やる夫スレ自分チェック用

 

【R-18(G)】人でなし達は中世ファンタジー世界に飛ばされたようです その133

カテゴリ:【R-18(G)】人でなし達は中世ファンタジー世界に飛ばされたようです(その4) | タグ:人でなし_ファンタジー


3538 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 14:02:20 ID:RM8QjaIf
本日、16:00頃から投下します

3539 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 14:08:02 ID:UJHZh7xs
わーい

3540 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 14:23:16 ID:DZ7kQn6T
ヒャッハー!

3541 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 14:30:28 ID:dXhP4w4o
やったZE!

3542 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 15:45:55 ID:qN975Xon
わぁい









3543 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:00:39 ID:RM8QjaIf

                                  |    |       `''-、,,________| | |  ヽ
                                  |__|_         || |==========|_,,|_,,|  .:.:|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~:| ̄¨ニ=-  __       |¨| || |==========\\\ .::|
|___________________|_::::::::::::::::::::¨ニ=- _  |: | || |============|\\\|
|.:.:.:.:.:.:.:.:                    :.:.:.:.:.:.:.:.:  : : : :¨ニ=-  _::::::::: : | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|.:.:.:.:.:.:.:.:二二二二二ニ=-  ..,,,_/ :.:.:.:.:.:.:.:.:  : : : : ̄ ̄ ̄``ヽ、::|二二二二二二二二二二二二二二二二
|.:.:.:.:.:.:.:.:\    \三三三 | |/ :.:.:.:.:.:.:.:.:  : : : : ̄ ̄ ̄``ヽ、l:|\三三三三_\_\____\三三三
|.:.:.:.:.:.:.:.: ̄|三| ̄ ̄|三| ̄|¨ | \::.:.:.:.:.:.:.:.:.:  : : : :        ) |三| ̄|三| ̄|三|| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄| ̄| ̄|
|.:.:.:.:.:.:.:.:_|_|__|_|_|__,|.   :.:.:.:.:.:.:.:.:  : : : :____,,.. - ''l |_|二二二二二|__|___|_|二二二
|.:.:.:.:.:.:.:.:二二二二二二二二j 二二:.:.:.:.:.:.:.:.:  : : : :____| :|___l |二二二二二二二二二二二二二二二二
|.:.:.:.:.:.:.:.:_|_| ̄ ̄| ̄|「「「「「|| ~¨¨¨:.:.:.:.:.:.:.:.:  : : : :¨¨゙| :| ̄ ̄ ̄l |  |_|_|__|__|二| ̄´| ̄ ̄|二| ̄ ̄
|.:.:.:.:.:.:.:.:_|_|__|二二二二|_____:.:.:.:.:.:.:.:.:  : : : :____| :|___l_|_|_|_|__|__|_|__,|__|_|__
|.:.:.:.:.:.:.:.:‐‐‐‐‐‐‐‐|¨゙|/└f二〕¨¨¨:.:.:.:.:.:.:.:.:  : : : :二二二二|¨¨¨|¨¨二二¨¨¨/¨¨¨¨¨¨¨¨¨ /¨¨¨¨/¨/¨¨¨¨
|.:.:.:.:.:.:.:.:¨¨¨¨¨゙|二] |ニニニニニ7   :.:.:.:.:.:.:.:.:  : : : : | | :|-=ニ二_ ̄::::::::::::::: ̄二ニ=-  ..__/__/__/__
|.:.:.:.:.:.:.:.:    |_,.⊥、ニ=-‐  ' "´´ :.:.:.:.:.:.:.:.:  : : : : ̄ ̄|   _// ̄二ニ=-  _ニ=-=ニ¨|_______
|.:.:.:.:.:.:.:.:-‐ "´            :.:.:.:.:.:.:.:.:  :_,,.. -‐''|∧  ///        |_,.、-=ニ゙_______
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_,,.. -‐ |  ∨//'^¨¨ア|¨¨¨|¨|¨| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| | :| :|
 ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _,,.. -‐|_///>''":::| |   :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| | :| :|
::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : : _| | ̄|___|_|__,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,,|_,|_,|
└n‐ ┬───────────────‐ ' "´.: | |  |.:.:.:.:.:.:.:.:i i: : :.:i :i :i :i :i :i :i :i :i :i :i :i :i i :i :i
: : | |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |  |.:.:.:.:.:.:.:.:i i_ _ _i :i :i :i :i :i :i :i :i :i :i :i :i i :i :i
  |_|_ ┘.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_|_ ┘.:.:.:.:.:.:.:i i‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐
: : i i  l.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: :. i i  i:.::.:‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  i i  i                . . . : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i i  i.:.:.:.:.:.:.:.:i i.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






               _
             /  \
             ,,==ミ ,==ミ
           / ||   ノ, ヽ  ||
            | `¨´〃llヽ`¨ )
            λ ⅵ 乂クⅳイ`┐
         / ‘,     //  `ヽ         ・・・・・何故、こんな恰好をさせられてるんだ?
          〃   l    _/ /  _ =≒
       ,.ヘ         ,. ´    ヽ      まるで防疫騒ぎの時の、ジュン殿達のようではないか
        /l  \   /|   /       /
      {. レ′ ヽ/ 廴/     !  /    |
      / ,′           l /            その前にも、やたら念入りに身体を綺麗にさせられたし・・・・・
        ,             V /     ヽ
    〈                  l/        ;
        〉            /       /
     / /               ヽ      /
     ゝ/              |       ヘ
     {{                _/ ヽ    /
      ハ                  ]三三「 ゙
      Y                  | l  |  |
        |               `lノノノ
           、               /
      \   ヽ            _/
        |\_、  \__、___ん  _/ l
          、   `ー''´  「    ̄    /
         \     ハ          |
            〈        〉ー-、    ノ
          \_____人     /
          /     」 ` r‐ ´j
        r '´   / ̄   /   ヽ
        `ー一'′     ヽ_ ノ

3544 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:01:39 ID:UJHZh7xs
半導体の続きか

3545 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:02:18 ID:RM8QjaIf

              ,   ⌒  、      ┌────────────┐
          /       ヽ      │          V\  {ヽ      │
         ,ム         ≒    │     〈\_ -==- 》     │
        / , ==ミ   , ==ミ `   │   / /      》 \ /  │
         |∥   リ  (    ∥|   │   / / ′/  | 人  .∨ / │  こっから先は、空気中の微粒子のレベルから不純物お断りなんでな
          ノ.乂_/     \_ノ !   │  / 《  { 八  } 八\ V  │
       」       〃⌒ヽ     ハ   │    |  ィfぅぇ    ィチミY 》 │  だからこの部屋には、何層も重ねた高性能の空気フィルタが付いてる
     _ 「 \  ハ {{ l || l }} /7 / !、  │  ′  |  |V::リ   , v:ノ 八  │
   /    、 ヽ Ⅵ ` = ´ Ⅳ j |   │ /   |  | ""  __  " |  〉 │
 /      \ \        / |    │      .|  |   .::::::::)  人 《 │  アレで、外の空気から微粒子を除去してんだ
仁ミメ、          ヽ            │    |  |s。  `  ´ ./ !  ! │
    \        ゝ           │    |  | 」 ≧=彡\ |  | │
      \                     │   >'' |  |-_\  /-_-_ |  | │
     \  \       ∧        └────────────┘
───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────
    r=ミ==ミ──────────────────────────────────=ミ、
    |:  \ \二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ\
    |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    |   |                                                        |       00
    |   |                                                        |   「二^^l
    |   |                                                        |     | | ;‐i
    |   |─────────────────────────────────────|   「二__lニ ニl
    |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      〈/!_| ;‐i
    |   |                                                        |         lニ ニl
    |   |_____________________________________|          〈/!_|
    |   |     |____________________________________|     |
    l:  ノ   ノ //////////////////////////////////////////////////////////////ノ   ノ
    `¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
           \      \      \      \      \      \      \
━━━━━━━━━━━━━━━────────────────━━━━━━━━━━━━━━━
          / ¨  、        ┌────────────────┐
       /      `ヽ      │    ..  ´,. ィ ´      ` :, 、      │   【HEPAフィルタ】というやつです
        ′ 〃 ̄`ヽ 〃ミ     │   ..:'   ,.:´    / ノ    ヽ`:.、   │
       |   ||   リ ゚。 !      │  /   ,:'    /  /.:! :     :.  ヽ  │
      ,.イ  ゝ==´,ィ=ミ《     │ '    .:     ; ,:.{ {:      :.  ヽ │   蛇腹状の流路に空気を流し、その間にガラス繊維の不織布を
     /     ハ {{ 小}}〕    │/    .:     ハ'´7¨ :¨: 、    :   : │
    __ヽ  ゚。   Ⅵ ``=ク|      │    .,:   :.  {芹気ヾ ヽ`:  _,:  :  : │   濾布として同じく蛇腹状に配置する事で、空気から微粒子を
  /  `\ ゚。      / l \    │    ,: :  :  ヽ :.弋:_ソ   `;.; ノ ヽ:'  } │
       \゚。     ,:' :|   \  │    ,: .: .:   :`  `    ;ィ気 ,:   ノ│   除去しています
           。   /  |    |  │    : :.  :   :,        弋ソ ,:  ノ,: │
              ヽ         j │    { :_ :.   :.  , - 、 ' ノ..イ.ノ   │
                       /  │ゝ≦三三三三≧zx、. v _ノ  ノ  {   ' │   外部電界をかける事で、繊維を誘電分極させて帯電させる事で
                 ∧     /  │ 三三三三三三三ニニ≧、  /   :,、  │
    \        / ゚。.  /   │  三三三三三三三三三≧、   :. :}   │   静電気力でも微粒子を繊維に引き付けてもいるんですよ?
                     └────────────────┘

3547 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:04:29 ID:UJHZh7xs
空気清浄機に入ってるあれかー

3548 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:04:59 ID:Gn7IwrQk
ここまでしないと品質に影響が出る生産物ってのは想像の埒外だろうなあ

3549 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:05:22 ID:dXhP4w4o
いよいよもって技術格差が大変なことに

3550 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:05:29 ID:RM8QjaIf

           , ‐‐ 、          ┌─────────────┐
           / __  ヽ          │     /         ` 、    │
            | 〔__ノ__〔_]|         │   /             、  │
          /   (__) ∧        │  ,:    ,:'   :.  :.    ハ  │  直径が数マイクロメートル単位のガラス繊維が、相当量必要なので
        /`\\   ′\       │ ,:     {    :.  :     :, │
     /⌒\        / \     │ :    ,: !      :      : │  それなりに技術が必要なんですが・・・・・
    /      \__ハ_/ || ',    │     :--: _‐'  ≧sハ_,:     │
   /´   ヽ|         V  \  │ !:{ :. :、!斧笂: :、 :' 斧笂 ,:   │
  /      }          廴   ', │  ヾ、 :、ヘ 弋必ヽ!:、{. 弋必..イ  :, │  街の開発に使う断熱材、吸音材として大量に作ったり、法国向けに
  ,    ⌒ く  _      / ̄   | │ :  lヾ:、ト    '     ;ィ'  : , │
 !       ノ< ̄      人     |  │ :、 ':  :、   _  _,   ノ!  ; ,:{  │  グラスファイバー製の弓を量産したりと、相応に技術を磨かせたので
 \   /   ヽ       `ヽ  ノ  │    !   ヽ     ィ_ .;  ,:ノ_  │
   \__/                k彡  │  ト |.._ ,:' ィ|`__´  | !:  ;// │  必要な品質のガラス繊維を用意する事が出来たんです
    /               ハ  └─────────────┘






                           ┌────────────────┐
                           │          ''"゚~ ̄~゚"''~      厂〉 │
                           │  :     /     -ヘ    `丶 /☆i │
                           │        /        \.  rヘ// 〉:| │
             - 、          │     / /  // /    ',  丶 )∨〈_/i:ノ │  多結晶純珪素とやらで作るモノの製法そのものでなく
        /    \          │    / /  /   /   i ',  ‘, ̄\<} │
       r'    _ヽ ヽ         │    ′   ′ ./i     |: i',   ',  ∨)  │  作るための環境作りから、こんなレベルとは・・・・・
       〔以 〔 リ   ト、       │    i  i: / :|     | 八',  :i  〔_}i  │
       〃ヽ `¨    廴      │   i :|  __ノ     乂__ | i   :|  │
       乂ノ μ //   \     │  /|:./|  ィfそミk   / ィぅそ㍉:| |   :|  │  ・・・・・まあ腕の良い職人や薬師、錬金術師などもモノを作る時
       ,八.  //     _,>、  │ / /.:|:  八 Vツ ::\〈:::::::Vツノ:ノ |〉.:i.:|  │
     /  _/     /     、  │  /...:|  |:./ ̄  ,  ̄ ̄i|i|Y ./  |.:|  │  その日の空気の感じや、暑さ寒さにも気を回すものだから
    ハ            / /       │   ./|   八    _      / /   :|.:|  │
    〈八.  ∧    / | ′    |  │   ./.:|/ /|: \   ' ’   ′/i   |.:|  │  その極限だと思えば、分からん話でもないか・・・・・?
    |  \/ ヽ._/   |/        ! │  / ./ / 八| : 个     .イ:/ /八   |.:|  │
                           │ :/ :/  :/ ノ 〔 ̄\う爪  :|:′ / :∧../|.:|  │
                           │ __/  :/-=ニニ\ニニ- _ /  /ニ- _ /^|.:|  │
                           └────────────────┘

3551 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:07:28 ID:RM8QjaIf

                              ┌──────────────┐
                              │      V::\   {:::::V  /::|     │
                              │     >V::::::》⌒ゝ:::::》_/::::}     │
                              │   /  ゝ:::/::::::::_⌒“''*、     │
        , ´`ヽ、               │     /::::::>''"   ⌒“''*、∨   │
      /__    _ミ                │ /  ./::::::/ / i|   \  .\   │
        i{{ //) (//}}   __,=ミ       │ ′  ′::/  ./  ハ    \  ヾ  │
        | ¨¨〃ヽ¨´〉_// / \ _    │    |::::::′ ′乂 ,      ハ  )  │   さてそんじゃあ、本題の方に入って行くぞ
      人 ⅵ乂ノⅳ  7V_ム'__ノ ヽ   │    {::: |  |/   乂斗f七ノ }  /  │
    /       //  / ∧       ',  │    》:{  { xャ=ミ    x=ミ/ /≧ │
   八         /  l   へ     /   │   / ( ,  乂ソ    〈シノ   {i:i:i:│   まずは、多結晶純珪素を現象に【単結晶純珪素】を製造する
  ,イ  \__∧_/   ヽ        /   │  / .ヽ  ∧      ,  .′ 人  │
 ノ lレ′            `    _ノ   │  (  __∨ ∧  r  ァ  人     │   この――【浮遊帯域溶融】精製装置でな!
(  :|             / ! ̄      │   ィi「-_-_ヽ  \ ゝ  ィi〔/-_\   │
                              │ 》-_/⌒ヽ`、  \´: : :./-_-_-_≧ │
                              │ 「-_/ -_-_-_- \  )\ j{ィi「⌒ ヽ- │
                              └──────────────┘
───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────
      ┃   |:::::::::|   |:::::::::::Ⅵ  r:´ ̄:::} V⌒i i⌒V  {::::::::`:寸  / :::::::::Ⅵ{  |:::::::::|   ┃
      ┃   |:::::::::|   |:::::::::::::゚,  .|::::::::::: }        ° {::::::::::::::|  「::::::::::::::|   |:::::::::|   ┃
      ┃   |:::::::::|   |::::::::::::::|  .|: ト、  |゚,        /} ,.ィ:::| |:::::::::::::|   |:::::::::|   ┃
      ┃   |:::::::::|   |::::::::::::::|  .|:: ヾ\! ゚,j⌒yニx'⌒レ レ'::/ :::| |:::::::::::::|   |:::::::::|   ┃
      ┃   |:::::::::|   |::::::::::::::|  .|:::::: 〉r=d {q {   } p ,br=:〈:::::::| |:::::::::::::|   |:::::::::|   ┃
      ┃   |:::::::::|   |::::::::::::::|  .|::: / ノ:Y´ )从  从( `Y(_,ム:::::| |:::::::::::::|   |:::::::::|   ┃
      ┃   |:::::::::|   |::::::::::::::|  .|::::{_{jト、ヽ Oノ:W:{_O ゚ノ.イ)_}::::| |:::::::::::::|   |:::::::::|   ┃
      ┃   |:::::::::|   |::::::::::::::|  .|:::: ゝチz仝(_/℃゚,_)仝::ュ-' :::::| |:::::::::::::|   |:::::::::|   ┃
      ┃   |:::::::::|   |::::::::::::::|  .|===={::::{、ゝ', 、_//ノノ}::::}===:::| |:::::::::::::|   |:::::::::|   ┃
      ┃   |:::::::::|   |===チ:Lニ:|ニニニ.Ⅵム { `==’ } /:::/ニニ L ィト、ー::::=|   |:::::::::|   ┃
      ┃   }'´,.x:ト、_j二二二ニニニニニ}ヾ::゚,ヾ(__)7/:::/二二二二二ニニ「  _,. ト `' :|   ┃
      ┃   }'´二二二二二二二二ニニ}. }:::} ト、 ,.イ.{:: { {二二二二二二二二二ニニ|   ┃
      ┃   |二二二二二二二二ニニγ }. ゞ’ ∨ 7 ゞ' {`ヽ二二二二二二二二二ニ|   ┃
      ┃   |二二二二二二二二ニニ|..::}.     ∨.    {⌒:}二二二二二二ニニニニ|   ┃
      ┃____,!二二二二二二二二ニニⅥト、   __  イヽ:リ二二二二二二ニニニニLニニ=┃
      ┃二二二二二二二二二二二二ニ寸≧:|t==y|彡:::::/二二二二二二二二二ニニニニ┃
      ┃二二二二二二二二二二二二二ニ`く:|{:+:}|=≦二二二二二二二二二二二二ニニ┃
      ┃二二二二二二二二二二二二二二ニ:L_..」二二二二二二二二二二二二二二二┃
      ┃二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニニニニニニニニニニニ二二┃
━━━━━━━━━━━━━━━────────────────━━━━━━━━━━━━━━━
            ,   ⌒  、             ┌─────────────────┐
        /       ヽ          │  乂ニア'゙. : : ; : : : : : : : : : `\ニニニニニニ=│
       ,ム         ≒        │   /: : : : .:/: : : : : : : : : : ',: :\ニニニニ │
       / , ==ミ   , ==ミ `          │  .: /: : : : : .: : : : : : : : : : : : : : : : :.\ニニニ= │
       |∥   リ  (    ∥|       │ /.:/.: :/: : : i: : : {: : : : : : : : : }: :.、: : : :≧=-  │  また何やら、大仰な装置を使うのだな
        ノ.乂_/     \_ノ !        │  :/..:ィ:. :. : :{: : : :\: : :i: : : :/ : : :ヽ: : Ⅵ).:}  │
      」       〃⌒ヽ     ハ        │ /.::i|:l: : : :斗- 、: : : : :.{\: ‐- ミ: : : : :.Ⅵ)}  │
   _ 「 \  ハ {{ l || l }} /7 / !、       │  |:||:|:. :. :/乂 \: : 八. \: : :. :. :. :. :.Ⅵ)  │ コレで 多結晶を、単結晶に直すのか?
  /    、 ヽ Ⅵ ` = ´ Ⅳ j | ー- 、   │  |:||:|: : xぅ笊㍉、 \: : \.x抒ぅx、:\: : Ⅵ)  │
       \ \        / |      ト、 │  |:||:|〉: :込 乂ツ  ` ̄ 乂ツノ }: : :≧=-  │  つまり、本当に欲しいのは純珪素の単結晶なのだな
ミメ、          ヽ             ′ │  |八: : : 乂 :.:.:.  '    .:.:.:  ノ.: : :/: : : : │
   \        ゝ               / |  │  {:.:∧:. : :'⌒            ⌒/: : // .: : : │
     \                  /    │ /\:∧\Iッ。,,    -    _、<: : :/: :/: :  │
   \  \       ∧      /   |  │  .: :/::::\:\  >  _  < /.: : .:′.:イ/ │
                              └─────────────────┘

3552 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:10:21 ID:RM8QjaIf

 ┌───────────────────┐
 │              _...   ..._             │
 │          .. ≠´       `  、         │
 │        ィ´              ヽ       │
 │     ./          ヽ      :.     │
 │    ,:'  .:       :.     :.      :.    │
 │   /   ;   .:  、 ヽ    :      :.   │   ええ。・・・・・この装置の内部では、多結晶純珪素の棒インゴットを
 │  :    .l   ,l ‐ ¬  :.    .:      :    │
 │  ,:    j:  ´.:{. ヽ.ィ ヾ、}    .:.      :.  │   上から吊り下げて、その一部の周囲に誘導コイルを巻いています
 │  :! l  :'⌒:、  :l '爪ハ ' .}    :.      :  │
 │  :l .{:、 ヽ斧 \ {.弋ソ .ノィ    .:.      :  │   このコイルは、上下に稼働する仕組みです
 │  :.`ヘ :、:、:ソ   `     ,:    :.      :  │
 │   :.  丶ゝl〈       :'     .:     } .:  │
 │   :、  .| :.  _.ノ  . :     ;    ノノノ   │   そして、装置内は高真空にもしてあるんです
 │      ノ,:  ヽ     .l     :l  ノヘ! '´    │
 │       :   ヽ   _, !   _.. 7三三≧zx、   │
 │       :     ,l  .}_j  /  /三三三三ニ≧、  │
 │  z 、-、,.ハ  : / '⌒l::{'ハ/  /三三三三三ニニ}  │
 └───────────────────┘
───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────
         ┌───┬───┬───┐
         │多結晶│      │      │
         │純珪素│      │誘導  │
         │インゴット │      │コイル  │
         │   → │      │ ↓  │
         │┏━┓│      │┏━┓│
         ┝╋  ┃│      │┃  ╋┥
         │┗━┛└───┘┗━┛│
         │                │
         │        高真空        │
         └───────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━────────────────━━━━━━━━━━━━━━━
      【フローティング・ゾーンメルト精製装置 概念図】
 ┌──────────────┐
 │        | ヽ | |          │
 │  \ ̄ヽ :人 i _ j_           │    誘導コイルによって、まずは多結晶純珪素インゴットの先端だけを加熱する
 │    \_ ヽ  x、´ :ヽ ー.、       │
 │   / /  :∧ ヽ  ',\:ヽ      │    すると、インゴットの先端が熔融するんだが・・・・・
 │    '  /  / ハ _ _ゝ-'、_,Y ゝ-'    │
 │   i  { :f ヾ x= =   芹i ヘ    │    この時、熔融部が流れてインゴットが大きく変形する程には加熱しないまま
 │  |  l マ :|: イ 夊ツ   ゞ' マ:乂   │
 │   }  l ',_|   ', :::::  __`_ Y、 :\  │    誘導コイルを上にやって熔融部の加熱を止める事で、冷却してやると――
 │   j l | 人ヽ  ヽ  ヾ_ ソ ハノヽ ) │
 │  / ,  ! l::::`!  ノ .,,    / :j / │
 │ / /j   / _{  {  -、j7-" /< ヽ │    冷却部は熔融からの再結晶化で、単結晶になるんだ
 │ / j! γ´_人  乂ヽノ):::ー彡 }  '、 │
 │ , / .ノ-ミ、::::::\ _ ./_ /ゝ=x::⌒ヽ │    しかも・・・・・偏析効果で再結晶化した部分から、不純物が分離されてな
 │ ゝ' :/:x  <::::::::::/:::::::::::::::ヽ-<::/:::::::' │
 └──────────────┘

3553 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:12:58 ID:RM8QjaIf

 ┌────────────────┐
 │     ) ム      /(           │
 │     マ ム     _/ :(           │
 │      マ j.ィi〔=〈_ノ 〕iト         │  だから コイルをゆっくり上方に動かす事で、熔融部と再結晶部を移動させながら
 │  \、    >r>''"  ̄ "''ヽ〉 \       │
 │   \ 、///   マ\   \: 、      │   不純物を徐々にインゴットの上方末端部に集めつつ、単結晶純珪素の
 │     Y' j{    jィ: ヽ  ∨: \    │
 │     j  ハ   |.:j.:ィ雫ミ  }) ∨,ヽ   │   インゴットが得られるって仕組みだ
 │     /ハ  ハ` . !/...乂シ 〉 :|:   ∨ハ │
 │    / j}\ (ヽノ , :: :: :j  !:   ∨ハ │
 │   ハノ /:\ヽ:: :: 、 ノ,イ  :、.  ∨  │   種結晶となる単結晶の小片を用いれば、更に効率的な方法も取れるぞ
 │   /  j{/‐‐≧o。 r、イ: !   、\    │
 │ / ィi〔}:/{‐‐ ‐ {⌒y}: } _〉}`ヽ  ヽ:〉 ∨ │
 └────────────────┘
───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────
         ┌───┬───┬───┐
         │      │      │     │
         │  ↑  │      │  ↑  │
         │┏━┓│      │┏━┓│
         ┝╋  ┃│      │┃  ╋┥
         │┗━┛├┬┬┬┤┗━┛│
         │  ↑  │││││  ↑  │
         │      └┴┴┴┘      │
         │          ↑          │
         │    単結晶純珪素    │
         └───────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━────────────────━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌──────────────────────┐
 │      Ⅵア: :/.: : : :/ . : : : : : : : : : :.\\ニニ=- ノ  │
 │       У: /. : : : : :.′: : : : : : : : : : : : :.ヾ^≧=-<    │          アデプト
 │ <\ 「」.////. : : : : : :{:. :. :. :.{ 斗- ミ: : : : : Ⅵ): :√ \ │  ほう・・・・・ん?達人よ、確か誘導加熱というのは・・・・・
 │  _\> // ′. : : :/+''"´: : : : {\! 、: : : : : : : :Ⅵ) {:     │
 │  ┘ .′ {〕: i: : i:|乂〔 \: : : :v/jI抒ぅx、: : : : Ⅵ)〉     │
 │    .::  〕.:.|: : l:| ,xぅ笊㍉、: : v/うが:} )〉\: :Ⅵ∧    │  コイル周囲の磁界を使って、電気が流れる物質に電流を流し
 │   {:  〕: :|: : :リ〈( うじ}    ̄ ゞ^ ' ' }: : : 「⌒ :∧    │
 │   _   /.: :|: :.{:.乂`:.:.¨´  '     .:.:.:ノ; : : :{ノ: : :}∧/  │  その電熱によって加熱する・・・・・という技術なのだよな?
 │    ´_ノイ〉: : : :\⌒      , 、    ⌒}: : : {: .: ノ.: .:{  │
 │    乂ノ/∧\: : 込            ィ ノ: :/, :´ : :/,:}   │
 │     {: : : : }: 介ー..`)≧s。..   乂彡 '´: /: : 彡'//   │  ・・・・・珪素の結晶というのは、電気が流れる物質なのか?
 │     人: : : :l :抖厂 ̄ ノ 〔}      {: : : : : }/: : :V   │
 └──────────────────────┘

3555 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:15:28 ID:RM8QjaIf

 ┌──────────────────────┐
 │       |::::V V::::::::::::::::::::/    /:::::::::::/      │
 │       |::::::》 》,、<⌒::::::::⌒“''*、《::::::::::::::/       │
 │       {::::/:::´::>'"  ̄ ⌒“''*、::::::ゝ--イ       │
 │      》>'"           ゙''≪::\ ヽ /     │   良い質問だな。その答えは・・・・・「通すとも言えるし、通さないとも言える」だ
 │     /                \:::∨ ∨ /   │
 │            |      % |     ∨∧ ∨    │   まあ純粋な珪素結晶の場合は、常温だとほぼ通さないと言って良いんだが・・・・・
 │        .i|  |        | }  .i|   :::::::}     │
 │   /  ′   i|  {     } }    . i|   {::::::| }     │
 │   /  !  (  .i|  V     人/ /}  . i|   |ヽノ      │   そもそも、世の中にあるのは全て『電気が流れる物質』ではあるんだぜ?
 │ ∥  .|  V ハ  \   / ~¨ぅぇk、i|   | ))  ハ    │
 │ {ハ  人  ヽ ィ~¨テ㍉     .ん:::竹〉   /    % / │   どれだけのエネルギーを流せば、流れてくるかが違うだけだ
 │ j{人  } \ ∧  V:::リ     乂:::ソ    ′  ′ ∨  │
 │     ヽ /    ゙゙゙ `¨  ,  ゛゛゛゛ /   /___{   ∨│
 │     /   人              /     ′  》-、    │   空気だって『絶縁体』だが、雷は落ちるだろう?
 │      /    /⌒ヽ __   r  ´イ}    {   /::::::}∨ │
 │    ′   / 》  .)--ヽ ̄、  人    |>'":::::::::: | ∨ │
 └──────────────────────┘






 ┌────────────────────┐
 │               _...   ..._          │
 │         .. ≠´       `  、        │
 │         ィ´              ヽ       │
 │     ./          ヽ      :.     │
 │    ,:'  .:       :.     :.      :.    │
 │   /   ;   .:  、 ヽ    :      :.   │   逆に、例え銅などの電気を通しやすい・・・・・『導体』によって作られた電線であっても
 │    :    .l   ,l ‐ ¬  :.    .:      :    │
 │  ,:    j:  ´.:{. ヽ.ィ ヾ、}    .:.      :.   │   あまりに細い電線に、あまりに微弱な電気を、あまりに長い距離流しては、途中で
 │  :! l  :'⌒:、  :l '爪ハ ' .}    :.      :  │
 │  :l .{:、 ヽ斧 \ {.弋ソ .ノィ    .:.      :  │   電気抵抗により電気が全て熱に変わり、目的の距離まで電気を通す事は出来ません
 │    :.`ヘ :、:、:ソ   `     ,:    :.      :   │
 │   :.  丶ゝl〈       :'     .:     } .:   │
 │     :、  .| :.  _.ノ  . :     ;    ノノノ   │   それを理解した上で・・・・・・周期表の中で、珪素の左右にあるそれぞれの
 │       ノ,:  ヽ     .l     :l  ノヘ! '´    │
 │        :   ヽ   _, !   _.. 7三三≧zx、    │   元素はどうでしょう?電気を通しやすそうですか?通しにくそうですか?
 │        :     ,l  .}_j  /  /三三三三ニ≧、  │
 │    z 、-、,.ハ  : / '⌒l::{'ハ/  /三三三三三ニニ}  │
 │ /-‐ ヘ{ヘ=、 ハノ_! /::} /  />7´   .ヽ三ニ:'  │
 │  {l ´¨二〕 ゝヽ{ニニ|  ノ::{ノ ,ィニl ,:      vニ'  │
 └────────────────────┘

3557 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:16:26 ID:RM8QjaIf

 ┌─────────────────────────┐
 │          /  .:           }  ',   ', ノく_ノノ      │
 │      ′   ./   :|         }:.   ,   V/ /く)〉      │
 │     _      /i|        /∧  :,  .」/_ノノ      │
 │     〕:    _/_八         /jI斗匕 :,   ]|く⌒)〉       │
 │    〕:   | /   〕iト   | ィ〔    Ⅵ{  ⌒)〉くノ|i      │
 │     〕    Ⅳxぅ灸x \   |:/ x劣灸xⅥ   |⌒)〉:i|i     │  ええと・・・・・左隣のアルミニウムは・・・・・『金属』だったな
 │    〕:    _ノ'^ん;;ハ  )ノ\」    ん;;ハ ^ぇ_   〔:    i|i    │
 │    〕}:  ⌒込乂'ツ        乂'ツノ ⌒  :〔:     i|i     │  君達が作ってみせた、僕達の知らない金属だが・・・・・
 │    〕}     |:.:.:.:.     .:.      .:.:.:.:|    :〔    i|i    │
 │   〕}    | :|       '         √  .:〔      i|i    │
 │    〕}   |八               √   〔:     i|i   │  電気は、かなり『通しやすい』物だった筈だ
 │     }   込 〉       ___     〈ノ|   〔:       i|i  │
 │   , }   .:|:i|i:.    ´     `    .:i|   〔:       i|i  │  銅の代わりに、電線に使っている場合もあったよな?
 │   ′}   .:|:i|i:i:}i:..           ..:i{:i:i|   〔:      ‘, i|i │
 │   ,  :}   .:|:i|:i:i}i:i:i:〕h。        イ |i{:i:i|   〔:      ‘, i|i │
 │  ′ :}   .:|:i|_... -=ニ| うニ爪_ -=ニニニ〕   :〔: :.     ‘, i| │
 └─────────────────────────┘
───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────
     ┌─┬─┬─┬─┐
     │Al │Si │ P │ S  │
     └─┴─┴─┴─┘
      アルミ 珪素 燐 硫黄
      ニウム
━━━━━━━━━━━━━━━────────────────━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌─────────────────┐
 │     /////////////////////////\ │
 │     〈///ヒニニニニニニニュ、////////  │
 │      >'": : : : : : :/: : : : : : : : : \//////  │
 │    /: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :\//// │   右隣の、燐は・・・・・よく分からん。どうだったかな?
 │   /: : : : : : :/: : : |: : : : :|: : : : : : : ヽ: :/>、/ │
 │  //|: : : : : / : : /|: : : : :l、: : : : : : : :|: : i: : }f  │   だが硫黄は『金属ではない』し、電気を通さない筈だ。個人的に実験した事がある
 │  リ/: : : : :∧: ^メ、|: : : : :|イ、_: : : : : |: : |: : }|  │   アデプト
 │  /, イ: : : :| \{ \ lリ   \___ゝ: |: :r||  │   達人たちの言によれば、『非常に通しにくい』になるのか?
 │  '´  |: : : :|      ヾー      | : : : | ノ: :  │
 │    ∧: : :ゝ=='´     `===,ノ: : : /): : : : │
 │    |: :\ (、 〃  ~-  〃 フ: : /'i´ : : / │   それで、肝心の珪素は・・・・・
 │   Y'ヽ: :ノヾ>=、,,_n__,-、_,<_/ ⌒|: : イ  │
 │   |: : レ:T:/ ̄/ (  j´フ/ヽ ̄`-t-、:/: :  │   ・・・・・『電気を通しやすい、金属』と『電気を通しにくい、金属でない』の、間・・・・・?
 └─────────────────┘

3559 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:18:57 ID:G1gdn+Mg
珪素がお安い資源だったのは現代の人類にとって凄いラッキーだったんすねえ

3556 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:15:50 ID:Be+2FQjb
やばい、既にユニ博士が俺より頭いい

3558 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:16:50 ID:G1gdn+Mg
ユニ博士はもう俺より頭いい

3560 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:19:26 ID:N1eeSM96
ちゃんと実験までしているユニ博士

3561 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:20:32 ID:RM8QjaIf

 ┌───────────────────┐
 │          |:∧   /::::::::V   /:|        │
 │          {:::::》,、<:::::::::::》- /:::|        │
 │        /〉"´:::>-==-- 、::\:」        │   そうだ!珪素は金属元素と非金属元素の中間的性質である『半金属』元素であり
 │       / />''" /      \::ヽ\     │
 │      /  / ∥          \Y      │   電気伝導性においても、導体と絶縁体の中間的性質である『半導体』の性質を持つ!
 │            i|   |         |  i|  ∨   │
 │     /   ′ i|   |     |  |  |   V  │   つまり珪素は電圧や温度、純度等の変化によって、伝導性が変化しやすいんだ!
 │    ∥  /  从 / \    ハ ノ  |    W │
 │    i|  /  /ィ≧s。  ^“~ __}_ ノ      │
 │     /   .〈乂:jリ     ん泌 》〉 |   %  │   ・・・・・とはいえ常温の純粋な珪素結晶には、ほぼ電気は流れない。さっきも言ったな
 │   ′/  | i|  ⌒  丶   ゞ^ツ /  ′   |  │
 │   /  ′  |圦.   ャ ─ _     /  ノ     ! │   それは珪素原子の、4つの価電子による共有結合が、それぞれ余りも不足も無い
 │  /  {   ハ    `~ イ    人/  ハ   │
 │  /  ハ  / __  〕h、    ィi「_ / /     │   状態で、自由電子が無いに等しいからだ
 │      \  (: : : :\} ` ´ {: : >''" /      │
 │    /-_-__≧=- \  >''" -=≦ヽ\     │
 └───────────────────┘






 ┌───────────────────────────┐
 │  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:, -─ ━== ‐ ミ :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ  │
 │  i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,  ´. :: :: :::: ::: ::: ::: ::: ::: :: ::: `ヽ.:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ │
 │  {:i:i:i:i:i:i:i:i., ´.:: :: :: :: :::/.::/.:: :: ::: ::: :::: :: ::ヽ.:: ,:ヽ.:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i} │  ・・・・・価電子?共有結合?自由電子・・・・・????
 │  ' :i:i:i:i:i. '.:: :: :: :: :: :: :::, ::/.:: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::∨.::, :\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:lリ │
 │  乂:i:/.:: :: :: :: :: :: :: ::!: :!:: ::: ::: :: ::: :: ::: ::: ::: ::∨: ;: :::\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:l/  │  急に、意味不明な話になったな・・・・・
 │   /.:: ::/.:: :: :: :: :: :iト.:::,:: :: :: ::.:::.::i::.::i:: :: ::: ::::∨: ;: :: :::`ーr ==f T{  │
 │   / .::::/:: :: :::: :: ::::: ll∨::,:: :: ::.:::::.i!::.:|ト、.:: :: :: :∨::,:: :: ::.∨::∧j .八  │           アデプト
 │  .:: .:: :::::: :::|:: :: ::.:::|l ∨::,:: :: :: ::i!::十=ミ.:: :::: :.:∨::,:: :: :::∨::∧    │  ・・・・・そういえば達人たちの物質観は
 │  .::  i!:: :: :::::i:: ::::: l::|i ´∨:,::: ::: ::i!::::ト、\::\ __.::∨.:::: : :::::∨::ハ    │
 │   i:i  l|:: :: :: ∧::.::: |::ト. _ ∨:::,:: : ∧:∧.芹\笊刈:::\:: :: :: :::\ハ   │  『万物は極微の粒で出来て おり、その粒に雷の力が宿っている』
 │   l:|  l|:: :: :::i::∧:::::|芹{ト.芋∨.:: ::'::∧:∧ 乂 . ソノ\::::\: :: :: ::::丶   │             アトム
 │  从  }:: :: :::|.:::∧八 乂 ..ソ\:: :: ::∧:∧ ‐-- '  `f=七T 厂.:〈∧ │  という、風変わりな原子論だったか
 │  人ハノ.::::: :::i:: :::∧ \ ‐-- '  )ト .:::乂 `   U  /.:: ::i::|/.:: :: ::〉∧ │
 │  //.:: :/..::ト. ..'::∧         '        /.:::/::::l::|:: :: :::/::':: : │
 │  〈ー=イ i:: ::!:::\'::::\      r~'⌒ヽ ー=イ:i!::イ.:.::::i::|::.:::, '.:: :/ │  ・・・・・じゃあ何か?この話は、その珍説の応用かね・・・・・?
 │  ∧::::i} 从::::!:: :::::)ト、.::> U   └‐ ' ´   / }::.::i::.:::::|::!/.:::/!⌒│
 │  / ∧:从::∧:: ::::::∨>r:i:>c ,      . イ!  ム::リ: :: 从::ハ( i:|::}:: │
 │ 〈::〈斗<:::: ::\:: ::::∨:i:i:i:i:/   ≧‐ --< し' レ'´.::::/::::/::人:: ::) :リリ.: │
 └───────────────────────────┘

3562 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:22:45 ID:RM8QjaIf

 ┌─────────────────┐
 │         <´      丶...、      │
 │      /  .,  ,:´  :.    \      │
 │     ,.:  /  /     }  丶  丶    │
 │    /   ,:  . /    / j、 ヽ ':   ':   │
 │   ./    ,: , /{.,   :、.ノ、}._l   :. :,  │   原子の存在や、その構造を『珍説』呼ばわりとは
 │   ': '  : { _.;ィ:ヽ!  {,:'  ,: ゙:゙!    .: :,   │
 │  ' l {  : :,{ 斥ハヽ !{  {芹:lヽ.: ;  .: .l  │   またインパクトありますねぇ・・・・・
 │  : :,l、.  l、 :、弋:ソ    ゝン ;    .: :l   │
 │  :  ': 、 :. !`   '      'フ   ;  .!  │
 │  :   `トヽ :.   , - 、   /   ,:  ハ  │   まあ貴方たちには、それを確かめる術を知らなかったのですから
 │  :.    l l. \.  _    /<.._,:' ノ ノ } ` │
 │   `   Vイハ  `/.} .. イ'  /三≧x、    │   仕方ないんでしょうけれど・・・・・
 │     /三、ヘハ././―― / /三三三ニ}   │
 │     ヽ三ニ、V .{/>:{ / /三三三三!   │
 └─────────────────┘






 ┌────────────────────┐
 │                / /               │
 │          /|    / /             │
 │          <_ノ -─〈 _/‐- 、    __     │
 │         /二=─‐=ニミ〕h、 >‐''゙ /     │     理科学の本や教科書で、この辺の事はちゃんと説明してる筈なんだが・・・・・
 │       /'´         `寸\ r‐ ヘ       │
 │      /    /     /   寸-\ ‘,     │     シンギョウジですら原子構造の説明部分、テキトーに読み飛ばしてやがったのか?
 │    /  /  /   /  /     寸ニヽ  ,    │
 │       /   | l  |   |         寸ニ| ‘,    │
 │     l | \ レ|  |  _| 斗‐__ /   寸|      │     ・・・・・実験による証明付きで、一から説明してやりたいトコだが、話が進まねえから
 │   {   |__|rzzzz  ̄ ̄~rzzzzzz∨   /、 ソ   ‘,  │
 │   丶| ノ }  ||      ||   /  / ) }        │     とりあえず最低限、物質ってのは原子の持つ電磁気力で結合してるって事だけでも
 │    ∨  | 'ー  ,     ー''' |i  |ノ丿        │
 │     | 从""        _""|i  |'く      |  │     頭に刻み込んで、今後の説明を聞け
 │     |   _ゝ       / |_ノ   |i \      |  │
 │     | /(: : : : >__⌒イ  |i{ i   |li─‐ 〉     |  │
 │     | {  \-─と二  __|乂__从  /     |  │     ・・・・・えっと、自由電子の話からだったな――
 │     |r─- 、\_/\_/: : : |──ァ//V       | │
 │     |{//////⌒i} ̄//1: : :〉////く       | │
 └────────────────────┘

3563 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:24:40 ID:UJHZh7xs
原子の証明も難しい話よね

3565 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:25:41 ID:r5Og1JVG
まあ自分で調べて肯定か否定かがはっきりするまでは仮説扱いにするのは科学的だからねえ

3568 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:26:52 ID:N1eeSM96
原子論も紆余曲折があったし

3567 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:25:48 ID:mY/ifT2d
まあ魔法がある以上どこかで地球とは違う法則があるかもしれない
もしかしたら魔法もナノマシン的なSFレベルの科学的な存在かもしれないけど

3564 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:25:18 ID:RM8QjaIf

 ┌──────────────────┐
 │   |::::V V::::::::::::::::::::/    /:::::::::::/    │
 │   |::::::》 》,、<⌒::::::::⌒“''*、《::::::::::::::/     │
 │   {::::/:::´::>'"  ̄ ⌒“''*、::::::ゝ--イ      │
 │    》>'"           ゙''≪::\ ヽ /  │    ――自由電子ってのは、物質内で自由に動ける電子の事だ
 │   /                \:::∨ ∨ / │
 │        |      % |     ∨∧ ∨ │    金属は結合の仕方が特殊で、この自由電子が多い状態だから
 │      .i|  |        | }  .i|   :::::::}    │
 │ ′   i|  {     } }    . i|   {::::::| }  │    電気を通しやすい『導体』なんだが・・・・・
 │  !  (  .i|  V     人/ /}  . i|   |ヽノ   │
 │ .|  V ハ  \   / ~¨ぅぇk、i|   | ))  ハ │
 │ 人  ヽ ィ~¨テ㍉     .ん:::竹〉   /    │    純粋な珪素結晶は共有結合だから、自由電子が殆ど無い
 │  } \ ∧  V:::リ     乂:::ソ    ′  ′  │
 │ ヽ /    ゙゙゙ `¨  ,  ゛゛゛゛ /   /___{   │    なのでそこに、純粋な珪素結晶にそれぞれ別種の添加物を加える事で
 │   /   人              /     ′  》-、 │
 │ /    /⌒ヽ __   r  ´イ}    {   /:::::: │    電気伝導性を変化させた、2種類の珪素結晶を作って――
 │  ′   / 》  .)--ヽ ̄、  人    |>'"::::::::::  │
 │     / /  /-_-/ ゙''≪ヽ { i\ 人  ′::::::  │
 └──────────────────┘






 ┌─────────────────┐
 │            /        `丶      │
 │       /   /              v┐   │
 │     //   /   . :i丶  \   /八  │
 │      ′ / ′   . :|  ',   V//)i:i}   │
 │   / /  /  i   . :.|∧  ', 〔i:i⌒)′  │
 │   // :′ :′:/|   . :.|/∧    〕^:{ ', │    ・・・・・折角苦労して純粋な結晶を作ったのに、そこにまた
 │ // . i  :|u./八   .__Ⅵ i:  ∨〕:...i │
 │ / i :|  _、‐''"~ 、  /斗ぅ㍉|    |  :|  │    不純物を加えて、純粋な結晶じゃなくする・・・・・?????
 │   :| :| i:|xfぅうミ :)ノ( ^Vツ ノ:|    ト:  :|  │
 │   :| :| |八Vツ       ````  /   |ノ .:|  │
 │  | :| | | ""    、     // u i|  :|  │    ・・・・・えっと、ある一定の不純物を加えて電気伝導性を操作するために
 │  i | :l 八l ハ         /ィ   ||  :|i │
 │  :| | :l u 沁、   r__┐   |   .八   || │    その基礎となる純粋な結晶を作った・・・・・って事で良いのかな?
 │  l:八   /: : 个::....     /:八 ./| : .  || │
 │ /  . :./ . : : | : : . ニ=-<. .:/   /-=ニ〕 :| │    鉄鉱石から鉄に変えたあと、鋼にするのと一緒かな?
 │ /   . :./... ..:八:./rへ/⌒∨  ./ }| /   | │
 └─────────────────┘

3569 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:26:56 ID:RM8QjaIf

 ┌────────────────────┐
 │         |  \    /.  ∨       イ    │
 │         l    l_  〈     〉.      /    │
 │         \  |-―――-<_ 、|   /    │
 │       .  ´ ム_ 」―――‐-  _ 、l_/      │
 │      //              \∨      │
 │    / /     /  ′/\       ∨     │  まあ、そんな感じだな
 │   /.    /   /{ j{ /  \.  i|     、    │
 │        ′  /           }、|ム ト、'. ∨  │  ・・・・・2種類の珪素結晶のうち1つは、燐や砒素など五価の元素を微量添加した『N型』
 │      /   i{ ´ ̄ ̄      __i| } 八 } /  │
 │     /ハ    ,  ァ笊心       \/ノ{.イ   │  もう1つは硼素やアルミニウムなど、三価の元素を微量添加した『P型』だ
 │    /. レ′   〃 Vツ      笊沁 /  i|:.....   │
 │   /  l  / ノ           Vツ .′ ム:.:.:.:...  │
 │  / /  /ヘ        '    /.   }:.:.:.:.::.. │  珪素そのものは『4つの価電子』と言った通り、四価の元素でな?
 │  /.  /八 ∧     `  _    ム   八:.:.:.:.:. │
 │    / / ′ 、{ |  、        .イ|i    |、:.:.:.:. │  なので、純粋な珪素結晶の構造ってのは、平面的に表すとこう↓なってる
 │   从{ ハ_.ノ   ≧ュ _   <_i}.  ∧ \   │
 │  /  |i「 ̄ ̄ ̄ 、   ⌒ヽ:::::/::::::::i|   ∧. \ │
 └────────────────────┘
───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────
  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥
: Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si :
  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥
: Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si :    Si →珪素の元素記号
  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥
: Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si :    :&‥→共有電子対
  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥
: Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si : Si :
  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥
━━━━━━━━━━━━━━━────────────────━━━━━━━━━━━━━━━
                            【珪素純結晶構造】

 ┌──────────────────┐
 │            /:::::::::/斗ヒ≦:::::::::::>'"  │
 │           斗ヒ::::::::::::ヽ:::::::>'"      │
 │       >'"     \:::::::∧ ⌒“''*、     │
 │    >'"         ヽ::::::::.     ヽ    │
 │ /        ヽ  %   V:::::::}      ∨ │
 │   /          V     V:::::!      ∨ │   珪素原子の持つ四価の電子が、それぞれ隣の珪素原子の電子と対を組んで
 │′′  ! V ヽ  ト、 i!   %::::|         │
 │  i|     xセテ㍉ 弋|    :ヽ         }  │   共有結合して、互いの電子に余りも不足も無いのが理解出来るだろう
 │  ハ  |  }  乂ソ      :::/       | │
 │ { 人 |  ノ   ゛゛゛  i|    |/         │
 │  ヽ  \ {       i|    |          |  │   それがN型、P型になると・・・・・こう変わる!
 │     |                }          |  │
 │     | 人 - ´  ∥              │
 │     ′  \         ′  __     ト │
 │          ≧= .∥   ./__ ヽ      │
 │    /  /-_-_-//   /-_-_-_-_-\     │
 └──────────────────┘

3570 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:29:42 ID:RM8QjaIf

───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────
  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥   ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥
: Si : As : Si : Si : Si : Si : Si : As : Si : Si : Si : Si : Si : As : Si : Si : Si : Si : Si : As : Si : Si :
  ‥  ‥ ・ ‥  ‥  ‥   ‥  ‥  ‥ ・ ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥ ・ ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥ ・ ‥  ‥
: Si : Si : Si : Si : Si : As : Si : Si : Si : Si : Si : As : Si : Si : Si : Si : Si : As : Si : Si : Si : Si :    As→砒素元素
  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥   ‥ ・ ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥ ・ ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥ ・  ‥ ‥  ‥  ‥
: As : Si : Si : Si : Si : Si : As : Si : Si : Si : Si : Si : As : Si : Si : Si : Si : Si : As : Si : Si : Si :    ・→電子
    ‥ ・ ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥ ・ ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥ ・ ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥ ・ ‥  ‥   ‥
: Si : Si : Si : As : Si : Si : Si : Si : Si : As : Si : Si : Si : Si : Si : As : Si : Si : Si : Si : Si : As :
  ‥  ‥  ‥   ‥ ・ ‥  ‥  ‥   ‥  ‥  ‥ ・ ‥  ‥  ‥   ‥  ‥  ‥ ・ ‥  ‥  ‥   ‥  ‥  ‥ ・
━━━━━━━━━━━━━━━────────────────━━━━━━━━━━━━━━━
                             【N型珪素結晶】

 ┌──────────────────┐
 │                /::|              │
 │       /,     /::::{             │
 │    |‘   ′V    /::::::′            │    N型半導体の方は五価の砒素を加えた事で、結晶の中に余りの電子が
 │    |::∨  {::::::》 > ‐《:/ _            │
 │    {::::∨_ 》/''"~::::::⌒“''*、\          │    出来ている事が分かるな?この余りの電子が、自由電子になる
 │    \:}/::>''"  ̄⌒“''*、::\\        │
 │     /:::/         \::∨ /      │
 │    //  |     i|     \∨‘,      │    逆にP型の方は、三価のアルミニウムを加えた事で結晶の中で、共有電子対が
 │    /    i|     i|\   .|  %  ‘,     │
 │   ′   i|    八 x==ミ、|  |ヽ   /    │    1つ外れて、穴の様になってるのが分かる筈だ
 │   |   从 >''" ´ んハ.|  ∨  ∨ /   │
 │   人   ィ示k    .乂ツ V      ∨   │    この穴を『正孔』と言い・・・・・さながら『正の自由電子』の様な振る舞いをする
 │    \ \乂ツ '   r,  人  .∨ /     │
 │    }  `^^\   -- ´ /|     ∨_    │
 │   人 /   } /^} _ イ  .!  )  )-_-}  \│    ・・・・・ああ、お前らは電子の正負を逆に覚えても構わんぞ。そっちのが理解しやすいだろ
 │  / ./   __ノ /\ }    ゝ/  /‐‐‐|    │
 └──────────────────┘

───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────
  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥
: Al ・ Si : Si : Si : Si : Si : Al ・ Si : Si : Si : Si : Si : Al ・ Si : Si : Si : Si : Si : Al ・ Si : Si : Si :
  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥
: Si : Si : Si : Al ・ Si : Si : Si : Si : Si : Al ・ Si : Si : Si : Si : Si : Al ・ Si : Si : Si : Si : Si : Al ・    Al→アルミニウム元素
  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥
: Si : Al ・ Si : Si : Si : Si : Si : Al ・ Si : Si : Si : Si : Si : Al ・ Si : Si : Si : Si : Si : Al ・ Si : Si :    ・→電子
  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥
: Si : Si : Si : Si : Al ・ Si : Si : Si : Si : Si : Al ・ Si : Si : Si : Si : Si : Al ・ Si : Si : Si : Si : Si :
  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥  ‥
━━━━━━━━━━━━━━━────────────────━━━━━━━━━━━━━━━
                           【P型珪素結晶】

3571 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:33:38 ID:RM8QjaIf

 ┌────────────────┐
 │     '.:\::..、 \:::::r,::/          │
 │     \_\>--≧\-、__|\      │
 │    ,  /:> ⌒´ ̄\---、_|      │
 │    ´/::/            \    │    こうしてN型・P型共に、結晶内に自由電子及び自由電子に近い振る舞いを
 │   //:::::/    /    |  ∨  : '.   │
 │   ',::::: //     :' /    | |  |   | '.  │    するモノが出来る事で、電気伝導性が高くなるんだ
 │  / |::::::| '   / /-/- 、l| |  |   |   │
 │   {::::::/    | '|_∧_/|_ハ  |-、/   | │
 │  | V::|    {/ ィf亢ミ   ー'{_/`| l | │    ・・・・・N型もP型も、どちらも電気伝導性を高めるため、わざわざ半導体の純結晶に添加物を
 │  | /V |    |   (_ソ    ィ亢ミ∧_/  │
 │  ,   {  |    |         , (_ソム{   │    入れるぐらいなら、最初から一種類の導体で良いじゃないか、とか思うかもしれんが
 │  /  |  |    |          {  |   │
 │    ∧ 、   |      r  、   人 '.  │
 │   / ∧ }  , >        イ  }    │    電気伝導の仕組みが異なる、二種類の半導体があるのがミソで――
 │  _/_/- } /  |-、   ` 7 ´   |  ,:  }  │
 │  ニニニ|'    |ニ\ {---、  | /  ノ  │
  └────────────────┘







 ┌────────────────────┐
 │           _、‐''"゚~ ̄ ̄~"''~、、        │
 │         / _、‐''"~         \ ┌     │
 │       / /  //   ',  \ 丶 〕i     │
 │       .:′ ′ / /    :. 丶   ',:V |     │
 │      // /  ./ /     i:  ',  ∨i:i:〕    │
 │     // /  ./ /i |    |:  i   |i:i:i′    │
 │    / ′:′    /^| |   . :|i . :|   |i:/|     │
 │    //i  :i   i: / .八.:|:  . :i: 八  |i u |i{.:|     │    ・・・・・すまないカリオストロ殿。理解するための時間を、もう少しくれ
 │   // :|  :|  __ノ 八   :|/  ',..:i|  〔Ⅵ     │
 │  //  |u |   ィfそミ、ヽ  .:八__:|  <ハ|    │
 │ //   :|  :|: i:八Vツ^:::::::)/ xfそ㍉ |  | 〔|     │    ・・・・・というか、この装置内の珪素結晶はもう、そのN型だかP型だかの
 │ /   ./|  :|: | {/ ̄   ‐- :::: ヒツノ ′..:| :|     │
 │    ./ :|  :|八:.乂     }〉   ̄i|i|//u :| :|      │    結晶という事で良いのか?
 │   ./ . :|  :| | T⌒   _      .ノィ  .:| :|      │
 │  ./ . . :|  :| | :公。_  '’   _、イ|  .:| :|     │
 │ ./  . : |  :| | |/「}>   -=ニ[\^l   八 :|      │
 │   / . :|  :| | |(ニ:|ニ\_/ニ]ノニ/.:| /|  :|      │
 │  /  . |  :| | |)\vニ/ニ/ニニ〈_ :|:/l_| 八     │
 │ / /.:∨ /| |八ニ:V//:(\ニニニ|. :|八{ニニ- _    │
 │  -=ニ/ /|  /ニニ∨ヘ∨ \``~、、|/∧ニニ/∧  │
 └────────────────────┘

3572 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:35:57 ID:RM8QjaIf

 ┌───────────────────┐
 │          ./         ` 、        │
 │        /             、      │
 │       ,:    ,:'   :.  :.    ハ      │
 │      ,:     {    :.  :     :,     │   いいえ。帯域溶融装置ではあくまで、珪素純結晶を作るだけですよ
 │      .:    ,: !      :      :,     │
 │      :    :--: _‐'  ≧sハ_,:    !     │   正確に言えば、この装置を応用すればN型、P型結晶も作れますけど・・・・・
 │      .!:{ :. :、!斧笂: :、 :' 斧笂 ,:   .:    │
 │      : ヾ、 :、ヘ 弋必ヽ!:、{. 弋必..イ  :, !    │   ボク達が採用するN型・P型の製造法では、コレは使いません
 │      .:  lヾ:、ト    '     ;ィ'  : ,:!     │
 │      :、 ':  :、   _  _,   ノ!  ; ,:{      │
 │         !   ヽ     ィ_ .;  ,:ノ_      │   N型・P型を作る工程はそもそも、もっとずっと後の方です
 │       ト |.._ ,:' ィ|`__´  | !:  ;//     │
 │       ヘ三三三V⌒l:l:l´l三三三ニ/       │   帯域溶融装置で作った珪素純結晶を、レーザーで薄片にする工程が
 │      ィ¨ヽ三三三、 |:l:| jニ三三イ⌒ 、     │
 │     .:'   .|`三三ニヽ|:l:{/三/ニニ{  ヽ     │   先に入りますのでね
 │     l  ノ|三三三三∨三三三三!   l.._   │
 │    辷ニニ イ|ニ三ニニ(    )三三ニニ!二二二l   │
 └───────────────────┘
───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────
                                                             _ ‐_¨ - ¨
                                                         _ ‐_¨ - ¨
                                                     _ ‐_¨ - ¨
                                                 _ ‐_¨ - ¨
                                             _ ‐_¨ - ¨
                                         _ ‐_¨ - ¨
                                     _ ‐_¨ - ¨
                                 _ ‐_¨ - ¨
                             _ ‐_¨ - ¨
                         _ ‐_¨ - ¨
        |V ハ.  /|.        _ ‐_¨ - ¨             n.___◎
        | ∨ ‘/  |、丶` _ ‐_¨ - ¨                 |┌‐┘  に二二l   [][]「l
       ∨        ' ‐_¨ - ¨                     L.二コ          くノ
        〉            ̄ア
       ヘ       、丶 `
          ヘ     、、 \
          \  、 ヽ `` \
              \l\ \
              >\
━━━━━━━━━━━━━━━────────────────━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌───────────────────┐
 │            ''"゚~ ̄ ̄~"''~            │
 │      // i: .   ',  : .  \厂〕      │
 │     . : /   | 丶 .:i   ト  / ☆〉     │
 │    /  /  . :ト  \:|   |_彡 / ┐}      │    レーザー・・・・・君達が測量とかに使ってる、真っ直ぐな光か
 │    /  /i: . ..斗七  :|:   rヘ∨-<ノ ',    │
 │   ′--ミ  / xfそミk // 〉Lヘ\_〕 ',   │    コレもまあ、よく分からん代物だが・・・・・
 │     ィf㍉ 〈乂 _ヒ少^ /:′/彡ヘ 〔__   i    │
 │   i:. 八ヒり\     / / | /^ 厂 V/┘..:|   │
 │   |八{ }丶      ノ /  :| / <ノ / :∧ .:|    │    ・・・・・レーザーで、結晶を薄片にする・・・・・?
 │   |  叭    _ 、 ⌒ i   :|//^ー<:|:/ ∧ |    │
 │   | |:.公、  '     |   :|⌒Ⅵ〔...:|:..:./∧ |',  │    ・・・・・光で、結晶が壊れるというのか・・・・・?
 │   | |/.:|:..\      ィ|   :|ヘハ⌒ |: .i /∧ ',  │
 │   | |: .:|: : :个-=ニ ̄:|   :|ニ二} ̄\| : /∧ '  │
 │   | |: .:|: i : | |: . /ニ|   :|-=ニニニ:/| i /∧ ' │    凹面鏡で集めた光で、松明に火を点けた事なら、僕も故事の再現実験として
 │     |: .:|: | : | |/ニ二|   :|二ニニ-ヘ:| | i:/∧  │
 │   ′|: .:|: | : | |\ニ∨|   :|二/-=ニニ- _|: ./∧ │    やった事はあるけど・・・・・
 │   ′ |: .:|: | : |:乂厂--|   :|/ニニニニニニ=-  │
 └───────────────────┘

3573 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:37:59 ID:RM8QjaIf

 ┌──────────────────┐
 │            /  /∨            │
 │             /::》‐〈::://}            │
 │          />''"⌒“''*、\       │   ――ははっ!可愛い実験じゃねえか。ま、それと大本の理屈は一緒だよ
 │          //_∥   ヽ ヽ::ヽ      │
 │        >''"(<ノi|    ハ } ‘,} /     │   ただオレ様達が今回使うのは、『赤外光フェムト秒レーザー』だけどな
 │    γ (:::://-イ ̄⌒  ヽ! .|::|V     │
 │    ∧ /ノ }..≫    ≪ /  j::′     │
 │      ハ / /""" ___ ""./  /´ ‘,   │   ・・・・・レーザー媒質からのレーザーを、平面型の【回折格子】・・・・・表面に細かい溝が
 │    ( /  人   乂  ノ /  /)       │
 │      (  //-_〕h、 __  人 ( {    }    │   無数に入ってる鏡や、プリズムなんかで分割したり、周波数変調をやってから重ね合わせて
 │     〉/.′/⌒ヽノ>''""''<{ ハ |    │
 │      //: :人/-_-_((::::))-_-_》-_.∨ /\    │   モード同期させてな?それをグラフェン可飽和吸収体に通す事で【フェムト秒レーザー】に――
 │   //: : : :〔⌒ - ハ\-_/-_-_.∨`ヽ.\  │
 │   / ノ: : : : : }ニニ/  |\"''<-_-_》      │
 │ ( /: : : : : : :|ニニ.′ |ニ≧=}ヽ⌒\      │   ・・・・・グラフェンは、スコッチテープ法で作れるから――
 │  /: : : : : : : :/ニニ,  |ニニ ヽ \  \    │
 └──────────────────┘






 ┌─────────────────────┐
 │          ∨/::::::\   vL            │
 │           _‐ \:::::::::::Yニ- v L           │
 │\≧s。  >''"  /::::\:::: |::::::::::\L          │
 │   \::::::::≧s。 /:::::::::::::::\}> <:::\          │
 │   \:::::::::::::::::\:::::::::::/   ヽ⌒“''*、         │
 │   /  \ ___:::/      V/   \      │
 │ /     /::::::::::://         ∨/       │
 │  ′      .::o:::::::/  |        |  ∨/       │
 │   /     }:::::/》′ {        |   i|  |      │     ――珪素結晶は赤外光を透過するが、フェムト秒レーザーを
 │  /    L:: 〉〈|   V/       |   i|ノ |      │
 │ /    ハ⌒::::|   V/       |  .xrァ八|      │     ある一点に集光する事で、非線形吸収により珪素原子の電子を
 │      / {:::::::::|   八     >''"ィ沁リ{ {ノ      │
 │      /  ∨::::|    | \ /    ゞイ   \    │     基底状態に戻るより早く、電離させる事が出来る
 │    /    ./    { xィぅヽ   丶  |   \  │
 │          /    /  《V リノ      人 }   `、 │
 │  /     /乂|   /∧    r::、__ ' /\ !    `│     これを応用すれば、珪素結晶内部の一点だけを改質・損傷させて
 │  /     / / |   /∧ _   ̄  /  /-_ |     │
 │  /     / / .!    /∧     ̄   /-_-_{     │     結晶内部に制御された微小亀裂を作れるんだよ
 │       / / ̄ |     ./∧  {   VY-_乂ノ  /-  │
 │      //-_-.八      /∧⌒〕iト. 》〉ヽ乂 ./-_-_| │
 │    /-_-_-_-_-_\     \-_-_Y/ 〉-_-_-_-_-| │
 │   /-_]ニ=-  __..-_\     \/  /-_-_-_-_-_  │
 │   〈-_-_-_-_-_-_]ニ=- ≧=- ── 彡 ノ  -=≦  │
 │  /∧γ ⌒ヽ-_-_-_-.|-_-_-_-_-_-_/ /ニ|ニ=‐_  │
 └─────────────────────┘

3574 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:39:32 ID:RM8QjaIf

 ┌───────────────────┐
 │            <´ ` ―- 、           │
 │        /            ` 、      │
 │      /    /            ヽ      │
 │     :'     '     :,        :      │
 │    ,:     ,:      ハ ,:        :,     │
 │   ,:     : /ハ:    ,: .} ,:     :.  ;    │
 │  :'     ! l‐-:、.|  ,: ィ'フ¨ヾ-!    .:  ;   │
 │  : : { 、 ハ! __ヘ.l\ {  , --、 j    :  :   │   後は、この世界でも石工職人さんがやる『石割り』と、理屈は同じです
 │  ': {ヽ:{  ヽ} ´  ` ,   ´   ,:ノ   .;  ;    │
 │   :、! `: 丶l           ':     ;  ;ノ    │   破線状に亀裂を入れてから外力をかければ、亀裂同士が繋がって綺麗に割れまず
 │      :  :、   v ― 、    :    ,: ノ    │
 │      :   丶  ヽ.._ ノ   ,j    ,':イ      │
 │      ::、   ハ ` 、  , ィ |   ノ'_      │   これを立体的にやる事で、珪素結晶を薄片にまで加工するんですよ
 │     〈辷==〈 レ´{ニニニニ-‐‐ゝ―´三三ハ     │
 │      }三三、ニ-} |::|:|  ./ /三三三三!     │   ・・・・・こんな風にね!
 │    >´¨ヽ三 ヘ  j::l:|  ノ /三三 イ ⌒ >- │
 │ヽニ≧===/ ハ、 ヽ..-''' 、/イ三三ニ! 辷ニニ≧'"´ │
 │   __  ̄¨{ {三/¨{´二ニゝ三三三三l_l ̄´   ノ │
 │ ソ /三≧x、ニ/! { ∠ニ、三≧ィ辷≦三三} ̄´   │
 │ : {三三ニニ{{{ニ、 { イ三三三!{三三三ニj l    │
 └───────────────────┘
───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────

 ~※【ステルスダイシング技術】※~
  ttps://www.hamamatsu.com/jp/ja/product/semiconductor-manufacturing-support-systems/stealth-dicing-technology.html

~※【「シリコンウエハのスライス加工に対応したレーザー加工システムの開発】※~
  ttps://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/portal/seika/2010/22131113189.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━────────────────━━━━━━━━━━━━━━━
                        ,,、、-‐‐‐‐- 、.,_
               _、-'' `  ┼┼┼┼┼┼´''‐ ,_
             _、‐` ┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ ´'‐,_
            、 ` ┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼  ^ _
          、`  ┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ ´ ,
          ,` ┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ ´_                            ∧
         ,` ┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ ',      ___00  __           ___/ ',___
         ,′┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ '.      | ∟ └┘/7   [][]「l   \    /
        ; ┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼:      |_厂   <ノ     くノ    /  _  ゚,
       ! ┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ i                    /, < >、゚,
       ! ┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ i
        , ┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ ;
          '.  ┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼  ,  i
        , ´,  ┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼  ,'  ;
          '. ´_  ┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼  _` ,  i
        , ´,  ^、 ┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ 、`  ,'  ;
          '. ´_  ' _ ┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ _ `  _` ,  i
        , ´,  ^、  ´-._  ┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼、‐`   、`  ,'  ;
        '. ´_  ' _  ´‐、,_ ┼┼┼┼┼┼┼┼  _,、‐'`   _ `  _` ,
        ´,  ^、  ´-._   ´''‐- 、、.,,_____,,..、、-‐ ''`  ┼、‐`   、`  ,'
         ´_  ' _  ´‐、,_ ┼┼┼┼┼┼┼┼  _,、‐'`   _ `  _`
          ^、  ´-._   ´''‐- 、、.,,_____,,..、、-‐ ''`  ┼、‐`   、`
           ' _  ´‐、,_ ┼┼┼┼┼┼┼┼  _,、‐'`   _ `
            ´-._   ´''‐- 、、.,,_____,,..、、-‐ ''`  ┼、‐`
               ´‐、,_ ┼┼┼┼┼┼┼┼  _,、‐'`
                 ´''‐- 、、.,,_____,,..、、-‐ ''`

                    シリコン   チップ
                  【珪素純結晶薄片】

3575 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:43:53 ID:RM8QjaIf

 ┌─────────────────────┐
 │             _... -―-  ..._            │
 │          ..  ´,. ィ ´      ` :, 、        │
 │       ..:'   ,.:´    / ノ    ヽ`:.、      │
 │      /   ,:'    /  /.:! :     :.  ヽ     │
 │       '    .:     ; ,:.{ {:      :.  ヽ    │
 │      /    .:     ハ'´7¨ :¨: 、    :   :、   │                           ウェハー
 │    ,:    .,:   :.  {芹気ヾ ヽ`:  _,:  :  : :,   │   まあ正確に言うと、珪素純結晶をまず薄円盤状に加工してから、薄片にする前に
 │     :     ,: :  :  ヽ :.弋:_ソ   `;.; ノ ヽ:'  } :   │
 │    .:'    ,: .: .:   :`  `    ;ィ気 ,:   ノ:! }  │   研磨と洗浄の工程がありますけどね?
 │    { ,:    : :.  :   :,        弋ソ ,:  ノ,: .:   │
 │   ':{l、   { :_ :.   :.  , - 、 ' ノ..イ.ノ  ,:   │
 │      ゝ≦三三三三≧zx、. v _ノ  ノ  {   '    │   でも研磨用のアルミナとコロイダルシリカは、アレックスがポンと作ってくれましたし
 │   , ィ三三三三三三三三ニニ≧、  /   :,、     │
 │  /三三三三三三三三三三三三≧、   :. :}      │   RCA洗浄用の溶液も、もう用意されてましたし
 │  ヘ三三ニニ/三三≧イ´   ヽ三三j   : :      │
 │ ヽ三ニ/三三ニ/ j      ヽ.ニ!ヽ  ;.!       │
 │   〈三三三三/   l       Vハ  ':ノ       │   そこまで揃ってれば、少量の薄円盤を製造する程度、ボクが手磨きすれば済みます
 │  ヽ三三./    .|       / V、           │
 │    ドイ       {二二二二ニノ  :、        │
 │     !{  ヽ  _ ヽヘ  ̄ ̄ ̄    ヘ       │
 │     ハ\ V´     ヽ';         ゝ、       │
 │   / ヘ ヽ}       ':      , ィ  ノ       │
 └─────────────────────┘






 ┌────────────────────┐
 │                / /               │
 │          /|    / /             │
 │          <_ノ -─〈 _/‐- 、    __     │
 │         /二=─‐=ニミ〕h、 >‐''゙ /     │    コロイダルシリカぐらい、オルトケイ酸テトラメチルをメタノールやアンモニアの
 │       /'´         `寸\ r‐ ヘ       │
 │      /    /     /   寸-\ ‘,     │    水溶液に滴下して反応させりゃあ、簡単に作れるからな
 │    /  /  /   /  /     寸ニヽ  ,    │
 │       /   | l  |   |         寸ニ| ‘,    │
 │     l | \ レ|  |  _| 斗‐__ /   寸|      │    オルトケイ酸テトラメチル用の四塩化珪素は、多結晶純珪素を作る過程で
 │   {   |__|rzzzz  ̄ ̄~rzzzzzz∨   /、 ソ   ‘,  │
 │   丶| ノ }  ||      ||   /  / ) }        │    副生してるし、その四塩化珪素をメタノールと反応させるだけだ
 │    ∨  | 'ー  ,     ー''' |i  |ノ丿        │
 │     | 从""        _""|i  |'く      |  │
 │     |   _ゝ       / |_ノ   |i \      |  │    塩酸、過酸化水素水、水酸化アンモニウムなんか元々使ってるし
 │     | /(: : : : >__⌒イ  |i{ i   |li─‐ 〉     |  │
 │     | {  \-─と二  __|乂__从  /     |  │    純水だって、イオン交換膜で余裕だしな。それより、お前の手磨きの方がスゲーよ
 │     |r─- 、\_/\_/: : : |──ァ//V       | │
 │     |{//////⌒i} ̄//1: : :〉////く       | │
 └────────────────────┘

3578 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:47:05 ID:UJHZh7xs
もしかしてマイクロスケールの研磨を手作業でやってるんですか

3579 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:47:35 ID:OFkDOHMD
こういうものって手作業で加工する段階があるんだ

3582 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:49:27 ID:zeCC0BEm
本来ならマザーマシンの精度を上げるためのマザーマシンの精度を上げるための(ry
って段階が必要なところをすっ飛ばせる人力チート精度があるのは強いわなあ……そこだけでも100年は技術ジャンプできるわけで

3576 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:46:36 ID:RM8QjaIf

 ┌──────────────────┐
 │       ,、-'"//////////≧z、        │
 │     ///////////////////≧z、     │
 │    /////////////////////////\    │
 │   〈///ヒニニニニニニニュ、////////\  │
 │    >'": : : : : : :/: : : : : : : : : \///////∧  │
 │  /: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :\//////  │
 │ /: : : : : : :/: : : |: : : : :|: : : : : : : ヽ: :/>、///  │     ・・・・・概要は辛うじて、分かった気もするが・・・・・
 │ //|: : : : : / : : /|: : : : :l、: : : : : : : :|: : i: : }f⌒Y │
 │ リ/: : : : :∧: ^メ、|: : : : :|イ、_: : : : : |: : |: : }|   | │
 │ /, イ: : : :|  u  { \ lリ   \___ゝ: |: :r||   | │     ・・・・・兎に角、凄まじく難解な妖術だな・・・・・
 │ ´  |: : : :|      ヾー      | : : : | ノ: :ゝ-'  │
 │  ∧: : :ゝ=='´     `===,ノ: : : /): : : :}  │     原理が全く、理解が及ばん・・・・・
 │  |: :\ (、 〃  ~-  u  フ: : /'i´ : : /   │
 │ Y'ヽ: :ノヾ>=、,,_n__,-、_,<_/ ⌒|: : イ    │
 │ |: : レ:T:/ ̄/ (  j´フ/ヽ ̄`-t-、:/: :〉  │
 │ '=tー'´ /\ ヽイ\|ミ三〉   \_/ノレ │
 │ 、: : : :フ  {三三Υ'´||  |三三ヽ   /: : : : : 〈 │
 │ 乂__>  `Yミ三| ̄ |_|三i|三)   V乂__ノ │
 │       |ミ三|◇ lミ三三|/         │
 └──────────────────┘






 ┌─────────────┐
 │     {:V 《:::》 /:}          │
 │  ア´ゝ:::::_⌒“''*」、        │
 │   ア>'"   ⌒“''* ヽ /     │
 │ //::′  i|    ト ∧∨ /     │    原理は、ちゃんと説明しただろうが!!
 │  .!::! ′ハ   i| ヽ %∨      │
 │  .|::| |/ 人 _ノ  V/       │                          レベル
 │ }::.  ャ==ミ   _ ァハ }      │    ・・・・・うーん、お前らにはまだ、この領域の話は難しかったか?
 │ / 〈} } ゞリ   vリ ′ ∨      │
 │   ! !u γ  、 uノ   ∨     │    ならとりあえず、今回はこの辺で一旦終わりにしとこう
 │  r'¨′ 〕iト._ ノィi〔、 ノ  .} \   │
 │≦( /\   ノ /-_/ >'"⌒“''*、  │
 │-_-ヽ-_-_ヽ /ノ___ (-_ヽ    ) ) │    続きはまた今度やるから、ちゃんと復習して、出来るだけ理解しておくんだぞ?
 │-_-_{-_-_-((::))-_-_》-_ 》 >'"/ │
 │ -.人-_-_ ハ-_-_/__ ノ \/   │
 └─────────────┘

3577 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:46:50 ID:RM8QjaIf

 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

3580 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:47:41 ID:RM8QjaIf

                                    †
                  †                  ∧
                ∧               .: ‘,
               /:: :.              .:::   ,
                /:: : :゙:,             ..::::    ′
                 /::: : : : ゙:,           .::::::     ′
             /::: : : : : : ゙:,         /__/___‘,
             |'´ ̄ ̄ ̄`|    /\    |  |凵凵凵L|ー-- 、
             |: : :      |  /:::::::::::::..、 .|_|_____|.:.:∧ :\       ∧
             |_i_i_i_i_i_| ̄[ ̄ ̄ ̄ ]::::::\|: : | ロ  _ ロ | /__∨‘,\, _    []
               |´ ̄ ̄`| ̄:|^^^^^^|___|__.:| :| ̄|  |´"| | |--∨:∨ ', /::::\
               |: : : :.:.:. |: : :|      |] ::|: :|.:.:.|:| :|口|  |_ | | |:|.:| |丁|T゙|__|__::::::::::|
               |: : : :.:.:. |: : :|      |: : |: :|___|:|   ̄  | ̄|T゙|Ti‐|_l_:| | |__ ̄¨ヽ             _,,...、、、..
.        冂-冂-冂ー|: : : ___:_|: : :|┌‐…┐|¨H¨|: : :|  冂  |  | | |:| | |¨「|TTi^ii^i  ̄|-‐ ''"~~"''ー-‐ '' "´.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.       |_____|: : : |: : :|: : i'´|   |¨|  「|: ::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      / :::::::::::::::::::: |: : : |: : :|: : |: :|   |: |  : |: ::::| _L.......,,,,,,,,,____:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
xXXXxx;/:::::::::::::::::_、xX爻爻爻レルルル,、,、,、|: |: : : |: ::::| :|: | ┌‐┘  └┐`Y ̄”丁¨¨"''<二二二""冖冖¬…─‐---
゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;/,、,、,、,,、;ミ;ミ;ミ;Ⅵ比比刈比比比批;|批紕ミ;ミ: :| :|: | |: |      | ̄ 丁 ̄ ̄ ̄~:|;:ミ:ヾY:::::::::::::Y´ ̄ ̄¨¨丁¨"" '''
゙;゙;゙;゙;゙;ヾ;:ミ:ヾ;ミ:ミ;ミ;ミ;ミⅥ比比比刈比比紕豼豼紕:i:i:ミ |: | |: |      |:::::::::|        |ヾ;:ミ:゙| ̄ ̄~ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;';';';';'
゙;゙;゙;,ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ミ;ミ;爻Ⅵ此比比批豼貅貅貅豼豼刈ili:i:}X|: | |: |      |:::::::::|        |~ミ_|ニ::::::::ニ|ニ     ニ|;';';';';'
,、ヾ;:ミ:ヾ;:ミミ爻爻狄刈此豼貅貅豼豼豼ヒ此ヒ紕刈i:i:ソミミ:| |: |      |:::::::::|        |    |ニ::::::::ニ|ニ  ...::::::::ニ|Xx;';';
ヾ;:ミ:ミ;ミ;ミ;ミ;狄狄淡刈愀貅豼豼豼ヒ比比此批紕紕狄ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ミ;x,  |:::::::::|    .....:::: |    |ニ::::::::ニ|ニ ::::::::::::: ニ|爻;爻;
ヾ;ミ:ミ;ミ;ミ狄淡慫戀刈愀貅豼ヒ北此此l比l批紕豼ミ;ミ;ミ;ミ;ヾ;:ミヾ_Ξ二ミ|:::::::::| ..:::::::::::::: |  .::|ニ::::::: ニ|ニ::::::::::::::::::二|´"'ー-
ミ;ミ;ミ;ミ狄淡慫戀戀刈愀貅豼比批批此比批批xX爻x ̄丁 ̄::::::::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::__| . : :|ニ :::::: ニ|ニ::::::::::::::::::二|.:.:.:.:.:
ミ;ミ;ミ;ミ;狄淡戀欒欒刈愀貅貅絲貅豼紕豼貅愀ミ爻爻ミ:::::|::::::::::::::::xX爻爻Xx-‐: : ´: : \ .::|ニ::::::::::ニ|ニ::::::::::::::::::二|.:.:.:.:

                        【帝国 北ルーガ城】

3581 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:49:22 ID:RM8QjaIf

__    |::::: |  :|{    }:|   |:::::::|       |::::::::|   ||       :||    :|:::|::::::j{     i{::::::|:: |
‐l    |:::::il   |乂_ノ|  |::::::|      .|::: : |   ||____,||    :||::|:::::j{     i{:::::|:::|
二ヽ  |::::||   |ー─ー‐|  .| : |      |::::::i|   └────┘    .|i:::|:::j{      .i{::::|::|
]|丁  l:::||   |ZZZZZl   |:: |  : :  l::::::||<)           く..)  ||:::|::j{     :   .|::::|:|
弋夕  Vリ  .:| | |  | |   |:::|   i i   l:: /| }^ヽ   /^\     }^}  | VV  :  i :  .|::::リ
 |::|   TT  :| | |  | |   |=|   | |   |=|_|_{‐〈__く====>___{ 〈_|__|┤  i  i  i  T''T
 |::|   .|: |   :| | |    ,. . .――: : : /⌒\   ̄|]::::::::兀兀兀::::::::::| ̄|::::::|::|::|   | .|  l  .|::: |
二二二>|: | ...:|   , . : ´: : : : : : : : : : : : : : : : \  二二二二二二二二二アア  |  |  |  |:::::|
TTT|_|. ..|: |   ,. :´ : : : : : : : : : : : : : : ⌒\: : : :\    二二~~|丁¨¨¨¨丁||::|:::|,、===、、 | .レッ==
 ̄丁/_」   /: : : : : : : : : : : : : : : :⌒\: : \: : : :'.    ̄`ヾi}::|::::::II::::::|::||::|:::{{_   _}} . .|. .|{{_
:::::::|x㌻   ': : : :/: : : : /: : : : : : : : : |: |: :∨: : V : /|      j}└──┘ />| }}=={{. .. . |. .|::}}===
:::::::{i:i{   /: : : /: : : : /: : :,: /: ': : : : }-|-:|:|===|∨/|      / |:|⌒>⌒7 /|/ ̄ ̄ \...| / ̄ ̄
:::::::jり   ' : : : |: |: : : |:, -/-|: :|: : : : |\: |:|===|/∧|      / |:|,ィ㌻~//|//|二二二二」__{二二二
、_ノノ   |: :|: : |: |: : : |: :/:/ |: 从: : /},ィ=ミ |: : : |/: : |      {  |//  //ii|/iリ|| :|l ̄ ̄|||| :|| || ̄ ̄
i:心    |: :|: : |: |: : : |:/|:ィ≠ミ |:/  {:::(_ 〉: : ,|: : : |   ̄゛
`Y:ハ_,   |: :|: : |: |: : : { ,イ {:::::(_    Vり {: /:|: : : |  i「|/  なー?辺境伯サマも手持ちの農地を債券化して、それを担保に
 }i:i:i〉   |: :|: : |: |: : : ∨ Vzツ    ,     j/: :|: : : |  ┴
./i:i/   |: :|: : |: |: : \:\            八: |: : : |      豊葦原社団の、債券を買わへんかー?
.|i:i:{ ̄  |: :|: : l从: : : : :「⌒   v  フ  イ' : : j: : :/  " 冖
.|i:i:{_。  |: 从: |: ∧: : :个        /|/: : /: : /  zzzz
.{:i:i乂_   / }:∧{Vl\: :|   `   r ´ /}: :/| : /   :.:.:.: |i|i: 今、債券価格も金利も上げとるトコやねん。お買い得やでー?
..Vi:i:i:i:i:≧   /  ' _,.-、\       |\-、_ |:,イ |:/  .:.:.:.:.: |i|
 Vi:γ´   , -=-/.../´  {   ,:  __|...| >⌒>ー、   .: └   寝てるだけで、農地の運営するより何倍も儲かるでー?
     /\...`{....{` ー-、  r '´ |...|´....../  ハ
     ,   、 、..|....|、         ,/....|.../  /   '.
     {   ∨ ノ..{....`..ー――....´..{......V / /
     |     V.......}`  ー――  ´ }.....∨ /
     |   /......./       /    {..........\{ /    |






            )ト、⌒>ト-く⌒¨≧≠ア
          ∠⌒ ヾ rrf7⌒¨`弋⌒>x
        . ⌒   )/{ i    __   . ≠ミ
       /   rf7′ i 从> ´    `ヽ    \
   斗fヒ´    /N   レ'´     /         \
      `7 7ア j7人  /     . i   ト、ハ     ヽ
      / /  从  )ト./    / / i!  lトヘ li     V\
     . イ  /  V7イ    / / /i!  i|  i ト.     V⌒
    ノイリ   '   ∨´    i!i! ' /从 i il|  レリ ハ    }从
      .  /  _ノ  ,   i|ルイ_  _)ヌメリ  ´ .ィイ  .ハ 人
      i  斗<斗f匕1   | 芹芋芋ミ   芹テノ  /リ      ・・・・・騎士であり、諸侯でもある俺に――
     从   ト .    人! 从 匕..ソ      し'ノ}!iイ
      人 人   /  リ  ト  ,""        ,""/从j         領地を金に替えて、金貸しの真似事をしろと・・・・・?
       )ト=孑く{!  /イ从 | u   _  _,  . イ !
      .> '⌒ヾ 人   从 i! 〕ト . `  ´/ ト人
     /     Vハ \  )ル i!   >rく   i             ・・・・・断固断る。到底、貴族のやる事ではないわ
    .       Vハ  ヽ.   i}- ´  } リ    |
    i        } i}   ヽ  ノ    /イ    i!
   i!       .! i!    「_フ  ∠ヘj     .
    }       リ.リ     .斗<  ハ    .
    i!      /`¨¨  ¨ て .__ ノ     ∧     V
    }      .          _. '         V
   /i!       !     . イヌ「     __ ∧ ´⌒ヽV

3583 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:51:14 ID:AD5nwWJC
トヨアシハラ社団を潰したら債権が紙くずになっちゃうし・・・

3584 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:52:15 ID:UJHZh7xs
ぶっ潰れたら紙屑だから金貸しではないんだよなー

3585 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:52:20 ID:RM8QjaIf

                     , :‐:、
                _, . : -/: : : : `ヽ、、
          ,. :´: : : : :': : : : : : : : : : \: 、
         / : : : : : : : : : : : -- 、: : : : |ト、\
       /: : : : : : : : : : : : : : 、: : \ニ_||ニ:、: ヽ
       ': :,: : : : : : : : : : :\: : :\//\||: : ヽ: : .
      /: :/: : : /: :|: : : : 、: :ヽ、__|_\/⌒、 : : Ⅵ:l
     .': : ': : l: :|: : |: : |: : :\: ´: ハ: `ヽ:.、: :∨、: Ⅵ
     |: : |: : |: :|: :ムイ {: : : :ヽ: :| |: :|从:l\: :,:\: :',     さよか?でも諸市国の商人さんやこっちの騎士さん達でも、今は結構
     |: : |: : l: :ィ': :|: : |∧: : : : Yテ震≧、|: ∧:∨:ヽ: :.
     |: : |: : : : |: :,ィ≦雫\}、: | 比::刈ノ}: :|∧:| : ∧:|      こういう資産運用で儲けとる人、増えとるで?
     |: : ∨:|: : V{ 比::刈   V ヒこソ/イ:.|_ノ:リ: :,:| リ
      ,: : :Ⅵ: : 从 マzソ   ,        |: |:|: |: :/:|        総体やと辺境伯サマより、その人らのが今や儲けとる筈や
      ,: : :∧:、: :.:>        _     ム:|:|: |:イ从
      ∨: |: :\:,ィァ、    V  ノ  イ : l/:|: リ /
       、:.| : / ノ:个     ____/ |:/'-く:/        利子所得でガッポリやから、 農地経営なんかせずに都市部で、快適に暮らせるしな?
        :,:∨ /: : : |: : :|:_ : |       |'   `ー- 、
       ∨ ハァ从/´ / {      |`Y     }      ノルドルガへは最近、嗜好品の出荷を増やしたし、都市での生活が更に充実――
         /{ '⌒-Y {  イ::: |_    _/::∧    /⌒ヽ、
        {〈  ´ ⌒}  ∧:: \`ー' /:::/::!∨   ,  /..ハ
      /⌒∧  イノ /:| \:::}  /:/ |:| }  / /、......|..|
      {...../..∧  「 l {|::|  V⌒V  _,|:|_∧ '/..|....|__,.ィ
      `¨Tヽ_..}  V∨ィ∧ー...〉-〈...´./∧...}/..|_...!イ/ |
         |  八「  ∧.....{:::::::}...//  Ⅵ...V....{.../   ;
        |  |  {....|   ∧...|::::::|.//   }..∨......V   :






      _/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: `、
    _/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::.{:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::}:: :: :: :: :: :: }
    }:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :{:: :: :: :: :: :: 乂_彡':: :: :: :: :: :: :;'
    }:: :: :: 乂_彡:: :: :: :/ `、:: :: 乂_彡:: 丿):: {:: :: :: : : 〈
     }:: :: :: :: :: :: 乂_彡'   ` ー-----‐ ´ ´乂_彡':: : }   ・・・・・封地にも行かず、城下で遊び歩くばかりの騎士が
    `、:: 乂_彡:: :/  __    :.   ι    _ }:ハ:: :: /
     }:: :: , -、彡´ ∠ニニニニ=―   ==彡'⌒ハ:: }:: /     大量に増えたのは、あなた達の所為ですか・・・・・!?
     }:: ::; ^ }ミ{    '´(汐)` : :   /:'´(汐冫 | }::/
     }:: ::|  }ミ{:.    ‘' …'´    { ''‐‐'"  | }
      `、:: 丶 ∨: .            ∨       |ノ         モードレッド様の旗下の騎士達を、堕落させるのは止めて頂きたい!
      }:: ::丶__ : : .  し         〉
      }::{:: /: : :',: : .        ⌒ ´      /
       _乂iV:丶: :丶: .     r―=-ュ  。 /`゛¨ '' ‐- ...,, _
-‐ '' "´::::::| |:::::::::\ : \     ´こ ̄ ´   /:::::::::::::::::::::::::::', ',::`゛¨ '' ‐- ...,, _
::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::: \ : \             /| |:::::::::::::::::::::::::::', ',::::::::::', ',::::::', ',:::::`、
::::::::::::::::::::::::::、\:::::::::::::::\ : \       /:://:::::::::::::::::::::::::::::', ',::::::::::', ',::::::', ',::::} }
::::::::::::::::::::::::::: \\:::::::::::(r`  _> ――<(^://:::::::::::::::::::::::::::::::::', ',::::::::::', ',::::::', ', :} }
::::::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::\  ̄ `T´ 「:/://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}|:::::::::||:::::| /イ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \\__/ /::||| (::://::::::::::::::::::::::::::::::_,,.. -‐ '' "´ ‐ '' "´=_
______::::::::::: ` _ -、  /:: /人∨ /:::::::::::::::::::::::::::/ , -‐ '' "´ニニニニニニニニ=_

3586 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:52:26 ID:N1eeSM96
企業ならともかく行政権力がそれをやるのは不味い(貴族のやる事ではない)

3589 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:53:46 ID:N1eeSM96
狙った訳ではないだろうけど、騎士による軍事力を形骸化させてる

3590 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:54:00 ID:UJHZh7xs
領地経営代行もやってそう

3592 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:54:11 ID:mvBnAqZv
土地を配下に分配して税を徴収する
領主の仕事の本質ですぞ

部下ではなく債権者だが

3593 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:54:35 ID:RM8QjaIf

           i|:.           .|i:.  __
           i|〈i:.    _ .ィi〔 |i:i:. -=ミ、 `  、
           i|i:V{ /⌒     |i:i:i.     .\.   \
           i|i:iヽ:.      .:{:i:i:i:.       \   .ヽ
            j|i:i:l{i:i:. .:/     Ⅵ:i:i:        \  .,ハ、
           从i:i:iヽi:iV      Ⅵi:l         \  }!
            .′ .、i}li:′      Ⅶ}  .、      (\ヘ
           .:    \i{       }!ノ|  \ト     .\ハ
         j{     i{  j{    }リ斗,ハ  ゝ. _      \
         j{     乂 从  iNり ィfぅ笊lゝ  ⌒≧=-  \_       あら、それは大変な誤解というものですよ?
         .: ./    〃^ぅメ\{   乂zク ;    }!      ̄ ̄
        ノイ i{   :j{: :. ゞ”       }i / }! i {      |        むしろ城下の騎士さん達は、常に城下にいるお陰で
           从 i{、 :从 ,ハ  ′      И  ; ,ハ{      {
           ヽ{ \ト \ゝ   ー=-   , .} /}/  /      {        どんどん精強になって来ています
          _    .-=ノ `ヽ〉 >    イ/ノイ   /. :.    :.、
    _   -=≦⌒   ./  . : / r―_`´}_,/    /: : : }!:    \
-=≦⌒       /   /. :/ ハ  ̄/     ´ ̄ `ヽ}! /            農地になど行かず、実力の伯仲する騎士同士での交流や
             /  / . : ;〃⌒{ /   /       ∨ /
         /      . : / 乂_/    ,/         ∨: .\      稽古で、効率的に鍛錬を進められている様子ですからね
       ,. :       ィi〔_,/    /′         .{: :/: : \
       /. : : :/  ´   ./    /. /    、      ∨ /: : : :
  . : : : : :./. : :/ /    ,     ./. : /     ハ      :.∨ /: : :
  : : : : : :′,. : :.,      /   / . :./      :.       .∨ /: :
 : : : : : j{ /: : : ′     .′/ (    :/{       :.、      .∨: : :
  : : : : 从{: : :/{     j{ / (⌒  /i:i}        ヽ  oOOOoo
: : i{: : : : \.:八    .从{  \  .{i:i:i{        ハO゚      }ゝ
  : :.乂: : : : :ヽ :.ゝ      .\   ヽ {i:i圦   /  ./{i{ー=≦







.         ム _ - ム―‐ _
       ii !"-― ii !. 、  ≧、   __     ・・・・・というか、中核戦力が防衛拠点に常駐せず地方に
.       '´{iiii ! _{iiii ! ヽ ∨ヽ/´:i:i:i:i}
      ,  Ⅷ∧  Ⅷ∧   マ三}ヾーイ     分散配置されていた以前の方が、そもそもおかしかったのですよ
.     i  Ⅷi∧  jⅧ∧   、  ∨!:ヽ
      i{   ゞ=彳 i!ゞ=彳 i j  ∨/
      i{  i{ TTヽ ノ TT .}i | lヽ  ^i     それが社団の債券を買う事で、改善したのではないですか?
.     ノル' 从 `  '  ´ .从ノル'lノ i  |
       ! { i.) 、_ ー __ ィ{ i }i|  l .|      辺境伯様は軍事指揮官として、それを喜ぶべきでしょう
.     j__只〃θ-=‐目イ只_」L二L|
.     〈::::/ア^ヾr〈〉マ/⌒, ",r=ニニ=〉
     i}:::i {:. {i    {i  / / θθ〃      練度だけでなく、軍隊の即応力も格段に上がったのですからね
     i!:::! ゞ: i.! : . . i.! / /_/7_/7∥

3599 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:56:30 ID:UJHZh7xs
治安が良くなって賊がいなくなれば分散は無駄よね
そして警察の出番だ

3600 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:56:53 ID:N1eeSM96
訓練は真面目にしていたのね。
となると統治者と軍人が分離しつつあるのかな?

3604 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:58:44 ID:zeCC0BEm
この場合は騎士まで農兵レベルの練度とモラルだったのが
金と余裕ができて騎士業に専念できるようになったから相当にプラスではあるんだな
人でなしがいないと成り立たない常備兵制度だってのが致命的に問題ではあるけども

3607 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:59:45 ID:IlynAZqb
戦う事だけ考えて鍛錬鍛錬鍛錬で生きる事が出来るって事だからな
そら強いよな

3602 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:57:53 ID:RM8QjaIf

                         -―--   ノ
                   /   /   -‐…‐-彡
              (__( / /   /   ´ ̄
               >--ミ、(   / /   ̄´"''~、、
             / -‐、>==…==ミ    ,、<⌒\
               // /          `''<     \
            {  //   xへ -‐…‐ 、  ゙'く    丶
             /(  / /          \ /Λ.     i
            , '゙   /  j (    \    ∨ Λ    |
           /   /  .||.\   \   ∨ Λ      ・・・・・いや、確かに騎士達が常に城下にあれば、騎士や兵らを
            /   /    ||   \   \  ∨ / }  |
                、|____||       __/\  V/,リ  |    城下に集結させる手間も無くなるのだから、素早く動ける様にはなるが・・・・・
        _、r=| |  .|   |、__八   "´_,、≠ヤ }   「 }   |
     _、rニニニ| | 八 ⌒Vんハ \   }乂しノ /   j/   |
   _、rニニニニニ|/\ \| `¨¨    \ノ ''''' ノ // /   i|    ・・・・・召集令を無視して封地に篭る様な奴も無くせるから、良い面は
  r二ニニニニニニニニ\ 丶""  `    __彡イ   / イ   i|
ニニニニニニニニ>''´ ハ ノ込   v 丶  .イ   /  |  .八    確かに多いんだろうが・・・・・そういう問題ではなかろう?
 ニニニニニニ>''´   /    }/>   イ :/  /..  | /
 ニニニ,、<_xへ__/   / /__/__ノ}: : : : :{  Λ   _ノ/
 二二イニ二二二二{  / // 厂 : : }: : : : :{  {: :`¨'''ー-  -…‐ 、
 二ニニニニニニニ/{ {  / /: : : : : : : : :/乂 \、: ''´
 ニニニニニニニニ/八 乂 / /ヘ: : : : : : : / ,、 ''´
 `''<ニニニニニ{/.   `¨7´ /   : : : : :ノ






                 iヽ          i ∨
                  |ニ!   -----  、}ニi
                 |ニ|´           ,ニ|
              /ハニニ.  /    ヽ/ニi ヽ
             ィ:i:i:/ .'ニニヽ'   ',  /ニニ,:  V
           く:i:i:i:/ / ',ニニ|    ∨ニニ/  ', ∨         自軍の掌握・統制・練度・機動が改善される事を捨ててでも
            ヽ/ /  .∧ニニ{    iニ./   ',  ∨
           / / i   ト_==',    |ゝヘ.   i|  !        問題にすべき事など、指揮官にあるのですか?
         / ィ/イ ! i _|zz.x`ト ./ /ィzz|_  | |  {\
          {′/i:∧ト. |ヽ! 之メ}/}/´ vツア /}/ /、!:i:i:>     全く理解出来ません。一体、何を問題視されているのです?
           く:i:i:i/  ヾ∧    ,     }/  }∧i:/
              _ -===- .込   _ _    //   |   ∨
           / / / / \ . ` ’  ィ 〈 / リ .  ∨        私とはやてさんは、辺境伯様の軍団をより強化するための方策を
         __/ / / /   ハ> -<:::{ /ー彡  :.   ∨
        /ニニ==- ./   / /ア ̄>=z-.._〈V、 `ヽ   \    提案しているのですが???
       __/ X/ X/ X/ \/_/     .:{ミ{    ̄ ̄   =- _
      /ニ==-=- _ / X /〉    / {ミ{             ̄ =- __
    / X/ X/ X/ ミ、  //   /   {ミ{__z≦ ̄           {{ニ=-
   ===-- __/ ./ X \_/  /ィf´ ̄ ̄',   ̄', ̄ 、     >≦ニニニ
  ./ X/ X / X/ ミ、   //  /イ .| |    }    }   } ≧=-<ニニニニ/
 /  /  / / X/X\_/ゝ彡人  | |.    ,:   / .: /   }  } \ニニニ/ニ「

3612 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:01:15 ID:RM8QjaIf

             __,,,.-―- 、_
         _,,,.-'´        `丶、
        /        ゞ      `丶、
       r'´   、_,,    )ノ     _ ヽ `丶
      i:::レ'´レr 彡w从人リ    ``丶ヽ;冫 \
     r'´:::::::::f::     、,,_ノイ  、`i ゞヽ::r   ヾi
     i:::::::::::f´ヽ;;_    ,‐'´  ヘi i从从r'´  从リ
     ヽ:::::i;:ゞ     ハ--ァンイノノ,‐'ハ弋こイ'´从j    ・・・・・封地に行かずとも暮らせる所為で、封地の騎士による
       >::::ヽ、_ノ厂'´ _    ノ/    ゞ、从ir'
       i:::::::::r、;`イ::::'´-`-ゞ、、  ,_,-.=ニi イイ,ベ     支配が疎かになり、領内が不穏化して来ているのです!
      i彡;;fi::iミf::::::::rTi;;〒::::!  fラ;;アヽ ,ん'
      ヽミ;;;ii::ゞ!::::::. `'''''´ ::.:" l::`` ¨ ,'
        ヽミヽ::::::::.       |:     ,'            領地の支配が疎かになるなど、騎士・貴族の基盤を
        iン;;;;ハ::::::::    i、,, 冫  /
        |川ノ:::ヽ::::::  .r,::-- -、  /              根本から揺るがす、大問題でしょう!
        ヽイ:::丶:ヽ::  ヽ二二ノ /
         r^ヽ、丶:::ヽ  ''ー… /
         f`''ー、,`'ー 、_ヽ、___ /冂              その原因が、あなた達なのですよ!?
        _i゙..:.:.:::;;;`:'ー-、,`_'ー-、r=ソ l
       」ヽヽ:::::;;;:::::r_´r-、 ヽ i:i rー、ヽ






                    , :‐:、
               _, . : -/: : : : `ヽ、、
             ,. :´: : : : :': : : : : : : : : : \: 、
           / : : : : : : : : : : : -- 、: : : : |ト、\
          /: : : : : : : : : : : : : : 、: : \ニ_||ニ:、: ヽ
         ': :,: : : : : : : : : : :\: : :\//\||: : ヽ: : .
         /: :/: : : /: :|: : : : 、: :ヽ、__|_\/⌒、 : : Ⅵ:l        えー?・・・・・けどどうせ騎士さん達って、農業も会計も、何も分かっとらんやん
        .': : ': : l: :|: : |: : |: : :\: ´: ハ: `ヽ:.、: :∨、: Ⅵ
        |: : |: : |: :|: :ムイ {: : : :ヽ: :| |: :|从:l\: :,:\: :',      監査も下手クソやし・・・・・最初から農地なんて、碌に運営出来てないやろ
        |: : |: : l: :ィ': :|: : |∧: : : : Yテ震≧、|: ∧:∨:ヽ: :.
        |: : |: : : : |: :,ィ≦雫\}、: | 比::刈ノ}: :|∧:| : ∧:|
        |: : ∨:|: : V{ 比::刈   V ヒこソ/イ:.|_ノ:リ: :,:| リ      ・・・・・せやったら農地を債券化ついでに、農地の経営権もウチらに
        ,: : :Ⅵ: : 从 マzソ   ,        |: |:|: |: :/:|
         ,: : :∧:、: :.:>        _     ム:|:|: |:イ从       貸与してくれたらええやん?
         ∨: |: :\:,ィァ、    V  ノ  イ : l/:|: リ /
          、:.| : / ノ:个     ____/ |:/'-く:/          そしたら農地の経営管理はこっちで全部負担するし、債券価格と利回りも
          :,:∨ /: : : |: : :|:_ : |       |'   `ー- 、
            ∨ ハァ从/´ / {      |`Y     }        もっと勉強させて貰うで?こらお得やな!
              /{ '⌒-Y {  イ::: |_    _/::∧    /⌒ヽ、
          {〈  ´ ⌒}  ∧:: \`ー' /:::/::!∨   ,  /..ハ
           /⌒∧  イノ /:| \:::}  /:/ |:| }  / /、......|..|
        {...../..∧  「 l {|::|  V⌒V  _,|:|_∧ '/..|....|__,.ィ
         `¨Tヽ_..}  V∨ィ∧ー...〉-〈...´./∧...}/..|_...!イ/ |
              |  八「  ∧.....{:::::::}...//  Ⅵ...V....{.../   ;
          |  |  {....|   ∧...|::::::|.//   }..∨......V   :

3605 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:59:20 ID:WdWeincl
だが無駄!話が噛み合わない!w

3608 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 16:59:49 ID:eVZDh9DB
言葉が通じるのに話が通じないんだ

3609 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:00:08 ID:N1eeSM96
モーさんは指揮官でもあるが統治者でもあるんだ

3611 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:01:11 ID:AD5nwWJC
この時代の騎士は軍人兼政治家兼官僚です
軍人スキルだけ伸ばしてもなあ

3623 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:06:10 ID:klTO1/Jy
赤毛さん、頭はめちゃくちゃいい(電球の仕組みを理解できた)から、
もしハヤテとトモエの言ってること理解で来ちゃったら、板挟みで胃痛が悪化しそう。

3624 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:06:43 ID:EqIjCLLD
度胸あるよね ラインが分かってるっていうか

3625 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:07:52 ID:JHrOjGDL
わかってるけど中間管理職だからなぁ…

3615 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:02:42 ID:RM8QjaIf

         /: :/: : : : : ,: : : : : : : : : : : : :\: : :\: : ヽ
        ' : : /: : : : : : /: : : : :|: : : : : \: : : '. 、: :,|: : : :'.
      /: : : /: : : : :/: :|: :l: : : :|: : :|!:|: : : V/: ト ∨|: : : : |
       |: / : |: : : : :.|: : |: :l: : : :|: : :|!:|:、: :_:.V/|: 〉/|: : : : |
        {/ | : |: : : :-:|--|、∧:|: :|V斗七l\: :|: |/∧|: : : : |
         |: : V| : |: |,ィ斧ミ从: {  イ笊斧ミ|: |/: : |: : : : |
        ∨ : |:.|:|: |{ _)::ハ \   _)::::::} ノ: ': : : ,': : : : :     ・・・・・それに農地や農産物は、今後価格がドンドン下がるで?
         V: |:从∧ Vzリ       Vこツ }:/: : :/ノ: : |: :|
         \V : 圦      '         /': : :/: : :|: |: :|    農地経営を旧態依然とした方法で回してたら辺境伯サマ、困窮まっしぐらやぞ?
            ∨: :个    v‐、     /: : /: :|: 从}:/
              V : |: : >'´二つ  イ/: /⌒\' /
             \|: :/   ⌒>¨´   //    /..>、     今から社団の債券を買い込んどく方が、絶対にオススメやって
             //{ '   ⌒〉  /   / /...../....>、
            r<∨∧   〈J  ,:/ / / /...∨⌒\....〉  ウチは、辺境伯サマのためを思って言うとるんよ?
           ∧\.V ∧   } //   /\/}    V
           { V......V ノ   ノ'::ノ{  /\/..../     }
           |  \...../   /:T__//\/...... ,      |
           /   ∨   /l::::|/\/............/     ∧
          {    /   ∧l::/\/.................{       }






             -‐……‐-- ミ     <⌒
       /⌒/'  /: : : : : : : : : : {\     \
      ノ: / '   / : : : : : : : ノ⌒  \     \
    /: /      `¨¨¨¨¨´     /〈' \     \
   (: : :/     /i     |        〈  ハ { \,/ \  \
    _ ,彡 /  i从    | ヽ/  ||  ', ノ /  /  i \
     ' /|   ト ミ  i| イ不㍉i|  v ,'   '    |   ∨
     V 人ハ,ィf心\从 辷ソ 从   i /_  /   人       (・・・・・嘘は言ってない、のだろうが・・・・・)
     /   ∧ Vソ    ,,  /    |<  i   '
    ,    / ∧ ,, '     ,    从⌒  、 /
   イ      '   、  、 っ / /  /     V           ・・・・・駄目だ。土地の支配を捨てて、どうして貴族を名乗れるものか
.   |  /     \   / / /―┐
.   |  (         ー≠-イ::::::::::::人               それにな。俺の領地は近々、帝国東部の長城に兵を一定期間出すよう
.   |人 \      /::::::====ミ~―――=ミ
      `¨⌒    ,.:::::/::::::::::::::::\::::::::::::::::::::ヽ:ヽ           皇妃殿下から命じられてる
               i:: /::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::',:::i:.
               |:/ ::::::::::::::::::::::::::::: \::|:::::::::::'.:|::i         そんな忙しい折に、lこんな面倒な話など、聞いていられるか!
               |::、::::::|::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::::::: |::|
            }/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::|::|
     r― 、   .|::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::i ::::::::: |::|         ・・・・・話は終わりだ。用件がそれだけなら、今日の所はもう帰れ
      ノ| Y ( ヽ / |:::::::::::::`、::::::::::::::::::::::::: | ::::::::: |::|:.
    〈   ヽ'  }.' |:::::::::::::::::`、:::::::::::::::::::::::ヽ :::::: |::|:::.
          人  、:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::.

3618 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:04:10 ID:WdWeincl
日本もいつまでも米本位で銭認めなかったしな。これでも辺境伯はまだ理解しようとしてくれてるという事実

3617 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:03:25 ID:IlynAZqb
治安が悪くなってるのは大問題
経営権を貸与とはいえ手放してしまうのも怖いわな

3620 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:04:47 ID:AD5nwWJC
ぶっちゃけると人でなしは信用できても次代以降が信用できるかというとね

3613 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:02:29 ID:AD5nwWJC
生殺与奪の権を握らせるな!

3621 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:05:02 ID:RM8QjaIf

            ,.....-―――-.....
           /.:.:.:.:.:.:.:.:/⌒\.:.:`ヽ
           /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ.:.:.:...、
          ′:/:.:.:,:.:.:.:.:.:,、:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:ヽ.:.:.::.
          /.:.::..′/.:/:./:/ l.:.:.:.:.:.:.:.:.:':..:.:ヽ.:.:.:,
       '.:.:.:.:!.:.,:.:./:./:/ {:.:.:.:.,.:.:.;、:.',\/',:.:.,
         l.:.:.:.:l.:.:l.:.l:./V ` v:.:.:ト、:ハ:.',> ヽ!.:.:
         l.:.:.:.:|.:.:|.:.,:汽トミ  \l 汽ト、',^ヽl:.:.}   なんや頑固やな―。ウチの言う通りにした方が、絶対得やのに・・・・・
         l.:.:.:.:l.:.:l:.:リVツ       vツ リ,:.:.:l:.:.l
       V.:.:.:l.:.|.:.l       ,      j:',.:.l:.:ハ    しゃーない、帰るかー巴さん
.          V.:.:.Vヽ|           ,:l:.:V:.:l
           Ⅵ.:.,、ト    ‘ `   ィ:.:l.:.ハ:|
         从:ハ:.从≧  _, ィ:.:从:.l/  l|     ・・・・・あ、ソウジちゃんは元気やで。ほんじゃなー
           __,r 、Vー"、   }‐从l_ `
          厂V//Λ   `‐-、 .〉 V/>、_
      ,.<ニニヽ /Λ   /|/介マ///〉ニヽ
     /二ヽニニヽ/Λ/`Y⌒寸 l///ニニ〉
      {二ニニヽ二二ヽΛ  V//} !//ニニ/ニ}
      |二二ニニヽ二ニヽ!   }⌒{ .j./ニ/,二|
      |ニニニニニ\ニニ|   |//| i/./二iニニ!
     |ニニニニニ|ニ`ー-|   |//| |´二ニニ!==|
───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────
   _________
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 0 || て
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| て  パタン
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| (
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━────────────────━━━━━━━━━━━━━━━
             ____
          . :. :. :. :. :. :. :. :\
        /. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\
       /:./:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \
     /.:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
     .: :.:.:/冖¬==-ミ.:. :. :. :. :. :. :. :. :.
     |:.:.:/| |    |斗ャ≪:. :. :. :. :. :. :. ∨
     |: /八|x=ミjノイ  V炒゙'≪:. :. :. :. :. :.∨
     |イ .| 《 V心     |   ト:. :. :. :. :. |       ・・・・・ペンドラゴン閣下はトヨアシハラの方々と
     |i|  | ハ    '     |   |i:}:. :. :. :.:.:.|
     |i|ハ从 ∧    。   |   |i:}/廴_ノイ       何時もあのような調子で、会談されているのですか?
     人i:i:i:i:|  个ト   _,. イ|   iノ   /ーミ
      \八  トミr‐‐=彡:j /     ア /∧
      . ー=\|  〉i:][:i:i/   x≦⌒'////∧    彼等に対して、何と毅然とした態度・・・・・!
      ー=云__ _(i:i][i:i:≧=彡'゙//////////∧
       //////i:i:i:][i:i:{//////////////// ∧
.      //////{i:i:i:][i:i:{///////////////// ∧
      l//////{i:i:i:][i:i:i{////////////////// ∧
      l//////{i:i:i:][i:i:i{/////////////////// ∧
      l//////{i:i:i:][i:i:i{//////////////////// ∧
      l//////{i:i:i:][i:i:i∨////////////////////∧
      l//////{i:i:i:][i:i:i:i:∨////////////////////∧

3626 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:07:55 ID:RM8QjaIf

             )ト、⌒>ト-く⌒¨≧≠ア
            ∠⌒ ヾ rrf7⌒¨`弋⌒>x
            . ⌒   )/{ i    __   . ≠ミ
         /   rf7′ i 从> ´    `ヽ    \
     斗fヒ´    /N   レ'´     /         \
       `7 7ア j7人  /     . i   ト、ハ     ヽ
        / /  从  )ト./    / / i!  lトヘ li     V\
         . イ  /  V7イ    / / /i!  i|  i ト.     V⌒
      ノイリ   '   ∨´    i!i! ' /从 i il|  レリ ハ    }从     ・・・・・ええまあ、媚び諂われて喜ぶ様な連中では、ありませんので
          .  /  _ノ  ,   i|ルイ_  _)ヌメリ  ´ .ィイ  .ハ 人
       i  斗<斗f匕1   | 芹芋芋ミ   芹テノ  /リ       少なくとも態度だけなら、こんな感じでも彼らは怒りませんよ
.       从   ト .    人! 从 匕..ソ      し'ノ}!iイ
       人 人   /  リ  ト  ""      ,""/从j
         )ト=孑く{!  /イ从 | u   _  _,  . イ !            ・・・・・それにしても、本当に私とそっくりな顔ですな。グレイ王女殿下
       .> '⌒ヾ 人   从 i! 〕ト . `  ´/ ト人
      /     Vハ \  )ル i!   >rく   i              何とも、不思議な気分です
      .       Vハ  ヽ.   i}- ´  } リ    |
      i        } i}   ヽ  ノ    /イ    i!
       i!       .! i!    「_フ  ∠ヘj     .
      }       リ.リ     .斗<  ハ    .
      i!      /`¨¨  ¨ て .__ ノ     ∧     V
      }      .          _. '         V






       --────--  __
    /ニニニニニニニニニニニ{
  /ニニニニニニニニニニニニ人
 /二二二二二二二二二二二二ニ∧
 |: : : / \ニニニニニニニニニニニ∧
 {: :.:/    \二二ニニニニニニニニ∧
 |: :/     \二二ニニニニニニニ∧
 |: {         \二二二二二ニニニ∧              ええ、私も同じ気持ちですよ
 Ν { ll{   八从ハ\ニニニニニニニニ}   ,ィ_彡イ
  |∧ ∧ ./ハ ≧==ミ∧ニニニニニニニ|/(/      乂     トヨアシハラの方々から、話は聞いておりましたが・・・・・
  八ハ,イ刈/  ハノム / ∧ニニニニ/{´´         ヽ
    |ハ ツ)     ̄ |  .∧ニニ/{ィ/{
    | :. 〈       |   ∧ニイ                        ・・・・・もしかすれば我がカストゥス王家は、ペンドラゴン家と
    | 人  r_ァ   |   {V    彡-=ニ     \乂
    |   \     .| ィイ乂  >=ニニニニニ=‐<⌒      何か、血縁があるのやもしれませんね?
     \l| ll| ≧=≦..|乂   /二二二二二二二ニニ\
      乂|l|乂ニニニ八,,,,ノ/二二二二二二二二二二\
          |才乂_乂 イ二二二二二二二二二二ニニ\
          | ニニニニ∧二二二二二二二二二二ニニニ',
          | ニニニ二二∧二二二二二二二二二二二二ニ
          | ニニニニニ∧二二二二二二二二ニニニニニ
          | ニニニニニ二二∧二二二二二ニニニニニニニニ

3627 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:07:58 ID:AD5nwWJC
モーさんは慣れだしなあ
要望ではなくオススメだから断れるとかいうのは理解できてる
無礼だけど善意からというのも分ってるし諸侯としてのメンツを考えてないのも

3628 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:11:01 ID:RM8QjaIf

  /  }/l      /   /    |    |∨^\   `、        l  \
    //,l    /   ,:´    |  |    |     `    |  |  l     l¨¨⌒
    {//l  /     /  |    |  |    |       |  |  l     l
  /〉/l/     l    |:   /|  |    |     |  /|  |  |    | l  ・・・・・ハハハッ!お戯れを仰いますな、殿下
    {/     |  |  _」  / :|  |    |     |: / :|/|  |    |\l
   ^マ777    |  |  /|``'~、、|\  |    _|/∠=-─ァ|\  |    何卒、その様な御冗談はお控えください。
     | \l   /|  |: 厶|/==‐-ミ'ー\|    ´/'つ::}:}/ / /\|
     l  |: /|  |: /|∧\( つ{:::}::}`'        戈ン゙ / / l     (どっかで馬鹿が聞いてたら、洒落にならねえだろ馬鹿王女)
     l   |∧|  |/\ '、  戈こン              / / l l
     l   │    \`、                     //  │l
      l    |       ^ト\           /     /│  |│     ・・・・・ところで殿下、殿下が本日こちらへお見えになったのは
      |    |  |     :|    u  __         /l |  │|
      |  /∧  |〉    |\   \v-----‐=ァ   .イ/ l |  │|\   私への挨拶のためと伺っておりますが・・・・・?
      |////∧: |∧   :|//|丶、    ‐--‐''´ /////l|  八|'//\
    ///////∧|/∧  |//|      .     /'//////,|: / ////// \
    <\//////////∧ :|'/ノ      ^''ー‐'^ | ///////|/ /////// />
   //\\/////////∧|{               |\///////////////
   ////\\///////八゙、            }}\'//////////






      /|
       | |      _」L∟L」_
.     八   _、-''~ ̄`ヽ、:::::: ̄~^''  、
      /\ >──ヘ、:::\:::::::::::::::::::: \
.     /::::::/ :       \ :: \::::::::::::::::::::::',
.     |:: /: : :   |     .\ :: \ :::::::::::::::: ',
.     |:/: :     |     l \:::::\::::::::::::::: ',
.      /: :     八   ', |  .\:::::\::::::::::::::',
     /: :.     /∧.  ', |_、-''~ .\:::::\:::::::::::',          ・・・・・「挨拶に来ただけならトヨアシハラと一緒に、もう帰るべきではないか?」
.     ': : :   |  /∧  | | ィfぞ灯.∨/∧::::::::: ',
    i: : :    .| ''^~ ̄   |乂  乂ツノ ∨/∧:::::::::|        ――その様にお考えですか?
    | : :.    ‘, ィfぞぅk |.  `  │  ∨/∧:::::::|
    |: :.:.',.   ‘, 乂ツ   ,    |.   |:::::::/::::: |
.   八 : :: ',   .八        _   |ノ  / :: / :::::: | ┐      ・・・・・お考えの通り、こちらへは閣下へのご挨拶だけに、伺った訳ではありません
.     \」::\ \ \    ´   .イ| / :: /::::::::::::|/';'L
     八::::::::|\ ヽ::⌒≧=──≦ |./ :: /::::::::::::: |';';';';' ̄|   実は是非とも、モードレッド閣下に相談したい件がありまして・・・・・
       \: |  八::::::::::::::::::::|__ノ.|_/Υヽノl./';';';';';';';⌒l
..    r─';';'\ Ⅵ. \::::::r ::: |:i:i:i:i⊥:i:i}';';';';';';';';';';';';';';';';';';'; <
    <';';'`ヽ';';';';'Ⅵ  ̄`';';';';';';';';>:〈 I 〉/';';';';';'Y';';ヽ';';';';')';';';';〈
    <';';';';';';';';';〕';';/';';';⌒';';';';'<:i:i:i:Υ八 ';';'; 人';';';';';'/⌒';';';'ヽ
   <⌒';';';';'<';';';';';';\';';';';';';';';'; 〉:i:i:i‘i,:i:i:\';';';';';\';';';';';';';';';';';';r'
.     \';';';';';';>=─';';';';';';';'_、-''~:i:i:i:i:i:i‘i,:i:i:i:\';';';';';';';';';';';'/⌒ヽ
     ∠ヘ';';';';';';/|';';';';'/:| |:::\:i:i:i:i:i:i:‘i,:i//::^^^^^^^^^^:i:i:i:i:i',
        〉'⌒:i:i:i└'⌒:i:i:i:| | ::::: \:i:i:_ //::::::Ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i',
      /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |:::::::::::::::イ|_|\::::::::Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:',
    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i://::::::::::/ /|:::|`_ .`、 ::::Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:',
..  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i//:::::::/ ./ .|: |. `_. `、:::Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i',

3630 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:12:51 ID:UJHZh7xs
きっと紳士的な外交の話だな

3631 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:14:05 ID:G1gdn+Mg
トヨアシハラの手引きがあればどこでも外交し放題

3634 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:14:28 ID:WdWeincl
本当現地勢って奪うか画策するかしか脳味噌ないのかね

3636 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:15:25 ID:RM8QjaIf

      /  /           ー‐‐‐Ⅵ  \
       /       ヽ   \ ー‐‐‐ Ⅵぃ
       /     |i    |    |     Ⅵハ  }
            |{ |  |    |   /  { } ′                ・・・・・率直に申せば――
      {      |{ |  |    | __彡  /  /
           { .八人 |    |__  // /彡'゙                   『どうすれば、トヨアシハラに島国の竜を殺して貰えるか』を
      八 \  {/ 牝^ァ|    |r } // /     ____
        \|\{  vリ  :|    |ノ  / /  ,,、丶゛:. :. :. :. :.``:.:..、、      閣下にご教授頂きたいのです
          | ,ノ  `~  :|    |{~"''イ、丶`:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :..\
          |`       /イ   八__{:. :. :. :.:/{/{/⌒~''~…ァ:. : }
         ∧ ゝ_-   |  /:. :. :.__ノ(/           _>      ・・・・・トヨアシハラを操って、ルーガ竜伯とキサラ竜伯を討伐させ
      .__乂 /〉 |:..:. _ イ/:._、‐''゛                  ⌒>:.:.\
      _)    \ー‐=ミ: :rf^                   /.:. :. :. .:.   サルマ竜公まで撃退せしめたペンドラゴン辺境伯の、知恵をお借りしたい
    __⌒ア        }():{        ヽ \___,,、___(⌒: : :. :. :. :. :
  .//ヽ⌒厶イー厶イ,,..ノi:][i:\「\「\⌒\[⌒//////\:. :. :. :. :. :. :. :. }
  //////////////////{i][:i:i\////////////////////\:. :. :. :. :. : /






                   /|
                      /     ,イ
                      |  |  / /
            , ――― 、|  |   /  /\
            / ̄ ̄/\\!|//  /  , \
                 / /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ, \
                /  '              \ \
          ー<   /                   \  ー― .,,_
           /    /  /              ∨,  i」 ̄ ̄ ̄ ̄
        /      /  /                 ∨,  i」
      /      {j:|   |       ト、        ∨, i」
     /      {j :|   |       |          | :i  }          ・・・・・はい!?・・・・・いえ、そう仰られても・・・・・?
    /    /  ,/ イ   :|  |::..   |  |    .:| |   | :トイ\
   |    / ,/イ  |   |  ト、ー―| ,/|ー― ´| |   | :| \ー―
   |   ,/|/   ゝ/}   ィ'爪芥ト州レ レ斧芋ミ,,十  ! \ \      まあ・・・・・あの者達は、殿下が素直に事情を仰って、彼等に利を提示
   !   ∧|     | |   ヘ{r:i::j::} }     {r:i::j::} },:  ト、 \ \
    \∧/!      人!      ゞ-'′      ゞ-'′/::  ::::|∧  |  }     する事が出来れば、話は聞く連中だと思いますが・・・・・
       ∧  /i   ∧     \   '       ./イ ::::::|  ! /!イノ
        \{ \ ∧   「 ̄  ' ̄ヽ     / ,/|  |  |,
         /  ̄ \\\ i、 u {   ノ  ,<_,イ!--!  !― 、        ・・・・・しかし、竜の討伐であれば聖庁を頼るのが、本来の筋かと?
        ,         >十>、  ̄  イ_ -:||  | /   Y
        |           j{   : :-ィi〔::∧:: :||  |イ     |       我が領の竜対策も、まず聖人ユウキ殿の招来が第一でしたし
        ,  \      \\  \:::::/  X..:||   /.    |
         ,   }         \ - _" ../ ..:||  ',:     ,
         ,  _ 」_  _  ―  、___○ ̄ ̄ ̄ ̄ヘ     ,
         ,< __/ _ -― __ ,,  ,_  -  ̄ ̄ ヘ   ,
        / イ \ /        {{} }           y  |
      // |   「           ー'         |:  |

3639 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:19:11 ID:RM8QjaIf

             . . . -‐……‐-ミ
          .:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : : \
          /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : 丶
         .:.:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :./:∨:.:..
         .:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. / }i ∨:.:.
         {..:. :. :. :. :. :. :. :../}i   }i:  ∨:.:.        ・・・・・聖庁を頼れぬ事情が、島国にはありまして・・・・・
        .:. :. :. :. :. :. :. :/|ノⅥi ノ廴\∨:.:.
        /: : : : : : : : /充ミkⅥi斗rヤ| ∨.:.       島国も凍国と同じく、作物の育ち辛い北国なのですが――
       ./:. :. :. :.} :. :/ | vrク    vク :| li;.: :.
      /:. :. :. :. :} :,   | ::::::  ,  ::::::/i:| |i:i∨:.
      7:. :. :. :. :}:〈   |         .;i:i:i| |i:i:i:i)\    北国たる島国の、更に北の地こそが『メロスト竜伯領』――島国の中で
     ノ⌒ \~丶、、、 |>  ~~   イi:i:i:i| /i:/  丶
    7          ```````~          (    竜が居座る土地なのです
   //)                    \     ノ
   //]ニ=-、、、、、、、、、           ノ⌒     /
   /////////////ノ、、、、、、、、、、、 ,.ノ'"~、、、、ノ⌒Y     ・・・・・そんな土地ですから、竜を討伐して開拓出来たとしても・・・・・
   ////////////////////////////][/////// ∧
    ////////////////////////〔C〕][/////////}
   ////////////////////////////][/////////}
   ////////////////////////////][/////////}






                              __ -‐    ア
                  _ -‐――――==≦⌒\_   _/
              _ -‐              ⌒\i:i:i:L  ⌒ 、
           _ -    ヘ      ⌒ 、         \i:i:iL
           /     /          \        ヽi:i:i)、    \
              /                    V  \
          /         {            \      ',    \ ',
        ′         ハハ        \   ',      ,       \l
        /           {^^',  \         \  ,      Ⅵ     {
      ′         {  ‘,   、      ', ',     _j7      |
     /  /      i{   {   ,  \       ', ', _/ハ}
      /  /     i{八  ',   \  jI斗r 、 \  ', V^〉⌒ _j      |
    ′〃    _jIL\、  ,   _ ィ 、 {⌒\{\{\ノ  V 7 ア^           『開拓しても、余り儲かる土地ではない』・・・・・ですか
    ′ノi{     Ⅵ⌒笊\{     ‐=冖笊うミx、     Vイ/   i{
   {/ |  i{  N  Vり           Vこツノ        V/    ',     |     ゼルド内では、聖人を送り込む優先度が低い土地だと・・・・・
      V ハ  l |                /       /\>      ,    |
       ∨  V/     ノ           /       //i{      ',
       {    八     `        /      /i{  i{         、 {    ・・・・・ご苦労、お察しします
       {     ^ 、           ,      /^i{  i{人      |^\、
       {       个s。  ‘   ’   /       ′八 i{   、     !      私も似たような経験を、しておりますれば・・・・・
        八      |   ヽ   _  ィ{      ∧ィ   、〉   \   l
          \    |     ̄ ',    {/{   /V ハ _  ___      、
           \   |        l     { / //       ` 、  }/
           \ ノ    __ ノl        //
          , ´ ̄ ̄ ̄厂 /         / ,                 V
           /       /  /\   _ - 7 /              V

3642 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:21:37 ID:AD5nwWJC
人でなしにフリーハンドを与えると勝手に開拓してくれるぞ
え外交関係?上の人間がやることですよね

3641 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:21:12 ID:mY/ifT2d
研究で竜玉は比較の為にまだ欲しいだろうし頼めば結構あっさり引き受けてくれそうな気もする

3643 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:21:57 ID:eVZDh9DB
隠し事してもすぐバレるし正直に言った方がなんぼかマシなのはそう

3637 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:16:32 ID:WdWeincl
気づけよモーサン。気づけ

3644 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:22:03 ID:RM8QjaIf

       ./:. : /    \:. :. :. :. :. :. :. :. : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::/
       /:. : /      \:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:.:.:.:.:.:.{:.:...
        .:. : :/         \:. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:.:.:.:.:.:\:.{
      .: : : |     .|   |i |  |   \:. :. :. :. :. :. :. :.: :.:.:.:.:.:.:.{:.{   ・・・・・まあ私は邪教徒や異端ではありませんし、聖庁の名誉のため
      {:. :.:.| | |  |\ |i |  | |  ∨/:. :. :. :. :. :. :.:.:.:.:.:./:.:{
      {:. :.:.| | l\「``从|  | |斗ぅ゙∨/:. :. :. : : : : :.:.:.:/:.:.人   付け加えるなら、聖庁は過去に、島国に聖人を配置して下さったのですよ?
      { : :人| | 圻ラぅk八人/ 笊汽∨/:. :. :. :. :. :.:.:./:. :. :.
      { : : : :| |  Vり      Virク \:. :. : : : : :.:/:. :. :. :.
     /:. :. :. | ∧            | ~''~、、:. :|:. :. :. :..    ですが・・・・・その聖人に当家は、島国は・・・・・手酷い裏切りを・・・・・
    ./:. :. :./ |  圦     `        |   |{.:.:\:|:.: :.:./
    .丶:. .:.〈 | |:. :. ..    r ,      /|  .八:.:.:.:}|:.:/      その所為もあり、聖庁は島国に冷淡なのです
   _〕⌒\: \ 廴 个       イ:.:./   /:.:.: :/⌒
   __ア   \: \「 :.:.:.:.:.:.≧r=≦   __/:.::/
   て     ⌒ニ=-ミ 〉i:i:i:i:][i:i:i:i:i/:.:.:./⌒            しかも島国はまだ、聖庁に対して後ろめたい秘密がありまして――
    ⌒7         \i:i(i:][i:)i:i:i:r‐‐'’
     乂         {i:i:i][i:iノ ̄
       /⌒ア      ノ\「i:i:][i:i:〉     \  丶    ノ






              -―――- ..,, ___
          '"         /'"    ``丶、
     /⌒/                     >
     { {/' /     /         \  ``丶、  \
   ― / / ,      '   /      \    \ ⌒ヽ
/7 / ' / /      i   i  {     `、\   〈 ヽ
  '  ' |/|人\__ |   |   、       ', ∨ \ }              ・・・・へ、へーー・・・・・?
/ /   八 { ̄ )_  |   |   \    i|  {へ{⌒
  |i    V人)⌒rー |   | _,,..  -‐―从  V人
/' |l      、 \八  i|    、 \ィ示^\/  \ \ ____      (オイオイ・・・・・そんな聖庁と良くない関係の国の王女となんて
  |     \  Y⌒  \ \《乂ソ      /      ー―<⌒
  | `、    {\八{:〉ハ   \_,>         /、\  _____ \     面識持って良かったのか?俺)
  |   \    、 个 ∧   ヽ  u    // /  \ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ヽ
  |    \   \'⌒ハ`、    \ _____ /
  | i{     \   \{:i人ハ    ≧=―一                   (トモエ達にくっ付いて挨拶に来た王族とか、会わない訳にも
  | { ヽ  、__   `` <:i\   \――=ミ
   人  \ \ ー=7≧ ,,_    ''-=ミ  \:\                     いかなかったけど・・・・・)
  /'  \  \ ー/:i:i:i:i/:i:i:i\_____ > \i
.       \  \.i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:iヽ _)\:i:|
        7¨⌒:i:i:i〈:i:i:i:i:i:i: |:i:i:i:i:i\:八⌒)人

3645 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:22:36 ID:EqIjCLLD
ぐいぐい来るな?

3647 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:23:12 ID:eVZDh9DB
また胃痛の種が増える・・・

3650 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:25:36 ID:klTO1/Jy
まったく想定外の方向から胃痛が来るなんて。

3648 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:24:33 ID:RM8QjaIf

       _ 彡'  -―\   \_
     `¨¨¨7=-/ __r-=> '"  ̄ ̄ ``丶、
       / /r'" ̄〉:/      -―-   \
      / / / ノ7  ヽ //'  /    ``丶、
   -‐= ⌒¨¨7 //>~゙ /   /    //     \
 =ニ     /| 〈/ r〈// /   /   /  '   /   \_
      /i| | /'ト辷ノ⌒7   / /}\/ / , i   〈⌒
     /― l V |  { / / / /},イ忙㍉ メ}/  |i   i i      ・・・・・成程つまり、島国は竜討伐において、聖庁を頼れる国情にないと
  /   人 {  | 人 ,' /     |乂ソ ヾ    从  | |
  イ         \八   / 'i   从       x=ミ }  , 从     だから次善として、トヨアシハラを頼ろうというのですね?
  、         _\_从 |    i        〈ソ〃/}/  )
         /{ { ∨八   | (^  _  ' 八{  ̄'  ̄ ̄\
        /i r| \_}   、   、   ノ  イ 、|   _   ,   ・・・・・まあ、私からも彼等に口添えするぐらいは、構いません
       _{_l {≧=7    \ \   < 人 \'"    /
      /:.〈:. :.\):. :/       i\ {¨´ ,.  '"ヽ  )    /    強いて助言をするのなら・・・・・彼等の協力を引き出したくば
    〈:. :. :.\:. :./:/     >‐-ヽ-<       V  /
  _/: \:. :. :./:イ }     / /      \       '       領内の既得権益をある程度、代償に差し出すのが宜しいかと
  |:. :. :. :.|:. ー/: /| | {    i__{           i_,. '"
  |:. :. :. :.|:. : /:. :{ | |     r 》  {     |\
 /|:. :. :. :.|:.:./:. :八f《       ∨:,  |      |  ) >、         それと、領内で彼等の商売を認めてやる事ですな
 :.:|:. :. :. :.|:. {:. :. :. :、ヘ   \ { V , }      | '/  \
 :.:|:. :. :. └―:. :. :込 ヽ   ヽ\∨,|      |     }      経験上、彼らはかなり気を良くする筈ですよ?
  :.|:. :. :. :. :. :. :.:.\:. :.\ヽ  ヽr=≦|      |     ,
  |:. :. :.  ̄ ̄ :. :. :\:. :.\-== i: i  |      |     ノ{






          __
        ..:. :. :. :. :. :. `:.`:. :....
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \
.      /:. :. :. :. :. :. :. :. :./ \:. :. :. \
     /:. :. :. :. :. :. :. :../    \:. :. :. :..
.    /:. :. :. :. :. :. :. /./  .|l  |l\ :. :. :..
    .:. :. :. :. :. :. :/ノ/   |廴,,/V/\:. : |
    |:. :. :. :. : /|苳ミ \|/ 苳ミ V/ ∨:|
    |:. :. :. :/  |vrり     vrり  { |:∨
    |:. :./i|   | ^^       ^^   { |:i:i|
    |/i:i:i:i|   |      `  し ノ |:i:i|        ・・・・・なかなか、厳しい事を仰いますね
  ノ(、、、、、、、、、、、   「:::::ァ    イ/^~^~)
  ア         \≧=‐ - =≦^~     ゝ      ・・・・・ですが竜が斃せるなら、安い代償とも言える・・・・・?
  〕          (i:i:i(C)i:i:/        >
  ∟ 、、、、、、、、、、、..,ノi:i:i:][i:i:i:|\_    r' ri___
   `Y///////////|i:i:i:i][i:i:i:|////^冖^~_ノi:i:i:i:〉
   /'///////////|i:i:i:i][i:i:i:|//////厂:. :. :.〉 -''゚   ご助言、感謝致します閣下。父王に相談してみましょう
    |////////////|i:i:i:i][i:i:i:|/////‐‐‐‐=彡
    |////////////|i:i:i:i][i:i:i:|////:|:. :||:i|
    |////////////|]〕ニニニニ〔[_/:. |:. :||/
   {i:i:i:}〕ニ=‐‐‐‐‐┘ ╂╂╂ ∨:. |:. :||
   |:|:(:. :. |╂╂╂╂╂╂╂╂∨/:. :||
   |:|:.>: :└―――――――‐┘:.| : リ
   |:.):. :. |:. Ⅵi:i:i|:. :. |:. :.Ⅵi:i:i:| : : :|:_/
   |/:. :. :|:. :.「i:i:i:|:. :. |:. :. Ⅵi:i:i|_/
.    \:. :. :. :. 〕i:i:|:. :. |:. : :.:Ⅵi:i|
.      ̄ ̄ 〕i:i:i\ ̄ ̄ . 〕i:i:i丶.
.          〕i:i:i:i:i:i〉   \i:i:i:iノ
            ̄ ̄

3649 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:25:04 ID:RM8QjaIf

 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

3652 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:26:20 ID:RM8QjaIf

                      _____
                , ィ '_´_ 二 _. _ ._  ̄ ≧s 、
             .,∠'ッゥ'-‐' '―' '―''―''―'        ` ヽ、            , - ――,、
             / ¨´                         ヘ辷――二二  ̄´     | .Y
            /                                  ̄ '\ニニ、二二_l
            ,' .. : '  ‐ - : ...             .l、≧sヽ           .\ /
            ,:'.:'             ¨`  :: ..、    l 〉〉| | |             Y  .
           '!:                     `ヽ l//_!_!.|               l
            ハ          _......__               ` ト            Y     _....... ---、
            `ヽ        ¨¨フ....'=ゝ            く7.ト 、 フ´ ̄Y _.. --― ̄ ̄ ̄ , -― ¨
 ――辷――ヾ 7 ̄ヽ/ ヽ                        ,:!_j ` |---j、|  `ヽ、_r-‐ '""´
      ̄ ̄ ̄l―┬-.辷ニ`、                     .ノ      |  .| | /≦ヽ/
          |_.|.  |    ヽ.._                  /      ト< イ |   .|
          ` _ ト、|      > -  _______ <____... -‐イ--  ̄!-イ´

                    〟  〟  〟   〟   〟   〟   〟   〟   〟
                  ━┓ ━┓ ━┓ ━┓ ━┓ ━┓ ━┓ ━┓ ━┓ . . . .
                  ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛

               .,ヘ               .,ヘ                     ,ヘ               .,ヘ
..       .,ヘ     .,ハ';'ヽ、.           ,ハ';'ヽ、.              ,ハ';'ヽ、.           ,ハ';'ヽ、.
      ,ハ';'ヽ、.  ノハil;:ヽゝ . : .:,ハ      ノハil;:ヽゝ . : .:,..,ヘ       ノハil;:ヽゝ . : .:,ハ      ノハil;:ヽゝ . : .:,ハ
     ノハil;:ヽゝ,, ...: .:,ハ.ハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ-.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ.ハ';'ヽ、  __,.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ-.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ-
...-.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ-.゙ゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ'ヘ;;ハバゝ, ノハil;:ヽゝ    ノノ;:'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ
.,ハ.:.....:.,ヘ'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ.ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、 ゞ';'ヽ.ノ'ノ,'ハハ,ゝ ハ 彡゙;:.'ハヾゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、 ゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、
゙ゝ;>.:,ハ';'ヽ、 ゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、.ゝ ノハil;:ヽゝ...;;:.  彡;:'ヘ;;ハバ ノハヽ、,ツノノ;:'ハ;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ...;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ
.ゝ ノハil;:ヽゝ...;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ..ノ ノ'ノ,'ハハゝ ノ. ハヾゞ;;:. ゞノvノ;:,l'レゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ ノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ
...ノ ノ'ノ,'ハハゝ ノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ...::...,ヘ、ハ.:;>ヘ.:;il...シハノシ;:,';,ノノゝハハ,ゝヘ,::..ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>
'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>.;:ヽハ,ハ';'ヽ、 .ハ';' ハ.ノ;|ililヾvフノ;:,'ハ';'ヽ;;ハバゝハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、 .ハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、
..il;:ヽハ,ハ';'ヽ、 .ハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、; ノハil;:ヽゝフ.il;:ハil;:ヽ...ハil;:ヽノノハハl;:.'ilゞノハil;:ハil;:ヽハハl; ノハil;:ヽゝフ.il;:ハil;:ヽハハl; ノハil;:ヽゝフ
..l; ノハil;:ヽゝフ.il;:ハil;:ヽハハl; ノハil;:ヽゝフ.ノ'ノ,'ハハ,ゝ .ハハl;:.'ilハil;:.`ヽ、ノハ ノハゝ;ノ,'ハハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ .ハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ
.l;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ .ハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ.;:.'ilゞヾベ .:;.;ハバゝ ハハ.:;、`ノ;:'ヘ;; ノノ;:'ヘ;;ハバゝ ハハl;:.'ilゞヾベ .:;.;ハバゝ ハハl;:.'ilゞヾベ .:;
. l;:.'ilゞヾベ .:;.;ハバゝ ハハl;:.'ilゞヾベ .:;.. .:;>ヘ:..::ハ::...ゞ;;:. ,ハ';'ヽ、.: ノハハ 彡゙;:.'ハヾゞ;;:. ,ハ';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::...ゞ;;:. ,ハ';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::
.、 .:;>ヘ:..::ハ::...ゞ;;:. ,ハ';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::...ゝ li>ノハハ ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ.:;.:'lilベ: フ フ,ツノノ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ
.. ゝ li>ノハハ ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ..'ilゞヾノvノ;:,l'.;:, ノノハハl;:.'il 、'^  シハノシ;:,';:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'.;:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'
.;:.'ilゞヾノvノ;:,l'.;:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'..レ;;:ノノハハ フノ;:,'ハノハハレ;;:ノ.リ 彡ハハノ;;:, フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ

                     【春 法国東北部 ディノ竜藩領】

3653 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:27:47 ID:RM8QjaIf

::::|::::|::|                                            /i ̄ ̄¨∨
::::|::::|::|                                       /.:|      ∨
::::|::::|::|                                        / : |     ∨
::::|::::|::|                                   ,r──., iー──‐/--.、
::::|::::|::|                ____               '.i    |7___/   |
::::|::::|::|              _/.......................\__          '.::|¨ ̄ ̄i  ヽ  .i   !
::::|::::|::|             /.................................................\     「,r〈:::,'  ̄ ̄i__ 、_i   |
::::|::::|└=======.,-,  /............l..........................\.......\.....\  =| |::::!::i              |============「 ̄ ̄i..======
ー―──── /  /..................|.........l...........l......................ヽ......l  | |:::.!::|            .|三三三三三三|   .| 三三三
三三「     .'   l....l.......|..........l.........|...........l...........}l........|.........|   i .|:::|:::l            .|ロ品品ロ , イ¨¨i=====「 ̄¨i
三三|      〈:   |....|.......|..........|.........l..................................|.........|   .L二i:「____「ニニニニニl__i   i----iニニニl_.!_lニニニ∨
ニニニニニニ   ノ....l.......|..........l........ハ......./.../.....l........丶 ....l  -- 、:iー
    ./     i:   、...\..l、\........./ /ノ//ノノレノ... |..............\   ヽ|   ・・・・・ふーん、ここが『ディノ竜藩領』ね
    /     .|: :   \......| _\..l   r ━ ‐ 、|.........|、 ............./   7 「
≧ 、/     .|: :  ノ......l ´⌒`     (........) ノ|.........| }.........../l   ;7 j_ 法国が僕達に討伐して欲しい、竜がいる土地か・・・・・
三ミ'       .|: :   、........ 乂:::ノ     ―‐  |.........|ノ .........l..|  / /
  /       .i: : :  l.......l  ̄ 〈       |.......|l............|..l    /
              |.......|..    __         |.........||............|..∨      おい、案内に乗せたラムレザルさん。ここがそうなんだよな?
              |.......|...\       / |.........||............|.....∨
              |.......|......|....... __ ..イ―‐|.........||............|...... ∨
              |.......|......| /、 r≦ ̄ ̄-|.........||............|..........∨
              |.......|......l---| | ------ |.........||< .....| ...........∨
              |.......|..... --- T--------|.........||----< ...........∨
              |.......|./----( )-------|.........||------ ヽ ........∨






                    /ニニ/        \         _-ニニ-      /
                /ニニ/            \    _-ニニ-       /
                  /ニニ/            / _-ニニ-         /
              /ニニ′γニニヽ YニニY {ニニニΓ
              ┌‐ ┐ニ|  {ニニニ} 乂ニニノ  乂二ノ             /
           ┌ |  | |二|  乂ニ彡 -‐…‐-  .,   /ニニヽ     /
           | |  | |二| ''"´______       \{ニニニノ __ /
           └ |___ノニ=‐   ̄ ̄ 八  ̄-ニ-__   \ー'/ニY
              7   ノ / /  /Λ    | -ニ-__   (ニ彡′    (・・・・・人の身で、空を飛んでるなんて・・・・・!)
            _,.  ''´ / /  / : : ∨    |   --_  「
        _,.  '/  / /  {  _厶⌒丶,   |     --_ |        (お・・・・・恐ろしい・・・・・!!ですが・・・・・!)
     ,.  ''´   ′// Λ  代う癶: : :V  \\    ├┘
  /     __,/イ    Λ  |: : : : : : : :{ f刀^ \  、
 /        :|   ||    Λ从 u : : : : :、:l\: /Λ 「\ `、        ・・・・・え、ええ・・・・・その通りです
           |   |.八     \ : : : _: :、:' : : /|  } Λ  ト \
      _   |   |  ∨   Λ. ̄| : :''' : : <.|  j/ } /          そして法都アッサラムに注ぐ大河。その、最も上流に当たる地でもあります
    / (⌒\ |   | / ∨   Λ |ト-<--/)l   | /
  /    \. |   |__\ ∨   Λ ! : :{ー//八  |\
     /ニニ圦   |  ̄|. ∨ \ Λ : : :/ 〈__  l  | \/´ ̄`\    ――見て下さい!土地を埋め尽くす、あの大森林を!
    /ニニニニ\ V____| .∨Λ\乂: :| / / Λ /⌒\   /  / `、
   /ニニニニnYニ\     ∨Λ \  / /  { }/¨>  ∨イニΛ  `、
 /ニニニニ/| |{二ニ\   ∨ } <\/\/ >/ YニニY:|二二Λ  `、
 ニニニニ∠ニ」 |乂___彡    } ノ  >  <>  <   {二二 | |二二-Λ  `、
  ニニ/~~~7 ̄           /  </\/\ >  乂二彡ヘニニニΛ  `、
  二/    {                }|            L「∨ニニニΛ  `、

3655 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:31:06 ID:RM8QjaIf

二二二二二∨          |ニ/    /
二二二二-∨ YニニY xーx /ニ〈      /
――‐<二∨  |ニニ| |ニニ| lニニ}     /
 ̄ ̄| |-∨   |ニニ| |ニニ| ∨/ノ iニニi'′
    | |∨   乂ニノ 乂_,ノ    |ニニ|
    | |〉   _,.    ''^^^     ''' 乂 ノ
____/ _ ''´_             \
.  /   / ̄   //: :. ̄|二ニ=‐- ___ \    ・・・・・法国は、雨が少なく乾いた地です
 /  / |  |   / テミk.    / ∨二ニ=-_
./ / |   |  |  // イ  「ト|   / /|¨¨¨¨¨¨´   そのため農地は、灌漑で水を引かねば作物は育たず、森の恵みも乏しい・・・・・
./   :|   |  |  /: : : . ..り |   // |
     |   |  l// : : : : : : : :| /     |
    八 :|  |/: : : : : : : : //7 ./  |          国中どこも薪が足らず、木材も足りぬので建物の建築にも難儀をしております
.   /  〈|  | : : : : : : : / : :/ /|   |
  /\  |  | : : : : : : r _,:7´ /八  |
. /   \:|  | : : : : : : : : :/  /   \        ・・・・・ですが!この地の竜を討伐し、この森と大河の上流を
イ      八 |/⌒'ニ=- イ   |
八        \ \ |  八  |             法国の物と出来れば・・・・・!
  \       / >  Λ|  八
   \   // //./  |/ ̄/ 7
     \{{ // |/     / /{
      \         / / Λ
───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────
                                      淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡
                                    淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡
                                 淡淡淡淡淡淡淡淡淡 淡淡淡淡淡淡淡淡
                                  淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡
                                  淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡
                                   淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡
                         爻爻爻爻      淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡
                   爻爻爻爻刈刈刈刈刈刈刈刈;';';';';';';';'淡淡淡淡淡i:i:i:i:|淡淡爻爻;';';';';'
                  刈;';';';';';';';';'爻;';';';';刈;';';';';';';';';';';';';;';';';';';';';''淡;';';';'淡淡:i:i:i:i:i|  爻爻;';';';';';'
               刈刈刈;';';';';';';';';';';';';';';'刈;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'刈;';'i:i:i|  刈;';';';';';';';';'
      : : : :   ;';';';';';'刈;';';';';';';';';';';';';';';';';';';'刈;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'刈淡;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'
    : : : : : : : ;';';';';';';';';刈;';';';';';';';';';';';';';';';';';'刈;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'刈淡淡淡;';';'刈;';';';';';';';';';';';';';';'
    : : : : :;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'刈;';';';';';';';';';';';';';'i:i:|;';';';';';';';';';';';';';'
    ;';';';';';';'ミ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'淡刈;';';';';';';';';';';';'::i:i:i:i:i:i:|淡;';';';';';';';';';';';'
 ;';';';';';';';';': : : : : : :;';';';';';';';';';';';';';'刈;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'淡淡洲洲|::刈;';';';';'刈刈刈::::i:i:i:i:i:i:| 淡;';';';';';';';';';'
 ;';';';';';';';';';': : : : : : : ;';';';';': : : : : :;';';';';';';';';';';';';';':|::i|;';';';';':洲洲 |:::i:i:|刈刈::i:i:|刈刈刈|:::::i:i:i:i:i:i|   ;';':i:i:i:i|;';';'
    _______  ,。ャ‐‐ュ   : : : : :|::i| 洲洲   |::i::i:|  |:::i:i:|洲洲  |::::::i:i:i:i:i:i|  ____
: : : : : : : : : : ニニ=s。__V´  / ̄┿爻‐‐‐ 、|    _ |:i:i:i:|  |:i:i:i|,。ャ'''´ ̄ ̄\:i:i:i:i|/
:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::::::::'ャ。,   /    ヽ─/    ≧s。, ,ャ''´        y'''´ 爻爻,。ャ'´
:.:::.:::.::_n_n__   ___ ::.:::.:::.:::.:::.:::.:::::::く____ /     爻爻/        ,。ャ'´爻爻爻
:.::: └i_n┌'  └ マノ  ___  ___ : .::::::::::::::::::人__  爻爻爻/       ,。ャ'''´ 爻爻爻
:.:::    く丿    くノ   `アi′ `アi′  : : : : : : .::::::::::::`'''ャ。,爻爻 /// /    爻爻        ,。ャ'´
:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::::::::::::::::::::::`'''ャ。,  /  |爻/   仁爻爻爻爻
:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::::::::::::::::::::::::\_/仁、 爻爻爻爻爻
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::`'''ャ。,.爻爻
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::`''ャ。,
━━━━━━━━━━━━━━━────────────────━━━━━━━━━━━━━━━
  >i:i:i:i:i:ノ        _-=ニニニ∩ニニニ=-_                 /
 / ̄          {-=ニニ⊂.0.⊃ニニ=-}                /
                  > -=ニニ∪ニニ=- <_                 /
                _ -=ニニニ=‐-‐=ニニニ=- _            /
         __ -=ニニニニニニニニニニニニ=- _
        _-=ニニニニニニニニニニニニニニニニ=-_       :.
       _-=ニ-¬冖¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨冖宀-=-_      八
    、丶`⌒ -=ニニニニニニニニニニニニニニニニ=- ⌒~"''~ ノ
 丶`    /  ̄-=ニニニニニニニニニニニニ=- ̄      \≧=-   この森から切り出した木材を、河の流れに乗せて法都まで運べる・・・・・!
     ./    / //:. :`、  :.    ‘,: : : : :~"''~ ,,\      ≧=-
  ̄>彡  / ./ 气笊笊うぅx     ‘,xぅう笊笊庁 .`゛\   「 ̄    法都へ集積された豊富な木材は、薪として建材として、法都に集まる
 ≦    /  / /: ヽ 乂う)ソ `、 \   ‘乂う)ソ ノ:| \  :.  |
  ^''冖''^/ // / {: ´^''冖''^`:. :`、 :\ ´^''冖''^` | / \ :. :|        商人達の手により、法国全土へと運ばれる・・・・・!
    / /`` / イ  乂:. : : :. : : :. :. :.`` ゛\ノ: : : :. : :ノ/⌒:. ``. :.
   ./ /   /⌒''~ ,, >: :. :. : : :. : : : : :: : : : : : : :/\  ‘,    \
    ./ /  /  /⌒/‘, : : : : : :. V __ ノ:. : :. : :./^.ヤi:i〔_.  ‘,   (⌒\   そうして切り拓かれた森に、次は大河の上流から灌漑水路を引いて
   / イ .ノ  .:i:i:i:/ .‘,}h、. : : : : : : : : : : : _、 /:   ヤi:i〔_ : ‘,  \
     ./    .:i:i:i/   ‘, ⌒  : : : : : :_、<. /    .ヤi:i〔_ :  \ |⌒     農園を拡げるのです・・・・・!法国は、今よりもっと豊かになる・・・・・!!
    〈\   }i:i:i{    ‘, : :. : : ≧=≦: : :. :/    .:ヤi:i〔_   /i:〉
     〉i:i:\ .}i:i:i{    r¬冖宀┐┌宀冖=ミ    .ヤi:i〔_  /i:/
 _、-''~:.\i:i:i:i`´i:i:i{    /   ̄ ̄ ̄)( ̄ ̄、:::/|‘,   .ヤi:i〔_/i:i/ ~''<
 ∨i:i:i:i:. \i:i:i:i:i:/ _、-''/   ―¬く .>丶`:::/.!|::‘,   ヤi:i:i:i:i:/    ~''<
  ∨i:i:i::.   ̄_、-'~i:i:i/  /~"''~ ./〈_、-''~/::: |:: |‘,~"''~ /         ヽ
 ヽ ∨i:i:i:i:.  /i:i:i://     r┐ 〉 {:::::/:::/::::|:::‘,i:i:i:i:i:i:i:>
   ∨i:i:i:i:〈i:i:i:i//      f =-' `、  ̄\:::::::/:::::/``~、、

3661 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:33:38 ID:RM8QjaIf

          |   ⌒`=-/  ´           r====ミ       、        |
        /  /      ′       ___,-=ニ彡ニ〕 〔 :\     ’,       |
      /                    气二ニニ〔 ̄    ̄〕.\           |
      |:   /          _-=ニニ≧=-ミ二 ̄〕__〔二ニニ\  :.    八
      )/ ./         __≫'`ニニニニニ= \ニニニニニニ:/   :.    /     封海の海竜討伐と並び、この地の征服は我ら法国の民
      /  乂_      __≫'`ニニニ_ -=ニニ ̄ニ=- _ -=ニ ̄\   l  /
     :{     |  __≫'`ニニ _ -  ̄ニニニニニニ ̄ニ=- _ -=ニ=\ |_/      全ての悲願と言っても、過言ではない・・・・・!
      、    | __≫'彡' ̄\-=ニニニニニニニニニニ=- \ニニニ:〉 |
       \  |≫'^ /   / `-=ニニニニニニニニニニニニ\-_/ ノ
 ______ゝ'~   :}   :/:    .气テミiト、`、 :.  | } l }i`ト-=ニ=-/         さあ、トヨアシハラよ!!約定通り、この地の竜を征伐すれば
      /     |  八: 、  | : ゞvツ  寸 .::.  { 'ノ ノ ト. ̄.-ニニ\
  ≧=- 彡       .人  |  ` \ l :: :` ¨´: : :ノ人 ,斗=ミ、ハ  |i:i:.ニニ\      貴方がたがウツアルト等の法国の都市群を焼き払い、我が国の
  ~"''~―――┬ ´ : .ト |    \_ノ: : /´: : ヽ 辷ノ / } } .|`、i-ニニ-〉
  _、<⌒    ./   {i:i:i|    |: : : : : : : : : : : : :/: : : :.;' ノ  |  \ ̄ ̄       戦士達を殺戮した罪、許して差し上げましょう!
 ⌒     ,ィ"    |i:i:i|___  :|: : : : : : : _: : : : : : : :-=彡'| /   ≧=-
    _、-''~ :|    .| .fi:i:i:.i⌒,八: : : : : : `マ_ゝ: : : : :ノ:.  ノへ \ ̄
 _、-''~    ,ィ     |! |:i:i:i:| |  `、: : : : : : : : : : : : ィ 、  '  \\ ゝ ____   聖帝聖下の寛大なるお心に、感謝するのですね!!
      / :|    /, .|!i:i: | |:.  \: : : : : : :ィ  .| /,     ト \(:::::::::::::::)::\ ._
    /::::::八.     /,.|i:i:i:i| |ト.   ≧=-_´_:|   |  /,    | \  ̄ ̄ヽ::ノ::::Y:::::::∨/
  /::::::::::::: \    \i::|ノ|  )\ .\二二≧=-_|   /,   |   ヽj    \::::/::::::::/∨/
  , ´:::::::::::::::::::::::.::.:^''=―=''^`  ! /ヽ \ _Y´ ̄ ̄ .ノ   /,.   |ニニ リニニ≧.〉':::::/::::::∨/,__
/ |_」L二ニ=-冖冖'i:i:i:i:i:| |从 ハ  |.:.|≧=-_∠_   ノ   ノ二二二ィi「ア (:::/\::::::::/::ヽ::
  .:|三二ニ冖冖宀~' ̄ ̄ ̄ ̄ミ、 i:i:: |:人i:i:i:i:i:i:i:i:/.   / /_-=ニ二二彡'  `::::::::::::` /:::::::::/ ̄






               _____
            , <"       ゙ .ヽ、
         , イ ,  ,  ,  ,       ゙ヽ、
        ,.イ  / ,.イ ,.イ ∧     、   ヽ、
       /  ,イ ,イ  /  ./i! ',       ヽ ヽ  ヽ
      // /  /  ./  ,' i! ',      ヽ .ヽ  ゙,
     .// /  /  /   / i!  ',    、   ヽ ヽ  ',
    / ,' .,'  /   /  ./   i!   ',    ヽ  ヽ, 、 ヽ.i      ・・・・・ふーん、成程ね
    / ,' .,'  !  / ', .,'イ  !   ヽ、_  ヽ  ヽ ゙ヽ,ヽ
   ,' ! !  !  i " ! !   ゙   ヽヽヾ、ヽヽ  .ヾ、 ヽ、   物流の事はあたし、良く分かんないケド・・・・・
   ,'  ! !  !  !、イ示ヽ、    , イ千示ヾ,、ヽヽ  i
   i  i .,'i  !  ∧. 弋;汐     弋zz汐 .,〈ヽヽヽ i      まあ、法国の人達がここを欲しがってるのは分かったよ
      ! i !  i  /ヾ, :::::::::   ,   ::::::::::::::/イiヽ.!i '、i
     !.! !  ! / .∧."""        """,イ i  ! i !
     リ !i i / i .ヽ、   - -   ./ .! i  ', i !
      / /,イ  ,' i  i>、     , イ、 ! ! i   ', ! i        ・・・・・ねえ、無一郎君
      / ,イ i  ,'  !  !"く! .> < , イ .i! i i  ', ',',
     /イ  ! ,'  i,,, ノ   ̄!゙! !゙i    ヽ_! i   ', ',',
    / /  .,'.>''".//ヾ,、  ,' ∨ i  , イ, イ!`i 、 .', ',',
   ,イ /  ,イ    //  ヾヽ, イiニ!ヽ",イ  .i i !  > 、 ',',

3663 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:34:11 ID:Be+2FQjb
えらい上から目線w

3664 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:34:38 ID:Gn7IwrQk
一度飛行船撃退してるのが自信になってるのかもね

3666 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:35:37 ID:AD5nwWJC
一歩下がると三歩押し込んでくるのがこの世界のスタンダードだから

3665 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:35:08 ID:RM8QjaIf

              _. -/::::::::::/:::_::-:::::´::xー-:::::_::::::::ヘ..、
           .>:"」LL」_ノ::/::/:::::>/:::::::>:´:::`ヾ::::ヾヽ
           }:::::/|::::::::/::::/::/::::r::´:::/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::V/
           |::/:::|:::::::|::::/;:"::::::::{::::::::|:::::::::/::::::::::::::::::::::::::|::::::`ヽ.
           |'::::: |:::::::|:::|:::/:::爪::::::::: !::::::/:::::::::r:::::::::::::::: |::::::::`i::'/
            /::::|: |:::::::|:::xー、_|:::::|::::::: !:::/:/| /|::::::::::::::::: !::::::::::|::::'/
           ./:::|: !: !::::: |:{ /'7. !::: |::::::: !/"`丶、 ::::|::::::::::::: |:::::::V:::::::'/     ――待て、準
         /::::::|: !: !:::::::|ヘヽ  !::: |::::::::/气ミx.、 \:::::::::::::::|:::::::::V::|、:'/
        ./::::::: |: !: !:::::::|::::\`'!::: |:::::/| Vう刈k .!::::::::::::::|:::::::::::V }!
        ./::::::: /|: !: !:::::::|:::/ . !::: | / ! ヽ`¨´   !::::::::/|::|:::::::/|::} '     ・・・・・レーダーで既に、ずっと遠方から捉えてはいたが
     ./::::::::::::/: !::|: |:::::: !"  ..|:::::|/         |:::/,/ノ::::/...|::|
     /::::/:::::::;:/:::::|: !: !:::::::|、   .|:::::|         "{.圦"::::::/ ....|/       肉眼でも確認出来た
   ./:::::/:::://:: /.|: !:::::::::::| ヘ  /:::: |           ゝ//|/  ./
 /:::::/::::/ニ/::::/ニ|:::::::::|::: |x. ヘ |:::::: !     ヽ _ , "´::/´  |
 ::::/::::::/-=/:/ニニV/:: |::: |ニ\_!:::::::|\   .ィi〔::::::/:::/                 ・・・・・アレがこの土地の竜、『ディノ』か?
''゙:/::::::/=/'"´ニニヘニV/:|::: |ニニニ|:::::: !f´ `¨´:::::|::::/:::/|
::/:::: /"~´ニニニニニニニ`|::: !::: !ニニニ!:::::/ヽ、`>、|:::::|:/:::/| |
  :::: /ニニ、-===ニニニニニ!::::|::: |ヾ=ニ|:::::|=-//_ニ!::: |':::/: | |
:::::/-==ニ\-=ニニニニニ|::: !::: !=-\:::: !=//_==|:::::|:/:: | |
 ::/ニニニニニニV/-=ニニニ|::: !::: !ニニニ|::: |┴'=ニニ!::: |':  | |
                               _______________________
______________________// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ''<ニニニニ`寸ニニi|ニニニニニ}ニi∨                       /ニニニ}ニニニニニ/,ィi{ニニニニil/
     `寸ニニニ∨ニニ',ニニニi7ニニ=ヘ,                      /ニニニニ',ニニニニ7ニニニニニニ∧、
  <ニニニニ`寸ニニ`寸ニ゚%,ニニjニニニニヘ,                     ./ニニニニニ',ニニニ/ニニニニニニ/ニニノ'ッ。,
   `寸ニニニニ>ー'    ⌒}ニニニニニ                     7ニニニニニニ',斗劣^外s>'"ニニニニニ=-
  ,.ィ升>―'    y'    ∨ニニニi|               .      |ニニニニニニ=|      ∨ニニニニ>'"
  /ニニニ=/     y7     .`寸ニニ               .      jニニニニニ>'       ∨---i<
<=ニニ=/     yi7      ,' ∨ニ|                    |ニニ>'"          }ニニニニ'i,
   /ニ=|     /i/   _jI斗-7'.y'寸ム ,'                  y>``'ッ。,          マLニニニヘ,
  /ニニi|     j::;,,.ィ升'  /i/y'  __∨/i/          、       }ニニ<⌒`ヽ         .´'<ニニヘ,
 /ニニニj     ∧>'"  ./i //,.ィ' .,'ニ/jI斗f ___   マi,      jニiニニニ=-。、       .  |ニニ`^''<j,
 ∧ニ,ィ=|    y'ニ/   ./':}ニy'  _/il/ム',__y'ニニ>'"    ∨,    .7ニニニits、    、      ヘニilム
 ⌒ニニi    7il∧  ./7'::::|ニニ=i/ニ/ニ=->:::`寸≧=-ニ)ix, y'ニ|    7ニニ''"~⌒゚    |∨   .   j´'<ム,
  7ニニi}   .j=|::ヘ/::://::::::::::::::/ニ/:::>-'---::::r---;:::´'ytsy'ニi/   _ノニニ|ヤム、    jニ∨ .. ..  |ニ=|
  }ニニ=|   j=i::::::::::y=i::::::::::::7ニニ/ィア:::|ニニi|:::|ニニ|::|ニ',ヘ,)ix/ ___ノks>'" ∨=ヘ,    ]ニニ,     |ニ=|      ・・・・・ゴオオオオ・・・・・・!!
  j>'iニ  ,:}ニ|::::::::/ニ/:::::/7ニ=/ニニニ;:ニニy-<ニニノ:ノニi|:kニ|, /)ixニニニix,  .∨ニiヘ,   7ニ={     /へj|
    マ,  jkニk::::/ニij:::::::i ,イニУi;|ニニY-Yニjムjニi<ニニニノイljァ'i7ニニニヘ,ニニ)x, ∨ニニヘ_xくjニi|    .j/
     ゚ 〕ニi7:,イァ':_:7k::/ニi/ム=j⌒ii/ jy寸、'゛〕ニニ|l|ニニニニijニニy' ∨´'<)ix,jニニニi|` .|-/    ,′
       ki=7::iy'7  i:y'ニノニニk'  ,、  ノ`寸斗<j_iニニy'7iア'ニts, マニ)ixyjxィkニ=|、 |/
       Yil:::::':::j ノ,イj:/、 `寸ニYニ|  ム斗升Y´'<ニl>'".|/´'<kヘ, 寸ニニ}寸ニ`寸i} .'
   _,.v''´_.iil|::::::ゝ冫:::ノニ〕hィy-7ニi} 人<,.ィ升、 /:∨ニイ .' ,ィi{´'<j/, ´'<j `マニj/  _,.v''´⌒ヽ 、
 __ノ   ,.ィ升j::::::i/:/´  ´'<ニニi;( `寸kムヘヘヘヘts.y ⌒Y_,.ィ升ィ升i7ニ)ix,     `´ 、(    `ヽ  )
¨¨    jy´ }ヘ;/i::/=,イ  ヾ´´'<ノ'ッ。>ニ∧tsゞ´ 乂_.ノ  _xくィiァ''`寸ニ=ヘ,   r'⌒ー‐   __  ノイ
       ∧/´'´jニ/     (   フニニニ/ァ'ム\        >`` :.:._ノ ∨ニニ} ⌒ヽ   __r‐'⌒ヽ⌒ヽノ   _r'⌒ヽ
....__......._.._.. }y' .  |i/ (⌒ヽr‐'...._.._|ニニ>'"jアjア ^''<___二冖´ _r‐⌒) ∨ニi| .:.:.___ '¨゙゙:.:.:.:_:.:._r'' _(     ノ
      '  . . .|'    ̄ ̄   .|厶斗匕ゞ'    ムニニニ=|ム,      ∨il{   ̄ ̄          ̄ ̄¨¨¨¨
                   `'冖'^      ムニニニニ---'   .yk=7iハk,
                            ムニニニニニ|⌒`   jy'⌒|/  ヤ
                            ム=ニニニニ=|        '
                           7ニニニニi|

3669 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:36:16 ID:Be+2FQjb
こいつは話の出来るフレンズかな?

3670 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:36:38 ID:RM8QjaIf

                               _______________________
______________________// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ̄ ̄ ̄ ̄
          /................................................. \
       .................................................................\
.      /..........................................|...................\.......
      /.............................................l..........|....\....l......|
     ................................|....\......\......\....l...|......|
      l.................................|..........\......\、.......l...|......l
      |........................r ⌒|...............|\l{⌒\ノノl..../
      |........................| r.:::|...............l r ―┬}  ノノ
      |.................... 八 、::|............ ノ  \ リ (
      l............................\|...........l          ヽ      ・・・・・襲って来る様子は無いな。こっちを警戒してるのか?
     ............................./、|...........|       ノ
    / ..................... /--|...........|、     7
...... /..............__/ ---|...........| ≧........ノ
... /... > "------\--|...........|7//...... l
_> " ------------丶|...........l/∧........|
 -----------------l|...........|}))∧.... |∨
 -----------------l|...........|-l--|.....|-l
 -----------/-----l|.. .. .. |-|--|.....|-|
 ----------/------l| . . |-|--l. . |-|∨
 ---------/-------l|   |-|--l  |-|-∨






                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ::::::::::::::::::::::::,:--:、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                ::::::::::::::::::::{ヾ==-イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 iii`゚''iiihzx..,,_         ::::::::::::::::::::::(j V l)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;    得体のしれない『竜擬き』に、かの竜も怯えているのでしょう!
 ' - ziiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii`゙iiii'''ihzzzx..,,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;:::::::xzzfニ三三
:::::| / `゚゙ '''‐ jzx三三三三三三三`¨'''三ニニニニニ三三三三三三三三 彡''"
 ;::イ ;'    ..:::::イ伐゙''tzzx`_''!''7‐‐r-==ニニ二二 三三三y==== -‐:::::''''"´:::::::::::    さあ!トヨアシハラの妖術で、かの竜を殺すのです!
 :|j   .:::::/::::|:.ヾ:.、`'''"`゙'V|  l:..:::::::::::::::::::::/ァ=‐'"'ー' >、::::::::::::::::{\:::::::::::::
  :l!  .:::::/ ::::|: : : :`¨'''二二,l  l:::::::::::::::::::::;'::::: : : :二'''": :.:ヽ:::::::::::::::l | :l\:::::   そうすれば我が国は、過去を水に流し、貴方がたを再び法国の
  :::| .::::::/  ::::l: : : : : : : : : : : j l::lv::::::::::::::;':::::::::. : : : : : :..:::::::\:::::::::::l:l :l::::::\
  :::l ::::/::\  :::l; : : : : : : : : : : :l :l:|:V:::::::::::; :::::::::::::...: :.:.::::::::::::/::::\::::::l:l :l::::::::::    友人だと、承認しようではありませんか!!
 ::::::l:/  :: ヽ :{ミ,: : \: : : : : : ゙:, {: :V::::::::{:::::::::::::::::::::::/:::::/::::::::::::\::l l {:::::::::
 :::::::゙:|  :: ::::\ヾh,: : : :ヽ、: : : :ヾ;,: :i!、:::l::::::::::::::;:ァ":::::::;イ::::::::::::::::::::ヾ;l |:::::::::
 ::::::::::!    ::::::::::\ih、: : : `'ミiz :,;___∨:|_;:: ィク'´::::::/}:::::::::::::::::::::::/::::l l::::::::    (嘘ですけどね。ゼルドと手を結び、いずれ殺しますが・・・・・今は!)
 ::::::::::|   :::::::::::::::::::::\: : : : :`:<∨∨ヾ|z::'"::::::::/::::: |::::::::::::::::::::/:::::::l l:::::::
 :::::::::::!   :::::::::::::::::::::::::|ii\: : : : : : :  ̄:::::::::::;::ィii|::::::::::::::|::::::::::::::::/::::::::::::l l::::::

3672 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:37:50 ID:EqIjCLLD
あんまり準の前でしゃべらない方がいいぞ

3674 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:38:22 ID:dXhP4w4o
嘘を嘘だと見抜ける人がすぐそこに……

3675 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:38:38 ID:eVZDh9DB
嘘を見抜ける奴がいるんだって

3673 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:38:20 ID:RM8QjaIf

                     _
             .。o≦:::::::::::::::うぅo。
           ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ:::::::::::〉
          /:::::::::::::::::/::::::::::|_/::∧::::::/:ヽ
         {::::|::::::|::::/:イ::: /!::/::/ ̄}::/:::::::::` 、
         .ノ:::::\/l\:!::/ 斧示ミ'"!:::::::::: |:::::::::Y
         `ヽ:::::{_,斗=x"~  {圦刈 |::::::::::::|::::::: √
         ノ:::::`ゝ{圦刈  , `¨¨´ .!:::::::::: |::::::::√     ・・・・・なあ、準
       f:::::::::::::::::ヽ` "´   _ _    .!:::::::::: |:::::::√
        V/::::::::::::::ヘ      ヽ\ .イ::::::::::: |::::::√
        }V/::::::::::::个o。.    __ヽ.\::::::::::: |:::::√
         |:::V/:::::::::::|/\ ´".T{ _ -  V/::::::|::::√
       |::::::V/::::::: !ニニニ`i ! ゝ-    V/:: !ヽ'
        .|::::::::}:::::::::: !ニ` <|__!__Yヽ.,_  Vヘ=-V/
        |::::::/!:::::::::::|ニニニ|ニニニニニニヘ.  Vニ\=ヽ
       |:::/ニ!:::::::::::|ニニニ|=ニ○ニニニ∧ /ニニニやニ\
        |:/-=|:::::::::: !ニニニ!=ニニニニニ/ニ∨ニニニニ.やニニ}
       /ニニ√::::::: |ニニニ|ニニニニニ/ニ_ノニニニニニニヽ=-|
     r "ニlニニ/: : : : : |ニニニ|=ニニニニ{ニニニニニニニニニニニニ|
     |_ニニ|ニ/.. . . . . ..|ニニニ|=ニ○ニ=ヽニニニニニニニニニニ\
     |_ニニ|/ . . . . . . .√.=ニ|=ニニニニニニ\ニニニニニニニニニ=V/






           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ      ・・・・・うん、だよね・・・・・
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |         ――ラムレザルさん
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/






             |iiiiiiiiiiil   {iiiii(iiiiii)iiiiii}  `'' ===ィt            ,zz、     //
.           liiiiiiiiiiiil   ヾiiiiiiiiiiiiiiノ _,. -‐ ´ ̄ ̄ ` ゙'''  ‐- ..、  {iiiiiハ    ,;''
          liiiァtiiiiil      ,..::''"  _,,.zzfiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiihzzz..,,,_`<.}iiiiii}   ,,:''
        _,,. /| :{iiiii!    ,..:'":::;:xzfiiiiii>'''"´  ,/ ̄ ̄ `マ'''  ‐-<iii>y, ,.,''
          {r''"   l liiii|  /;:xfii>t'"//     //  /   ヽ     ヽiiiiiiii\
    r- ''"´ :y''7  .} .liiii{,.zf>'/  / //    /:/   /  // j, ∨    ∨iiiiiiiiハ
    l  :::::::::{ | ,,.ノ ノ>''´. /  / //   ,.,.ニヾ,t' ,イ.  ///''v v    liiiiiiiii/
.    l  ::::;:::ィ,,,..zzf/    / ///∥ ィ { O } ! /;'  / /:;: z,,_}, l     liiiiノ
    ゙'''"   |jiiイ     /.:'" // ! /{ :ヾ;、゚¨_,,j/::; /,:'V/:ハ } <: l:、 ゙:, |"
       /  j       |./'  レ |: : : : ̄ : : ::j.ィ: : ::〉ミ='∥ :l | \ Vj      ・・・・・何です?どうしたんですか?
.      /    j        | l,    l: : : : : : : : : レ: ´ /`:ー';'  } ! . \ V
_  ''´-―イ  j           j {:V     { : : : : : : : : : : : : : : : :.;'  }! {ヽ .lヾ、
:::::::: ` ''< /  j        /l l::l!    l::. : : : : : :―‐:..、: : : ∥  |  l ハ |      早く貴方がたの妖術で、かの憎たらしい竜を血祭りに――
       `<:j          ;:::j l:j:゙、   l::::::..: : : : : : : : : : : ;イ   |ヽ !  l.!
          /iihx     ;:::::゙, !::::.,   :hz::;_::::.. : : : : : / |   |! l\l  ゙
-、     /iiiiiiiiiiiiiiiiヽ   l: :`::.マ;:::,   |::::::::::>c  イ   |   l ! !
 }!    /iiiiiiiiiiiiiiii/i/   l: : : ::..マ=!  l: : ::::: : :{..,,_ |    l  .l ! !
//  /iiiiiiiiiiiiiiiii/iiii/.     l: : : : :゙.,マ:!  :! ハ: : :: ト..,,__ `> y |  j  l l
´ /iiiiiiiiiiiiiiiii/iiiiiiii/     l: : : : : ヽv! j. ハ: : ::!  / / j  j,  :! !
fiiiiiiiiiiiiiiiiiii/iiiiiiiiiii/,,、    マihx、  ij !   ;::: :{/ / {  .l  .ハ  l l
iiiiiiiiiiiiii/iiiiiiiiiiiiiii/i/     \\ミhzV.   ∧/  / \ \ノ / ∧ j j

3678 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:40:09 ID:RM8QjaIf

                       ____
              ,. ‐''"´        ` ー- 、
           /                \   \
             ,イ            \   \::: : \
           /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
         |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
          | .::i:./  .:::,イ ::\/:::/   リ !:::i::/:i::::::::::ハ::::| !
          |/:|/  :/,ィ"´/:\   /  |/'〆i:`: :::::::|::::| |
         ,ィ|  / ::::::/i,.≧==ミ      .≦彡::}`.|:::::::::::::l::::| |     ――あたし達はあの竜を、討伐しない。そして、君達に討伐もさせない
      / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ|
        {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂       あの竜をもし君達が討伐しようとしたら、阻止させて貰う
      ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、    ハ|::::.::i  !   `''ー‐
        i   |::::|::::l::::|ト、            /:::|:::::::|  ヽ
          ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ´ `  .イ:|!:::ハ:::::|           ・・・・・君達のためだよ
       ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
.      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー
.     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ハ ト、\ ` | |:: :: }:::::::.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // ,':: ヘヽ ) | |:: :/!:::::∧::.:.ヘ
  /::::| :: :: :: :: :ヽ::/:: :: ヘ ヘ く/ /:: ::.∧.   | |,イ/:::::::::::ヘ:::.:.ヽ






             //ヘ
            ///  ∨          /{
            ////   ∨       ≫´  i
         ////     ∨     ≫´    .!
           ////      ∨  ≫´     !
          ////{        {_}        l
       /////i                      !
       /////l   ● ●       ● ●/
      ( ̄ ̄l!i<¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨''‐、i
       ̄ ̄  ``''- ...________,ゝ
       l  У    / l l  l  ` 、    ゝ。_      ・・・・・・・・・・・え?
       l /  ,.ィ'ィi=ミl/ l  l,.ィf==ミ、   「  ̄
       ! ̄!. ̄  l弋{::qノ l / 乂p::}ソ lヽ {
       }  !.   ! `¨´  l/  `¨´  i }八
       l_  `、 l      o      )从
      /  ̄\` l^ ‐‐-       -‐'´\
      |.___/\ ●  》《 ●/\_\

3683 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:41:10 ID:RM8QjaIf

          、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
          )                                               (
          )    ,⊆、     ,⊆、     ,⊆、     ,⊆、     ,⊆、    ∩  {f⌒)}   (
          )   └ァ厶    └ァ厶    └ァ厶    └ァ厶    └ァ厶   ∪   {「    (
          )   └~┘    └~┘    └~┘    └~┘    └~┘   ○   C    (
          )                                               (
          ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y

                      _____
                , ィ '_´_ 二 _. _ ._  ̄ ≧s 、
             .,∠'ッゥ'-‐' '―' '―''―''―'        ` ヽ、            , - ――,、
             / ¨´                         ヘ辷――二二  ̄´     | .Y
            /                                  ̄ '\ニニ、二二_l
            ,' .. : '  ‐ - : ...             .l、≧sヽ           .\ /
            ,:'.:'             ¨`  :: ..、    l 〉〉| | |             Y  .
           '!:                     `ヽ l//_!_!.|               l
            ハ          _......__               ` ト            Y     _....... ---、
            `ヽ        ¨¨フ....'=ゝ            く7.ト 、 フ´ ̄Y _.. --― ̄ ̄ ̄ , -― ¨
 ――辷――ヾ 7 ̄ヽ/ ヽ                        ,:!_j ` |---j、|  `ヽ、_r-‐ '""´
      ̄ ̄ ̄l―┬-.辷ニ`、                     .ノ      |  .| | /≦ヽ/
          |_.|.  |    ヽ.._                  /      ト< イ |   .|
          ` _ ト、|      > -  _______ <____... -‐イ--  ̄!-イ´




               .,ヘ               .,ヘ                     ,ヘ               .,ヘ
..       .,ヘ     .,ハ';'ヽ、.           ,ハ';'ヽ、.              ,ハ';'ヽ、.           ,ハ';'ヽ、.
      ,ハ';'ヽ、.  ノハil;:ヽゝ . : .:,ハ      ノハil;:ヽゝ . : .:,..,ヘ       ノハil;:ヽゝ . : .:,ハ      ノハil;:ヽゝ . : .:,ハ
     ノハil;:ヽゝ,, ...: .:,ハ.ハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ-.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ.ハ';'ヽ、  __,.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ-.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ-
...-.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ-.゙ゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ'ヘ;;ハバゝ, ノハil;:ヽゝ    ノノ;:'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ
.,ハ.:.....:.,ヘ'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ.ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、 ゞ';'ヽ.ノ'ノ,'ハハ,ゝ ハ 彡゙;:.'ハヾゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、 ゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、
゙ゝ;>.:,ハ';'ヽ、 ゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、.ゝ ノハil;:ヽゝ...;;:.  彡;:'ヘ;;ハバ ノハヽ、,ツノノ;:'ハ;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ...;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ
.ゝ ノハil;:ヽゝ...;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ..ノ ノ'ノ,'ハハゝ ノ. ハヾゞ;;:. ゞノvノ;:,l'レゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ ノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ
...ノ ノ'ノ,'ハハゝ ノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ...::...,ヘ、ハ.:;>ヘ.:;il...シハノシ;:,';,ノノゝハハ,ゝヘ,::..ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>
'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>.;:ヽハ,ハ';'ヽ、 .ハ';' ハ.ノ;|ililヾvフノ;:,'ハ';'ヽ;;ハバゝハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、 .ハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、
..il;:ヽハ,ハ';'ヽ、 .ハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、; ノハil;:ヽゝフ.il;:ハil;:ヽ...ハil;:ヽノノハハl;:.'ilゞノハil;:ハil;:ヽハハl; ノハil;:ヽゝフ.il;:ハil;:ヽハハl; ノハil;:ヽゝフ
..l; ノハil;:ヽゝフ.il;:ハil;:ヽハハl; ノハil;:ヽゝフ.ノ'ノ,'ハハ,ゝ .ハハl;:.'ilハil;:.`ヽ、ノハ ノハゝ;ノ,'ハハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ .ハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ
.l;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ .ハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ.;:.'ilゞヾベ .:;.;ハバゝ ハハ.:;、`ノ;:'ヘ;; ノノ;:'ヘ;;ハバゝ ハハl;:.'ilゞヾベ .:;.;ハバゝ ハハl;:.'ilゞヾベ .:;
. l;:.'ilゞヾベ .:;.;ハバゝ ハハl;:.'ilゞヾベ .:;.. .:;>ヘ:..::ハ::...ゞ;;:. ,ハ';'ヽ、.: ノハハ 彡゙;:.'ハヾゞ;;:. ,ハ';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::...ゞ;;:. ,ハ';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::
.、 .:;>ヘ:..::ハ::...ゞ;;:. ,ハ';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::...ゝ li>ノハハ ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ.:;.:'lilベ: フ フ,ツノノ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ
.. ゝ li>ノハハ ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ..'ilゞヾノvノ;:,l'.;:, ノノハハl;:.'il 、'^  シハノシ;:,';:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'.;:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'
.;:.'ilゞヾノvノ;:,l'.;:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'..レ;;:ノノハハ フノ;:,'ハノハハレ;;:ノ.リ 彡ハハノ;;:, フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ

3684 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:41:19 ID:eVZDh9DB
ハシゴが外されちゃっ・・・たぁ!

3676 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:38:44 ID:r5Og1JVG
竜相手でも交渉が可能なら交渉するからなあ人でなし

竜サイドも流石にいつもの猿と思ったら死ぬのは分かってるだろうし

3681 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:41:01 ID:EqIjCLLD
なんか地学的なあれか? この感じだと…治水の関係?

3682 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:41:02 ID:WdWeincl
やっぱ言葉悪いが資源発生装置だよな

3685 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:41:24 ID:RM8QjaIf

 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

3686 名前:かぎあな ◆okFxcPf1vY E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:41:36 ID:RM8QjaIf
今回はここまでです。ご観覧ありがとうございました

次回の投下は7/9(日)の予定です

3691 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:42:25 ID:zeCC0BEm
ああ……これドラゴンが消えると水が死ぬのか

3692 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:42:43 ID:aNbRJwDe
乙でした
中東とかアフリカだと逆に竜は重要な資源だよねえ

3694 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:42:51 ID:Gn7IwrQk

上流の森が消えたら国が死ぬか

3695 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:42:54 ID:r5Og1JVG


討伐して豊かな森林消えるとそのまま砂漠ルートやろなあ

3697 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:44:31 ID:AD5nwWJC

森林は天然のダムだからなあ

3698 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:44:59 ID:MgD7j4Tp

荒れ地の国で竜がいるから森になってるところを竜殺したらそりゃ荒れ地になるわな

3699 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:46:39 ID:Be+2FQjb
乙です
竜のおかげ(せい)で現実と気候が変わっちゃってる所、ほかにも色々ありそうね

3701 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:49:34 ID:mY/ifT2d
乙でした
竜畜でなくても竜に依存してる地域もあるんだなー

3702 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:50:05 ID:zeCC0BEm
乙でした
現地人視点だと上モノの森しか目に入ってないけども
そも川の水源が森依存だから森が消えると川も消えるっていう、意図しない形での竜の恩恵なんやな

3703 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:53:49 ID:nBRKxBLC
乙でしたー
あー、これ、この土地を潰したら速攻荒野化待ったなしだわ・・・
龍が居ない=森がなくなる=資源取りつくしたらゴミな土地・・・か・・・

3705 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 17:56:34 ID:tMvjcx4E
どうでもいいけど現地民もまともに交渉できる奴少な過ぎんか

3711 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 18:07:06 ID:dXhP4w4o
下座ってきた竜とエルフも居たし、全く話が通じない訳でもないっぽい
なお現地人とは言葉は通じても話が通じない模様

3712 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 18:11:39 ID:zbCp1WSR

別に法国に敵視されつづけようが一向に構わん!
というか不可逆かつ持続可能になる資源とじゃまるで釣り合わんわな

3716 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 18:35:32 ID:klTO1/Jy
乙でした。
ここまで調子に乗れるラムレザルは、コメディの才能があるw

3721 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 19:42:41 ID:r5Og1JVG
でも法国の政治側としては一番やられたくない手で返された感じはあるよね

竜退治で得られた資源突っ込んで聖庁と組んで準備万端で挑むつもりだったのちゃぶ台返しされたわけだから

3722 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 19:48:43 ID:Be+2FQjb
しかも「竜を討伐すれば先の諸々のいざこざを水に流してやる」って言ってしまったから
戦争をしない理由を探さないといけない

3728 名前:名無しさん@狐板 E-mail:sage :2023/07/02(日) 20:56:15 ID:nBRKxBLC
まぁ砂漠化して喜ぶのはどっかのスナスナの悪魔の実を喰った海賊くらいだろうが・・・
どうなろうが人でなし達に責任とヘイトを押し付けて自分らだけ利益を得ようとしてる辺りがね・・・









前 まえ    次 つぎ
  « ◆ »  



カテゴリ[ 【R-18(G)】人でなし達は中世ファンタジー世界に飛ばされたようです(その4) ] 内一覧



広告エリア
関連カテゴリ
 

※「ねらう緒はトップヒーローを狙うようです」の投稿のうち、「やらない夫は独りだけの戦隊ヒーローのようです」とのクロス部分のみ「独り戦隊EXTRA」としてまとめます。

関連カテゴリ
【R-18】やる夫は『黒い月がある星』でまだ生きている様です
【R-18】「変態が恋をしてはダメですか?」
【R-18】やる夫の迫真オーク部 ~繁殖の裏技~
『やる夫は楽園で暮らす様です』(R-18)(その1)
『やる夫は楽園で暮らす様です』(R-18)(その2)
やる夫と奇妙なウマ娘
【R-18】やる夫の総番長伝説(その1)
【R-18】やる夫の総番長伝説(その2)
【R-18】真・やる夫転生 ~世界が滅びてやる夫が生まれた様です~
【R-18】やる夫がパパになる様です
【R-18】やる夫のクソダサマナー ~そんな恰好恥ずかしく無いの?~(その1)
【R-18】やる夫のクソダサマナー ~そんな恰好恥ずかしく無いの?~(その2)
【R-18G】真・喧嘩神転生 ~やる夫が世紀末をぶっ飛ばす様です~
【完結】【R-21G】やる夫は堕落の坩堝を生き延びる様です【メガテン】
【完結】【R-18G】やる夫はロウルートに進む様です(その1)
【完結】【R-18G】やる夫はロウルートに進む様です(その2)
【未完】やる夫のDサマナー伝
【完結】やる夫のペルソナ3
【完結】Sa・Ga2やる夫の秘宝伝説
【未完】勝手にライブアライブ2
【完結】やる夫のLIVE A LIVE
やる夫のトラウマ学園
「やるやらで知るSCP」
童帝シリーズ「でっちゃん」
童帝シリーズ「R-18モノ?」(その1)
童帝シリーズ「R-18モノ?」(その2)
童帝シリーズ「JOJOモノ」
童帝シリーズ「メガテン」(その1)
童帝シリーズ「メガテン」(その2)
童帝シリーズ「戦国モノ」
童帝シリーズ「ポケモン」
童帝シリーズ「三国志」
童帝 ◆CDXOg0zb8E氏/その他(その1)
童帝 ◆CDXOg0zb8E氏/その他(その2)




関連カテゴリ
やる夫がエヴァンゲリオンを開発するようです
やる夫たちがエヴァンゲリオンを開発したようです(その1)
やる夫たちがエヴァンゲリオンを開発したようです(その2)



--------------------
  組 織 図  (主要な物のみ)  【】内は代表
--------------------

ゼーレ【キール・ローレンツ】
 │
 └→ 国際連合
     │
     ├→ 国際連合最高幹部会
     │   │
     │   └→ 人類補完委員会【キール・ローレンツ】
     │         │
     │         └→ ネルフ特殊監査部
     │                │
     │                └→ 加持リョウジ
     │               
     ├→ 日本政府【フリーザ】 → ドドリア秘書
     │   │
     │   └→ 内務省【兵藤和尊】
     │        │
     │        └→ 戦略自衛隊 (原作では国防省直属)
     │             │
     │             ├→ ムスカ大佐
     │             ├→ ヘルシングの少佐
     │             ├→ 新城直衛大尉
     │             └→ N2兵器・BC兵器
     │
     ├→ 国連軍
     │   │
     │   └→ 旧自衛隊 → N2兵器
     │
     │
     │
     │
     └→ 特務機関ネルフ【碇ゲンドウ】 → 冬月コウゾウ
         │
         ├→ ネルフ技術開発部技術局1課【赤木リツコ】 ; エヴァ素体の開発・維持・運用
         │      │
         │      ├→ 伊吹マヤ
         │      │
         │      └→水銀燈チーム【水銀燈】
         │          ├→ 金糸雀
         │          ├→ 翠星石
         │          ├→ 蒼星石
         │          ├→ 真紅
         │          ├→ 雛苺
         │          └→ 雪華綺晶
         │
         │
         ├→ ネルフ技術開発部技術局2課【やらない夫】 ; エヴァ周辺機器・設備の開発・維持・運用
         │      │
         │      ├→ やる夫 ; 各チームのヘルプ
         │      │
         │      ├→ ちゅるやさん ; 秘書,お茶汲み,特許管理,他課との折衝,その他手続き
         │      │
         │      ├→ カミナチーム【カミナ】→シモン ; エヴァ専用兵器全般
         │      │
         │      ├→ キョンチーム【キョン】→涼宮ハルヒ ; 対使徒防衛システム,都市開発計画
         │      │
         │      ├→ 泉こなたチーム【泉こなた】 ; エントリープラグ関連機器,インターフェースシステム構築
         │      │
         │      ├→ 阿部高和チーム【阿倍高和】 ; 発進システム,エヴァ格納庫,アンビリカルケーブル
         │      │
         │      └→ エドワード・エルリックチーム【エド】 ; エヴァの拘束具・特殊装甲全般及び観測機
         │
         │
         ├→ 保安諜報部【利根川幸雄】 ; 情報操作・組織内治安維持活動
         │     ├→ 赤木しげる
         │     └→ 伊藤カイジ
         │
         ├→ 製造部【DIO】 ; エヴァンゲリオンに関する製品の製造・組立
         │   ├→ ジョナサン・ジョースター
         │   ├→ ジョセフ・ジョースター
         │   ├→ 空条承太郎
         │   ├→ 東方仗助
         │   └→ ジョルノ・ジョバァーナ
         │
         ├→ 作戦部第1課【葛城ミサト】 ; 使徒殲滅作戦の立案・指揮
         │    └→ 日向マコト
         │
         ├→ 医療部 ; ネルフ職員の医療・健康管理等
         │    └→ キバヤシ先生
         │
         ├→ 情報局第2課
         │    └→ 青葉シゲル
         │
         ├→ 警備課
         │    └→ 桜田ジュン
         │
         └→ 月面基地【夜神 月】 ; 月面資源物資発掘
               ├→ 竜崎(仮名)
               ├→ リューク
               └→ レム



関連カテゴリ
やらない子は悪役令嬢
できる夫は悪役令嬢の取り巻き
やる夫はおデブな悪役貴族
シリーズ「Chain's Moon World」(その1)
シリーズ「Chain's Moon World」(その2)
シリーズ「Chain's Moon World」(その3)
シリーズ「Chain's Moon World」(その4)
やらない夫のフォールアウト4(その1)
やらない夫のフォールアウト4(その2)
板 ◆J1CtX3DAA6氏/中編作品
板 ◆J1CtX3DAA6氏/その他(その1)
板 ◆J1CtX3DAA6氏/その他(その2)


                  ┏┓                                 ┏┓
                  ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
                  ┏╋──────────────────────╋┓
                  ┃|  まとめサイト様へのお願い及び読者の皆さんへ ..|┃
                  ┗╋──────────────────────╋┛
                  ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
                  ┗┛                                 ┗┛

                 -----
            /ニニニニニニ=- _
           , ニニニニニニニニニ=- _
          /ニ/ ヽニニニ=----=ニニニ\
            /ニ,   /ニ- ´: : : : : : : : : `<ニ \
         /ニ/  / /: : : : |: : : : : : : :|: : : : ` <.ヽ
        ,= /  /./: : : :.:/' |: : : : : : : :|∨ /: : : }:∨i    ルール違反は、
         i /  /=i: : : :.:/_|_: |i: : : :.:.:li ∨ /: :,: ヘ:\
        /  //: |: : : /  乂八: : : : ' ̄∨: :/://  ,   他の作者様、読者様への迷惑になるだけでなく、
          /  / , : ハ : /i〓〓〓 \:/〓〓〓:.:.i |   i
.         /  /ニ.|: : : ≧ヽ            : :{ |   |   .管理人である☆凛へ多大なご迷惑をかけることになります。
        /  /ニ=:|: : : : : : :.iu           イ: : i|   |
.       /  /\ニ.乂,-====}≧r ――==≦r====ソ|   |   重ねてルール遵守をお願い致します。
      /  /'  \ニV=彡Y__ノ、  \____/: : : :ヽ |   |
     ,   ,       -|: : : : :Vハ \/ ̄∨i: : : : : : |   |   各まとめサイト様、まとめて頂きありがとうございます。
.    i   i.       |: : : : : iニiへ==彡/= |: : : : :.:.:|   |
.     乂_乂      |: : : : : |ニ-: : : : :.iニニ_: : : : : :|   |   読者の皆さんは、専用ブラウザの導入を強く推奨しております。
             |: : : : : |ニニi: : : :.:|ニニ_: }: : :个 - '
             |: ハ : : jニ= !-r彡|ニニ }八: :.:|

     この板(やる夫落書き板)のルールを守ってらくがき板ライフをお楽しみください。

     また、専用ブラウザの導入を強く推奨しております。

     専用ブラウザの導入方法がわからない方はぜひ、雑談所で聞いてみてください。

雑談所は『◆PxpsTgDRu.のやる夫スレ避難所』です。皆さん、抵触すると思った場合、こちらでの書き込みをお願い致します。




関連カテゴリ
初心者 ◆kLrxW7C1HM氏作品(その1)
初心者 ◆kLrxW7C1HM氏作品(その2)
初心者 ◆kLrxW7C1HM氏作品(その3)

 1 名前:初心者 ◆kLrxW7C1HM E-mail:sage :2017/07/20(木) 17:52:25 ID:mKGOZdSY0
 
 
            彡⌒ミ
           (´・ω・`)
          /     `ヽ.
        __/  ┃)) __i | キュッキュッ
       / ヽ,,⌒)___(,,ノ\
 
 
           彡⌒ミ
           (´・ω・`)
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  トン
      _(,,)  読んでね! (,,)
      / |_______|\
 
 【ここの板(やる夫落書き板)の基本ルール】
 -------------------------------------------------------------------
 ここの板の基本ルール(2013年9月改定)
 1 本スレでの予想は禁止、雑談は基本避難所で
   →内容が投下内容の本筋に沿わないもの、3行以上の長文等は禁止です
     安価付雑談は全て避難所でお願い致します。
 2 補足説明はok
   ・そこから発展した議論と雑談は避難所でやること。
 3 誤字、脱字に関する書き込みは推奨
   →訂正元についての安価をつけて下さい
 4 自治不要
   →違反者はその都度☆凜(>>1)が対処するから自治レスは禁止
 
 その他、雑談所で自重するように言われたもの
 *共産主義、資本主義等の**主義関連、宗教関連
  その他加熱し易い話題は禁止。
  他スレの話題は常識の範囲内で許可。
 みんな仲良くの原則に外れそうな話題はやめましょう。
 
 作者さんより 「少しの気遣いでみんなが幸せになれるという事です。」
 ---------------------------------------------------------------------
 


関連カテゴリ
【R-18】できる夫はTS悪役令嬢になるようです(その1)
【R-18】できる夫はTS悪役令嬢になるようです(その2)
【R-18】できる夫はTS悪役令嬢になるようです(その3)

【弦巻マキのゲーム実況風】できる夫でかまいたちの夜

【R-18G】空とやる夫は09課に勤務するようです【ホラー】(その1)
【R-18G】空とやる夫は09課に勤務するようです【ホラー】(その2)
【R-18G】空とやる夫は09課に勤務するようです【ホラー】(その3)
【R-18G】空とやる夫は09課に勤務するようです【ホラー】(その4)

【R-18G】やる夫は秘密結社で成り上がるようです【メガテン二次】(その1)
【R-18G】やる夫は秘密結社で成り上がるようです【メガテン二次】(その2)
【R-18G】やる夫は秘密結社で成り上がるようです【メガテン二次】(その3)
【R-18G】やる夫は秘密結社で成り上がるようです【メガテン二次】(その4)
【R-18G】やる夫は秘密結社で成り上がるようです【メガテン二次】(その5)
【R-18G】やる夫は秘密結社のビッグダディのようです【メガテン二次】(1)
【R-18G】やる夫は秘密結社のビッグダディのようです【メガテン二次】(2)
【R-18G】やる夫は秘密結社~ アフター【メガテン二次】

【R-18G】日常が瓦解しても、僕らは生きるようです【メガテン二次】 (その1)
【R-18G】日常が瓦解しても、僕らは生きるようです【メガテン二次】 (その2)
【R-18G】日常が瓦解しても、僕らは生きるようです【メガテン二次】 (その3)
【R-18G】日常が瓦解しても、僕らは生きるようです【メガテン二次】 (その4)

【R-18G】やらない夫はTS姫武将になるようです【未完】

【R-18G】やる夫達は未来を取り返すようです【メガテン × アーマードコア】(1)
【R-18G】やる夫達は未来を取り返すようです【メガテン × アーマードコア】(2)



コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
広告エリア







アクセスカウンタ
プロフィール

Author:多摩ちゃん
自分で日々みているやる夫スレのまとめです。

三十路会社員です
リンクフリーです。
会社員ですので、更新は遅めです。

誤字・リンク切れetc連絡はメールもしくは
おしらせ・連絡のコメント欄にて

作品・作者に対する誹謗中傷及び
批判etc不快なコメントは削除します。
コメントは承認制です。



(2017.05.26追記)
まとめられた作品および支援絵などの
著作権は各作者様にあります。
当ブログからの転載はやめてください。
元スレ及び掲示板の規約に従うよう
お願いします。




推奨ブラウザ:Chrome

注意:広告を表示させない「Adblock Plus」を
使用しているとAAがズレることがあるようです。
このブログでは「無効」としてください。



(23.06.05)
ついにアクセスカウンタ200万カウントですね。
つたないブログですが、細々と更新していきますので
これからもよろしくお願いいたします。



管理画面

全記事一覧を表示する

広告エリア



便利リンク(仮)

[管理者用記事編集]
検索フォーム
広告エリア




リンク
■ポータルサイト
Yahoo!JAPAN
Google
ライブドアニュース

■AAスレまとめ
ブログ型AAツール保管庫
劇場風やる夫まとめ
やる模
AAまとめブログ(´∀`)
泳ぐやる夫シアター
やる夫の暇つぶし麻亜屈
AAスレお気に入りのまとめ
やらない夫オンリーブログ
やる夫エッセンシャル
それにつけても金のほしさよ
やる夫叙事詩
やる夫疾風怒濤
やるぽん!
やるやら鍋
やるやら書庫
やるやらできやら
RPG系AA物語まとめるお
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
暇な時にやる夫まとめ
やる夫我執 [愛と <●>-=≠=-<●> 誠編]
やる夫短編集 (,,`д`)<とっても!地獄編
やる夫短編集 (,,^ー゚)<すさまじい程に! あしゅら編
Yaruyomi
AA・やる夫文庫
俺とやる夫の理想郷
やる夫AGE
東方やる夫スレ纏め
やる夫道中記
やる夫達のいる日常
隣のAA
やる夫とイワナ
やるならやらねば!!
やる夫が人生でいいじゃない
好き好き大好きやる夫くん
自作やる夫スレ&ダディの家スレまとめ
100%自分用やる夫まとめ
やる夫ング
野球のやる夫ちゃん
やる夫まとめくす
やる夫エロ本棚
明日やる夫は馬鹿やる夫

■まとめのまとめ
やる夫RSS+インデックス
やる夫 Wiki
やる夫見聞録
やる夫Link
R18やる夫.com
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

■紹介していただけるブログetc
ヴィーナさんのスコップ感想欄
チラシの裏の読書感想文

AAHub Fonts - アスキーアート表示対応フォント収集サイト
Textar Font(temporary)

やらない夫は独りだけの戦隊ヒーローのようですwiki
独りだけのAA活動写真館

童帝作品まとめ(仮)wiki

■ニュースまとめ
Birth of Blues
保守速報
黒マッチョニュース
U-1 NEWS
キムチ速報
アルファルファモザイク
おーるじゃんる
暇人速報
政経ch
ハムスター速報
News U.S.
みそぱんNEWS
ネトウヨにゅーす
大鑑巨砲主義!
とりのまるやき
もえるあじあ(・∀・)
政経ワロスまとめニュース♪
じゃぱそく!
正義の見方
Share News Japan

随時編集中
広告エリア




人気ランキング(過去十日間)
広告エリア


アクセスランキング(過去十日間)
広告エリア






最新コメント

広告エリア
HOME
広告エリア