠ - 、  `丶.   |
             }     、 ./|
           /      V  |
         ,  ´      . -'一´|
       /r=ニ二 _ア'´     |           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ,   V///        |
      ./    ヾ/.           |             「答えられることなら答えるけれど、どうかな。
      ′    / l   f^l.      |
     |     .′!   し    ,、 |.               君は一体、この期に及んで何を知りたいんだい?」
    .八    /  .ゝ⊂⊃    _ .|
      .  ./   / ー T 「   |           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    「 ̄Xア   /       V  二つ
    \▽   ∧、     ./     |
    /\\ / } ヽ          |
   ./    ーr 二__}_  {     |
   |      .     _コ.   |
     ・ _ ・ ,、__>   ‘ー ⌒ー:|
    ヽ/ \ |             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

740 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:34:27 ID:6DuztXA60


       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      ./ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::ヽ
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!|'li:::::::::::::.!
     .!::::::::::::::::::::::,r、、:: ::::::::|` └┐::::::j!      ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     .|::::::::::::::::::::::.!ti|::::::::::::l ( ●)::::::|`
     .!:::::::::::::::::::::::ヽ!:::::::::::||!    >:l           「派速出できる夫が殺された、と聞いたわ。
    │::::::::::::::::::::::::|:::::::| ̄   _/_;l!
     |::::::::::::::::::::::::::|::::::::| .   /::|             そして、殺したのは魔法少女だとも聞いた。
    .!::::::::::::::::::::::::/l::::::::| /  ̄´::::|
     |::::::::::::::::::::::./_|:::::::::|':::::::/::::::.!            ――その話は、本当なの?」
   ./ :::::::::::::::::/. !::::::::::l:::::/::::::jl
   / ::::::::::::::::i二 ヾ |:::::::::::!二j:::〃            .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  .〃:: ::::::::::/::::::::`ヘ_|:::::::::.!ヽ |' '





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                     /                 ヽ }::::::.'/.:::::::::::::::
               /                    }:::::イ:::::::::::::::::::::::::
                  /                     {::::::::::::::::::::::::::::::::::
                ′  ⌒ヽ      ´ ̄ ̄ヽ     ,〃:::::::::::::::::::::::::::,; ;┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              |                 _      ,:'::::::::::::::::::::::::::/
              |  ,イ   ヾ     〃    ヾ  .ノ::::::::::::::::::::::::,; '     「まあ、事実だろうね。
              | .ゝ ○ ノ     ゝ、 ○  ノ  }::::::::::::::::::::::::/
             '.    ´   /    `       つ::::::::::::::::::/_ _ .::::.   ボクは現場を見た訳ではないけれど、
                 >、    _     ,  -‐ 、   /.:::::::::::::::::::_.:::::::::::::::
                /  ` ー-  `ニ二ー─--‐'  ,:.´.:::::::::::::,:.:´    ヽ   .   あの骸の刀傷は水銀燈のものだ。
            ./             ̄ ̄  .,;::'.:::::::::::::/
          ./                /.:::::::::::::::/         i    見間違えようのない、美しい傷だったよ」
        ./                    ,.::´.::::::::::::::::::/            .|
       ./       、     ,...::::: ̄.::::::::,::: -‐‐::〃          /   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     /         }    ,:':.:.::::::::::, -‐´    /           /
   /         ./  ./.:::::::,.:: ´       /            /
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

741 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:35:16 ID:6DuztXA60

                           _
                             } `丶
               「 \  __   -┴ ァ  \
                    ´         /    ヽ
                \        __ く/
                ∨ __     '⌒ Y      }      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  _|{ '⌒ r:‐ヘ    八     ,′
                   / 八    、:::ノ  イ 丶.   /         「それで、それがどうかしたのかい?」
             ⌒\/ ,   / ーァ   T´ {   \/\
           ( (⌒>く./  / . : /     ',: :ヽ    〈) ).     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
              \{/ : : :/ : : /       ヽ-ヘ . : : //、
         /\\_∧: : ,′|  i  i | ∨∧// : : :\__
           (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  | |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ




              ':::::::::::ハ::ハ::!::::::::::::::::::::::i
           l::::::i::::'__iL_!i::::::::::ハ::::::::::j
           |::::_l::::|i.゚●,゙ ̄'≦zハ:::::jj
           |:::{ i:::::!゙¨ ´  〈゚●r'lヽリ            .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           |:::::::!:::!    ' ゙¨〃:!
           j:::::::i:::ト、  ‐  ィ:::/::!               「……私に、さやかに、妖夢。
          /::::::::i:::! l! >´'ヽ.:/::::L__
            /  ̄/::j! l!,/ /:/ /  ヽ               そして、その水銀燈と合わせて、これで四人目。
           ,イ  /::/ /  /:/ /     ゙!
       / j'、 ./i:::i! /  / {::::|/ . -‐ ヘ,′             偶然と呼ぶには、少し集まりすぎだわ。
        /  ′Y ///  ,′|:::/ ,/    ,
        〉イ ヽ| j:::i,′ ./  /'´      ,′            あなた、まさか意図してこの街に集めたの?」
      /   ヽ `i|:i!|=≦=‐「_    /,′
    ,′    ゙、_!,.ィ-‐≦ニ´  ̄` ̄ .,′           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ,ノ     、イ            /
    ゙ヽェ=' ̄ _>、         _-ィ'
   〈{,   _ィ ゝ、 ヽ、    _.-‐'´ |_」

742 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:35:36 ID:6DuztXA60


                             -―――――― - 、
                         /                   \
                         /                    \
                   /    -‐ ――<⌒           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  r‐ 、 ̄ ̄          \
                  |\ \_    _       \          「集めた、という言い方は心外だなあ。
             .  - '´ ̄/      \/ {        、
.        _  /       /   ●      ヽ┐ー 、 ┌r 、/\       ボクは、君達の行くべき道を示しただけさ。
.        / Χ       「 |    、__  ●||\ \r|| |  _{
      |/  \   /|  、     `´  / / /   } | |//      喪われた願いを埋めるための道筋をね」
      /。      /   \ \ __, イ_ {__,{    {/  〉 ,/
.      厶  。   /|        、           \/   [ /    ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        |   。 /丿        \             {     ∨     /
        |_ イ  ′         \ __               /
         |_/             \ ̄`ヽ           厂 ̄
                           ー<_____/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
.∧..| 偶然だぞ..|___|
( ゚ |_____| ||
/ づ∧∧|| ( ゚д)|
  ( ゚д)| / づΦ                           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ̄|/ づΦ
ぞГ ̄ ̄ ̄ ̄|                             「その四つの道筋の果てに、
_|..偶然だぞ..| ̄ ̄ ̄|
.. |_____|..だぞ |                          たまさか揃ってこの街が建っていた。
 ∧∧|| |_____|
..( ゚д)|| ∧∧||  ┌─────┐                 それだけの話だよ。ただの、偶然なのさ」
`/ づΦ.( ゚д)||  │          │
 ̄ ̄ ̄ ̄~| づΦ .│...偶然だぞ...│                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
偶然だぞ .|     .│          │..┌─────┐
____ | ̄ ̄ ̄ (ヨ─∧_∧─E) │...偶然だぞ...│
∧∧|| |, 偶然だぞ..\ (*´∀`) /  └∩───∩┘
.゚д゚)|  |_____|. Y   .Y     .ヽ (`・ω・) ノ
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

743 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:36:52 ID:6DuztXA60



                      /::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    //::::://!::::::::::::::::::lハ
                      i:|::::::_LL!___!ii::::::l::i      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                      /:::l::::::!●)  (●`!_::|:i
                  /:::::::i:::i    '    ,'::`::|        「………………。
                     /:::::::::;i::!,゙:..、_ ^ .イ::::j::::i
                 /:/ ̄.|::! ヽv/´ 〉ヽ/:::::::.         折角だわ、キュゥべえ。もう一つ聞きたいことがある。
                  _,-'"´ヽ ! .!::|V У /  |.ヽ:::ハ
           _,.. -<_    ゙:..| |::| .ヤ/  /   !/ V:ハ       嘘を吐かずに答えてほしいのだけど、いいかしら」
〈\   _,.. -‐ '"     ` ‐-、_ ゙.!|::|,/  ,/!  |' ,/ ヾ、!
 \`ヽ.|             ,.ィ≦::|イ`゙='-ェ、._j/ ___\   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  `ヽ-‐|      _,.   ,..:ィ´::::! /:/  ̄ ̄ ̄ ̄.〉.\     \
     ゝ  _,.-‐"    ,/:::;::::j/'"       !:::゙ト、`ヽ、    \



             }YY}
            /…/
             ≠ ≠
         ∠} /
     {> ⌒。Y                          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    / (°~ /^)
  ≠ ≠(^Y   /                           「なんだい? さっきも言ったけど、
 /…/  У   {
 {ハハ{ (      ヽ                             答えられることなら答えてあげるよ」
     (ノ⌒ヽ、 _ノ、
    /⌒ ー‐U }                          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  /          /
  {   ___ /
  ヽ (
    \)

744 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:37:12 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
       |  |  . |  |  . |  |  . |  |  |      .|_
     .ノ  ノ  ノ  ノ  ノ  ノ  ノ  ノ  ノ       `フ
      7.  7.  7.  7.  7.  7.  7.  7.  7  N      `"`「 ` - 、_
     /~ /~. /~ /~ /~. /~ /~ /~ /~   O   l>v     、.__i-ゝ
  / ̄./ ̄./ ̄./ ̄./ ̄./ ̄./ ̄./ ̄./ ̄¬  _      `|`=ー"`-ヘ ` -‐っ
  |  |  . |  |  . |  |  . |  |  |   /<ノ  D   !、      `、i'"`’..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 └ └ └ └ └ └ └ └ └─┘ /   A    }
      ^|  ^|  ^|  ^|  ^|  ^|  ^|  ^|  ^|    T   |           「――お前の目的は、一体なんだ。
      /.  /.  /.  /.  /.  /.  /.  /.  /     A  i┘.
      |  |  . |  |  . |  |  . |  |  |        }              .その笑顔の裏で、一体何を企んでいる」
      |_. .|_.  |_.  |_. .|_.  |_. .|_. .|_.  |_      _」
       ヘ  ヘ.  ヘ  ヘ. .ヘ. .ヘ. .ヘ  ヘ. .ヘ     ノ                  寒気のするような声で、キル子は問うた。
       .ヤ  ヤ  ヤ  ヤ  ヤ  ヤ  ヤ  ヤ  ヤ   /
        i  i   i  i  .i  . i  . i  i  .i   Y              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        ヘ.. ヘ.. ヘ.. ヘ.. ヘ.. ヘ.. ヘ.. ヘ.. ヘ.  `、
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.  __                  _
/  _`ヽ                  ∧\
  /  `ヽ              i___〉、.\_  /ヽ
. /                  / /:::::::::::::::::::`ヽ i
 i                    /  /:::::::::::●:::::::::::::::.           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 l              _  /  /::::::::::::::::::::::,   ●}
  `ヽ          (  ̄ `ヽ、 .∧::::::::::::::::::::::`⌒′/            「……そんな質問でいいのかい?
    丶         > ´  .У \::::::::::::::::::::::::/{__
::.          _,.- ".    .厶〉./::::::::::┬= T  ∨ )            .キル子、ボクは君たちの使い魔なんだよ?
:::::.    i   と´_   ・ .∠ -‐´::::::::::::  !. (__ -‐__ ´
::::::::.    `ー== _と_,ィ ./         |  |  ̄  ',             ならばその願いなんて決まってるじゃないか」
::::::::::::::::...................... `ヽi/      |  / /:::j.  ',    \
::::::::::::::::::::::::;:  -‐- 、 /:::  `ヽ::::::::i  |_ノ:::/   \)\)\)      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
`ー--‐‐ ´      {::::::..   i::::::::',  |';:::. i
               ∧:::::::::::::::ノ:::::::∧ .| ';:.|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

745 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:37:58 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
           [ ̄/ ̄/...l....∨∧|.......∧      \/ ̄ ̄\
.           r┘/.......'.......`i...∨/|......{.....〉     / \    '
          )ー{........{...........}.....∨!......K⊥.,_   /   '...\/
         ⌒\....ヽ.....人___,/....__.....\__\      ',.....゚             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                ̄ ̄}__/.{..__{ }....../ ̄]__ノ}   }.......゚
                ( ̄.............{(_,厶ノ⌒ア...../ノ   }..........゚   _/`ヽ     「魔法少女に仕えること。
            /\__,以_人人/ ̄∨ /     }.........../ ̄  `ー‐
            /'    〈 ̄\(::::::::::::::}    ∨     }......../ ●      /  これから先も、未来永劫永遠にね。
          /      _△)○ \_ノ´゚,      ,      }......{ (__   ●  / l/
           |  _. -  ̄ /\) /  | ∧    :       ......\ `ー'  , |   それだけがボクの願いで、ボクの目的だ」
         _ -  ̄ _ -/   ∨  |/.ハ   !     }.........| iヽ   イ!  |
      _. -    _ - /./   /    |/ ∧ 、 {_     }.........| 乂}   `|   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   _ -    _ -   |..{    ト...,__,.ム///r〉_/\_  }.......| ノ  ,:コ、 ||
  /     _ -  \ |..{   /::::::::::::::{⌒´}::::::::::::::/  \}.....〃/  // |  、‐- 、.
  ,    _ -       |...\/「¨¨¨¨「¨   ー― '::{     }.....゙ア    /::i⊆ -一'__,ノ.
 -‐           \....\|::::::::::::       '::::::::::,    }......{    |::::∨ ̄  \.
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                    / 、        ∧
              __/  \    /  V^ヽ                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               , 7       ̄ ̄    \ \
                //              丶  ,                 「……だからその証拠に、
             /     ●   _   ●     ′
.            / {          _)         }    ,               .君にとって有益な事を教えよう。
      _    /           _)             ′,   _
     (( \/     ∧             ∧      \/ ))        いや、君の願いにとって有益なことをね」
        \、      /  \          /  ,       xぐ
     / \ .   /、   ≧=‐-  -‐=≦     ′   / \     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.    /     ` 'く ))    i         i     (( ,.      \
  /        /¨´      | {    } |     `¨ \        ヽ

746 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:38:20 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
    ./ ̄ ̄\
  ./ 「   ヘ \
.   |  (■■■) |
.   |      |   |
.  |   __´___  |                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.  |   `ー'´  |
  .ヽ         /                         「最後の一人――水銀燈の願いは、仇討ちだよ。
   .ヽ___/. ...-‐====‐-  ミ
       | .|  /::::::《@》:::::::::\. \          君が狙うできない夫の首を、彼女もまた狙っている。
       | .|  . ^⌒^⌒^⌒^´\:::',   ,
       | .|../ / i    i  , ', ヾ}   ′        底なしの憎悪、それだけを胸に秘めてね」
       | .|.{ ∧ハ|\/|/|∧.〈j!>  i
       | .|.}Ⅵ            },.小.  |        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      lニニl八          .i l    |
.       {-}.U) Ⅵ≧=‐- -‐=≦|. ,'--.イ.|
.       .|X|_ソ::::γ::{ 薔 }:::::::::}∧::::r' .|
         ̄ `i丁 、:::\/::::::::、:::〈'´` ..!
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




        /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
       l::::::::::::::::::ハ::::!::::ハ:::::!:::::::::l:::::::::::i            .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       |:::::::::::::i:::レ::::|::::l::::|:::|:::::::::|:::|:::::::!
       |::::::::::::i::::::::r≧ミ L:ハ::__,z|_:!::::_;′           .「……ああ、そう。
        i::::::::{`l::::::l:::i゚●ソ   '●゚i〃:::i|
        l:::::::::ヽi:::::|:_|゙¨ ´   , ¨´!!:_:::i!              .どうせそんな事だろうと思っていたわ。
        l:::::::::::::i:::::ト           ノ:|
      ,:::::::::::::::i:::::! ` 、 _ ´...イ:::::|                  それで、それがどうかしたの」
     ,:::::::::::::::::i:::::|ヽ、   lト、:::::ハ:::::!
      l::::::::::_>ヘ::::!  ヽ. ゙、ヽ/ l::::|               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      |::/-、  ヘ::!、  ヽ. | i、l::::!
     〃   ヽ.  l:!`、  ヽ.i iヽ:ハ
     ′      V、 ヽ  ゙j .|V│

747 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:38:46 ID:6DuztXA60

                           /Vl/)
                          /。。。./
                     ヘ.   , ---、'´
               lヽ 、__/ハ、 /,´l ̄lヾi
             ,, ==、、/ >     ヽー-ノ_ノノノ
      (二⌒o_i|__/ l     ( ')lー'´ー '
      (´ー' {o||    八( ')  ,_ ノ
       > }oゞ__/  ` ー  イ           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       し´ ̄ ゛=''ー---,'   |/´`)
    , ―― 、  γ'   ゛=''    | /´          「いいかい? 彼女にとって復讐とは目的なのさ。
  /      ー'           ノ'
 /     γ´ ̄ヽ、  )__,| /'´               復讐を手段とし、己が願いを成し遂げようとするキミとは
 |      i'     ) ./,´  | (
 |     /、    (,,,) ´   t...)              まるで真逆の存在なんだよ」
 |     / ゝ ___ノ´ ̄`ヽ
 ゝ            /⌒ν                .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  \          /    .
     <____ノ




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                       / ̄ ̄\
                     / 「   ヘ \
                      |  (■■■) |
                      |      |   |
                     |   __´___  |             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                     |   `ー'´  |
                     ヽ         /              .「できない夫を殺す。その一点において言えば、
                      ヽ___/. ...-‐====‐-  ミ
         , : ´  ̄`゛ :: .       .| .|  /::::::《@》:::::::::\. \  君と水銀燈では、妄念と執念の量が違う。
        ,::´:,::'::::::::::::::::::::::: \|ヽ   ..| .|  . ^⌒^⌒^⌒^´\:::',
       .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:.| .|   ..| .|../ / i    i  , ', ヾ}     そしてその差は、魔法の力量差として現れるだろう」
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i.| .|   ..| .|.{ ∧ハ|\/|/|∧.〈j!>
      |:::::|::::::|(●) (●)|:: | .|   ..| .|.}Ⅵ            },.小. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      |:::::|:::::_|     ,   j::: | .|  ..lニニl八          .i l    |
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i. | .|   .{-}.U) Ⅵ≧=‐- -‐=≦|. ,'--.イ.|
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|::::..lニニl   |X|_ソ::::γ::{ 薔 }:::::::::}∧::::r' .|
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|::::..(U.{-}  .. ̄ `i丁 、:::\/::::::::、:::〈'´` ..!
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

748 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:39:08 ID:6DuztXA60
/         </      |
           -┴──<L_
        /、          > ´二二ニ=ァ
      /下ハ          / 、:::::::::::::/
.      l   ̄   _        ヽ \::/                 イ
.      |  、_    下心       ‘,  \    r=x      /: :∠__
     八   ー'    ̄           ハ   \_//_」 l -‐o . : : :´: : : /
      {{个 、              / 、     ̄ } |     o  : : : :/     ┏━━━━━━━━━━┓
\     ヾl|_\           /   \     //      : : :  ̄ア
  \     下 ̄>‐-ァ    -<       \  //     o  . : : /       .「君は、どうする?」
\  `ー─ -\\  l       ヽ        |V/ー─    ̄ ̄ ̄
  `ー‐ - ‐─ \  |        ト、       ∨                     ┗━━━━━━━━━━┛
              ̄ ト、  }       ヽ::\
                | ∨    l   \:..\
                | |    |     \´>- 、



      . : "´  ̄ ` : 、
      .,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、
     //:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.
.     l,f:::i| :::::|:::::::||::::: |i::::i:::i                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    |:|:::::|_:::::|:::::::||:::::_|::::::|::l
    |:|::::_|    ,、    |_:::|::|                    「……どうもしないわ。魔法少女と出くわして、
    |:|:´:|゙:、/ |l|\,.ィ|:`::|::|
    |:|::::|::/   |  ゙ヽ:::::|::|                殺し合うなんてもう沢山よ」
    |:|::::|/   ∧   |:::::|:::|
    |:|::::|  /,| ヽ  |:::::|:::|               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    |:|:i'l〉イ´  .|  `ト〈'i,::|:::|
    |::::::\_   |:|   ,ノ:::|:::|
    |仆イ|'i|`ゝ' ゙ー:'´|::/|ilハ|

749 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:39:31 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

                                          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

               ィ辷fーr-r------------ィ-r一ヽ  、    ..「あと一人。あと一人殺せば、仇討ちは終わり。
              , '/〃__{__{__{___|___|___|___|___}__}__}__}__ハ }
                { { < __ __ __ __ ___ ___ ___ __ __ __ __ > } i       .だから早くできない夫を済ませて、この街を去る。
             ヾ::{ { { { |  |  |  | } } }__l>’
               ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            .私がすることは、それだけよ」
                    `ー───────´
                                          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




¨¨ ‐- . _             ,.. -‐ァ
、       `ヽ-‐…‐- ミ,.. '"    /ニ
ニ、              `ヽ.    /ニニ
ニ=ヽ                   '.   /ニニ
´   i                    :. /ニニニ         .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   i                  '. `ヽ.ソ
   |    x≠ミ     r==ミ '.   '.           「……そうかい。ならばボクは祈っているよ、キル子。
   l   ⊂⊃          ⊂⊃  '.
  .,:′           `ー'^ー′    }  i          君が恙なく手段を終え、喪ったものを取り戻せるようにね」
 人                   .:   |
´  丶              イ    |            嫌になるほど朗らかな声色で、キュゥべえはそう言った。
.   /≧=-   _ .  -=≦ . ‐=ニ二ニ= 、
.  /         /     . ‐=‐ ´  i ` }      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
/   !     イ       {=‐{ |     |彡'
  |   |      |       `ー-|     |

750 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:39:51 ID:6DuztXA60





───────────────────────────────────────────

                            ●

                            ●

                            ●

───────────────────────────────────────────




.

751 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:40:09 ID:6DuztXA60

          ,.-─‐-.、
      /:::::::::::::::::::::ヽ
.      |:::: ::::::::::::::::::::::l
.      |::: ::::::::::::::::::::::::!
.       |:::::::::::::::::::::::::::::l                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        !:::::::::::::::::::::::::li:|
.      !:::::::::::::::::::::::::l|::|                      ――数年前。
.      /|::::::::::::::::::::::::ll.,7:!
      |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !                 まだキル子がほおずき村で暮らしていたころ。
      ! !|:::::::::::::::::::::::| |  l
.     / |:l|::::::::|!:::::::ll|::l|  |                    彼女は、うまく人を斬れると嬉しくなった。
    l_  |:|.!:::::::|l!::::::|l:.:||  l
.      ヽ |ll_|__:_!|:∟:!:.::l‐!  l              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.      /         `ヽ!   !
     / / .         ヽ..._│
.    |、 !             `<ヽ,
   _メ´丶、:     -‐─、:ヽ :`\
   ∟ 、┴-    -l_____, -ー‐‐‐‐'

752 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:40:31 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

                                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                                        .    “うまくやれた”ということは、
                        , : ´  ̄`゛ :: .
                       ,::´:,::'::::::::::::::::::::::: \|ヽ     つまりうまく人を護れたということだからだ。
                         :::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:.| .|
                         |:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i.| .|     敵が一人死ねば、敵に殺されるものが一人助かる。
            ∧__∧      .|:::::|::::::|(●) (●)|:: | .|
     ∧_∧  (´・ω・`)     ..|:::::|:::::_|     ,   j::: | .|     だから彼女はそれが嬉しかった。その筈だった。
    (´・ω・(⌒─⊂ ヽ      .|:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i. | .|
   O/ ⊃((´・ω・`)) ..)      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|::::..lニニl   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ( つ_つ ゚し-J゚ UU      |:::::|:::::| ヽ. // ',:|::::..(U.{-}
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


                                           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                        , : ´  ̄`゛ :: .             ……今、キル子には護るべきものがない。
                       ,::´:,::'::::::::::::::::::::::: \|ヽ
                         ..:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:.| .|       けれど彼女は未だに、うまく人を斬れると
  . ∧_∧         ∧__∧    |:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i.| .|
..、(´・ω・)..(´・ω・`).(´・ω・`).    |:::::|::::::|.         |:: | .|       愉しく感じるままである。
.} 寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭K._    .|:::::|:::::_|  トェェェェイ.j::: | .|
. ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}  . |:::::|:´:|、_ ゞェェソノ:::i...| .|     .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´    |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|::::..lニニl
. 圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心        |:::::|:::::| ヽ. // ',:|::::..(U.{-}
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

753 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:40:59 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
              .,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              !:::::::::::::/!::::::::::::::::::::、::::::::::::l
             l:::::::::::::i/i:::::::::::::::::::::ハ:::|::::::::!
             |l:i::::::::i/.|_::_l_:::::_|_::::|zi:|::::::::|
              |::l::::::::|          .!:::::::::i      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                 l:::|_:i|:::|         |_::li::_|
             |:::::l:::::::!  .トェェェェェイ. .|:::::|:::!      ..人の血や肉や、臓物がまき散らされるのを見ると、
              l::::::|::::::|\ ゞェェェェソ./i:::::l::l
                l::::::l:::::::lヽ.l>、. _ .イ_l:::::i:::::l:|        少女は己でも気づかない内に、その顔を綻ばせる。
            l::::::l:::::::l   ヽ、   ,//!:::::l::::l!l
.            l::::::l::::::::|.   ヽヽ// !::ハ::::l:|      ..血に酔い、魔法に魅入られ、己が手で命を奪った事を悦ぶ。
             l:/|:::::::::ト、   ヽ/  .l:::l l::::ト、
           / /::::::ハ:! .ヽ  /     |:::| l:::l  i    .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           ,'  l::::::/ l!  ヽ. /     /l:::! !i|!  l
          ,'   |!|::l      ∨     ,' l:l l.l!   !
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
. . . . \.           /|             `ヾ、 /    . .|    l
. . . . . . `. .、 ____ /::i!                  . ..i!    |
. . . . . . . . . `ヾ:::::::::::::マ_ ヘ                 . . ;′    |
. . . . . . . . . . . `ヾ:、:::::::::::`:ヽ. .          .     . . . . ;'. .     |  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. . . . . . . . . . . . . . .ヽ7_ヽ:、:::ヽ._  _. : : . . . . . . . 〃.. .    |
. . . . . . . . . . . . . . . . . .  ̄ ´ `¨  ̄. . . . . . . . . . . . /. . . .     .!    ――剣法とは魔法である。
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ./. . . . . .    |
. . 、. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . , イ. . . . . . . .   |    .そして魔法とは魔のものであり、
. . . .`. .‐-. ._ . . . . . . . . . . . . . . . . . . , -‐ ´   |. . . . . . . .     |
. . . . . . . . . .  ̄. . . ―--―    ´       |. . . . . . , ..≦三≧ 、.  少女を魔物に変えるのだと、キュゥベエは言った。
.  . . . .    . . . . . . . . .'.           i. . . ,.ィ.≠´ . . . . | ,タ
.   . . _    . . . . . .   '.           i!ィ゙≠´ . . . . . . . i!.. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.  / 、 ミ、   . . . . .   i!         /./. . . . . . . . . . . .|
. /  . .i!. . }   . . . . .    |        /./  '. . . . . . . . . . . .!
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

754 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:41:22 ID:6DuztXA60

          ,.-─‐-.、
      /:::::::::::::::::::::ヽ
.      |:::: ::::::::::::::::::::::l
.      |::: ::::::::::::::::::::::::!
.       |:::::::::::::::::::::::::::::l
        !:::::::::::::::::::::::::li:|             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.      !:::::::::::::::::::::::::l|::|
.      /|::::::::::::::::::::::::ll.,7:!                  きっと自分はそうなったのだ。少女はそう理解した。
      |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !
      ! !|:::::::::::::::::::::::| |  l               今やキル子は他人を見ても、その血の味と
.     / |:l|::::::::|!:::::::ll|::l|  |
    l_  |:|.!:::::::|l!::::::|l:.:||  l            .    肉の臭いにしか、興味を抱く事が出来ない。
.      ヽ |ll_|__:_!|:∟:!:.::l‐!  l
.      /         `ヽ!   !           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     / / .         ヽ..._│
.    |、 !             `<ヽ,
   _メ´丶、:     -‐─、:ヽ :`\
   ∟ 、┴-    -l_____, -ー‐‐‐‐'




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
;;;l゙   .ヽ;; ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;.!  .l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!                     _,,
.、!、   .,i┘;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ^'''"   ,|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..;>ー'゙゙゙゙゙ヽ             ゙‐' |.l
..l;;;;゙ゝy レ;;;;广'L;;_..コ    l;;;;ン'ッ;;;;;;;;;;.,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  `''、_;;;;;;;;|        .,,,     . l、;゙¬.
. ゙'''''″ .ミ、;;;;゙''''l:゙'"  ` .、  `''" : l.;;;;;;;;;;l゙ ゙'<;,v、;;;;;;;;;;/'    .`''''"        !;;゙''┐    .゙'ー'"
    ,-シ、;;_ノ   . _, `    .tナ‐' ̄″ ∥ .`'―ー!llt;;. .'          !、;;;丿
;/  ,r./  l;/    '!┘            リ'i          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
,! ./  ,i";;{_                  =!.!.l
!     ゙L;;;;;゙>                    マ , 、,,,  ..――あるいは、記憶の中の隣人たちを思い返しても。
..,i¬―''>.l..、/゙    i'゙゙~゙゙゙'-|!!ゝ         i'''j  .!、,,;l,゙,,r
: };;;;;;;;;;;'\_ ゛   .〈;;i ゝ、;;;;;;;;;.ア   ,......、   ,iミ;;/  ,r'''";;;;;;;. 今の魔物には、彼らの臓物がどんな色をしていたのか、
.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    .,ン-. : '!''L,l゙    l.;;;;;;゙ゝ、,i''";;;;; ! !;;;;;;;;;;;;;;;;;
.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l゙;l ,!;;;;/   .|'ヘ,    `''''''i_;;;;;;;;;i;;,゙  l;;;;;;;;;;;;;;;. そんな事にしか思いを馳せる事が出来ないのだ。
..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-゙;|,`''″  .,/;;;;;ゝ..r‐┐   i";;;;;;;;i┘  ゝ、;____
 .ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;,,、;;;;;.! ---'''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; !   .〔;;;;;;;;;;;;ヽ :lニ二'゙'';.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.
.ー'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    l;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,  ヽ!      "'"     ..   . l-x,;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;v ..,,,,、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'―- -ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'---、                "  .'|゙゙''、
.l´|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ン- /     ゝ-..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¬';;ナ'             l7   l
;;;;;;.,,_.;;;;;;;;;;;;;/             |;;;;;;;;;;i¬ー-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{´                    !
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

755 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:41:48 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


                                              ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
               ィ辷fーr-r------------ィ-r一ヽ  、
              , '/〃__{__{__{___|___|___|___|___}__}__}__}__ハ }            .――だから、そんなのは嫌だと
                { { < __ __ __ __ ___ ___ ___ __ __ __ __ > } i
             ヾ::{ { { { |  |  |  | } } }__l>’               少女は願った。
               ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    `ー───────´              ┗━━━━━━━━━━━━━━┛


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

                                           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                                              もしも今、ほおずき村の人々が生きていたら。
                           ' "´ ̄ ` : 、
                    /.|/ ::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、           きっと自分は、笑って彼らを斬ってしまうだろう。
                     | .|.::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
                     | .|.:i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|            .己は見境なく殺し食らう魔物に成り下がった。
           ∧__∧    ....| .|:::|         .|::::::|:::::|
    ∧_∧  (´・ω・`)      | .|:::| トェェェェイ |_:::::|:::::|            .――でも、そんなのは、いやだ!
   (´・ω・(⌒─⊂ ヽ    ..| .|. iヽ、ゞェェソ _,.|:`:|:::::|
  O/ ⊃((´・ω・`)) ..)  ..lニニl|:::::|:::7 l/'  ゙1::::|:::::|          .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ( つ_つ ゚し-J゚ UU   ..{-}.U).:::::|::イ./  ,ィ |:::::|:::::|
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

756 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:42:08 ID:6DuztXA60

        |ヽ、     ハ
        |`,>`ー―‐' リ、
        ハ       )ヽ
       / i (' )::::::::::('/ ./             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 __,,=y' ノゝ._ ,',´⌒ヾ,'
(_o> ̄ l|/  _ノ/o'0'o/ノ'                 「――ならば、君は復讐をするべきだ。
(,-´'o≧=ノ'  (_,(_,し'´|´
 -'´  ´ /       |  /´ ̄ ̄`ヽ          .残念だけど、君が救われるにはそれしかないんだよ」
       /  '⌒ヽ| || lヽ/  γ´   |
       i     リ. || | ,! _ノ    /       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       ゝ.____'´).,j.,.,j<´_  __/
            ´         ̄



      . : "´  ̄ ` : 、
      .,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、
     //:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.                       ┏━━━━━━━━━┓
.     l,f:::i| :::::|:::::::||::::: |i::::i:::i
    |:|:::::|_:::::|:::::::||:::::_|::::::|::l                           「……復讐って?」
    |:|:::::|   、   |_::::|::|
    |:|:´:|゙:、_ ‐‐ _,.ィl:`::|::|                           ┗━━━━━━━━━┛
    |:|::::|:::::/ ヽ//ヽ:::1::::|::|

757 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:42:25 ID:6DuztXA60

.  __                  _
/  _`ヽ                  ∧\
  /  `ヽ              i___〉、.\_  /ヽ
. /                  / /:::::::::::::::::::`ヽ i
 i                    /  /:::::::::::●:::::::::::::::.        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 l              _  /  /::::::::::::::::::::::,   ●}
  `ヽ          (  ̄ `ヽ、 .∧::::::::::::::::::::::`⌒′/         「……おかしいとは思わなかったかい?
    丶         > ´  .У \::::::::::::::::::::::::/{__
::.          _,.- ".    .厶〉./::::::::::┬= T  ∨ )      ..いくら乱世でも、この村は襲われ過ぎじゃないかと。
:::::.    i   と´_   ・ .∠ -‐´::::::::::::  !. (__ -‐__ ´
::::::::.    `ー== _と_,ィ ./         |  |  ̄  ',          山ほど殺したのに、次々野伏りが沸いてくるのを」
::::::::::::::::...................... `ヽi/      |  / /:::j.  ',    \
::::::::::::::::::::::::;:  -‐- 、 /:::  `ヽ::::::::i  |_ノ:::/   \)\)\)   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
`ー--‐‐ ´      {::::::..   i::::::::',  |';:::. i
               ∧:::::::::::::::ノ:::::::∧ .| ';:.|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
        .\_/                      -―─-   、
            |                      /          \
         .- ┴ -. 、                   ′ ⌒   ⌒     ,
     ./          \.                i ( ●)  (● )   i
    .′ ─    ─     ,    ..-‐─- 、    |    __´ _      | ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    .i < ●>:::::<● >   i  ./        ヽ  ..、     ̄     ノ.
   ..|    (__人__)     |   '          i    > __    <    .「おかしかったんだ。仕組まれていたんだよ。
   ....、           ノ.  |  Γ   へ   |    ...-‐─- 、
        > __    <.   | (●) (●)  |  .../        ヽ     .君の村に、野伏りが何度も何度も来るように
         .-―─-  、    |    |      |   '           i
    ./          \.  l.   ___`___,    |  |  ,ノ  ⌒   |    采配した人間がいたんだよ」
   ...′ ─    ─     , λ         .ノ.   | (●) (●)  |
    .i ( ●)  (● )   i   > __    <  ..|  (__人__).     |. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    .|    (__人__)     |                l.   ` ⌒´    .|
     .、           ノ                .λ           .ノ.
      .> __    <                   > __    <
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

758 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:43:18 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


                                            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                        , : ´  ̄`゛ :: .            「だからキル子、君は復讐をするべきなんだ。
                       ,::´:,::'::::::::::::::::::::::: \|ヽ
                         :::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:.| .|       ――君はかつての己を取り戻したいのだろう?
                         |:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i.| .|
            ∧__∧      .|:::::|::::::|(●) (●)|:: | .|      ..隣人たちの為に、命を懸けて戦った自分を」
     ∧_∧  (.    )     ..|:::::|:::::_|     ,   j::: | .|
    (.     (⌒─⊂ ヽ      .|:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i. | .|     .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   O/ ⊃((.    )) ..)      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|::::..lニニl
    ( つ_つ ゚し-J゚ UU      |:::::|:::::| ヽ. // ',:|::::..(U.{-}
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                              r 、        /|
                           ', `ヽ. --- '  |
                           }           リ、
                          _.._/:i        i ハ _
                     _r_‐〃ァ' ィヘ.       ハ  X'
                    ,゙=-___..ゞ≦ノ `7   ┌ ´ ム" ` ー- 、
                         ̄        ノ゙ハ  |.  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                             ,.ィ::廴ノリ  |
        . < ̄ ̄>。.              / ゞ==彳 / |   「けれどそれは、剣と魔法の闇に呑まれて喪われた。
    /          > .        .イ '     .イ |
   /                >。.. _ ..。<  /|:l   rく:jヘ !   だから復讐するんだ。人を斬るべきなんだよ。
   ,'                       /八} ,ノ   `¨
  :!                       /   { ト、         ……かつての君なら間違いなく、彼らに復讐しただろうから」
  :!   . ャ==‐- ..__         _. イ     ゝ- '
   ', /: :i       ̄¨¨¨¨¨¨ ̄                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   \八_
      ̄

759 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:43:39 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
  ヽヽ   i ヽ   ir'l( (ニゝニゝ( (ヽ |))/ ,,,,/  //
   ヽヽ  ヽ,,ヽ,,,,, i .| i i | |/ニヽヽ|ニゝ))<   ,// /
    ヽヽ_  "--l ,l"ニゝ") ) ヽヽニ=ヽ)ゝ :,:              (/)    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ヽ "''''''''''''('_j'' ヽヽcヽ,,ニヽd/)ヽゝ.ノ霜斧ミx,゜      '´
      """""( ( (ニゝ/丿| | ヽヽ,---- (圭圭圭{!'                  「そう、記憶を頼りに潔白を証明するように。
         / / | |しr| |ノ/i iヽヽ丿ノ---.寸圭圭イ :';'''
         ヽヽヽヽ .""" i i  ""| |.. .τ'{{7⌒∴:                  思い出を頼りに死者を想うように。
           ゝ ヽヽ  | |   /丿    .)/
              "" l l   ""  。∴{!                       かつての己をなぞることで、喪われたものを
          i      | |    ._,ィ(
    i  i    ヽ    ,,,)ヽ. ,ィ圭||ア '’    __              闇の中から思い出すんだ」
     i  |    iヽ  //ヽヽi.炸圭(       ,ィ升彡
  ヽヽ ヽ \,,,,,, ヽヽ//-,<i j゜.⌒`寸ト、   ,{抄'⌒    ノ斧ミ、 o    ∴┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ヽヽ, ヽ----\( ( | ) )ヽヽ) )|.゜     ノ/        ⌒∴   ・ ノ(_ノ圭斥⌒',寸ミ、        ',.:,:・'`¨∵¨¨⌒´
    ヽヽ,,,,,,,,,,,,,,,--/cニニゝ/.,,、    //   ノ(          /少'⌒ `       ..,, _,.。x≦少"・       ,ィ(_∴_,:
     ヽ,,,,,,,,,,,,,;;/,,,,,ヽヽ..π_ノ心、_ノ(,炸||(   ,,.,⌒ ・っ  ∴ ・                 ;,,ィ炒⌒;.    c=≠二,ィ炸圭圭(;''
           i  i iヽ| )圭圭圭圭圭ア  ∴:¨'`   `                     ',∴ ・     ⌒ 寸筵τ'⌒``
           i,,,,,,,l,,. τ`Ⅷ:圭圭圭圭(_ノ廴 τミx。、∴__            ノ廴_,ィ炸廴ィ
             | | | |.)}圭圭圭圭圭そ `⌒'・    __,ィ圭掛x、∵      ,ィ炸圭少⌒'・
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 〉     \\            `ヽ/  /::::::::::::::::/
/´ ̄ ̄                     /:::::::::::::::::::/
     /                    ヽ::::::::::::/         .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ./                       :::::::/
   /                         V           「君に残された道はそれだけだよ。
  ./     /v⌒;                  i
  /       弋__ン                /⌒;     |             .まあ、そのまま魔物として生きる道もあるけどね。
 ,′                         辷ン   ∧
/ .\                        /  ',           ……さて、どうする?」
   \         、               /    ',
     >         ー 'ヽ __ノ        /     ',         .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   /    ≧ュ ..            <|        ',
  /           `   ̄ ̄  ´      i}        i

760 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:44:01 ID:6DuztXA60

                               ,.-─‐-.、
                           /:::::::::::::::::::::ヽ.
                              |:::: ::::::::::::::::::::::l
                              |::: ::::::::::::::::::::::::!.  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                               |:::::::::::::::::::::::::::::l
                             !:::::::::::::::::::::::::li:|    「……キュゥべえ。そこまで調べがついてるなら、
                              !:::::::::::::::::::::::::l|::|
                              /|::::::::::::::::::::::::ll.,7:!    当然あなたは、その黒幕の事も知ってるのよね?」
                           |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !
                           ! !|:::::::::::::::::::::::| |  l.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                             / |:l|::::::::|!:::::::ll|::l|  |
                         l_  |:|.!:::::::|l!::::::|l:.:||  l
                              ヽ |ll_|__:_!|:∟:!:.::l‐!  l
                              /         `ヽ!   !
                          / / .         ヽ..._│                    ,ィ劣王ミ::、,l|lヽ,,_∠_
.. .,ィ劣王ミ::、..___                 |、 !             `<ヽ,                    /  ̄      ̄    \
.. .寸圭圭圭圭圭}               ._メ´丶、:     -‐─、:ヽ :`\                   /          /     l
..`ヽー―- 、.、 少´              ∟ 、┴-    -l_____, -ー‐‐‐‐'  . ___       _ ─'/_.,., / ̄  ̄ 一一<     |
  {\ー―ゝ、` 、             _                        <"\\ ̄  ̄ ̄  /__、 i!         |     /
     {   ヽ ` ー=ニニ=ー――=´―‐`r―- 、   .r 、        /|.  \_//\ヽ_ _/ヾ\ _l一一一─_ _l|_彡//
  ..._、}__ ,r- 、                |     ヽ  . ', `ヽ. --- '  |     .\ /ノ   ヽ─″ ̄.¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭
.______ヽ彡ー―――――――'´ ̄ ̄ ̄    .}           リ、                     {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少
..圭圭圭圭圭王圭圭}                 _.._/:i        i ハ _                    {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬
..圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´               _r_‐〃ァ' ィヘ.       ハ  X'                寸少' ̄ r劣}   .弋圭
.`¨¨¨´ f壬心                  ,゙=-___..ゞ≦ノ `7   ┌ ´ ム.┏━━━━━━━━━━━━━┓
    ..弋圭ヲ                       ̄        ノ゙ハ  |
                                ,.ィ::廴ノリ  |      「――勿論だよ。」
               < ̄ ̄>。.              / ゞ==彳 / |
          ./          > .        .イ '     .イ |       そしてキュゥべえは、
         ./                >。.. _ ..。<  /|:l   rく:jヘ !
         .,'                       /八} ,ノ   `¨     虫食い花のようにそう答えた。
        .:!                       /   { ト、
        .:!   . ャ==‐- ..__         _. イ     ゝ- '.           ┗━━━━━━━━━━━━━┛
         .', /: :i       ̄¨¨¨¨¨¨ ̄
         .\八_
           . ̄

761 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:44:17 ID:6DuztXA60





───────────────────────────────────────────

                            ●

                            ●

                            ●

───────────────────────────────────────────




.

762 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:44:34 ID:6DuztXA60

、            `:.、                 : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;:
、   、、     、   `:.、.   ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +
、\ヽ、 :.;;:.,..;,:,.,.,..,,..:...;...,..,,,.、丶       .;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:
| | 「「「「「「「「|.|.|.|.I.I.ITT.l.l.i.i /`:.、         :;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..:
|_|_|」」」」」」」」」」」」」.I.I I l.l.i.i./ ''''"^            ;:;;: , .,., *.,::.. :..:   /"""∧__/.:::
,,...ヽ、、\ヽ、、丶、ヽ、ヽ、、、 、、`;,,、                         / .::::/""/,;;::::
| 厂「干幵幵幵lロiニフニニli`゙lxi:i::i':,、                   ,:''"/,, .::::/ ,, /,;;;;;;;;;
|ノ川 !│L⊥⊥ロ|ノ:::::圀||ミ|x|:i::ト、 `:,、                /.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
|j_j乢山Liア"毛[i「`゙ヽ:::::||ミ|x|:i::| i゙;.、       ,;'""´,;'  ,;'""´,;'  ''
凵L」 ::::::′ 下[||○ :::::||ミ|x|:i::| l :  ,:'' ',:'゙,;'",;' , ,,,,, , ,, /,:, ,,,,;'',,, ,, ,.  ――眞峰の夜は、すっかり静まり返っていた。
| {::::::::::{   津[||亭 }::_|| |x|:i::| l i_ └-L竹TTロ何呵可 竹T竹T!i
|⌒}:::::::::::   盛[|i斗ャヤi|| i: |:i::| l [__      └┴--==Lⅲ」 |州   声も足音も、息遣いの音さえそこにはない。
|  };;;;::::::::::ー---[||二ニ二|| :: |:i::| i⊥ニ   ..            ̄¨二上十
|密密密密密密[||三ニ=-|| :: i/ ̄         .. .           _ ̄  .寒気がするほど何もない、抜け殻のような夜である。
| ITITITITITITIT[|H‐!T!「〕!-=ニ_ ̄   , ,. .
LI:I:I:I:I:I:I:I:I:I:I:I:I:乢斗也三 ̄_               ,. . ,、    .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
匚 ̄ ̄   -=ニ二 ̄
[ _  -=ニ二 ̄_ . .
{三三二 ̄_ _ _ . . . .

763 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:44:52 ID:6DuztXA60


     / ̄ ̄\                       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   / ―   ―\
    |  (●)(●) |                      設楽場できない夫は、この空気を知っている。
    |      |   │
    |   __´___  .|                      ……これは、全てが滅んだあとの夜だ。
    |        .|
   ヽ         /                   住処を襲われ、住民が皆殺しになった土地は、
.    ヽ       /
.       /    く                    往々にしてこの風景とよく似るのだ。
      |      |
      |      |                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  汚
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   物
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  は
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ  かつて、できない夫は幾つもの村をそうした。
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;   野伏りを率いて他者の命を蹂躙し、
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i  彼らの生きる世界を打ち砕いて食い物にした。
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

764 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:45:32 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                        -‐─- 、            .\_/
                      /        ヽ              |
      ..-―─-  、      '          i.        - ┴ -. 、           .-―─-   、
    ./          \     |  ,ノ  ⌒   |    ./          \.   ..../          \
   .′ ─    ─     ,    .| (●) (●)  |    .′ ─    ─     ,     .′ ⌒   ⌒     ,
    .i ( ●)  (● )   i ≧ |  (__人__).     | > .i < ●>:::::<● >   i > i ( ●)  (● )   i
    .|    (__人__)     |    l.   ` ⌒´    .|     .|    (__人__)     |    |    __´ _      |
    、           ノ    .λ         .ノ    .、           ノ      、     ̄     ノ.
      .> __    <       > __    <      ..> __    <.        .> __    <

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 8< ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

                             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ┘ 、 、
            .(● ●).!..__,.、               ……実際のところ、できない夫は腕が立つ訳ではない。
           | !    |.:::::ヽ`、
            ヽ `  .ノ /フ':;`〈            剣士としては下の下。剣を知らぬ凡夫なら殺せるが、
              ̄"' -、 ャ ':;;:|
                 `_>、/             それ以上の手合いにはまるで歯が立たぬ。
                 ` i./
                             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



      / ̄ ̄\
    / 「  へ \
    |  (●)(●) |                       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.    |    |   |
     |   __´___  j                         だから、彼は人に頼ることを良しとしている。
     |        }
     ヽ       }                      例えばやるオプーナ。例えばやる夫やらない夫にできる夫。
      ヽ     ノ
      i⌒\ ,__(‐- 、                          例えば、野伏りに見せかけた己の手下。
      l \ 巛ー─;\
      | `ヽ-‐ーく_)                     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.      |      l

765 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:45:57 ID:6DuztXA60

             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l    `ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ     レ'  シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ.       ∠r1=彳             ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\             ……あるいは傍らに控えさせた、
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j             .年端もいかぬ魔法少女。
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}             ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |




                     |   ||         .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                     |   ||
                     |   ||.             だから、この薄ら寒いほど誰も居ない夜でも、
     ┼┐─          |   ||
.         ̄| 、、       |   ||.             できない夫にはまるで怯えることはない。
               ┘    |   ||
                 /  |   ||./ ̄ ̄\   .   己の力が足りぬなら、他人のそれを使えばよい。
               /    |   ||.  「  ヽ \
                   /|   ||..(●) (●) | ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                     |   ||     .|     |
                   /|   ||.   __´_  |
                 //|   ||.   `ー'´  |                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             ////|   ||        |
   _________|   ||      /                     この宵闇に魔法少女が潜むと言うのなら、
                r──-、   <
                {二二  |  /                       他の魔法少女を使って倒せばよい。
                 {二二  | /
                  匸二..__ノ                         彼にとっては、ただそれだけの話なのだから。
                    ||
                    ||                         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

766 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:46:32 ID:6DuztXA60

====‐|| || ニニニニニニ____________
' ̄ ̄ ̄||| | ┏━┯┯━┳━┯┯━┳━┯┯━┳━┯┯━┓
     || | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼士─┃
     || | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼|\, ̄■]\,
     || | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼||\\    \    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
、   _,,|| | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼||\l\| ̄ ̄ ̄|
  'ヽ,/ || | ┣━┷┷━╋━┷┷━╋━┷┷━╋━┷||\l\||    |     ……扉の向こうには誰も居ない。
./″' ..|| | ┃|      ┃      |┃|      ┃    ||\l\||    |
     || | ┃|      ┃      |┃|      ┃    ||\\.||    |     もぬけの殻の六畳間が、ただ寂しく
     / ̄ ̄jl ━━━┻━━━━┻━━━━┻━━ヽ、| 。}||    |
   /    /i___,,;;;;;:| ;;;          ;;;;;;\;;;;;;;;;;;;::. \|  ||    |     住人の帰りを待つばかり。
. ,.∠___/ ´x  /,,,,;||__________\;;;;;;;;;;;;;.  \ ||    |
´ || ̄ ̄ ̄||ー―‐',, ,,,,:.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \:::::::::::  ~  ̄ ̄ ̄   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
   '"/::::::::::::''1l:::l'l lヾ:iヾヾ::::::::::::::::::::::::l
   ./:::::::::,1 l l」:::l l l::::::::::;;;;;;;;::::::::::::::::::::l
   ヽ/l:::::::::::::ニニ} l lー'",,.--、ヾ::/ヽ:::::l
     lハ"_,,.-‐-、   ,ッ" o  l::rヽl:::::l                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       l.、   o;  '    ,ノ |:l-} l:::::l
       l`ー--/,' u `'''''"/ l:llノノ:::::{                      そこはできない夫の部屋ではない。
   .    l : :/,' u   ,/' u lノ:::::::::l
        l <_  - ヽ''_,.--、v ノ::::::::::::::l                       魔法少女の最初の目撃者、伊藤カイジが
        l ┌―‐',ニニ-‐‐'7 /::::::::::::::::::ヽ
         l ヽ'_"ニ--―''"フ/;::::::::: ,、::::::::ヽ                    住んでいるはずの、長屋の一室である。
         ヽ <,.-‐'''""¨¨ /'/l::::::/ ヽ::::::::ヽ:
          ヽ  ニニ  /  l/;;;;;;;;/ヽ:::::::::l                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           ヽ ニ ノ  /;;;;;;;;/
            ヽ / ヽ/;;;;;;;;/
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

767 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:46:56 ID:6DuztXA60



          / ̄ ̄\
          「  ヘ   \                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        (●)(● )   |
      |  |         |                  「……本当に居やがらねえ。
.       | __`___      |
       {       /                    が、どう見ても部屋に物が残りすぎだ。
       lヽ、  ,ィ'.) /
       j .}ン// ヽ                   少なくとも夜逃げって線は消えたな、こりゃ」
       ノ '"´  ̄〉  |
       .{     勹.. |                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        ヽ 、__,,ノ.  |



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                             ト r,'ニニ \   i  ,' l !::::::::! ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                             /  レ^ゾ〉、,_ ヽ,_ i | | {:ヽ:::|
                          l i f゙‐( / /゙{ 丿 `'┴=⊥L::_|    できない夫は、眞峰のやくざ者どもと
                            l i  \._ `¨フー 、_        ̄
                        |.-‐─- 、./   〉_,> 、  `'' 、._  ただならぬ付き合いがあった。
                       /        ヽ. 人 _,⊥_,>.、_
                         _..'          i. ` ー--:彡'' `' ‐-. 賄賂と利権で築かれた、欲塗れの関係である。
                          |  Γ   へ   |...\_   _,/
           ,r ~‐n、._      | (●) (●)  |  ヽ._ ̄ /  / その繋がりから、こんな噂が耳に届いたのだ。
          r'^ X X X X‘~、_   |    |      |.      ̄  .//
          r'^X X ,r~ 、_.X X‘、. l.   ___`___,    | ′ 、  /  |/、┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       r'^X Xノ    `~、ゞ) λ         .ノ.   . ̄   ┌' ^ヾ い. ヽ,丶
        r'x∩Xノ '⌒ヽ,  ・  l.}_/|. > __    <.|ヽ,_ ,、,、,、   r‐、_  ij }.ト、ヽニ
      r'j/.ソLノ,  こヽ  ,_‐-、} /:::| `T''‐-ニ-‐''"「 :| :::i::「j_|_|_|:ー-'テ´   /,リ`‐`ニ,ヽ
.      ,ソ(.シ′ij   ` /、_` /::i::::::l. |フ''ァ┬r<}| | ::::l:::::::::::::::::::::∟、イ /イ'⌒ヽヽ\
   ,.へ(_(ナ^!   、__‘‐、ノ,  /::: |:::::::|Wヽ(ヘ)|レう,ノW ::::::|::::::::::::::::::::::::|::|ツノ /   ハ.ヽ
  ,○r‐,: \. ヽ、  ゞミぅ- /::::::|::::::::|(,_(,ノ(フ|ト、)_)ぅ:|::::::::|:::::::::::::::::::::::|::::| ./   /  ヽ
/: : ‘ー'◯◯,.-、>、_  _,./::::::::|::::::: |,.イ(_,イノ|ゝ._)⊃|(ヽ;::|::::::::::::::::::::::|:::: Lム-ー〈j___,.>、
: : : : : : ,. -─ゝィ)::::::::| ̄:::::::::::::::: >:::::|,ノ   |   \.|:_〉 \::_::::::::::::::::|::::/=ニ二.ヽ、.__
: : : : / : : : : : : l_)::::::|:::::::::::::;: -‐_''ニ⊃  .r',ニ|ニ fニニニ   §  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、-、 ー-
: : : /: : : : : : : : : |_):::::|:::::::/ ´ ´ニニ⊃r{‐ニニ|ニ゙t三三....イ::¨ニ''‐-     ノ\ `ヽ
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

768 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:47:14 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                   /    i f⌒⌒`ヽ     `ヽ
               |     | }       }       i|
               | /  jノ‐- 、  从      i|
               | /  ム= ミ ヽ / `斗 テァⅥ        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               /  イ  o Y  Yo   j/ 从
                / / ,| `=-   |:.   -= ト、  〉       .『魔法少女が現れて以来、カイジのやつが
                  {  { 6|        !::.     | / /
                    7 ゞ:| ト、   "   イ レ /            賭場に姿を現さねえ。
              ∧  ! ゝ. エエエエエエ,ソ  } '
               /   从    -=-    / |            .家にいるのかと思いきや、長屋の方も空っぽだと。
                 /  _」  ゝ。       。イ   |
              ムイ 从   ハ ≧=-=≦  」  |              こりゃあ、誰かに消されでもしたんだろうな』
    ,:'"  ̄ ̄ ̄ ̄      L、  {\     / |  |
   // ̄ ̄ ̄`ヽ ___,ハ   ゝ 7'⌒Y   |  ト         .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.  /         \       ゝ ゝ〈    〉 从jソj  ≧=-
  /            、        ∧.__/   |   |     `ヽ
. /             ハ        ∧ ∨   |   |        ハ
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                                    ……できない夫は考える。
                  / ̄ ̄ \
                  __ノ `⌒   \         カイジと言う男は、ただの博徒だと聞いている。
                    (●).(● )    |
                 | L        |         攫う価値もなければ、殺す意味もない凡夫だと。
               , =二ニニヽ、   |
             /  二 ヽ、`,┘   ト、_____   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
             /   -、 }、j┘  イ// : : : .`' ー- 、
              /    /{_/ニニ,´>/ : : : : : : : : : : :ヽ
           _/___ ノ : 「r{::::ヘ  / : : : : : : : : : : : : : : '、
          / : : : : :ヾミ : :.i r:::', y : : : : : : : : : :/ : : : : : :'     .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          : : : : : : : :/ : : i .i:::::i ,i : : : : : : : : : r : : : : : : : :i
        ,' : : : : : : : / : : : :i i::::::ii: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|         もしも彼に価値があるとするなら、
        ,' : : : : : : : ハ : : : :',i::::::ii : : : : : : : : : :.| : : : : : :/|
        ,' : : : : : : : /. :ハ : : : :',:::::|: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|       魔法少女の目撃者である一点だけだろう。
      / : : : : : : :./ :/ V: : : : ',:::|: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|
                                           事実、できない夫もそれを理由に命を狙わせた。

                                             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

769 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:47:27 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

            / ⌒`''"⌒`ヽ、
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          /,//::         \
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ               だが、この失踪は自分の仕業ではない。
       /  /、:::::...    \  .../ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   / ̄ヽ '⌒   )             刺客に出したやるオプーナは、使命を果たす前に
    ━━━`ー──ゝィソノー..ヽ_/.ノー─ "
           ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}             魔法少女と出くわして殺された。
      {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
        {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ
               ̄
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



             / ̄ ̄\
           /   「    \
             |   ( ●)(●)
.          |       | |            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.          |     __´___ノ
             |     `ー'´}              そして恐らく、魔法少女の仕業でもない。
         /\       }
        /::::::::\       ノ                .これまで散々骸をそこらに転がしてきた連中が、
.      /:::::::::::::::::::\ ,一
     /::::::::::::::::::::ヽ`エ                    カイジの屍だけを隠す理由などないのだから。
   /::::::::::;::-─:::::::: : :ヽ∨
.   /:::::::/: : : :::::::ヽ:::\: ゙|              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  /:::::::/: : : : :::::::::::::|::::::::} j
. /:::::::/: : : ::::::::::::::::/::::::/:/
/:::::::/: : : ::::::::::::::::/::::::/:/

770 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:48:30 ID:6DuztXA60

          / ̄ ̄\
         / へ     \
.        ( (● )    |
          { |         |          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        r-ヽ`         |
       (三) |        |             「いかんよ、これはいかんよなあ」
       > ノ      /
      /  / ヽ     /               .できない夫は普段通りの平坦な声でそう呟いた。
     /  / へ>    <
     |___ヽ  \/  )             .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         |\   /|
         |  \_/ |



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
      ! ./:、  `\ \                        \.  )日ー|┐ 三片(
       | .|:::::\  `\ \                           <. 旦 ノ亅 口l王 >
       | .!:::::::::::\  `\ 、   ガ       \_人人//    ) l ┼  ┼、 ヽ(
       | i、::::::::::::::::\  `\_ヽ   タ        .)     >   <. レ ,ノ  ノ、ノ  >
       | }\、::::::::::::::::\ /|;\          < .ン. >    .)  つ      (
      `!  \、:::::::::::://ハ: : \         < ン  (    <  |. |      >
      |   \、:/  }! :| ! :_:\\       )  .ッ >    .) ・ ・      (
      丶        }!  { :「: : : : \\     <    (    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒`\
       \      }!:!  ! : >― ゝ}\ 、  /^^YY^ヾ          .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          `\     }!:|  !/、_r=ァ!ニ/    \         .x≦
          \  /.' \./:/;`Y _ / /≧、   \    .x≦>::´       .つまり自分でも、魔法少女でもない何かが
            \}! r_≦;/ \ヽ:!{ {::::::\、  `ー≦>:::´:::::::::
               \\  /´// |:::::::::::\、‘ム´::::::::::::::::::::::::::       .魔法少女の情報を目当てに
                 \\\} {  \:::::::::::::{ ‘ム::::::::::::::::::::::::
                  \\| !   \::::::::! ‘ム:::::::::::::::::::::        伊藤カイジを攫うなり、殺すなりした。
                    \; iィ´ `ヽ \:{ ‘ム:::::::::::::::::::::
                    ガ    Y三≧、∧ _ >{ ‘ム::::_::::::::> ´       導き出されるのは、そういう結論となる。
                     タ   |ニ.´ ヽハ {(.._ .イ .‘ム.>`´
                        ∨{  }ニ! !   }!  }!   . x≦     .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                       ヽ≧'ニ{ !   {\_ }!x≦}三三
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

771 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:48:51 ID:6DuztXA60

             .r‐┐
      ./\   |  |
      .\  \ |_|                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      .<\ \/  ._ _
       .\>  .., .:':{@}:::..ヾ ヽ、                .    その狙いはできない夫とて分からぬ。
          ./ ´ ~ ̄~ ` ヾ::.ヽ\
        r.//, 'ハ  ハiレ7〃ヾ::.、ヽ                  だが、今や魔法少女は彼の懐刀となったのだ。
        Ll ! { '´ ヽノ   ヽ l/| i:厶l
        /Vi 小●    ● ノ l 下、_〕               ならば魔法少女に興味を持つ者など
        j||l⊃    ⊂⊃   i !__ト
           lヘ   r‐-、    j/  ! !               この世に一人だって居ては困るのである。
            | /⌒l`ニ`, イァ/   ト..、
         | /  /{ 薔 }::::/:: ::ヽ. i;:::ヽ            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         .| |  l:: ::∨:::/::〈::央::> |`ヽ!




                            , ー,r 、_r-、
                      /r-、人, \、\
                          /  ヽ ヽ:`, V,} i
                        / r´\ Λ Vi  レ ト、           .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            .r‐┐           :::::\ \j, ┤   r }
     ./\   |  |          .,'   〈 ヽ,   i  i  i { '             「――ねえ、で、で……ででで夫」
     .\  \ |_|          ,        i    ,'  {′
  ....<\ \/            ! ~ ‐- 、{      __L_              その時。水銀燈の声とともに、
   ....\>   .,-‐-'"^ヾ    ._ハ       ヘ、 ,.< :: :: :: ト- _
        .∠ィ`ー、_-ヽ `tゝ.. :: ::{ヽ、 __, <∨ :: :: :: :: :: ::{ :: :: ::ヽ、     ..柔らかい掌ができない夫の肩に置かれた。
       /~>-‐-、rヽヽrヽ.:: :: ::{  /;;;;;\  /〈: :: :: :: :: :: :: ∨ :: :: ::
       (,イ´:: :/:: ``^'''"´: :: :: ::レ´};;;;;∧ヽ/ :: ∧: :: :: :: :: :: :: ト, :: :: :: :.、.  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      ./ 〃 / :: :: :: :: :: :: :: :: ::| /;;;;;;;;{  /:: :: :: ∧: :: :: :: :: :: ::∧ :: :: :: {、
    ....: :: :: ::/ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :レ;;;;;;;;;;| / :: :: :: :: :i: :: :: :: :: :: :: ::ヽ==x ::Λ
       :: :: :/ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: |;;;;;;;;;;;| / :: :: :: :: :: ∨: :: :: :: :: :: :: ::\: ヽ ∧

772 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:49:05 ID:6DuztXA60



          / ̄ ̄\
         / へ     \                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.        ( (● )    |
          { |         |                         「できない夫だよ。今考え事してんだ。
        r-ヽ`         |
       (三) |        |                            悪いがちょっと黙っててくんねえか」
       > ノ      /
      /  / ヽ     /                          そう呟いた後、ふと気付いて
     /  / へ>    <
     |___ヽ  \/  )                          できない夫は顔を上げた。
         |\   /|
         |  \_/ |                          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛




                                    _ _
                                   , .:':{@}:::..ヾ ヽ、
                              / ´ ~ ̄~ ` ヾ::.ヽ\
                               r.//, 'ハ  ハiレ7〃ヾ::.、ヽ    .┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                               Ll ! { '´ ヽノ   ヽ l/| i:厶l
                               /Vi 小●    ● ノ l 下、_〕   ...水銀燈の声は前方から聞こえる。
                               j||l⊃    ⊂⊃   i !__ト
                                  lヘ   r‐-、    j/  ! !      当然、彼女も自分の目の前にいた。
                             | /⌒l`ニ`, イァ/   ト..、
                /  ̄ ヽ          | /  /{ 薔 }::::/:: ::ヽ. i;:::ヽ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                   i      i       .| |  l:: ::∨:::/::〈::央::> |`ヽ!
                   |      |          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  | r二二ュ_j
              /_,,,,.........,,,__ 〈::ヽ r‐、 ___       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        r-―‐    ̄    i      ';::::i }::::}{;;;;l
        ∧            -ト   ....l::::`:::::ヽ:::lr-、      なのに、できない夫の肩に置かれた掌は
       , iヘ           |  .___,}::::::::::::::::::ヽノ
         ;  i,ム         ‐|-..く:_:_::::::::::::::::::::::::::::::}.      彼の後方から伸ばされている――。
       ;  i ∧i |     __ ̄二=  `ヽ-、:::::::::::::::/
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |::::::::::::::|     .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                          |::::::::::::::|
                           ̄ ̄ ̄

773 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:49:18 ID:6DuztXA60




                                         - ―──
                                          /          ヽ
            ,...:::':"´:::: ̄:::::::゙:::丶、               ./             ヽ
         , :':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ              j  `ー-            |
        , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,               (ノ  (● )           |   .-_-. 、
         :'::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',.             ●)/               |     .`i 丶
      ,'::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::l            |.〈             |   ._ ,ノ ) )
       l::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::l.           `-- ‐、              |. - ---´, ´
       !::::::::::::::l::::::::::l:::i::::::i::::::::::::::::i::::::::::::::::i::::l           }r┬-}           --==''''' "´
      l!::::::::::::::::yー=ミ;ーー┴-rー=ミ;|:::::::::|r、l:::::|             /二ニ´            |
      l:::::::::::::::::|. 。●.i.     i 。● |:::::::::l |::::l            }               ノ
       |:l:::::::::::::::|ゞー '゚    ゞー '゚.i:::::::::lソl:::::l             ヽ_               /
       !:l:::::::::::_:_|              Ll::::::」:::l:::::|      ,-‐-'"^ヾ     ̄〉        〈
     l::l::::::::::::::::ヽ   _`_    ,イ:::::::::::::l:::::l  ∠ィ`ー、_-ヽ `tゝ=''T"
      l::|!::::::::::::::::::::丶、  ー ' ., イ::::l:::::::::::::|:::::i. /~>-‐-、rヽヽrヽ   | j----、、 _,,..ィ
     ノ!:|:::::::::::::::::::::::::j: .` ー :´  ハ、::l:::::::::::::|:::::|(,イ´   ``^'''"´   l l __  7'
    /:::::::::::::::::::::::::::|l : . : . //:::::':::、:::::::|:/              ll   `ヽ/
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::lヽ:. //::::::::::::::::::`;/     ,/'         l.     j   /
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ∨ /::::::::::::::::::::::::::i"      (:j         l`i、 \l   /


.

774 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:50:20 ID:6DuztXA60

             ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\、
           :::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.ヽ
          |:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l.i`ヾ、
            |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|j   ヾ、
            |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `    `^-                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        /..|:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `..〉、_     =
        i|//二≧=二`ヽ、   /`ー--=、     `                     思わず腰を抜かしたできない夫の、
       l !' i /     二ヽ>ー/__ _ ~   _ー___ -―― 二
       | ! !  ,     `ー=≧´  ―――  ̄ ̄ ―――   ̄ ̄  ̄/.   頭のすぐ上を凶刃が抜けていく。
       |i ヽハ {ヽ                   __ _  _ -‐ ̄
       ハ  ヽヾ__`- = ̄-             __- ̄           .┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     _ - = ̄-  ̄ __  _  __―― ̄    ../ ̄ ̄\
 -=二 ―  ̄  _  _- __- -― = ̄      / _ノ     \
      _  二 -= ―  ̄ __ _          (○)(◎ )  u. |
 _-= ― ̄ミ、          ̄    ̄ヽ          .| |   u   |
                               \      | __`__      |
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ./__ヽ     |...┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                   {      u. /
                                   __   /. \     /..⌒.  ……そうして九死に一生を得ても、
                                  /   \  __
                             /    ..../  .\      i   できない夫は小刻みに震えるばかり。
                               /      ./      .\    .|i
                           /  ./\/        ヽ  ハ.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                            , - く__,イ  /   /       ./  _ト  ⌒ー、
                       、___., - く__,イ \__/  (__ .イ_i__i__)
                                、___.ノ




.          / ̄ ̄\
       :/ _ノ ヽ、 \
       : |  (◎)(◎) |:
       : |     |   u.│:                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       : |   __`___  .|:
        :|∪  |r┬-|   |:                       刹那の間に命のやり取りをする世界に、
       :ヽ   ` ̄´  /:
         : >      <:                      そもそもできない夫の脳はついていけないのだ。
      : /          `ヽ:
       : | |          | l:                       今の彼に出来るのは、精々回る走馬燈を眺める程度。
    : /´  ヽ       | l:
    : l    |      ヽ_⊥-‐ 、                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     :ヽ  _,l- 、     ̄/     l
    :∠ヽl´   |_ / ̄ `l_-‐ ´
        `-‐´  ̄ヽ --‐'

775 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:50:44 ID:6DuztXA60

           ._r‐r、,、 /`ヽ
.  ,rァァァァァァァァァ|_イ_ト//゙ァ-ヽ ァ-.. _.............
 ゝ'‐゙‐'‐‐'‐-┼ァ=‐ゝ〉--_//__.,::::::´::::::::::::::::`:ー.、.- . _
          (ゝ、 / ヽ_/.../:::/::::::::::l、:、::ヽ::::::::ヽヽ.   r‐、_,、_.- ..__
         |  |、_    ./:::/:::::::::|l:::゙!!::!:::|::::::::::ヽ::ヽ  i、 i' ! !ヽ,  ...` ・‐- ..__
        ,'|  |7ヽ.   //::,i:::::::_..バ,≦、゙!:|:::::::::::ヽ:::∨ jハ_j i ! イ゛!.. ‐- .__    ` ・ ‐- .._
       //.|  /'  i' /:i::::iゝニ、!i!i!'i!゚●j〉:!:::::::::::::|:::::∨'、  `ト' 'ー!<‐、_   `゙ ・‐- ..._    \
       // !/   ゙! j::|:人{i.●}!i!i!i`i!¨!i!ii|:::,ィ-''「::,.ノ_,rゝ‐='、‐‐" ゙ヽ `ヽ、_     .`` ‐ 、_ ヽ.
      j 〉'"     .||_::´::ハ!i!¨,.ィェェエエハ、´ !::::::i::::`´,.-‐'"ァ'ハ!\  .∨   ヽ.         .``ヽ!
      / '´    /´`ヽ`7::! 〈メ ,r‐-‐yj/ ,.イ::::::ト,イ´ / / ヽ. \ ∨    ∧
     j     /    .У:::ハ、ゞェェェ彳..イ,/|::::::i'   "   |   \ \   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      i          /:::::メ`ヽミ.-r‐" ,ィ'/  ,メ::::::!     ヽ   ヽヽ. |
     .|          /::::::,イ ヽ  ,7iヽ//´  / ゙!::::゙!     ヽ   ヽヾ!     このままなら、彼が臨死の夢を見る間に
     !        /:::::/ |  i /j ヽ'/  /   ゙!:::::i      ヽ    ヽ.
     ヽ      /::::::/  .|  /j /´  ./    ヽ::::∨     ヽ.   .∨.   彼の命は死に絶えてしまうだろう。
      .ヽ    /::::::/   | / !/   ./     ヽ:::∨    , /ヽ‐、 ∨
       `、 /::::::::/    |./ /   /       .ヽ::ヽ.   /'゙!::::::::ヽ. \|..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        冫:::::::::/    /7  !   _i_ .....---ニニニ..ヽ:::\/ /:::::::::::::ヽ |    /





             -‐====‐-  ミ._, - ミ_,.斗= ミ
             /::::::《@》:::::::::\. \ ´ ヾ:.    `丶
             ^⌒^⌒^⌒^´\:::',   ,   .i:::::‐-    \
           / / i    i  , ', ヾ}   ′. jト----- ミ  \
          〈{ ∧ハ|\/|/|∧.〈j!>  i. /ィニヘ、.    `Y fミV
         }Ⅵ            },.小.  |./二ニ=ム    {:ヘ_j }
ハゝ         .八          .i l    | 二ニニ∧    /=彡   .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
八_        トⅥ≧=‐- -‐=≦|. ,'--.イ.|.∠二二二ハ
. ',∧        〈   /::       ,ィi〔ニ=〃/二二二ニi             .……けれど、そうはならない。
∨',∧       ./    ._/ r‐≦ニニ/ニ/:j/二二ニニニ|_
. ∨',∧       /   ./⌒`´〃ニ=/ニ/≠二二二二二ニ}          不運にも、ここにはもう一人魔法少女がいる。
  ∨',∧    /  , '     Vニニ{ニ/ニト、二>'´  /⌒ヾ
   ヾ゚,∧..  /  , ' ,.イ    |ニ=レ二二ム‘,   イ               まるで発条細工のように、水銀燈は飛び出した。
    V∧'´,ノ ./ イ/     !二二二二ニムゝ::´ ∨
    _ノ /′イ>'´         i二二二二ニニ}ハ   V           .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ヾヘ_彡'::〈´         ∨二二二二リ }    V    ,.斗:≦
    //..V∧            !二二ニ>'´Y├v‐<_ノ ≦ニニニ=
.  ∠/    V∧          i__>ト-  __j斗≦二二ニニニニニ
        ⌒            斗:≦二二二二二二二二ニニ
                斗:≦二二二二二二二二二二二二二

776 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:52:39 ID:6DuztXA60

              /       _....-‐  ̄              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             /     ── ───────────
             /     =───────             手には刃。狙いは少女。
            /    /
            /   /                              ――誰かが殺される前に敵を殺す。
          / /_/、
         \__/                            殺しのみを能とする魔法少女が、
         /ミ,r´ノ:l\
         ヽノ/:::::/:::::::\  __〔()〕_                 唯一誰かを護る術である。
         〈:ノ、/::::::::::::::::\.    ̄  \
            \:::::::::::::::::::::\       .ハ            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
             \::::::::::::::::::::\.  ......《ll》                         〃  ∧|        ._
               \::::::::::::::::::::\j   | |                    /   /       三 "´.::::::::::` : .
                   ≧ \:::::::::::::::::::\. l厶イ                     ' ,ヘ/      三/.:::::::::::::::::::::::::::::,
. ̄\          .>f../::\:::::::::::::::::ヽ.| |::::<                    /  /        三i:::{:::::L:::::ト、_::j::::::::,
 ヽ、 \          '⌒) ::::::::::::::::\:::::::::::::::l|ノヽ(⌒              ./ /           三::i :「( ■■■ )|:::i:::::
■■) |:       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ.                   / /             三l:::ゝ   `   ,!:::!::::i
   u.│:     ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                //                    三|.、_  ̄ __,.:::r::j :::|
.`___  .|:    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                  /                      三     /:::::/:::ノ
.┬-|   |:  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\             /                      三     /::/::ノ
. ̄´  /: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::>          /                     三     ./
  ....<: /´\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/っノ                               三         ./



         /:::::::::::::::/::::::::::::;::::::::::;::::::::ハ
           /::::::::::::://:::::::::::::ハ::;::::::::::::::::::i
        i:::::::::::::/:/:::::::::::::::! !:!:!::;::::::::::::|
          i::::::::::::/‐‐、 ‐─┘`ー-';:::::::::::|
          W::::ィ !。●゚,   !。●゚j .!::::i:::::|            .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            l:::::} `""     ` "" .!::::i、:::!
            l:::〈            |::::j':::::!                ……キル子は一歩飛び退いてから、
         ハ::::>、.___ ´ `  _ ィ::::::j:::::::!
         /:::V:::V:,ヘヽ、 ̄/,ヘ、/::::/::::::::!              歯車のずれたからくりを見るような目で
        /::ハ::::V、 ゛/゙ij゙'< `/::::/ ̄ヽ::!
       /::′ V::! ,У ,j|! ヽ/::/ /   i::!            水銀燈に視線をやった。
        i::::!  V/  /,'  V/ ,/   }:::!
         L/ __/   //   ヽ /  _{:::|             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       / ̄/    i|l      ∨ ̄  |:::|
       / /      |l|      \   |:::|

777 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:53:13 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


                              ,  ─  、    ...┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                            /        \
                           /           ',     「どうして、その男を護るのかしら。
 ̄ ̄``゛¨ ¬―- _,ィ'^l'^h             i      / `ヽ      i
_,.....、__,......__,....._/ } | | .i_          i ■■■■■■■  i   .あなた、水銀燈でしょう? そこのできない夫が、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./. / | | .|二¬‐- z=ナ 、  ■■■■■■■   i
-―― ¬'¨´ ̄ ̄ブ / / , ト 、二 ‐-ニ>〈ヾl|ハ   |          i    あなたの狙う仇ではなかったの?」
.         /     / /   `¨¬‐-| |||:::::',  ヽ          i
.  _,,  -―/       / ――‐r 、_」 l||:::::::',  -―       ト┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ̄       .l       ノ      ヾミL_ノヶオ!:::::\      /   i: :\
.         |     /            ̄ ` ' ' -ヽ _ _/. . -―'": : : :\
        |  _ /__                _,, -┴‐-'. : : : : : : : : : : : ヽ
     __」-< : : : : |              >  . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :'.,.
     |: : : : : : : : : : : :|            /  . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
     |: : : : : : : : : : : :|           /  . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



               /イ                   \::::::.ヽ
              /:/          l          \::::lL __
                〈l:′l    |  ∥ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉
              |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\
/  ̄ ̄\     ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
| ┌―┐ |   く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |¦リ.ハ\ヽ\
|   ┌┘ 了    ̄/|:|仁∧l|ィテ癶メ  ヽ  トうイj |l | ノイ   \ニィ  キル子がそう尋ねても、水銀燈は答えない。
|  ロ   |    〈〈_/イイハ乂 弋_少     、_ヾ='' 川 /、\  \|:|
\____/三≧ュ. ̄ |:| |:|/∧ \  ̄ "   i       ./ / l \ >‐一.. .まるで支離滅裂な話を聞かされた時のように、
二三三三三三三三≧|:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::
三三三三三三三三三レ>ー┴| \   {  __〉   ./.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::: ただただ首を傾げるばかりである。
三三三三三三三三三/.:::::::::::::::| l | `ト    ̄   /..::::::::|l |::::::::〈(_フ/¬
三三三三三三三三シ .:::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  . ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
三三三三三三三/..::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{ ヾ三三三三
 ̄¨`ー三三三三| ::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ  ド三三三
      ̄≧三アヘ :::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(   | ヽ ̄ ̄
           ノ..::::::::::::::::::::::::::::::::l l  l   |:|   ヾ〉   八   、::::::::::::::::::::::::::::::::〕 〈 (_
          〈 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::| l  |  ´         \ ヽ\::::::::::::::::::::::::{  丿 丿

778 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:53:43 ID:6DuztXA60



      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      |  (● )(ー ) |
      |     |  │                  ……その後ろで、立ち直ったできない夫が
      |    __´___, |
     ヽ        !                ひどくいびつで意地の悪い笑みを浮かべている。
      ヽ       ノ
      /      く                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      /        ヽ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
      ∧_∧             .∧__∧∧∧∧∧∧
   ⊂[.\  /.)            .( \  / ┐┐┐┐┐
    /   × ´               と´.× ヾ.ヾヾ.ヾヾ.ヾヾ.ヾ    .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   (.../  \.つ           /  \.\\\\\\\
     > _)、         人  ...`ー' \__)__)__)_)__)_)__)  「悪いな。お前の言葉は正しいが届かねえ。
     し' \_) ヽヾ\       て
           丶_ ヽ__ ガシャ て                    こいつの頭は少しばかりどうかしててな。
              (__()、;.o:。
           ⌒)                  ∧,,,∧       お前が言いたいような事は、もう分からねえのさ」
                  ⌒Y⌒.           (´゜々。,)
      ∧_∧                  ,ヘ1、     /へ  ...┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ...\  /.             _  -イ::::::::::,ヘ  //::::::`ト-   _.
   /.. .×. `ヽ.        ./: : : : : :!::::::::::::, ヘ/ /::::::::::::/: : : : : : :\
  __/.  /  \.i |       ./: : : :i: : : : !::::::::::::::ゞ_/::::::::::::/: : : : : !: : : : \
/ ヽ,,⌒)___(,,ノ\     /: : : : : :!: : : : ヽ::::::::::::/:::::::::::/: : r'1: : ! : : : : : :
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

779 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:54:02 ID:6DuztXA60

           ヽ               /
           |                l|     /
           |               }   /    .:____
           |  _   /i       /  /   ,. ≦//////////
           `ー┐ / ソ      ./  /   / ̄\//////.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                 └ ヾ/       /  /  /   .////////
                  '.     / __/ /    //////////  「……折角だ。こいつに話を聞かせる時の
                   |    / ///   /////////////
                  \___/./    ///////////////  ちょっとしたコツを教えてやるよ」
                       /    /////////////////
                      /    , ´//////////////////.  すると、できない夫は水銀燈の耳へ口を近づけ、
                      /     /////////////////////
                  /     //////////////////////  このような言葉を囁いた――。
                /      ///////////////////////
                    /     ////////////////////////┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.
             /        ////////////////////////////




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
  .!  .!  │  .!,      ヽ   , -/         l
  ! .!   .|  │  ̄.|.ヽ    !  .}     .|   ./.!   | `'j
  / │  |   .!  ..| . |   r'´ ./     .|   | 7'  ! .!
  ヽ  |  ヽ  ヽ   .| |  l'.! r'´  ,_/‐ !   l /   ./ |
   ヽ ヽ   !,.-、 !  | . >‐ll/  !   . |   / ─i ! l /'/ │
   ヽ ヽ, 、_.| .|/   .|     /  , / .|   ヽ |'´ ヽ' ,/, -、 l    ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    |` 冫.!/<.!   |     .‐' ´   |   ..! ‐'  | ̄l/ / ̄
    |   '‐/     .|            |    .|   |.... ̄          .「――いいか。今、目の前にいる奴な。
    |   |      |           |    .|   |
   ,-|┬ー-|-___   .|    , -‐-、   |   . _| -- | 、__            見ての通り、お前の村を襲った、仇の一人だ」
   〔--'ヽ、   /''' 、 | ._ /´    l_, -| /|    , ト、\
       ` ー‐'/   ヽ,/─‐〃   `ッヽ-‐‐'´            .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            ヽ、_ ,/=、__,〃‐-/゛
              ヽ---゙i'´---ノ
              '、---|-- 、/
               !   |  l
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

780 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:55:08 ID:6DuztXA60

                           / ̄ ̄\
             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、    「   へ   \
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、. .(■■■)   |
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ |  |       |
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ.l __`___,     !        .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |.l       {
    ヾヽ  / 〃 |l | l    `ヽ{ /-ト/ //リ 、______ .ィ-ート、         .「さあ、いつも通りに殺してやれ。
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ     レ'  シ' / ′.  V/_:_ュ:-:-: ヽ
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ.       ∠r1=彳  ...{ャ< : : : : : : : : :.       村の皆の仇を取ってやるんだ。
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、 /ー-、: : : : : : : : : :'.,
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\ : : : : :`、 : : : : : : : : :'.,    それだけがお前の生きる理由なんだろう?」
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ.: : : : : : : : : : : : : : i
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j. : : : : : V : : : : : : : : |. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉. : : .\ : V: : : : : : : : |
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}. : : : : : : \V: : : : : : : :|
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ.:.V: : : : : : : : :〉 : : : : : : :|



  ./ ∧
  ./ /∧
 / .//∧
  ////∧
  .////∧       .  ' "´ ̄ ` : 、                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  //////∧.    /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
 .///////∧  ./:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.                .……キル子はすぐさま身構える。
  ///////∧. l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|
 .////////∧ |:::|::::|(○):::(○)|::::::|:::::|               できない夫の口ぶりは余りに躊躇がない。
 /////////∧´ |::::|   、     |_:::::|:::::|
  /////////∧ ´ iヽ、_ ‐-  _,.|:`:|:::::|                きっと、こうして水銀燈を騙し、
 .∨/////// ∧了: :7× / _ノ  \|:::::|
  \///////∧ `フ: : :.Y_ノ ̄ヽ  |:::::|                何人も殺させたのだろうと理解できる程に――。
    \//////∧〈__,r'´   ノ  /::|i:|
     \ ////∧_/、    / _ イ:|::||:|                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ト、   \////|‐、: . :レ '´   .ト、| ||
  | ` 、   \//,イ l/        ヽ′
 、 l   ` 、  \/イ  ヾ  ノ     Y

781 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:55:23 ID:6DuztXA60



             -‐====‐-  ミ
             /::::::《@》:::::::::\. \          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         . ^⌒^⌒^⌒^´\:::',   ,
           / / i    i  , ', ヾ}   ′        「――何を言っているのよ、でめきん夫。
          〈{ ∧_,.l\/l、_ |∧.〈j!>  i
         }Ⅵ о     о  },.小.  |           目の前の子は魔法少女でしょう?
    ε -   八     、      .i l    |
           トⅥ≧=‐- -‐=≦|. ,'--.イ.|           私の村の、皆の仇であるはずがないわ」
       ⊂⌒V:γ::{ 薔 }:::::::::}∧:/⌒つ
        マ7:::::、:::\/::::::::,::::::V二_7!         .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         ヽ::::ノ〉::::::::::::::::::〈ヽ:::::::/ .|




     / ̄ ̄\
   / ―   ―\                                            ' "´ ̄ ` : 、
    |  (■■■) |                                           ./::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
    |      |   │                                          ./:::::,::::::,::::::::::::::::::、:::ヾ:::::.
    |   __´___  .|                                            .l:,f::i:::|_:::|_:::::::::、:::::i|:::::i:::::|
    |        .|                                      |:::|::::■■ .|:::::::|::::::|:::::|:::::|
   ヽ         /                                         ´ |::〈    |_::::::!:::::|:::::|:::::|
.    ヽ       /                                         ´ iヽ‐  _,.|`:|::::|:::::|:::::|
.       /    く                                           |:::::7 l/'  ゙`1::::::|:::::|
      |      |                                                 |::::イ./  ,ィ  |:::::|:::::|
      |      |                                           |::::i┴─ |   |:::::|::|i:|

782 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:55:41 ID:6DuztXA60

     / ̄ ̄\
   / ―   ―\
    |  (■■■) |             .┏━━━━━━━━━━━┓
    |      |   │
    |   __´___  .|                「え、なに?
    |        .|
   ヽ         /              それは分かるの、お前」
.    ヽ       /
.       /    く              ┗━━━━━━━━━━━┛
      |      |
      |      |



         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ 、_ _ ,从|                  「ええ。見ればわかるわ。一発よ。
     l   ヽ トゝ、 __ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ_n                      でみとり夫、嘘は吐いたらいけないわ。
     N≠{〈:::::::〉:;i:::;ヘ:_;_{__)
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈≠≧                   閻魔様に舌を抜かれても知らないわよ」
      /:::::::ハ:::KX::ヽ、
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xト::::::>               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      |:::::::::::`^^KXヽノ

783 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:55:55 ID:6DuztXA60

     / ̄ ̄\
   / ―   ―\                                            ' "´ ̄ ` : 、
    |  (●)(●) |                                           ./::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
    |      |   │     .┏━━━━━━━━━━━━━┓        ././:::::,::::::,::::::::::::::::::、:::ヾ:::::.
    |   __´___  .|                                      | l:,f::i:::|_:::|_:::::::::、:::::i|:::::i:::::|
    |        .|        ……キル子は、無言のまま              |.|:::|::::|(●) |:::::::|::::::|:::::|:::::|
   ヽ         /                                   | .|.|::〈    |_::::::!:::::|:::::|:::::|
.    ヽ       /         刀の構える先を変えた。            | .|..´ iヽ‐  _,.|`:|::::|:::::|:::::|
.       /    く                                          | .|.  |:::::7 l/'  ゙`1::::::|:::::|
      |      |        .┗━━━━━━━━━━━━━┛       lニニl |::::イ./  ,ィ  |:::::|:::::|.
      |      |                                      {-}.U)...|::::i┴─ |   |:::::|::|i:|



              / ̄ ̄\
              「   へ   \
             (●)(● )  |
              | |      |                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            | __`___      !       . -,
               | `ー'´     |    / /           .「よし、うん。分かった。スマン、嘘ついたわ。
            |       ィ { r 、 / /
               ュー―─ ´_ノト} }/,`〈            確かにそいつはお前の獲物じゃない。
             /ム _ ,. - / :./リ ,/ /ヽ{
         _,. -:::/:/:::ハ / : :/ :.ノ )(_/ ヽヽ、           .俺の命を、理不尽な理由で狙う魔法少女だ」
      // : / : /:::l y : : : / : : }   >-< } : :i
      j : : : : :> :./:::::l ./ : : : :i : : :Λ /   / : :∧        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     i : r : : 〈 : i::::::::レ : : : : : : : : : :〉、_   〈リV. :Λ
.    i : | : : : :', :i::::::/ : : : : : : : : : :.乂`ニニ彡´:.V. : ',
..   | : | : : : : ', :i::/ : : : : : : : : : : : Λ : : : : : : : :V. :.i

784 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:57:08 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────



                        -‐─- 、               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                      /        ヽ
         .-―─-  、      '          i             .「俺の仲間も、もうすでに二人……三人?
    ./          \     |  ,ノ  ⌒   |
   ...′ ─    ─     ,    .| (○) (○)  |            まあ、とにかく殺されてるんだよ。
    .i ( ○)  (○ )   i   ..|  (__人__).     |
    .|    (__人__)     |    l.   ` ⌒´    .|              .だから俺が殺される前に、そいつを殺してくれ」
     .、           ノ    .λ         .ノ
      .> __    <       > __    <            .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



     /乙才く     `て>v乙 ヾーヘ_;ィ __ヽ
    厶ィフ´           `¨て>vク\ミ/ ヽ'
    /てィ  ,       ヽ,   i ;`て>rkV' :   '.
   {:{ /} {     '.   l    | .i `r=彡|  :  i
.    》'7,イ ト     l   ;   ! :| .:|:{  ,|  :  |
   /:/7/ j:.i    l ! |  }: 」斗r:'辷彡| ?  .;
   ヾX/ ! l:.|:   、|_」⊥:イ「川{  {::{_∧__ _.イ           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    i { 弋大t 、:.  {ハl_j土ニi」Lj!  ヾイ:/}:::「:Ⅵ
    |ハ ヾt弍. \i 'ヘt芹厂}ハ   }从.|:::! l|′               ……今の水銀燈には分からない。
    {   \i代!}`     ー'"    }  /:i:::l |:::| i|
        | i圦 ,            ; ィ l:::| V:! 八               できない夫が嘘を吐いた理由も、
        !リ/ )ヽ        / /i| 川__L}1⌒7,
       〉'7/Yヽ  ‐      厶' }rイ| じ7/////             彼の言い訳があまりに胡乱である事も。
       }/ i ! \  __  _ ..::´ 爪| |///////
       八 \ヽ   ´ ⌒ヽir::う}:イ//| |///////            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       ,′r>:. _r―v⌒廴ノじ'ーt;_//| |///////
.      //八j乙_\ー'ヽ  _  r; (⌒;7| |///////
     ////,√   ̄´   /⌒ー}{__〉/_::| i///////
   厶∨/入/⌒廴厂し' r‐ァ 厂V⌒jム//////

785 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:58:09 ID:6DuztXA60

             / ̄ ̄\
           /   「    \
             |   ( ■■■)          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.          |       | |
.          |     __´___ノ             彼女に理解できるのは、たった一つの事だけ。
             |     `ー'´}
         /\       }             .「それに、ほら。俺が殺されちまうとさ、
        /::::::::\       ノ
.      /:::::::::::::::::::\ ,一               .仇討に協力出来るやつが居なくなるじゃないか。
     /::::::::::::::::::::ヽ`エ
   /::::::::::;::-─:::::::: : :ヽ∨              そうなるとお前ひとりじゃ仇討ちは難しい、そうだろ?」
.   /:::::::/: : : :::::::ヽ:::\: ゙|
  /:::::::/: : : : :::::::::::::|::::::::} j                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
. /:::::::/: : : ::::::::::::::::/::::::/:/
/:::::::/: : : ::::::::::::::::/::::::/:/



                    ゞ-ゞニノノヌ 、
                 , <  ゞ::::::::::::::::ヌ  丶、
               /      ゞ:::::::::::::ヌ   丶
                , '       /  ゞ:::::::::ヌ    ' ,
             /  ,'  /  // / 〉-、::/ニュ    ',
             { i i  / / / / |:ト、V/ |:|    i
             '、、, / メ≧z、//|:l 只、 j:l    |
              丶}//ィ{ノチア //>'ニ∧ニ;′   i   .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              ノ   ゛¨´ // ノ i:||:i i     i
             ∧      // イ' .|:||:| |   i i      「――ええと、ねえ、あなた。魔法少女のあなた」
             /   ,、    //' ,′/ |:||:| i   i i
            /  /,∧     </ / |」|」 | i i i     だから、水銀燈は悲しげにキル子に問うた。
           i /  / ,个 ー ュ _/ /,ィーー 、 | i i |
          i/  / / ノ 仁ミ,√/ //.:::::::::::..丶| | i |   .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          ,,,, ..' / / ノl:l´只.,'  '/.::::::::::::::::::..\ i i |
         ミ)))i   {/ 〉ニヘ{  ノ.::::::::::::::::::::::::::..\ i |
      __ 、//  ',  r,{  //7|:i ; :::::::::::::::::::::::::::::::::..丶 |

786 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:58:26 ID:6DuztXA60

         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|( ■■■ )|::::|::|                  ┏━━━━━━━━━━━━━┓
      |:::::|:::::_|   _'  j:::::| `
      |:::::|:´:|、_ (_.ノ _ノ:::i `                      「……キル子よ。何か用?」
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|                    ┗━━━━━━━━━━━━━┛
       |:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|
       |:||:|::,i'l  .|.__||,、i'|



             -‐====‐-  ミ
             /::::::《@》:::::::::\. \
         . ^⌒^⌒^⌒^´\:::',   ,               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           / / i    i  , ', ヾ}   ′
          〈{ ∧_,.l\/l、_ |∧.〈j!>  i                「キー子? ええと、キー子はどうして
         }Ⅵ ○     ○  },.小.  |
           .八     、    u i l    |                  でんでん夫の命を狙うの?」
           トⅥ≧=‐- -‐=≦|. ,'--.イ.|
          〉::Vγ::{ 薔 }:::::::::}∧::::r' .|             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           `i「〉::、:::\/::::::::、:::〈'´`  |
         }i{:::::i〉::::::::::::::::::〈l::::::∨i从{

787 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:58:39 ID:6DuztXA60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                  / ̄ ̄\
                / 「   ヘ \
                 |  (●)(●) |
                 |      |   │
                 |   __´___  .|                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                 |   `ー'´  .| /.|      ...-‐====‐-  ミ
         , : ´  ̄`..ヽ         /..| .|  /::::::《@》:::::::::\. \   「……仇討ちの為よ。
        ,::´:,::':::::::::::::::::::.ヽ___../ | .|  . ^⌒^⌒^⌒^´\:::',
       .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:.| .|   ..| .|../ / i    i  , ', ヾ}      私にとっても、その男は村の皆の仇だから」
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i.| .|   ..| .|.{ ∧ハ|\/|/|∧.〈j!>
      |:::::|::::::|(●) (●)|:: | .|   ..| .|.}Ⅵ            },.小. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      |:::::|:::::_|     ,   j::: | .|  ..lニニl八          .i l    |
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i. | .|   .{-}.U) Ⅵ≧=‐- -‐=≦|. ,'--.イ.|
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|::::..lニニl   |X|_ソ::::γ::{ 薔 }:::::::::}∧::::r' .|
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|::::..(U.{-}  .. ̄ `i丁 、:::\/::::::::、:::〈'´` ..!
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



          _
     , ィャj--、  ´ '  ,
   ,.'ーセリ- 、 丶     ゙ .               _
  / /  ,  ,  \ ヽ      ' 、       , _'´ --´丶
 ,' ! ハヘ ! __', ヽ|_       ' ー  - '´     ̄´ 丶ヽ
 l ハ.j、_ ヘ.|ハトヘ {_/\'__, -――- 、          ´丶. _ , '
 丶/ハ. ,  ー‐ l', \二 丶-- 、  ,        , ‐;-
  i |l ト -__ イl '、 ヽ_ ,>x-‐ '´- 、_    ;' , -―- 、 __.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  / '; '、, -::」   」::、  \:_: : : : : : :丶 ̄  , '´
  丶 ゝ、_.ゝzzz/::::::::'::::i―:‐:'´: : : : : : :´`'ー- 、 __      「……そう、でるとら夫がどこかで悪い事をしたのね。
     〈::/薔 /:::l::::::::::::::〉´'ー-、!: : : 丶-、: :、_: -‐ '´ ̄
      /:l_/::::::::::ヽ:_:/_, -――丶、: :\´_              そういうことなら、ごめんなさい」
      l::i:::::::::::::::::::/ ,l::::|::::::::::::; -―'´  ̄´___
     l:X:::::::::::::イ::::::l::z:\:/_, -‐::'::´:::::::::::::::::::゙ー-、_  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   , --l::X::::::::::::::`ー:l:::|\::\::::::::::::::::::::::::::::; -‐ '¨´ ̄
  ,:'::::::::ハ::X::::::::::::::::::::::l:::|」j>、:: ̄´゙フ::::::/
 /::::::::/::/l:::::::::::::::::::::::|:j_」__|_j>-イ:::/

788 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:58:59 ID:6DuztXA60


                       ≫'゙~     \    rvrv
.                      ア゙ _ァ辷辷《薔》≧x rく^ノ ̄ ̄ミx
                      ′_ア:j「^^^^^^^^^ ∨〈ノ__ r= \〉
                     | ア:j「^ |i } |i  |i   |i くノ〉//
                     | i「^ 斗从ハ/从八 从.  //〉
                     | 《{ \{.      7 / r==ミ ). .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                     | i|  个.      ,小< 〈三 〈
                     | i|  人〉` ア爪  [ ̄〔〔〕〕 ̄]   ..「――つまり私は、あなたの願いを
                     |  /i:i:i:i\i:{  ∨ ./⌒ / ⌒^
                       {i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧x 〈/  /  〈      .摘むしかないみたいなのよ」
                     .′ \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉/  /r‐v‐〉
                      |i  〉i:i:i:i:i:i:i://  /    /  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                    /  八  ∨≧=彡 /  /し∧_〈
.                  /  /i:i∧  〈i:i:i:i:i∨  / / 〈 /
                  /  /i:i:i:i:i∧ ∨i:i:i/  /辷=彡'゚
.                   ∧i:i:i:i:i:i:i:i〉 〉i:/  /i:i:i:i:i:i:∨|i
.                 | /i:i‘,i:i:i:i:i:i:// /   ∧i:i:i:i:i:i:i:i〉|i             ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
.                 | 〈i:i:i:i‘,i:i:i:i/  ./  /i:i:i〉i:i:i:i:/ .|i
.                 /i:i:i:i:i:i‘ /  ./   ∧i:i/i:i:i:i/i:|  |i           .    そうして、水銀燈は剣を構える。
.                 |i:i:i:i:i:|:i:i:i:|  ./  / ∨j彡'゙i:i:ト 八
.                 |i:i:i:i:i:|:i:i:i:| /  /   ∨i:i:i:i:‘,i:〉                  彼女の魔法により導き出された、
                /i:i:i:i:i:|:i:i:i:|:/  /     ∨i:i:i:i:〉i:〉
               /i:i:i:i:i:i:iア:i:i:i:i/  /      ∨//                  他に類を見ない我流の構である。
     _____/i:i:i:i:i:i:i:i:i〈:i:i:i:i/  /        〈i:i:i:i〉__
 く)⌒>   /  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iア   '  l    l    |i:i:i:i:i:i:i:i:≧x          .┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ⌒く)⌒>   /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア  /   |    |    |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\-‐…‐ァ<⌒〉\
.   ⌒く)⌒>'゛i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕/    |    |    |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\⌒´   x<⌒
   /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i://   /    :|    |    人i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\<⌒^
  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:r‐ミx^⌒^  /   /     |   〉    \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ⌒ /⌒>/⌒\__/⌒\_ノ⌒\___/⌒\__/⌒≧xi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\

789 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/14(土) 23:59:25 ID:6DuztXA60

          ,.-─‐-.、
      /:::::::::::::::::::::ヽ
.      |:::: ::::::::::::::::::::::l
.      |::: ::::::::::::::::::::::::!
.       |:::::::::::::::::::::::::::::l                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        !:::::::::::::::::::::::::li:|
.      !:::::::::::::::::::::::::l|::|               その途端、キル子の背がぶるりと震えた。
.      /|::::::::::::::::::::::::ll.,7:!
      |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !                武者震いのたぐいではない。
      ! !|:::::::::::::::::::::::| |  l,
     l  |:l|::::::::|!:::::::ll|::l|  |                そして、魔法少女の妄念を向けられた訳でもない。
     l_ |:|.!:::::::|l!::::::|l:.:||  l
.      ヽ |ll_|__:_!|:∟:!:.::l‐! l               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        |         |   l
.      |        | /
.      |        |ノ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
        /   `l、       /   !      :!  ヽ      . /|!   ヽ
        !、 ,.-''| \_    /   !       !   ヽ   / ./' ̄'y‐'
    , --- 、___ゝ、 ヽ  \_/゙ 、  /        ヽ , ‐ヽ__, ‐'  .! /'L__,, -‐'-、
    .|   :、   `'''´       /         !   ...┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ヽ   ヽ  ,   ,, -‐     .!            /
     \/ ヽ / ./゛          !         ヽ      .……ただ、水銀燈の執念を垣間見ただけだ。
   ./  ̄'' `'‐-ゝ/            /          ヽ
   !   ヽ、 ,! .!        _,/           ヽ、    魔法少女の魔法は、妄念と執念により作り上げられる。
   \、  \、! .|  , -‐‐/‐'二_,─'‐ー-、 /  ̄  ̄` ーニ`
  r'´゙ \ r'‐lヽ、 /゙  / ,-/   _     ゙|     ./  ト.  構え一つを見ただけで、キル子はそこに込められた
  \   ゙ゞヽ_ニ_,`  _-i'´  .r  , -'冖   l    ̄´   '´
   ` ー_/ ヽ   ` / .ヽ   ´       .! ,   く       .妄念の量を感じ取れてしまったのだ。
      `ー-‐'  _/  - 、      ` ̄‐'  !  ` ̄´ , -'
           :!、  /   / ̄\___    !  -‐-、/    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          /   ヽ , -.′  ‐'  ゙l  .!       、 `'ィ゛   }
          /    _!   /、 _,  ´  :|    '_ , !  _,‐--/ ヽ
          ,| - 、.'   '| _,  ̄ `ー‐-、 | ‐'"´  .\  .'   .|-‐ .く
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

790 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:00:11 ID:eejPXvUM0

          /::::::::::|:::::|:::::::::::::|!:::::!:::::::::!
          |:|::::::::|:::::||:::::::::::::||:::::|:::::::::|!
            |:|::::::::|::::」|_::::_::::::」l_::」!:::::::::|!
          |::|_::::::|i!゚○,!:::::::::i゚○;j|_::_:::」|              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          |::|::::::T `¨     ¨´ .|:::::::|::|
         ,'::::|::::::|:、.   ゙  .u /|:::::::|::|                ――まともにやり合っては、負ける。
         !::::|:::::::|::ヽ.  ´ `  .イ::::|:::::::|:::!
           !:::::|::::::i/ヾ、` ー ´ ノ/ヽ::::::::|:::!                 恐怖にも似たその直感が、
         !::::::|:::::::|  ヽヽ .//   !::::::::|:::|
        |::/ !::::::|、  ヽΧ/   !::::::::| ヽ             キル子に拙速を尊ばせた。
        // ! |:::::::|ヽ.   У   /.|:::::::::! |! .
       /  :  !::::::| ヽ ./    / |:::::::::| i!  ゙!          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       /  i. |:::::::|  ヽ/   ./  |:::::::::| !  ヽ
      /   ! !::::::| ./   /   |:::::::::| ,j   ゙!



             -‐====‐-  ミ._, - ミ_,.斗= ミ
             /::::::《@》:::::::::\. \ ´ ヾ:.    `丶
             ^⌒^⌒^⌒^´\:::',   ,   .i:::::‐-    \
           / / i    i  , ', ヾ}   ′. jト----- ミ  \
          〈{ ∧ハ|\/|/|∧.〈j!>  i. /ィニヘ、.    `Y fミV
         }Ⅵ            },.小.  |./二ニ=ム    {:ヘ_j }
ハゝ         .八          .i l    | 二ニニ∧    /=彡   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
八_        トⅥ≧=‐- -‐=≦|. ,'--.イ.|.∠二二二ハ
. ',∧        〈   /::       ,ィi〔ニ=〃/二二二ニi           水銀燈は既に一歩を踏み出している。
∨',∧       ./    ._/ r‐≦ニニ/ニ/:j/二二ニニニ|_
. ∨',∧       /   ./⌒`´〃ニ=/ニ/≠二二二二二ニ}        .その体捌きは常人の眼には止まらぬほど速い。
  ∨',∧    /  , '     Vニニ{ニ/ニト、二>'´  /⌒ヾ
   ヾ゚,∧..  /  , ' ,.イ    |ニ=レ二二ム‘,   イ               余りに精確で美しい、人殺しの為の動きである。
    V∧'´,ノ ./ イ/     !二二二二ニムゝ::´ ∨
    _ノ /′イ>'´         i二二二二ニニ}ハ   V          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ヾヘ_彡'::〈´         ∨二二二二リ }    V    ,.斗:≦
    //..V∧            !二二ニ>'´Y├v‐<_ノ ≦ニニニ=
.  ∠/    V∧          i__>ト-  __j斗≦二二ニニニニニ
        ⌒            斗:≦二二二二二二二二ニニ
                斗:≦二二二二二二二二二二二二二

791 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:00:29 ID:eejPXvUM0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
            /    /                                 、  :|
            /   /                            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          / /_/、
         \__/                            ――だが、その動きは一度見た。
         /ミ,r´ノ:l\
         ヽノ/:::::/:::::::\  __〔()〕_                 決してキル子に捉えられぬ速さではない。
         〈:ノ、/::::::::::::::::\.    ̄  \
            \:::::::::::::::::::::\       .ハ            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
             \::::::::::::::::::::\.  ......《ll》                         〃  ∧|        ._
               \::::::::::::::::::::\j   | |                    /   /       三 "´.::::::::::` : .
                   ≧ \:::::::::::::::::::\. l厶イ                     ' ,ヘ/      三/.:::::::::::::::::::::::::::::,
. ̄\          .>f../::\:::::::::::::::::ヽ.| |::::<                    /  /        三i:::{:::::L:::::ト、_::j::::::::,
 ヽ、 \          '⌒) ::::::::::::::::\:::::::::::::::l|ノヽ(⌒              ./ /           三::i :「(●) ̄(●)|:::i:::::
. (◎) |:       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ.                   / /             三l:::ゝ   `   ,!:::!::::i
   u.│:     ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                //                    三|.、_  ̄ __,.:::r::j :::|
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





              ´ ̄ /:::l. ` ノ    `='"´|::::::::|_|::::::::::::::::ヽ     ./::::/ /
                 /::::::ゝ `        .'|:::::::::| ヽ、:::::::::::::ヽ、  /::::/ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                /::::::ノ  ヽ `丶   / ,|::::::::::l _ィゝ-、_::::::::/::::/ /
               /::::/   / ゝ-‐= ´ /'|::::::::_」'-‐'"ヽ、ヽr、::::/ /   たった一撃、たった一瞬。
              //  //  |  ヾヽ//_>'/7      、\/`‐´:::::ヽ
            /'    / /  |  _`メ‐'´ /     、 \ゝ' ヽ、::::::::::::  それで全てが終わるのだと、魔法少女は
          //    /  メ─-‐"´       ノゝ----i'ヽ_ゝー'     \:::::::
        /::::/    / '"-/´        ///::::::::::T´ |       ヽ:::  己が魔法を全力で解き放ち――。
      /:://    ///       r_ 二二⌒丶、ー::!‐-ヽ、  ,r-、  ヽ
     /:://::::/  / /´/        ⊂二 二_´    `ヽ     ̄`ヽ、_   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     // / V´_/  ゝ"         _ ⊆ 三二、     |            ゙、ヽ::::::::l
      , -‐="             . イヽ-、_ゝ ニニ、___  i             ヽヽ::::::ヽ
    /            _ニ-‐'"´  `ミ_ー--/::::::::::::ヽヽ`|             ヽ\、::::ヽ
   i_rニ二二二ニニ=-‐'" ̄        |、_ ̄ 7:::::::::::::::∧ヾ`|              i   ``
                        |、 _‐/::::::::::::::::/--\j|              |

792 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:00:47 ID:eejPXvUM0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

            /      .:/                       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       / ____   .::/
      /  VZニ=->──- ,.____               「――いいかい、キル子。一つ警告をしておこう。
     /      ア^/        r==≧:、
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、            残酷剣は相手の力を、力の流れを利用する魔法だ。
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.         .つまり。敵の力の流れが分からなければ、
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /        いくら魔法と言えども何の意味も成さないんだ」
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/          .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




──────────────────────────────────────────────────
      ,! i;、冫.: : : : ::ミ、∠,!
      ゙l : :;`ミ .:、.:'::,;::`ミ ゙i
       |: ミ: ヾ:;o):、|oツ、ミ
       "i、_.:;彡´@`!》 ,|il゙
        "ミ彡::ヽ´ン:::ミ::、           /|    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ,l:::::::::::::::::::::::::::::ミ           //
        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、     //       .「勿論そうはならないように、
          |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i.,..、 //
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::|`゙'ヾ.\ </           ..君には剣士の力の流れをみっちりと叩きこんだ。
       |::::::::|::::::::::::::::::::::ミ   ゙':シ.\ >
       ゙l::::::;i:::::::::::::::::::::::|                   ……けれど、君が学んだのは人体のそれだけだ。
       ,|:::::::i|゙.: :::::::::::::::ミ
     , :"::: ヾミ".: .: .::::::::::;′                   人間以外を魔法で殺すには、今の君では力が足りない」
    ,i´: : .   .:.: ::::::::::::::::!
   _": : ': : .ヽ: ;,:::::::::::::::::::::ミ                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ,‐=;,_ : :::シ |:::::::::::::::::::::::::::!
  ,'-=;,,_:::::ツ |::::::::::::::::::::::::リ
  ミ:''=-;ハ::i   ミ,::::::::::::::::::ツ
──────────────────────────────────────────────────

─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

793 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:01:21 ID:eejPXvUM0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


         , : ´  ̄`゛ :: .      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\   ....|  (/⌒))    |.   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.    .|   ..〔l´    .|
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l   |     .O     .|    「……そうだね。君の疑念は正しい。
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|    乂_____ノ
      |:::::|:::::_|   _'  j:::::| `                      人間以外は剣を持たない。普通ならこの警告は無意味だ。
      |:::::|:´:|、_ (_.ノ _ノ:::i `     ,.       、
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|     ..i  >ー  < /      けれどね、キル子。かつて、この世に在ったんだよ」
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|        Y o   o  Y、
       |:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|      ./i  、,._,    i \ィ=.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       |:||:|::,i'l  .|.__||,、i'|    ../ ヽ、     ノヘ  \ }}
       || |ッ',__|:┴─イヽ.   ..,〆、 / /    \ ', __シ



──────────────────────────────────────────────────
      ∧_∧             .∧__∧∧∧∧∧∧
   ⊂[.\  /.)            .( \  / ┐┐┐┐┐
    /   × ´               と´.× ヾ.ヾヾ.ヾヾ.ヾヾ.ヾ
   (.../  \.つ           /  \.\\\\\\\
     > _)、         人  ...`ー' \__)__)__)_)__)_)__)...┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     し' \_) ヽヾ\       て
           丶_ ヽ__ ガシャ て         |          .「人間を、人間以外にしようとした魔女が。
              (__()、;.o:。           |
           ⌒)         \          ∨           .人体を、人体とまるで異なるものに作り替える事で、
                  ⌒Y⌒      \|   /|
      ∧_∧                 ̄   | | ∧,,,∧        更なる力を得ようとする魔法――人形剣がね」
    ...\  /.                 | |.(・ω・`)
   /.. .×. `ヽ.     .――>       ニニ/ y/ ヽ      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  __/.  /  \.i |                  ○)_| /⊂[_ノ
/ ヽ,,⌒)___(,,ノ\              (ノノノ l l l )
──────────────────────────────────────────────────

─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

794 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:01:42 ID:eejPXvUM0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

──────────────────────────────────────────────────
                      |  (■■■) |
                      |      |   |
                     |   __´___  |             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                     |   `ー'´  |
                     ヽ         /               .「仮に、君の残酷剣がどこかの人形剣と対峙したら。
                      ヽ___/. ...-‐====‐-  ミ
         , : ´  ̄`゛ :: .       .| .|  /::::::《@》:::::::::\. \   君の魔法は、虫も殺せぬか弱き剣に成り下がる。
        ,::´:,::'::::::::::::::::::::::: \|ヽ   ..| .|  . ^⌒^⌒^⌒^´\:::',
       .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:.| .|   ..| .|../ / i    i  , ', ヾ}     ……だから気を付けるんだよ、キル子」
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i.| .|   ..| .|.{ ∧ハ|\/|/|∧.〈j!>
      |:::::|::::::|(●) (●)|:: | .|   ..| .|.}Ⅵ            },.小. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      |:::::|:::::_|     ,   j::: | .|  ..lニニl八          .i l    |
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i. | .|   .{-}.U) Ⅵ≧=‐- -‐=≦|. ,'--.イ.|
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|::::..lニニl   |X|_ソ::::γ::{ 薔 }:::::::::}∧::::r' .|
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|::::..(U.{-}  .. ̄ `i丁 、:::\/::::::::、:::〈'´` ..!
──────────────────────────────────────────────────



                            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
¨¨ ‐- . _             ,.. -‐ァ
、       `ヽ-‐…‐- ミ,.. '"    /ニ      「魔法少女にとって、魔法とは最強の武器となるけれど。
ニ、              `ヽ.    /ニニ
ニ=ヽ                   '.   /ニニ      同時に魔法は、君たちを護る最後の盾でもあるのだから」
´   i                    :. /ニニニ
   i                  '. `ヽ.ソ   .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   |    x≠ミ     r==ミ '.   '.
   l   ⊂⊃          ⊂⊃  '.
  .,:′           `ー'^ー′    }  i
 人                   .:   |              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
´  丶              イ    |
.   /≧=-   _ .  -=≦ . ‐=ニ二ニ= 、              「……魔法の通じぬ相手を前にした時。
.  /         /     . ‐=‐ ´  i ` }
/   !     イ       {=‐{ |     |彡'               君たちを大人にしてくれるものは、もう何もないのだから」
  |   |      |       `ー-|     |
                                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

795 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:01:58 ID:eejPXvUM0


\\ く : : : :l:::::::::::::::::\/  /:::{〈所孺}:::::::::::::::::::::::\ : : : : }:::::::::::::::::://     ´
\\\\ : |:::::::::::::::::::/   /:::::::::::>=′ ̄ ̄`ー-、:::ヽ : /:::::::::::::::::/´    /
ー.\\.._ \:::::::::::::::: ′ /::::::::::/ /    l l  '. ヽ  \:∨:::::::::::::┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ̄ ,. \\从/..:::::::::::| /:::::::/  ' |   | | | |l   ト|:::::::::::::::/
_〈匸そ   て 二>=、l:::/  ...l| l |      | |l ハ/ |/. 二. :::. ――残酷剣の切っ先は、確かに肉を裂いた。
ー‐/:::ゝ,    そ.〈〈_//イ     l| | |   // | |j厶イ|l  //::::::::::::::.__
/:::::::::::"`/'^r  \ イ | |   」_八lハ 〃   lイ   ||  |::::::.:::::/.:::. しかし魔法は発動しない。水銀燈は花開かない。
:::::::::::::::::::::〈{ ::::::.\\. | ∥  |/     ヘ   /    リ  |::::::.:::/ /:.::.
::::::::::::::::::::::::\:::::::::::.\\ 八. |l     \/     / / ::::::./ /:::::::...産み出された些細な傷は、何にも化けることはない。
::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::|\\.\|\            //{::::::::::|/:::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::|. .\\.  \         / _〉:::::::::::::::::::.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛..
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` l   |:\\>一≧ー―<// __/⌒ ー‐、__::::::::ヾ:::::厶 r┴  ̄       〈  /   |::|
 ̄ ̄`ー- 、:::::::::::::::::::::l   |::|:::.\\  〈にフ小.V/| l::〈  |、 l   `< ̄   └―'⌒\  /  ー'⌒ヽ|::|
         ` ー―-ヘ  |::|::::|} \\从/..  ∨ レ'::: ', | ノ      \          }/  /        〉|
             l\ |人::::く そ   て.f⌒ー勹::::::::レ ′/^/ /   ヽ          (   /      /|::|
             | |:::::::::::::ー...ゝ,    そ.  /:::::_ノ   | l l ∧  | / /    `ー'⌒ヽ  /{  |::|
             | |::::::::::::::::::::::::."`/'^r .\:::::::::(__,ノ⌒| ├ | ト、__ ノ´ /          ハ / /`ヽ|:|



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
     \\\ \\\  \\\  \\\ \\\ \\  \\ \\ \\  /:             ..::::/
 ̄ - _   \\ \\\  \\\  \\\ \\\ \\  \\ \\ \ヽ/..::          ...::/ \
- _     ̄ -  _     \\  \\\  \\\ \\\ \\  \\ \   .::              ...:::/ \
   ̄ -  _     ̄ - _  \  \\\  \\\ \\\ \\   \    /             ::/ \\ \
_        ̄ - __     ̄ -  ,_     \\  \\\ \\\ \\   /   ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
  - _          ̄ - __       ̄  - _     ,. ‐┐   \\     ,、ヽ` ̄ \
\     ̄ - __        ̄ - __      ̄>'' >――   _,、丶`__ ̄ \   \.  ……そうして、キル子が
  \ \       ̄ - _        ̄ ->    /  ヽ .:             \   \
\  \ \  \\      ̄ - __   /    / >  _ノ--、__:. :.  ,. --- 、\ ,、丶   己の失策を悟ったその瞬間。
\\  \ \  \\   \     ̄/   >''/_/:: )/  /:::   /―┐    } /
  \\  \ \  \\   \ ../__>''″  /::.   /::: /::::.  /:.  /\>―┴ 、  \┗━━━━━━━━━━━━━━┛
\  \\  \ \  \\   \          〈:::   〈::   l::::   {::  {=-/  〃//)    \\ \\ \  \\
  \  \\  \ \  \\   \   \\   ``~、\  ‘,   ‘,    ̄|=- ∥///       \\ \\ \  \\
    \  \\  \ \  \\   \   \\ \    ̄\ ___ ,、丶`>-乂シ' \\    \\ \\ \  \
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

796 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:02:23 ID:eejPXvUM0

                        `゙''-、                      l,  .i |    ! |   ! ,l
                         `'-、                    l ,! .V!    |!   | /    l
                           `'-、                     ∨  .!   ′  ,!.l    ll
                              ゙\                      ,!      !.!    /.l
                                   \,                    l      |l゙   ! i l
                                  `-、                  lil  l   ll   ,l l /
                                      \                  |V |   l    l!" !
                           .. -─── -...\                !  .」   .| .ill
                         /::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ,              | .〃   l /l′
                         '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ             !i.,i゙l゙    l l
                       ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ              .┏━━━━━━━━━━━━━┓
                      /::::::|:::::::|:::::/!::::::/l:::::ハ::::/::::::::| l
                      '::::::::::|::::::l'_Vメー ' -'ニ._7::::::l::::l |                .水銀燈の放つ魔剣が、
            ´'⌒ヽ`.      /::::::::::::ハ:::::!     ,     ./::::::/7:::..|              /
          _.. -―...>` ー.':::::::::::::::::::::ゝ-!    ., -、   .ゝノ:::::::::::.!              /.  ひどく痛々しい音と共に
     ,  "´´:::::::::::: _,.. -─ ' ::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ..  ´ ̄`  イ:::::::::::::./             /
    ∠::::::::::::_.. '" ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_>    イ::レ:::::::::::::::/          ,iン   キル子の体に叩きこまれた。
   /:::::::::,.. '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ハ\   /ン:::::::/i:::./           |l′
   `'/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.. - ´::::::::::/::::∧ : :\_V ´:::::::::ノV:/            /  ..┗━━━━━━━━━━━━━┛
    j::::::::::::::::::::.. -― "´ /::::::::::::::イ '::::::::/: : ゝ '´:::イ::::::/./           /  /ヽ
    ゝ::_..イ/´     '::::::::::::::/j :/:::::.:ノ:/:::::/::::::::  /            ,,i'“.\::::::ヾ ` ::\
            /::::::::::::://::/:::::, /::...イ::::::::::.,..-'´              ,..‐"   .、..:::::ヾ \::\
            '::::::::::::::/ ':::::::::レ '´ イ/::::_..-'"               /    ._.イ彡'".Y::::: !  レ'
          /イ:::::::::/ /:::::::::/...イ. _.. -'"               ,..‐´   .,/レl!“゛.   !:::::ノ
           ノ::::/  イ:::::::::.._,, ‐'"             _,,..ノ`-゛ _..-彡‐″::::::ノ   レ'
                _,, -'''"゛          _,,,.. -‐'''"゛  ._,,v='''"
         ._,,,,.. -‐'''"゛         _,,,.. --;;;;,゙″
.ー¬''''゙゙゙´             _,,,..lリ`-!''“ ̄
           _,,,,.. -ー''''''"´

797 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:02:39 ID:eejPXvUM0

          /            /      {             /
        ./,/             /       _/.,  .|          }'
      .|!iノノ  ,,  "~     /       | /   |           /
      .|!/ / "~           /       ,:i/    |         /
     |!/ /          _/寸=‐- __/.i'    |        /__   .r'´¨二ニ==、
    |!/ /           /、  ',    ~.i     |       /   .丁''亠<       \
    / /          / |ハ.  ',    i     |       ハ    ,} ´           `二ニ,, 、
... ...{ !i          / /} .|   |   i    |       , ', /                    \\
    ∨|!l|!:||!i       ' ,// /ヾ    {    |       { /                     \\
  ......\|!l|!:||!i||!|l!|li|i|l//   ...,,二=Ⅵ!|!|!l|!i       / /  /   ___/__.             , /
''"""'''"^ \|」!|! _ノ{/じ'__,,斗‐''¨´.^''^"...\|!、|!||li|!|/l!|/  .,_ー=彡'´ ̄ ̄.'''^"'. ̄   ー‐-- ..__/ /."^"'^'^'"^"'""'"^'''^^''''''^
.─=≡.    .`<彡'=‐''¨     .─=≡.  . .゙~ゝ_/_ー'彡=‐''´                          ̄
      .)                       )               /l ,イ,イ
  ..../.. -=ァ     廴,        ./.. -=ァ     廴,    // レレ
  /"   〃∨i「`ヾ( ̄        /"   〃∨i「`ヾ( ̄   / ニニフ
      /   }               /   }        //    ,イ,イ ,イ
                                  /'     レレ //
                                             /'




                                              「|
                                              | l r n
                                              | l |_| l
                                              l ヽ└'
                                              | lヽ \
            ' "´ ̄ ` : 、                             | l  ヽノ
         ./::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、                       |_j
        ./:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::. /⌒ '"⌒ ヽ、               _「l「L. _
       l:,f::i|,:::::| ::::::|| :::::i|:::::i:::::|~  .ー       \           └‐┐i r‐┘
       .|:::|:::|,:::::|_::::::||_:::::.|::::::|:::::|        ,;   \ ,rー、          L| |
       .´ |::::|   、     |_:::::|:::::|.′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ         .└‐'
       ( ´ iヽ、_ ‐-  _,.|:`:|:::::|.ヽ、____"___,、___ソノ__ノ         n
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜       U
                                                0
                                                 O

798 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:02:51 ID:eejPXvUM0

     / ̄ ̄\
   / 「   ヘ \
    |  (■■■) |
    |      |   │                 ┏━━━━━━━┓
    |   __´___  .|
    |   `ー'´  .|                      「済んだな?」
   ヽ         /
.    ヽ       /                  ┗━━━━━━━┛
.       /    く
      |      |
      |      |




      ,-‐〈{所孺‐‐.、‐、
    /:/    \::ヽ ハ
.   /  , l、 、 ,  {ヒ{}コ} !
   l ,ィ {7Tハ T寸寸i || |
   |ハ |l┬r ヽ|r‐┬} |  |                       ┏━━━━━━┓
   } `ト じ    ヒソノ| |) |
    | |ヽ、_  _   _,ィ| |  | _ノ                    「……ええ」
   ',. |.| l 7Eニ::ィ |./|  |/::::<_
    ,|. | 'イ<予>::::`l  |  |:::::\:/                 ┗━━━━━━┛
     | l   i´V/`.|::::|  |  |\}\

799 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:03:05 ID:eejPXvUM0

       / ̄ ̄\
     / 「  へ \
     |  (●)(●) |
     |    |   |
     |   __´___  ノ             .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     |   `ー'´  }
     ヽ       }             「んじゃ、帰るぞ。もうこんな場所にも、
      ヽ     /
 f'r.     ヾ  ,r分、               そんな魔法少女にも用はねえ。
 |.|.!     'y'"// \
 川.f'i    ∧/ /r'⌒ヽ 、            .この馬鹿げた事件も、ようやくこれでお終いだ」
r^ミ、`i.   | / / f"    ヾ
| *|j |   |/ i  i /    ヾ       .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
丶_ ,ト'、   || |  〈/     ||
 Fニニ"i   i!<  |      ||






                                     , ――-、
                                    /       .:\
                                 / __     .::|                         ,.-、
                                   ∨     ヽ ....:::/                     _,.、/:∠_
       .___, - 、             __,. -――<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ
      .゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、、    _r:'Ti::、:::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、       ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'
      ./:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐-- ‐'´::::::::::::::::::,. - '
      .'-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/:'シ ':/::::::::::::::::::::::::::::::::,. ‐ '´
                  `` ‐- 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐ '<-_::::::::::::::::::::_,. ‐'´
                       ` ̄      /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''"´
.                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                                           倒れ伏すキル子に一瞥すらくれず、
                    ' "´ ̄ ` : 、
              /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、                        よたよたと歩く水銀燈に振り返る事すらせず、
             /:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::. /⌒ '"⌒ ヽ、
            .l:,f::i|,:::::| ::::::|| :::::i|:::::i:::::|~  .ー       \           .できない夫は一人悠々と歩いていく。
            |:::|:::|,:::::|_::::::||_:::::.|::::::|:::::|        ,;   \ ,rー、
            ´ |::::|   、     |_:::::|:::::|.′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            .( ´ iヽ、_ ‐-  _,.|:`:|:::::|.ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
       .´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜

800 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:03:20 ID:eejPXvUM0



                                              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                                                 ――だから、彼は気付かない。

                                                 屍となったはずの少女の指が、
                          _   _,,-ー-,,_
                     _,,-ー''"""""::.::   ..::"''ー-,,_     悔しがるように地面を掻いたことに。
                 ,,-ー''".::                  "---
               /::..         .:::  /:.              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
              /::.   ヽ_,,-ー''~~~~'_ー-,ノ;_::::...
            ,/::.    ..::/.:.:.:.:.:.:_,,ー'''":::::::::::::::::ヽ:::::::...
           /::.   _/.::.:..:./:.:.:/..:.:.:::::::::::::::::::}_,,
           l::.    .::l ....:_/..::/:..:.:.:::::::,,_-ー''".::
           i::.    .::{  ..::{ ..:::{..: .::,/::,r'ヽ、   ヽ
           ヽ::.   .::i  ..::} ..::}.:: .::{::.. {   ヽ   ..::: ,-ー''" ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ゝ.:.  .::ノ .:::,i  ,i..:: ,:::ヽ::._ヽ___ノ ,,-ー''"
"''`''''''''`''''`''''''''''"''''''''''"''"''''''`''"''''"''''`''''''''`'''''''''`'''''''''''''"''''''''''"''"''''''`''"'''  地面に広がる筈の赤い血が、

                                                キル子の着物に染みさえ作っていない事に。

                                           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

801 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:03:31 ID:eejPXvUM0





───────────────────────────────────────────

                            ●

                            ●

                            ●

───────────────────────────────────────────




.

802 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:03:57 ID:eejPXvUM0

             l     l  ||  心 無 武 無   ll
      ..::/||     l     l  ii==================ii
  ...:::/|  ||     l     l     l     l     l
...: :/|  |/||     l     l    ┌─────────┐
/|  |/|  ||     l     l    │[] [][][] [][]    │
  |/|  |/||     l     l    └─────────┘
/|  |/|  ||     l     l     l     l     l
  |/|  |/||     l     l     l     l     l
/|  |/|  ||     l     l     l     l     l
  |/|  |/||. _、─-v-─;z_..l     l     l     l
/|  |/|  ||.>:::::`::::::::::::::::: :::::\    l     l     l
  |/|  | /:::::::::..  .:::::::.. ..::::::::::ヽ    l     l     l         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
/|  |/ ..イ:::::::::::::::::::::::;、::::::::::::::::::::::l.______l___________l___________l_______
  |/...:::::: l::::::::::::::;:イ::/v:ヘ::lヽ、:::::::::|    ../     /            .「……おい、落ち着いたか?」
/.....:::::/ |:::::::/|/ニ|/ュ ┌リ_ニヘl::::::::|  .../     /
...:::::::/.  j::r=i|==。=,, _=。==|r=、:|. /     /               .そう言うと、カイジは成れぬ手つきで
..:::/  ....|::|ヒ'|| ` ー":|.|:`ー ' ||J:|::|.      /
      .|:::ヾ;l| u  r:|」:、 u :|レ'::::|                   .    ひとつ湯呑を差し出した。
     .ノ::::::::::\ (二ニニ二) ,イ:::::::::::ヽ、
   _,∠:-‐ァi:::::::!\ == ./ |:::::::ハ''ー-ゝ、._                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
-‐'''": : : : :/,/|::::::| ::::\_/  |::::::ハ ヽ: : : : : :``'''‐
: : : : : : : :/,/,/|::::::|  :::::    ,|:::j¨ ̄ ̄ ̄¨l: : : : : : :
: : : ; -:、ム--‐ヘ|:N\.____/j;ル|      .|:_;、_: : : :
: /.rh \: : : : : :|},',',',',',',',',',',{|: :|      .| +++`l: :
´、-t( )ァ-; > : : : |} ',',',',',',',',',',{l: :| とニ二二, ゙̄ヽ、! :
:\`゙lし´/: : : : : |},',',',',',',',',',', {| :|‘r──- .、`  \
: : :.`:‐:'´: : : : : : :.|} ',',',',',',',',',',',{|:.L.`⊂二¨_丶    ヽ

803 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:04:12 ID:eejPXvUM0



    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
   //" `ヽ ヽ    \                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 //, '/    ヽ ハ 、  ヽ
 〃 {_{ ― u リ| l    l i|              「……すまん、貰うお」
  レ!)(● ) 从|、 ノ 、  i|
   (,、_,⊂⊃ |ノ |  リ  |ノ                   やる実はそう言って湯呑を受け取ったが、
   ヽ、    j / レ j ,/
     ヘ,、 __,イ  -‐/イ                    しかし湯気立つ液体に口をつけることはなかった。
       --ヽ`ー'::::::\
     /´ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ.              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    /.   |:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
.      : ,!:/ _ >`._ ), ィ´リノ ̄`ヽ
.         ´,,'     }        } :
.        : ,'    ヽ , -‐  .   |
         / }         |   j :
..       : / ノ_ _ ノ     !   i
        / / .;   `ヽ   r   / :
.      : //   :!、   `ヽ/   /             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       〈 |  / ヽ._ i !.ト ト、 / ! :
.      : ー'"´` ,ー  }|/j/;-'/ j                .少女の体は、いまだ震えている。
.            }  レ'/  /  { :
.           : !  i /  /   !               まるで光差さぬ谷底を覗き込んだ子供のように。
            |  /  /    ヽ :
.           : } /   / _,...,,,   \              あるいは、狂人の妄執を目の当たりにした常人のように。
.: E⌒ヽ、__,...,,,.......∠-ー ' ""´       ヽ :
 Ε_, "    ,r' ~~´     、        `:        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
. : ′    ,'         ゙"ー―-- 、__}⌒` 、 :
  {      {                  `=  丶、 :
..: ゝ     入                ,,,,,,,,    `ヽ
   ` ー  ´  ` ー--‐――‐………  ~~ ̄  `ヽ、  ゞ :
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

804 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:04:41 ID:eejPXvUM0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

               __
            /`´: : : :\  _ ........._                         r- '⌒ヽ
          , -イ:.:.:/{{`ヽ-: : :ヽ .ア:__,.へ:::`ヾ                _ノ゙ヾ、   .j ,___ぅ^′
__     /:.:.:.:ゞ/rx__r廾>ヽ: }ア::ノ,zz  __ヽ<, -へ__     ,..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
: : : : :>-- '´_:.:.:.:.:.:.:.:.L..」└‐┘!/}:_/ ゚-  ゚ ' ハ:.:.:.:.:.:.:.:ゞ´ ̄>´:::::
    }:.:, ´: : :`丶: : : \ー`,. イ:.:il:.:ゝ!  [二l ハi:.i:.:.:.:.:.//<__::::::  ……この日、役人は魔法少女に殺された者どもの
^~`ヽレ′: : : : : : :厂`Lア二,イ:V ヾ__ヽ  .._ イlr.ヽ>`. . . . . . .く/
:::::::::::l: : : : : : : : : /  </ヽ/`ヽ/     ゝ..__/. . . . ,、. ,、_ト. .ミ   一斉検分を行った。やる実はそれに呼び出され、
:::::::::::ハi,、,、i: : : /         .l   i      Ⅵ. . ノ-イ r. Lト
Aヘ::::j__Lヽ_r-ァ'        ./ j   i      ヽVr┘・` _ー レヘ.  屍の身元確認を手伝わされていたのだが――。
.゚ ' r ':::::}  ア       /}  Y⌒ヽl        >- 、.ー'イ´`
-‐'´:::/:::| ∠_      ∠、 丁]  .厂      r ⌒7:.:/:.`¨´:.:.:..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
::::::::::):::/:.:.:.:.`丶__  j.  ヽ !/  ,l        ヽ  !V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:,/l`\! l  /r‐┴ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:::::::> '::::::::::::::::::::::::::::V- 、   './  / !  , -=  ̄ ̄^\ `!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ-l .//ノ:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ- ...._
::/::::::::::::::/::::::::::::::::{   ヽ  l ./| }/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.L_ヽL) /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}: : : :/:
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
         /: . /: . :/: . :/. : /|/     \|'.,: . ヽ: . : . :: .ヽ
        /: .:/: . :/: . :/. :/‐‐--   --‐ ‐',: . :', : . :', : . : .',
.      /: .:/: . :/: . ://__  U     __ ', : .:', : . :',: . : .:j    ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      j: . :j: . :/: . ://.-‐-、ヽ     〃,.-‐-、\,: . :, : . :j:.:. :|
      |: . :|: . :!: . イ /::::::::::::',   U   /::::::::::::',. ,: . |: . : |: . :|      その途中、何の前触れもなく、
      |: . :|: . :|: . |  乂;;;;;;;;;ノ      乂;;;;;;;;;ノ  , : |: . : |、: .j
      |: .l |: . :|: . |  |||||||||   U           |: .|: . : | }:.:|        .やる実の体は今のように震え出したのだ。
      |: .l |: . :|: . | こつ|||! 、__人__,    こつ|:/|: . :/ノ: .|
      ヽハj:.:. :|ヽ:j       |     |       j'/!: ./:/!: .j       .以来、その震えは収まりもせずにそのまま。
          ヽ :|: . \   U   |.___.|        イ: ./:/ j: /
           ヾ!ヽ: . :ヽ     Lu゚ω゚_j  U /: |: /イ .|/         こうして屋敷に戻り、夜になっても続いている。
            \ハ.> .   ̄ ̄  ... イ:./l: .|/
           / i ヽ Vハ/ 7 ―‐ 7 /:/l/l/ .j:/            .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           / !ヽ \   j  -‐/ イ'    \
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

805 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:05:02 ID:eejPXvUM0

            , -ァ
          /::::;'⌒゙``ゝ
       ,.. -‐':::...........  ::`ヽ
    /:;;;;;::: ..::::::::::  ...::::::::::\
   / '" /: ;::::::::::::::::::::::::::::::::::,..\
   .  /::;;::::,,...::::::ト、ヽ:::メ>'、くィ,\`≧,,,_  _,,. -‐''¨ ̄    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     i::/,'::::::::::::A| .>//  }ト、、))-‐'''" ̄_,,.  -'''": : : :
     |,' |::/|:::::rニミ ,,! 。_.ノノ u\:ヽ-'''": : : : : : : : : : : :     「死体の見すぎて震えちまった、って訳じゃねえよな。
       l/ .l::i::|   。! u ,.'⌒へ. i:::ヽ: : : : : : : : : : : : : :
        .Vヽ!\`7  , ノ/  ,)}:::::iヽ: : : : : : : : : : : : :     一体、外に出てる間に何があったんだよ」
            ソ-</ ,. ‐'´ ハ::| :!: : : : : : : : : : : : :
              \`'´<.フ ハ V :l: : : : : : : : : : : : :   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
             / /:` 、 ___/\〉: : | : : : : : : , -‐―
             〈:/ : : ヾ、` ‐--\i: : : : : : /_/´⌒
             | \: : : : : : : : : : :Lト、: : : : : <_ノ'⌒>
                !: : :\: : : : : : : : : : : \: : : : : / , -‐
             ,'ヽ、: : :`‐ 、_: : : : : : : : : : : : : :`‐',. ‐''
             ! : : : `: : : : : :`7''‐- : ; ; : : : : : : :.`‐ ´



     , ´  ̄ ̄ ̄`丶、
   /        ヽ \                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  /  / //〃"" `ヽ ヽヽ ヽ
 / //l l /u    ヽハl l l                       「敬語使え。
 li l l ll l,.ィ \   `─刈〃
  い.l lVト ( ●)   ( ●) l/                          ……それから、あのな、アレだお。
.  Ylヽ{ヽ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃
  レレノレヽ.       ノ                          やる実、気付いちまったんだお」
  r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
  {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1                     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  |  \::::::::::ヽ/::::::::::: r" l

806 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:05:15 ID:eejPXvUM0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                                          ヽ   ´/ィ "´ '"´
   ._             _                     `    {
     , ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ゝ,,,  ̄ ̄ ̄ > ――― - 、            、
、             _,,ミ/゛  ヽ;;;;;;;;;;;;;/          `            \
;ヽ、  .,ノ7       ヽ‐゛   ,r''゙;;;;;;;;;;;{                        ヽ
'''-、゙゙ア'"             {,゙二、,,-、;;;;;;;;、                        ',
  ...l′   :l";二゙''''┐       ,l´;;;;;;;;;;;;;ヽ         :、    / /        .、
._...   _.  ´ ,〉;;;;;;゙'ー、,  . _,._..ミ;;;;;;;;;;;;;;;/          ::.-‐ ´ / ./  ∠.    ヽ
;;;l゙   .ヽ;; ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;.!  .l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./             /  .; ' / \      ヽ
.、!、   .,i┘;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ^'''"   ,|;;;;;;;;;;;;;;;;;;,             ./ヽ ./ /    \  . ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
..l;;;;゙ゝy レ;;;;广'L;;_..コ    l;;;;ン'ッ;;;;;;;;.,           .    , - '´     ,.,,, 丶、
. ゙'''''″ .ミ、;;;;゙''''l:゙'"  ` .、  `''" : l  . ,          .:   , '´         .!;;゙''┐   「――魔法少女どもの秘密。
    ,-シ、;;_ノ   . _, `    .t  .,          .:  /           .!、;;;丿
;/  ,r./  l;/    '!┘         ./         ,:':  , '               ´   ,,. あいつらの使う魔法が秘める、
,! ./  ,i";;{_             /         ../  /             ,i''';     .|
!     ゙L;;;;;゙>          i            ;:  /, 、,,,           `''".ィ;;-一'´;;;;. その救いようのない真実に」
..,i¬―''>.l..、/゙    i'゙゙~゙゙゙'-|!!ゝ. i            {:   、、,,;l,゙,,r‐ー、        `''-、;;;
: };;;;;;;;;;;'\_ ゛   .〈;;i ゝ、;;;;;;;;;.ア. /         i:.   丶 ;;;;;;;;;;;;;} ._.. ;;i       ..┗━━━━━━━━━━━━━━┛.
.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    .,ン-. : '!''L,l゙ . {          .!    ヽ;;;;;;;;;; l!´二..,,,_,..--'''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛
.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l゙;l ,!;;;;/   .|'ヘ,. i          . .,    \;;;;;;;;;;,! ゙'―'''''''^゙゙゙゙゙゙'l,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-゙;|,`''″  .,/;;;;;ゝi.            、:       \.´        : ,ii;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;,,、;;;;;.! ---'''゙;;;;;;;;;;;;;;;;i            ヽ      丶  ..,.. -ニ=''"゛ ./;/''''i;;;;;;;;;;;;;;;;
.ー'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i             、      ',  "'"     ..   . l-x,;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;v ..,,,,、;;;;;;;;;;;;;;i             ',.      ',            "  .'|゙゙''、
.l´|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ン- /     ゝ-..、;;;;i             i::..      {         .l7   l
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

807 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:05:27 ID:eejPXvUM0

                              r 、        /|
                           ', `ヽ. --- '  |
                           }           リ、
                          _.._/:i        i ハ _  .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                     _r_‐〃ァ' ィヘ.       ハ  X'
                    ,゙=-___..ゞ≦ノ `7   ┌ ´ ム" ` ー-  「うん? それはボクも気になるな。
                         ̄        ノ゙ハ  |    \ 、.
                             ,.ィ::廴ノリ  |        ヽ).    何に気づいたんだい?
        . < ̄ ̄>。.              / ゞ==彳 / |
    /          > .        .イ '     .イ |.             出来ればボクにも聞かせてくれないかな」
   /                >。.. _ ..。<  /|:l   rく:jヘ !
   ,'                       /八} ,ノ   `¨         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  :!                       /   { ト、
  :!   . ャ==‐- ..__         _. イ     ゝ- '
   ', /: :i       ̄¨¨¨¨¨¨ ̄
   \八_
      ̄



         , -‐ : : : : : - 、
       ,.イ: : : : : : : : : : : :`:ヽ、
        / : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',                      _  /⌒¨Z.._
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.',                  ,> `′    `ヽ
    l: : 〃: : : : : : : : :!/: : : : ノ: : :ソ                 c  Z.ィ ,、      │
    |i //: :,i: .|: : : : :/: : : : :/_: :ノ                     /ィ'<,ヘl、vr‐、   .┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    |i从: : {: :l : :彡( `|!: :/⊂⊃                c.   >i _ノ, ||fi}    |
      レVl ,r'|/レyノ ` |/ノ 丿      |\           /|  . /_、 ,.ノ .|レ′   {>. ――そうして、何の前触れもなく。
        /:: :: >⌒ヽ_ イ      .|\\       //|   ` ‘Tニ-〕l ハ.
      /´:: :: :: :/:: :: :ト、        .:  ,> `´ ̄`´ <  ′.   ⊂,¨´/ レヘ.    .やる実とカイジの話の隙間に、
     く:: :: :: :: :|:/:: :: :: |、::\      V            V     〈_// ..::::\ヽ.
     r|:: :: :: |:: |!:: :: :: ::|::ヽ-,';、      i{ ●      ● }i        フ´ ..::::::::  V:.  白い狐のようなものが潜り込んだ。
    ∧:ヽ:: ::\:|::: :: :: :|:: ::/:: :',     .八    、_,_,     八     .フ ..:::::::  ..::::::
    /:: :: ::\:: ::`|:: :: :: :|:: :: `ヽ、!.   / 个 . _  _ . 个 ',    /⌒ヽ;  ..::::::.. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ,':: :: :: ::/ \:::|:: :: :: :!:ヽ:: :: :: | _/   il   ,'    '.  li  ',__./:::::::::::: } ::::

808 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:05:42 ID:eejPXvUM0

         , / '´ ̄ ̄` ー-、
       /   〃" `ヽ、 \ヽ
      / /  ハ/ :::::::::::::\ハヘヘ.
      |i │ l |リ _ノ ::::::::ー }_}ハヽ            ┏━━━━━━━━━━━┓
      |i| 从 ( ○)::::(○l小N
      (|  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ                「……何だお、オメー」
        VV j   |   、 ノ
        'Y/゙ヽ、 _` ̄イ                     ┗━━━━━━━━━━━┛
      r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
      {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1



                           _
                             } `丶
               「 \  __   -┴ ァ  \
                    ´         /    ヽ
                \        __ く/
                ∨ __     '⌒ Y      }
                  _|{ '⌒ r:‐ヘ    八     ,′       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                   / 八    、:::ノ  イ 丶.   /
             ⌒\/ ,   / ーァ   T´ {   \/\         .「ボクはキュゥべえ。魔法少女の使い魔さ。
           ( (⌒>く./  / . : /     ',: :ヽ    〈) )
              \{/ : : :/ : : /       ヽ-ヘ . : : //、          .そんなに嫌な顔をしないでおくれ。
         /\\_∧: : ,′|  i  i | ∨∧// : : :\__
           (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  | |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ      .今日は一つ提案があって、ここまで来たんだ」
          / . : : 。人: : :.:!   |  |  | |     \: 。 : : : :)
          (_/{:_:/  \:{.    { ,'    ノ    \_ノ ̄     .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                  ̄>  \)(/  く
                 / / ̄ ̄ ̄\ \
                'ー‐        ー‐'

809 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:05:54 ID:eejPXvUM0

        /    {         / | i         ___
       ,イ     ヽ      /   ト-'― ー--<二       ̄` 、
       l i 、_    `ー ニ´   └ 、          ̄` 、      丶
       ! 'ハ\  ̄`ー- ´   , -c    ヽ          ` 、      ヽ
       ',  ゝ' ヽ        ヽ-'      ヽ           ` 、
        ゝ´   j. , -c             } ヽ            `ー--‐
      ,ィ    ,イ ヽ-'    __ノ        j  \          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.     /     j     `ー'         ノ    \
     /      ハ             _ <_     ヽ       「――ねえ、やる実。
.    /        !  ヽ           ヽ      ̄ ̄` 、 `ヽ
   /         !    `二ー┐       ヽ         ヽ  `ー   ボクと契約して、魔法少女にならないかい?」
   /       l ( ̄   `´                    ヽ
.  i          !   ̄` ー --┐     i   \         ',.     キュゥべえは、一切の淀みなくそう言い切った。
  l. .       l           ',     j    ヽ         }
.  l: : : .     . :l         ',     l  /   ヽ       /.  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.
  i : : : : : . . : : : : i        ,イ ヽ   l  i     ヽ、__ ノ        /
  !: : : : : : : : : : : : i       i      ヽ j      \          /

810 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:06:14 ID:eejPXvUM0

           「`'^〉,- ー ‐ - 、 「`'^〉
         _r‐f⌒/::::《@》:::::::::f^Y⌒7⌒ヽ
         〈_ヽl/^⌒^⌒^⌒^ヽト~7⌒)イ
           く∠  | /{   〃ハ トヘんイ_ノ
          くY| l| /´ヽ、 /⌒}メ∨{ / ∧
           〈∧ |lイ◯    ◯ ノ「`ーヘ. ヽ
      イ三≧|:lヽゝ  ___  ∠ノ|:::::::|::|≦三二            .|\     /\     / |   //  /
           /|:| /::ゝ、.ヽノ _/ r‐く:::: /|::|  \          _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
         イ |:|ハ:::::::/l:><:::| |:::::::::::: 〉|::|   ト            \                     /
         l ノ八`フ:::ヒ@入|::r ┬′|::| ヽノ             ∠        つづく!!       >
          〈/_ 厶>::::::::::::::<_ノlノ}人::.、                 /_                 _ \
           /:::::::/〈/X|::〉::::\::::`ー- 、\〉              . ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
          /:::::::/::/::/ 凶ヘ:::\:::\::::::::::\                 //   |/     \/     \|
        ー┬|:::X::/ {   \:::X::/ーr―┘
         ヽー┬~r~r~rへ厶イ
            }三ヲ⌒⌒}三シ-‐,
              /.::::/    ヘ:::::::/
          /.::::/        ̄
          ‘ー≦三三三三三二ニ=

811 名前: ◆xCDm1f0Os. :2017/01/15(日) 00:09:07 ID:eejPXvUM0

     |┃______
     |┃      \
     |┃-‐‐- 、   \
     |┃__これ_ \    \
     |┃\|\:.:.:.\\    ,
     |┃:::::::::n\i:.:.:.:.i‘,  }
     |┃:::::::::U  l:.:.:Λ:‘,/
     |┃      ,’:.:./__):.∠ニZ
     |┃▽__ ,./:∠:._{>o<}
     |┃( )__L/´    /:.:.|
     |┃・l ト-{〉    ノi:.:./    本日の投下は以上となります。お付き合い頂きありがとうございました。
     |┃ |___,.{   、_,.ノ
     |┃ |   \          次回がいつかは分かりませんけど早めに投下したい(願望)
     |┃ |___ __/
     |┃ | |_|
     |┃ノ 」.|

812 名前:書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 E-mail:sage :2017/01/15(日) 00:12:02 ID:Cu0ynBi20
乙でした。

できない夫、微妙にしまらんな~w

813 名前:書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 E-mail:sage :2017/01/15(日) 00:15:03 ID:mncRnGoE0
乙。今回も面白かった

できない夫はあの5人の中では弱いんだろうと思ってたけど
やるオプーナ>できる夫なんだな

814 名前:書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 E-mail:sage :2017/01/15(日) 01:00:36 ID:zfxw7yK.0
乙でした
強さとは力ではない、とは言うけどね。確かに。

815 名前:書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 E-mail:sage :2017/01/15(日) 01:08:59 ID:1b6Rujig0
おつー!

わくわくがとまらん

816 名前:書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 E-mail:sage :2017/01/15(日) 14:00:43 ID:3u5ntEcY0
乙でしたー
今回もシュールで面白かった

一体どういう結末を迎えるんだろう

817 名前:書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 E-mail:sage :2017/01/15(日) 14:14:03 ID:GSUJMEuQ0

でんでん夫は案外つまらん死に方しそう

818 名前:書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 E-mail:sage :2017/01/15(日) 14:23:28 ID:5vyu8ecY0
ブラックQBとか色々と笑わせてもらったわ、乙

821 名前:書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 E-mail:sage :2017/01/16(月) 08:44:13 ID:SdMfSljs0
乙ー
銀ちゃんはポンコツキャラが似合うのう

822 名前:書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 E-mail:sage :2017/01/20(金) 02:20:27 ID:Hc38juGY0

キュゥべえ許すまじ








カテゴリ[ 【完結】キル子は剣客で魔法少女で残酷なようです【民明書房】 ] 内一覧



関連カテゴリ
 

※「ねらう緒はトップヒーローを狙うようです」の投稿のうち、「やらない夫は独りだけの戦隊ヒーローのようです」とのクロス部分のみ「独り戦隊EXTRA」としてまとめます。

広告エリア


コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
広告エリア


検索フォーム
アクセスカウンタ
プロフィール

Author:多摩ちゃん
自分で日々みているやる夫スレのまとめです。

三十路会社員です
リンクフリーです。
会社員ですので、更新は遅めです。

誤字・リンク切れetc連絡はメールもしくは
おしらせ・連絡のコメント欄にて

作品・作者に対する誹謗中傷及び
批判etc不快なコメントは削除します。
現在、コメントは承認制です。



(2017.05.26追記)
まとめられた作品および支援絵などの
著作権は各作者様にあります。
当ブログからの転載はやめてください。
元スレ及び掲示板の規約に従うよう
お願いします。




推奨ブラウザ:Chrome

注意:広告を表示させない「Adblock Plus」を
使用しているとAAがズレることがあるようです。
このブログでは「無効」としてください。



管理画面

全記事一覧を表示する

広告エリア

便利リンク(仮)

[管理者用記事編集]
人気ランキング(過去一週間)
広告エリア
リンク
■ポータルサイト
Yahoo!JAPAN
Google
ライブドアニュース

■AAスレまとめ
ブログ型AAツール保管庫
劇場風やる夫まとめ
やる模
AAまとめブログ(´∀`)
泳ぐやる夫シアター
やる夫の暇つぶし麻亜屈
AAスレお気に入りのまとめ
Yaruo Memory
やらない夫オンリーブログ
やる夫エッセンシャル
それにつけても金のほしさよ
やる夫叙事詩
やる夫疾風怒濤
やるやらブログ
やるぽん!
やるやら鍋
やるやら書庫
やるやらできやら
RPG系AA物語まとめるお
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
暇な時にやる夫まとめ
やる夫我執 [愛と <●>-=≠=-<●> 誠編]
やる夫短編集 (,,`д`)<とっても!地獄編
やる夫短編集 (,,^ー゚)<すさまじい程に! あしゅら編
Yaruyomi
AA・やる夫文庫
俺とやる夫の理想郷
やる夫AGE
東方やる夫スレ纏め
やる夫道中記
やる夫達のいる日常
隣のAA
やる夫とイワナ
やるならやらねば!!
やる夫が人生でいいじゃない
好き好き大好きやる夫くん

■まとめのまとめ
やる夫RSS+インデックス
やる夫 Wiki
やる夫見聞録
やる夫Link
R18やる夫.com
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫電脳インデックス
やるリンク改

Textar Font - アスキーアート対応ウェブフォント

やらない夫は独りだけの戦隊ヒーローのようですwiki
独りだけのAA活動写真館

童帝作品まとめ(仮)wiki

■ニュースまとめ
Birth of Blues
保守速報
黒マッチョニュース
U-1速報
キムチ速報
アルファルファモザイク
おーるじゃんる
暇人速報
政経ch
あじあにゅーす2ちゃんねる
ハムスター速報
News U.S. - 中国・韓国・在日崩壊ニュース
みそぱんNEWS
ネトウヨにゅーす
大鑑巨砲主義!
とりのまるやき
もえるあじあ(・∀・)

随時編集中
アクセスランキング(過去二十日間)
広告エリア